ED治療

【動画付き】EDかどうかお悩みの方向け!簡単にできる勃起力診断(EDチェックリスク)と対処法をご紹介

最終更新日:

自分がEDであるかどうか不安を抱えている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?そんな時に、自宅で簡単にED診断ができるEDチェックリスト「EHS」を、セクテクチャンネルさんとイースト駅前クリニックのコラボ動画をもとに紹介します。ED症状の早期発見をするためにも、ぜひチェックしてみてください。

目次※知りたい情報をクリック

オンライン診療のご案内

お電話一つで診察・処方

診察から処方までお電話やオンラインアプリで完結出来るため、通院の必要が無く、待ち時間が解消されます。
移動時間や移動コストが掛からなくなります。※当日の診察状況によりお待たせすることがあります。何卒ご了承ください。

【セクテクチャンネルコラボ】ペニスの勃起力診断~勃起力・硬度力について

「性的な教育やノウハウ」について分かりやすく学べる動画を配信するセクテクチャンネルさんと、イースト駅前クリニックのコラボ!今回は「ペニスの勃起力診断」勃起力・硬度力についてご紹介します。

EHSの診断表で勃起のグレードをチェック!

ご自身で陰茎を触って、どれぐらいの硬さになるかでED状態であるかをセルフチェックすることが可能です。チェックグレードは「0~4」のご段階があり、それぞれの陰茎の状態と硬さの目安は以下の通りです。

グレード 硬さの目安 陰茎の状態
0 陰茎は大きくならない。
1 こんにゃく 陰茎は大きくなるが、硬くはならない。
2 みかん 陰茎は硬いが挿入に十分なほどではない。
3 グレープフルーツ 陰茎は挿入には十分な硬さだが、完全には硬くない。
4 りんご
(皮を除いた中身)
陰茎は完全に硬く、硬直している

常に「グレード4」、皮を除いたりんごを触った時と同様の硬さがあればEDである可能性は極めて低いです。グレード4に該当する場合は特に気にする必要はありません。一方で「グレード0~2」の状態であればED治療が必要となる状態に該当します。また、硬さの目安としてはグレープフルーツ程度である「グレード3」の状態であっても、満足いく性行為に支障があれば、ED症状の対象内となります。

ちなみに、勃起の硬さと角度には相関があります。一般的は、性行為に十分な勃起の角度は、股間の前で手のひらが垂直になるようにして指を広げ、勃起時の陰茎の角度が手の中指ぐらいの位置にあれば問題ないと言われています。

もしかしてED…?ED診断で確認!

性生活において、「中折れ」「勃ちが悪い」などを経験したことにより、「自分はED気味ではないのか・・・」と不安を抱える男性も多くいらっしゃいます。ただ、ED専門クリニックでの診察は腰が重いという方にオススメなのが、自宅でできるEDセルフチェック「EHS」。気になる方は、一度セルフチェックをおこなってみましょう。

EDのセルフチェック方法「EHS」とは

EHS(Erection Hardness Scor)とは、勃起高度測定評価の問診票のことを指します。男性が簡単に勃起力のグレードを測定してEDかどうかのセルフチェックができる方法として、アメリカで開発されました。日本では、長尾光一博士が医療現場向けに「日本語版EHS」として改良し、信頼性と簡便性を兼ね備えた方法として治療に用いられています。

EHS診断方法

診断方法
1、ペニスを勃起させよう
2、陰茎、竿の硬さを指で触ってみよう。
3、診断表からグレードを判断しよう。

EHSを使ってセルフチェックをする方法は、非常にシンプルです。勃起させた状態のペニスを指で触り、診断表からグレードを判断するだけ。そもそも、陰茎が全く大きくならない場合(グレード0)や、「こんにゃく(グレード1)」「みかん(グレード2)」程度の硬さの場合はED状態であると言えます。

不安になったらEDの正しい定義を理解しておこう

EDとは勃起力の低下を指す疾患のことを指します。全く勃起しなくなった状態のみがEDに該当すると認識している方も多いようですが、この認識は誤りであるということを知っておきましょう。ED診療ガイドラインによると、性行為に必要な勃起が得られない、勃起力を維持できない状態の陰茎すべてをEDとして定義づけしています。

ED患者数は男性の4人に1人

日本におけるED、勃起障害患者の総数は計症例を含めると1,000万人以上いると推測されており、日本人男性の4人に1人がEDとも言われています。このようにEDというのは、ありふれた疾患であり、特別な病気ではありません。EDの疑いがあるからといって、落ち込む必要は全くありません。

200組中30%がED経験あり

2,000組の夫婦調査では約30%の夫婦がED経験について「ある」と回答していることからも、EDが決して珍しい疾患でないということが分かります。EDの原因のひとつとして、加齢が挙げられます。確かに年齢を重ねるごとに、ED有病率は上昇していきますが、20代だから絶対にEDを発症しないというわけではありません。身体的、精神的なことが要因となりますので、EDは年齢問わずに発症する可能性があるという認識も大切です。

自宅でできる今すぐにできるED治療法の紹介!

自宅ですぐに始められるED治療法としては、コンドーム・マス法と呼ばれる「チン・トレ」、高カロリー食、高塩食、高脂肪食を避け、亜鉛などED改善に効果的な栄養素を摂取する「食事改善」、血行不良、肥満の改善を目的とした運動、禁煙などの「生活習慣改善」が挙げられます。
これらは、今日からでもできるED治療ではありますが、即効性のある治療法ではありません。長い目で見て、コツコツ継続することが大切です。

短時間でEDを改善したい場合はED治療薬がオススメ!

比較的短時間でED症状を改善したい場合は、「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」などのED治療薬服用がオススメ。有効成分が異なるため、それぞれの薬に大きな特徴はありますが、すべて男性のED症状を改善する効果を持ち合わせた薬です。ただし、ED治療薬には飲むだけで勃起するという効果はありませんので注意が必要です。

ED治療薬の効果は、体内にある勃起を抑制する酵素「PDE-5」の活動の阻害、陰茎海綿体への血流促進です。治療薬を服用することで、勃起しやすい状態に整えるという認識をして頂ければ問題ありません。

ED治療薬の種類

バイアグラ 世界初のED治療薬で知名度No.1。
ODフィルムタイプも販売されている。
服用後30分~60分で効果出現
レビトラ 水に溶けやすい特徴があり、即効性が最も高いED治療薬。
服用後15分~30分で効果出現
シアリス 効果の持続時間が36時間と最も長いED治療薬で、世界シェア42%を誇る。
服用後30分~60分で効果出現

「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」どのED治療薬を選んだとしても、ED症状を改善することが可能です。ただし、それぞれ有効成分が異なるため、体に合わないなどの理由で、効果に個人差があらわれることも考えられます。そのため、ED治療薬は自己判断で選ぶのではなく、医師による判断を仰ぐことをオススメしています。あなたの悩みを医師へ相談して、効果の出現方法、持続時間などに違いのある3種類のED治療薬から最適な薬を処方してもらうようにしましょう。

ED治療は医師との問診のみで終了しますので、診察室でパンツを脱ぐことや、女性の看護師の立ち合いはありません。イースト駅前クリニックでは、どのED治療薬の服用が適切か診察により判断しています。それぞれのED治療薬について気になることがあればいつでもお気軽にご連絡ください。

イースト駅前クリニックで、お手軽にED治療を開始しよう!

もしセックスにおいて、ペニスの元気の低下を感じるのならば、ベースである生活習慣の改善をしつつ、お薬を服用するだけで改善が期待できるED薬も併用して利用するのもひとつです。

イースト駅前クリニックは、2008年の開院以来150万人を超えるED患者様のお悩みに寄り添い解決してきました。今回のEHS診断で、ED症状が疑われる方は、一度お近くのイースト駅前クリニックにご相談ください。

イースト駅前クリニック所属医師

当サイトの運営者情報はこちら

バイアグラ

50mg 1,500円〜/1錠
25mg 1,300円〜/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

食事の影響を受けやすいという欠点もありますが、バイアグラは1999年に発売開始されてからED治療薬として長い間多くの患者様に服用されています。

バイアグラジェネリック

50mg 900円〜/1錠
25mg 440円〜/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

2014年にバイアグラ(ファイザー製薬)の特許が切れ、日本のジェネリック医薬品メーカーがバイアグラの後発薬を発売しています。

レビトラ

20mg 1,800円〜/1錠
10mg 1,600円〜/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

体内への吸収が速いため即効性があるといわれています。また作用時間も長いED治療薬です。

シアリス

20mg 1,700円〜/1錠
10mg 1,500円〜/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

シアリスは36時間と長い時間効果が持続します。服用のタイミングを考えたり、プレッシャーや焦りを感じる必要がありません。

EDについてのよくあるお問合せ

  • ED治療薬を飲むとずっと勃起した状態なのですか?

    ED治療薬の効果発現は、刺激があると勃起して刺激がなければ普通の状態のままでいることです。ずっと勃起したままの状態にはなりませんのでご安心ください。
    ED治療薬の特徴は自然な勃起状態になることです。
  • いろいろ薬を飲んでいますがED治療薬は飲めますか?

    ニトログリセリン(心臓の薬)との併用はできません。
    ED治療薬を服用希望であれば、先ずは服用中の薬を持参して医師にご相談ください。また、併用禁忌の薬に関してはこちらをご参照ください。
  • バイアグラ、レビトラ、シアリスの違いってなんですか?

    持続時間、有効成分、食事によって効果の出現が左右されるかなどの違いがあります。
    詳細はこちらをご参照ください。

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:小林 浩 医師仙台院院長:大久保 直樹 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:伊藤 知英 医師池袋院院長:西澤 康平 医師渋谷院院長:足立 和典 医師上野院院長:千葉 岳 医師秋葉原院院長:宮路 貴晶 医師新橋院院長:加藤 淳 医師横浜院院長:松本 貴博 医師静岡院院長:高柳 健二 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都四条烏丸院院長:三田 浩一 医師大阪院院長:藤田 良治 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師天王寺院院長:東城 博雅 医師神戸三宮院院長:篁 隆雄 医師岡山院院長:松沼 寛 医師広島院院長:久保田 守 医師博多院院長:田中 修二 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2021 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.