バイアグラ

【バイアグラの正しい飲み方】服用のタイミングは食後?食前?禁忌など諸注意も解説

最終更新日:

バイアグラの飲み方に悩む人も多いでしょう。特に「食後に飲むのか?食前に飲むのか?」という質問は跡を絶ちません。そこで今回はバイアグラの正しい飲み方を徹底解説。アルコールとの関係や副作用、併用禁忌薬についても紹介します。

【関連リンク】

インターネットで流通するED治療薬は55.4%が偽造薬、死亡事故も。
漫画でわかる個人輸入の危険な落とし穴
全国14院を展開するイースト駅前クリニック一覧

目次※知りたい情報をクリック

バイアグラを飲む際の基礎知識

バイアグラを服用するならば、まず次の点について抑えておきましょう。ページ下部では、それぞれの項目についてさらに詳しく解説しますので、不明な箇所は参考にしてみてください。

用法 1日1錠
服用の間隔 24時間
用量 バイアグラ 25mg
50mg
バイアグラODフィルム 50mg
主な副作用 ・血管拡張
・血圧上昇
・頭痛
etc…
主な禁忌 ・心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる患者 ・硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジル等)を投与中の患者 ・低血圧の患者(血圧<90/50mmHg)又は治療による管理がなされていない高血圧の患者(安静時収縮期血圧>170mmHg又は安静時拡張期血圧>100mmHg)
主な併用禁忌薬 ・心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる患者 ・硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジル等)を投与中の患者 ・低血圧の患者(血圧<90/50mmHg)又は治療による管理がなされていない高血圧の患者(安静時収縮期血圧>170mmHg又は安静時拡張期血圧>100mmHg)

(※1)

バイアグラの飲み方のポイント

  • 性行為の1時間前に水で服用する
  • 1日1回の服用を厳守する
  • 空腹時の服用を基本とし、食後の場合は間隔を2時間以上あける
  • 食後に服用する場合は、さっぱりとしたメニューを選ぶ
  • お酒は適量にする

バイアグラを正しく服用する際のポイントは主に上記の4つです。それぞれについて詳しく解説します。

性行為の1時間前に水で服用する

バイアグラは性行為の1時間前に服用するのが最も効果的です。バイアグラの吸収、つまり効果があらわれ始めるまでは個人差がありますが、概ね30分~1時間程度ですので、性行為の1時間前に飲むのが適しています。ただし、空腹状態であれば性行為の30分前でも効くときがあります。あくまで1時間は目安であり、その日のご自身の体調によって多少の変動はあるでしょう。

またバイアグラは、水、またはぬるま湯で飲むことが好ましいです。まれにジュースなどで飲む方もいらっしゃいますが、効果が正しく発揮されないこともあるので注意。脂肪分の多い飲み物もバイアグラの効果を減少させる恐れがあるのでやめましょう。

1日1回の服用を厳守

用量 バイアグラ 25mg
50mg
バイアグラODフィルム 50mg

バイアグラは1日1回の服用を厳守してください。25mgと50mgがありますが、それぞれ処方された用量を自己判断で増やしてしまうと思わぬ影響が出かねません。

もし効果が実感できず、用量を増やしたい場合は必ず医師に相談するようにしましょう。

空腹時の服用を基本とし、食後の場合は間隔を2時間以上あける

空腹時の服用を基本とし、食後の場合は間隔を2時間以上あける

バイアグラは食事の影響を大きく受けるため、基本的に空腹状態のときに飲みます。空腹の状態であると、有効成分が腸から取り込まれやすく効果を実感しやすいです。やむを得ない場合は、食事をしてから2時間後に服用しましょう。胃や小腸の動き(ぜんどう運動)には個人差がありますが、2時間経過しますと概ねの胃の内容物は小腸の奥の方に排出されています。

食後に服用する場合は、さっぱりとしたメニューを選ぶ

バイアグラを服用するのであれば、脂っこい食事はできるだけ控えるようにして、量は腹6分目くらいで抑えるようにしましょう。脂っこいものをたくさん食べた場合は、食後2時間の服用でも効果が発揮されないことがあるので注意しましょう。脂っこいものを食べると、腸に膜が張られてしまい、有効成分が取り込まれにくくなると言われています。下記の表のように脂っこい食べ物よりも、さっぱりした食べ物を選ぶと効果を損ないにくいです。

メニューの具体例
おすすめメニュー サラダ/蕎麦/うどん/お寿司
避けた方が良いメニュー 焼肉/ステーキ/中華料理/フランス料理

お酒は適量にする

良い影響 安定作用(リラックス効果)
悪い影響 酔いが回りやすくなる
大量摂取した場合の悪影響 神経伝達機能の低下
ふらつきやめまい

バイアグラとお酒の相互作用については添付文書を見てみても特に明記がなく、基本的に問題ありません。

しかしバイアグラの効果で全身の血液循環も良くなり、アルコールの回りが速くなることもあります。多量のアルコールとバイアグラの併用は、体調面で危険なことがあるので適量に留めておきましょう。

お酒(アルコール)が及ぼすバイアグラへの影響をさらに詳しく

(※1)

バイアグラを飲む際の注意

バイアグラには一緒に服用することで危険なものや、そもそも既往歴によっては飲んではいけない人もいます。医師に相談することが基本ですが、自分でも副作用や併用禁忌、禁忌をよく確認し、注意して服用するようにしましょう

バイアグラの副作用に注意

発生率
血管拡張(ほてり、潮紅) 5.78%
頭痛 3.87%
消化不良・腹痛 1%未満

バイアグラの主な副作用は上記3点です。服用の際にはこうした症状が予期せずに現れることがあります。必ず確認しておきましょう。

バイアグラの副作用についてさらに詳しく知る

禁忌と併用禁忌を必ず確認する

禁忌 ・バイアグラに対してアレルギーがある方
・狭心症治療薬である硝酸剤や一酸化窒素供与剤を服用中の方
・心臓に病気があり、性行為に耐えられない方
・重度の肝機能障害がある方
・血圧が90/50mmHg未満の低血圧の方
・血圧が170/100mmHg以上の未治療の高血圧がある方
・6か月以内に脳卒中や心筋梗塞になった方
・網膜色素変性症と診断された方
・抗不整脈薬のアミオダロンを服用中の方
・肺高血圧症の治療薬であるリオシグアトを服用中の方
併用禁忌
(併用してはいけない薬剤)
・ニトログリセリン
・亜硝酸アミル
・硝酸イソソルビド
・ニコランジル
・アミオダロン
・リオシグアト(アデムパス)

併用禁忌薬を日ごろ服用している場合、バイアグラを飲むことはできません。重篤な健康被害が出るため絶対に避けましょう。

もし自分の飲んでいる薬が併用禁忌薬かもしれないと感じたら、まず医師に相談することをおすすめします。自己診断で服用してしまうことは避けてください。

(※1)

正しい飲み方で効果を実感!バイアグラの効果を引き出そう

EDの治療薬を服用しているものの効果を実感できないという場合、主たる原因は飲み方にあります。バイアグラは可能な限り食前に服用しましょう。万が一、食後の服用になった場合は、今回の解説の通り、服用2時間前までに食事を終え、脂っこいものは控えましょう。 どなたにも、この日だけは失敗できない夜があるはずです。今回の記事を参考に、バイアグラを正しく服用。確実な効果を享受していきましょう。

お近くのED治療専門クリニックを探す

参考URL

※1)ファイザー株式会社、バイアグラ添付文書
https://pfizerpro.jp/documents/lpd/vgr01lpd.pdf

バイアグラについてのよくある質問

  • 他にも薬を飲んでいますがED治療薬は飲めますか?

    ニトログリセリン(心臓の薬)との併用はできません。
    ED治療薬を服用希望であれば、先ずは服用中の薬を持参して医師にご相談ください。また、併用禁忌の薬に関してはこちらをご参照ください。

  • ED治療薬を飲むタイミングは?

    ED治療薬は薬剤によって違いはありますが、食後1時間~2時間あけての服用をおすすめしております。満腹時は薬の吸収が悪くなり効果が落ちる傾向があるためです。
    空腹時の方がより効果が得やすいようですが、必ずそれにこだわる必要はありません。
    レビトラ・シアリスのように食事の影響を受けにくい(※1、3)ED治療薬もありますので、ご自身のライフスタイルに合わせてご使用ください。

    ED治療薬の特徴はこちら

  • バイアグラの効果を高める飲み方は?

    空腹時に服用してください。有効成分が腸から取り込まれやすくなり、より効果を発揮します。

    その他ED治療薬については、以下をご覧ください。
    シアリスの飲み方はこちら
    レビトラの飲み方は関係はこちら

  • バイアグラは一日に何錠まで飲んでいいんですか?

    1日1錠までです。次回は24時間以上間隔を空けてから服用してください。

    その他ED治療薬については、以下をご覧ください。
    シアリスの用量はこちら
    レビトラの用量はこちら

バイアグラ

食事の影響を受けやすいという欠点もありますが、バイアグラは1999年に発売開始されてからED治療薬として長い間多くの患者様に服用されています。

バイアグラジェネリック

2014年にバイアグラ(ファイザー製薬)の特許が切れ、日本のジェネリック医薬品メーカーがバイアグラの後発薬を発売しています。

バイアグラジェネリックについて詳しくはこちら

レビトラ

体内への吸収が速いため即効性があるといわれています。また作用時間も長いED治療薬です

シアリス

シアリスは36時間と長い時間効果が持続します。服用のタイミングを考えたり、プレッシャーや焦りを感じる必要がありません。

診察・相談について

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:小林 浩 医師仙台院院長:大久保 直樹 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:伊藤 知英 医師池袋院院長:西澤 康平 医師新橋院院長:加藤 淳 医師横浜院院長:松本 貴博 医師静岡院院長:長坂 良 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都四条烏丸院院長:篁 隆雄 医師大阪院院長:新田 匡章 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師天王寺院院長:東城 博雅 医師神戸三宮院院長:三田 浩一 医師岡山院院長:松沼 寛 医師広島院院長:西川 徹 医師博多院院長:田中 修二 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2020 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.