AGA 治療外来

プロペシア

メインビジュアル

プロペシア
(フィナステリド)

ザガーロ
(デュタステリド)

ザガーロジェネリック
(デュタステリドジェネリック)

ミノキシジル

プロペシアジェネリック
(フィナステリドジェネリック)

AGA


AGA治療TOPへ

クリニック一覧

プロペシア

AGA治療薬とは?3つの治療薬を比較表で紹介!選び方や違いも解説

最終更新日:

AGA治療薬は主に3つの種類があり、それぞれ効果が異なります。AGA治療薬を初めて使用する際は、疑問や不安に思うことが多く、病院に行くのを迷うことも多いでしょう。
本記事では、おすすめのAGA治療薬の種類や効果、副作用などを紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

目次※知りたい情報をクリック

全国対応

オンライン診療のご案内

お電話一つで診察・処方

診察から処方までお電話やオンラインアプリで完結出来るため、通院の必要が無く、待ち時間が解消されます。
移動時間や移動コストが掛からなくなります。

※当日の診察状況によりお待たせすることがあります。何卒ご了承ください。

AGA治療薬はプロペシア(フィナステリド)・ザガーロ(デュタステリド)・ミノキシジルの3種類

現在、AGA治療薬には「今ある毛髪を守る」維持の薬と、「新しい毛髪を生やす」発毛の薬があります。
「プロペシア(フィナステリド)」「ザガーロ(デュタステリド)」「ミノキシジル」の3種類がありますが、それぞれに特徴があり、効果の出方も違います。
それぞれの薬剤の効果や特徴を表にまとめました。

商品名 プロペシア(フィナステリド) ザガーロ(デュタステリド) ミノキシジル
薬剤詳細 プロペシア(フィナステリド)
プロペシアジェネリック
(フィナステリド)
ザガーロ(デュタステリド)
ザガーロジェネリック
(デュタステリド)
ミノキシジル
概要説明 世界初のAGA治療薬
1997年12月に承認されたプロペシア(フィナステリド)は、世界で初めて医師が処方する内服のAGA治療薬です。
2番目に承認されたAGA治療薬
ザガーロ(デュタステリド)は、プロペシア(フィナステリド)に次いで承認された、医師が処方する内服のAGA治療薬です。
一般用医薬品としても販売されている発毛剤
ミノキシジルは、一般用医薬品の発毛剤としても販売されている薬で、内服薬と外用薬の2種類があります。
※一般用医薬品は外用薬のみ、内服は未承認
用量 0.2mg、1mgの2種類(ジェネリックも同様)
0.2mg、1mgの2種類がありますが、0.2mgは取り扱っていないこともあります。
0.1mgと0.5mgの2種類
0.1mgと0.5mgの2種類がありますが、0.1mgに関しては取り扱っていないこともあります。
内服薬は5mg、外用薬は5%配合
錠剤の形状 1mg
錠剤の形状
プロペシア(フィナステリド)ジェネリック
錠剤の形状
0.5mg
錠剤の形状
ザガーロ(デュタステリド)ジェネリック
錠剤の形状
60mg
錠剤の形状
料金 プロペシア(フィナステリド):1mg 28錠 7,400円(税抜)
プロペシア(フィナステリド)ジェネリック:28錠 3,400円(税抜)
ザガーロ(デュタステリド):0.5mg 30錠 9,500円(税抜) ミノキシジル(外用):5% 60ml 5,000円(税抜)
成分 有効成分:フィナステリド
フィナステリドには、5αリダクターゼの働きを阻害する効果があります。
有効成分:デュタステリド
デュタステリドには、5αリダクターゼの働きを阻害する効果があります。
有効成分:ミノキシジル
ミノキシジルには、血管拡張作用や毛乳頭細胞・毛母細胞の活性化作用があります。
効果 AGA症状の改善
Ⅱ型の5αリダクターゼの働きを阻害することで、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制します。
プロペシア(フィナステリド)の効果
AGA症状の改善
Ⅰ型およびⅡ型の5αリダクターゼの働きを阻害することで、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制します。
ザガーロ(デュタステリド)の効果
AGA症状の改善
毛乳頭細胞に働きかけることでアデノシン成分を分泌させ、細胞増殖因子の産生を促して発毛を促進します。
ミノキシジルの効果
効果の現れ方 6ヶ月~1年程度で効果を実感
使用から数ヶ月で効果を実感できることもありますが、最低でも6ヶ月は使い続けることが大切です。(※2)
6ヶ月~1年程度で効果を実感
使用から数ヶ月で効果を実感できることもありますが、最低でも6ヶ月は使い続けることが大切です。(※3)
6ヶ月~1年程度で効果を実感
使用から数ヶ月で効果を実感できることもありますが、最低でも6ヶ月は使い続けることが大切です。(※1)
飲み方 1日1回服用する
プロペシア(フィナステリド)は、1日1回、1錠を服用します。
プロペシア(フィナステリド)の正しい飲み方
1日1回服用する
ザガーロ(デュタステリド)は、1日1回、1錠を服用します。
ザガーロ(デュタステリド)の正しい飲み方
内服薬は1日1回服用、外用薬は1日2回塗布
ミノキシジルの内服薬は1日1回、1錠を服用します。外用薬は1日2回、患部に塗布します。
ミノキシジルの正しい飲み方
副作用 あり
発生頻度は低いが、主に性欲減退、勃起機能不全などの症状がみられることもあります。(※2)
プロペシア(フィナステリド)の副作用
あり
発生頻度は低いが、主に性欲減退、勃起機能不全などの症状がみられることもあります。(※2) (※3)
プロペシア(フィナステリド)の副作用
ザガーロ(デュタステリド)の副作用
あり
内服薬では低血圧や動悸、全身の多毛症などの症状がみられることもあります。外用薬では塗布部分の痒みやかぶれ、発疹などの症状がみられることもあります。(※1)
ミノキシジルの副作用
併用禁忌 なし
プロペシア(フィナステリド)には併用禁忌はありません。
なし
ザガーロ(デュタステリド)には併用禁忌はありません。ただし、CYP3A4阻害作用のある薬は併用注意となっています。
ザガーロ(デュタステリド)の併用禁忌薬
外用薬にはなし
外用薬のミノキシジルには併用禁忌はありません。
内服薬の併用禁忌
・心臓や腎臓や肝臓に疾患がある人
・甲状腺機能異常症や褐色細胞腫の人
・悪性腫瘍治療中の人
その他の注意点 女性や未成年の服用は厳禁
妊娠またはその可能性がある女性、授乳中の女性が服用すると、男性胎児の生殖器官等の正常発育に影響が出る恐れ(※2)があります。未成年の場合も、安全性が確立されていないことから服用禁止です。
女性や未成年の服用および接触は厳禁
妊娠またはその可能性がある女性、授乳中の女性が服用すると、男性胎児の生殖器官等の正常発育に影響が出る恐れ(※3)があります。未成年の場合も、安全性が確立されていないことから服用禁止です。また、経皮吸収されるためカプセルから漏れ出た薬剤にも触らないようにしましょう。
外用薬は日焼けした頭皮への塗布には注意が必要
日焼けした頭皮へ塗布する場合、ワセリンやトレチノインと併用すると過剰に吸収され、副作用がより強く出る恐れ(※1)があります。
内服薬は、降圧薬内服中の人は注意が必要です。ミノキシジルとの同時服用は避け4~6時間のタイムラグを置くこと。

AGA治療薬とは

AGA治療薬は、AGA(男性型脱毛症)の治療に用いられる薬剤の総称です。AGA治療薬には内服薬と外用薬があり、それぞれ体に作用する機序が異なります。
内服薬は、5αリダクターゼ阻害薬と呼ばれるプロペシア(フィナステリド)やザガーロ(デュタステリド)、ミノキシジル内服薬などがあります。男性ホルモンの働きを抑えたり、髪の毛の成長に必要な毛乳頭細胞を活性化をすることで脱毛を予防する効果が期待できます。
外用薬はミノキシジルが挙げられ、内服薬と同様に血管を拡張し血の巡りをよくすることと毛乳頭細胞を活性化させることで発毛を促進する効果が期待できます。
いずれのAGA治療薬も効果には個人差があるため、継続的に使用する必要があります。

(※1、2、3)

AGA(男性型脱毛症)とは

AGAは、男性ホルモンによって発症する脱毛症の一種であり、思春期以降に発症し徐々に進行していく脱毛症です。
男性ホルモンであるテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されることで発症します。DHT(ジヒドロテストステロン)は薄毛ホルモンと呼ばれ、前頭部や頭頂部において毛母細胞の増殖を抑制します。その結果、髪の毛が軟毛化し薄毛が進行していきます。
また、AGA(男性型脱毛症)は男性に多く見られ、男性の3分の1が発症するとされています。

(※4)

AGAのジェネリック医薬品(後発医薬品)とは

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、特定の成分や効能が同じで、従来の医薬品(先発医薬品)と同等の安全性と有効性を持つ医薬品のことを指します。従来の医薬品(先発医薬品)の特許期間が終了したあとに他の医薬品メーカーが同じ成分で製造でき、ジェネリック医薬品(後発医薬品)として販売することが可能です。
ジェネリック医薬品(後発医薬品)は、従来の医薬品(先発医薬品)よりも低価格で提供できるため、医療費の削減につながるとされています。

(※5)

AGA治療薬の選び方

GA治療薬には様々な種類があり、どれを選べば良いか迷ってしまうこともあるでしょう。AGA治療薬は、治療を受ける目的に応じて使用する薬や併用の仕方が異なります。
この項目では、治療を受ける目的に応じて選択するべきAGA治療薬を紹介します。

現状を維持したい

現状を維持したい場合、プロペシア(フィナステリド)やザガーロ(デュタステリド)がおすすめです。
どちらも、原因物質に直接作用することで薄毛の進行を抑制する効果が期待できます。具体的には、テストステロンをDHT(ジヒドロテストステロン)に変換し薄毛のきっかけとなるヘアサイクルを乱す働きを持つ、5αリダクターゼの働きを阻害します。したがって、プロペシア(フィナステリド)やザガーロ(デュタステリド)を服用することでAGAの進行を食い止め、現状の頭皮や薄毛の状態を維持することが可能です。
ただし、どちらも市販されていないため、病院で診察を受けて処方箋をもらう必要があります。

髪の毛を増やしたい

ミノキシジルは、新しい髪の毛を生やしてボリュームアップしたい方におすすめです。
具体的にミノキシジルには頭皮の血管を拡張して血流を改善し、必要な栄養を毛包に届けて、毛包の働きを活性化する効果があります。
また、内服薬と外用薬がどちらもあり、内服薬は体の内部から、外用薬は体の外部から薬剤成分が頭皮にアプローチします。特に内服薬は高い発毛効果が期待できます。

薄毛の進行を抑えつつ髪の毛を増やしたい

抜け毛予防も発毛促進も両方目指す際は、プロペシア(フィナステリド)やザガーロ(デュタステリド)などの内服薬とミノキシジルの内服薬もしくは外用薬を併用することをおすすめします。
上記のように、プロペシア(フィナステリド)やザガーロ(デュタステリド)には抜け毛予防効果が期待でき、ミノキシジルには高い発毛効果が期待できます。したがって、併用によって薄毛の進行を抑えつつ髪の毛を増やすことが可能です。
公益社団法人日本皮膚科学会が編纂した「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」によると、併用は治療方法として最も推奨されています。

できるだけ高い効果を得たい

できるだけ高い効果を得たい場合、プロペシア(フィナステリド)やザガーロ(デュタステリド)とミノキシジルタブレットを併用することをおすすめします。
ミノキシジルタブレットとはミノキシジル内服薬のことで、血管を拡張することで頭皮の血流を改善してくれます。体内に直接作用するため、高い発毛効果が期待できます。
ただし可能性は非常に低いですが、効果が高い分重篤な副作用が生じる恐れがあるため注意が必要です。
医師の指導を仰ぐなど、使用には十分注意しましょう。

(※4)

各AGA治療薬剤の作用の違い

プロペシア(フィナステリド)、プロペシア(フィナステリド)ジェネリック

プロペシアの有効成分であるフィナステリドには、5αリダクターゼの働きを阻害する作用があります。
5αリダクターゼの作用は、テストステロンをDHT(ジヒドロテストステロン)に変換することです。このDHT(ジヒドロテストステロン)が男性ホルモン受容体と結合すると、毛髪が退行期および休止期に移行するための信号が発せられます。つまり、DHT(ジヒドロテストステロン)がAGA症状の主な原因となっているのです。
5αリダクターゼの働きを阻害することでDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制できるため、プロペシア(フィナステリド)にはAGA症状の改善が期待できます。

ザガーロ(デュタステリド)

ザガーロの有効成分であるデュタステリドには、プロペシア(フィナステリド)の有効成分であるフィナステリド同様5αリダクターゼの働きを阻害する作用があります。
ただし、フィナステリドとデュタステリドは全く同じ作用をするわけではありません。5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型のⅡ種類があり、フィナステリドはⅡ型の働きだけを阻害します。しかし、デュタステリドの阻害対象はⅠ型とⅡ型両方です。そのため、デュタステリドはAGA症状に対してより強く働きかけることができます。

ミノキシジル(内服薬 / 外用薬)

ミノキシジルは、もともと高血圧治療剤として開発されたものです。そのため、ミノキシジルには血管拡張作用があります。血管が拡張されると血流が増え、毛髪に必要な酸素や栄養素がしっかりと行き渡り育毛や発毛に効果的です。
また、ミノキシジルには発毛因子を増やす効果もあるとされています。毛乳頭細胞にミノキシジルが働きかけることで、アデノシン成分が分泌されます。アデノシンはエネルギー伝達やシグナル運搬に関わる成分です。これによって細胞増殖因子の産生が促進されます。

発毛・育毛効果の違い

プロペシア(フィナステリド)、プロペシア(フィナステリド)ジェネリック

プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン(2017年版)で推奨度A評価を得ています。このガイドラインはAGA治療に効果的とされている治療方法に対する評価を示したもので、推奨度Aは強く勧められている治療法です。

そのため、プロペシア(フィナステリド)の効果は非常に高い評価を得ていることがわかります。国内臨床試験では、プロペシア(フィナステリド)1mgを1年間投与した場合で58%、2年間で68%、3年間で78%の症状の改善が認められています。現状維持効果もそれぞれ40%、31%、20%です。

(※2)

ザガーロ(デュタステリド)

ザガーロの有効成分であるデュタステリドは同じ5αリダクターゼ阻害作用のあるフィナステリドよりも、臨床試験において高い治療効果があると発表されています。米国皮膚科学会によって行われた第Ⅱ相臨床試験ではⅡ型の5αリダクターゼに対して3倍、Ⅰ型に対しては100倍以上の効果があったとされています。また、発毛効果も約1.6倍であるとの結果も出ており、発毛・育毛効果への期待は大きいです。

(※3)

ミノキシジル(内服薬 / 外用薬)

ミノキシジルも、男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン(2017年版)において同じく推奨度Aの評価を得ている薬です。ミノキシジルには医療用医薬品と市販品の2種類があり、それぞれで濃度が異なります。市販品は1%や5%、医療用医薬品は6%で、濃度が高いほうが発毛・育毛効果が高いとされています。

副作用の違い

プロペシア(フィナステリド)、プロペシア(フィナステリド)ジェネリック

プロペシア(フィナステリド)の副作用としては、主に性欲減退や勃起機能不全、射精障害といったものがあります。
これらの副作用が起こる確率はそれほど高くはなく、臨床試験では276例中11例、最も多かった性欲減退で確率は1.1% でした。
このほか、重篤な副作用として肝機能障害が発生する可能性もありますが、極稀なケースであるため基本的には気にしなくても問題ありません。
ただし、何か異変を感じたらすぐに病院を受診しましょう。

(※2)

ザガーロ(デュタステリド)

ザガーロ(デュタステリド)の副作用はプロペシア(フィナステリド)同様、性欲減退や勃起機能不全、射精障害などが主な症状です。 臨床試験での確率は勃起不全4.3%、性欲減退3.9% です。本剤投与中止後も持続したとの報告がありますが、本剤との関連性や作用機序は不明です。
何らかの症状が発生した際にはすぐに医師に相談しましょう。

(※3)

ミノキシジル(内服薬 / 外用薬)

ミノキシジルの副作用は、内服薬と外用薬で異なります。
内服薬の場合、もともと高血圧治療剤として開発されたことから、低血圧に陥ることがあります。また、内服薬であることから全身に発毛・育毛効果が及び、全身の体毛が濃くなる多毛症の恐れもあります。
外用薬の場合、肌に直接塗布することから痒みやかぶれ、発疹などが主な症状です。また、血管拡張作用があることからむくみが現れることがあります。
いずれも可能性は低く基本的には問題ありません。ただし、日頃から血流が悪いと副作用が出やすいため、その際は特に注意しましょう。

(※1)

薬剤との併用について

プロペシア(フィナステリド)

プロペシア(フィナステリド)には、併用禁忌薬はありません。
飲み合わせが悪いなどの報告もなく、様々な薬剤と併用可能です。むしろミノキシジルと併用することで、より高い発毛・育毛効果が得られるとされています。プロペシア(フィナステリド)とミノキシジルは作用機序が異なり、AGA治療に対して異なったアプローチをするからです。

ただし、本人の体質や体調、使用している薬などによって、効果が強く出たり弱まったりする恐れはあります。別の薬を併用するときは、医師に相談しましょう。
また、より高い効果が得られる十分な科学的根拠はないため、5αリダクターゼ阻害薬であるザガーロ(デュタステリド)との併用はおすすめしません。

ザガーロ(デュタステリド)

ザガーロ(デュタステリド)には併用禁忌薬はありませんが、併用注意薬としてケトコナゾールなどCYP3A4阻害作用のある薬が指定されています。併用すると、ザガーロ(デュタステリド)の血中濃度が上昇する可能性があるからです。それ以外の薬であれば、併用しても概ね問題はないとされています。

特に、プロペシア(フィナステリド)同様、ミノキシジルを併用するとより高い効果が得られるとされているため、AGA治療で悩んでいる場合は検討してみるのもひとつの方法です。

ミノキシジル(内服薬 / 外用薬)

ミノキシジルの外用薬は、併用禁忌薬はありません。そのためほかの薬剤と同時に使用することができます。
しかし、内服薬には併用できないこともあるため、既往歴や服用中の薬剤を確認する必要があります。内服薬を希望の際はまずは医師に相談しましょう。

治療目的に合ったAGA治療薬を使用し、薄毛治療の効果を実感しましょう

AGA治療薬には、プロペシア(フィナステリド)、ザガーロ(デュタステリド)、ミノキシジルの主に3種類が存在し、それぞれ作用が異なります。治療目的や薄毛の進行度に合ったAGA治療薬を使用することで、効果を最大限に生かすことが大切です。
ただし、うまく活用しないと思ったような効果が期待できない場合があります。そのためAGA治療薬を使用してみようと考えている方は、まずAGA治療を専門に扱っているクリニックを受診することをおすすめします。

AGA治療薬の使用を検討される方は、イースト駅前クリニックへご相談ください。イースト駅前クリニックには、AGA治療の実績を持つ医師が多数在籍しており、患者様一人ひとりに合わせた治療が可能です。診察の際は予約不要ですので、興味のある方はぜひお近くのイースト駅前クリニックにご相談ください。

参考URL

※1)プロペシア(フィナステリド)添付文書
https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/249900XF1021_3_01/
※2)ザガーロ(デュタステリド)、添付文書
https://www.info.pmda.go.jp/go/pdf/340278_249900AM1023_1_06
※3)ミノキシジルの発毛作用について
https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/119/3/119_3_167/_pdf
※4)男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf
※5)安心してご利用ください ジェネリック医薬品
https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201309/4.html

1. AGAの症例

Ⅱ-v 28歳 治療期間:7ヵ月

Ⅱ-v 28歳 治療期間:7ヵ月

[治療内容] 発毛治療

[治療価格] 15,300円(税込)/月

[この治療により起こる可能性がある副作用]

●頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など

Ⅳ-v+a 52歳 治療期間:7ヵ月

Ⅳ-v+a 52歳 治療期間:7ヵ月

[治療内容] 発毛治療

[治療価格] 15,300円(税込)/月

[この治療により起こる可能性がある副作用]

●頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など

Ⅳ-v 33歳 治療期間:7ヵ月

Ⅳ-v 33歳 治療期間:7ヵ月

[治療内容] 発毛治療

[治療価格] 20,800円(税込)/月

[この治療により起こる可能性がある副作用]

●頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など

プロペシア
(フィナステリド)

ザガーロ
(デュタステリド)

ザガーロジェネリック
(デュタステリドジェネリック)

ミノキシジル

プロペシアジェネリック
(フィナステリドジェネリック)

AGA


AGA治療TOPへ

クリニック一覧

イースト駅前クリニック所属医師

イースト駅前クリニックの医師一覧

当サイトの運営者情報はこちら

運営者情報

プロペシア
(フィナステリド)

1mg 7,400円(税抜)/28錠

プロペシアは世界初のAGA内服治療薬です。プロペシアはAGA治療で強く推奨されています。

プロペシア1mg

7,400円(税抜)/28錠

プロペシアジェネリック
(フィナステリドジェネリック)

1mg 3,400円(税抜)/28錠

プロペシアジェネリック(フィナステリド錠)は、2015年に国内で製造販売が開始されたプロペシアジェネリックです。

プロペシアジェネリック1mg

3,400円(税抜)/28錠

ザガーロ
(デュタステリド)

0.5mg 9,500円(税抜)/30錠

ザガーロは、発毛効果が証明され現在ではAGA治療でも処方されています。

ザガーロ0.5mg

9,500円(税抜)/30錠

ザガーロジェネリック
(デュタステリドジェネリック)

0.5mg 6,300円(税抜)/30錠

ザガーロジェネリック(デュタステリド錠)は、2020年に国内で製造開始されました。

ザガーロジェネリック0.5mg

6,300円(税抜)/30錠

ミノキシジル

5% 60mg 5,000円(税抜)

頭皮の血行促進効果により、確かな発毛を実感することができるAGA治療薬です。

ミノキシジル5% 60mg

5,500円〜5,780円

アロビックス

※クリニックにより、処方価格が変わります。

アロビックス液とは、塗布タイプの脱毛治療薬です。患部に直接塗布することで、毛根の血行をよくして抜け毛を抑制し、発毛を促す効果があるためプロペシアとの併用が効果的といわれています。

アロビックス

ABOUT

AGAについてのよくあるお問合せ

プロペシアの主な副作用はなんですか?

国内で実施された臨床試験(1年)において、4.0%(276例中11例)に副作用(臨床検査値異常を含む)が認められております。主な症状はリビドー減退1.1%(3例)、勃起機能不全0.7%(2例)等でした。まれに食欲不振、全身倦怠感(肝機能障害)の症状があらわれる可能性があります。このような場合には、ご使用をおやめください。

プロペシアについて

プロペシアの作用機序について教えてください。

テストステロンからDHT(ジヒドロテストステロン:抜け毛の原因物質)へ変換する酵素(5α-還元酵素II型)を阻害し、AGAの進行抑制・改善効果を発揮します。

服用中に献血をしても問題ないですか?

服用中の方は献血をすることができません。献血をしたい場合は、プロペシアは1ヵ月以上、ザガーロは6ヵ月以上服用を中止することが必要です。

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:伊部 博行 医師仙台院院長:長浦 主税 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:松沼 寛 医師池袋院院長:秋田 和宏 医師渋谷院院長:足立 和典 医師上野院院長:千葉 岳 医師秋葉原院院長:宮路 貴晶 医師新橋院院長:加藤 淳 医師立川院院長:村田 博昭 医師町田院院長:横山 利光 医師横浜院院長:松本 貴博 医師川崎院院長:岡田 和樹 医師高崎院院長:廣瀧慎太郎 医師大宮院院長:半田 譲 医師川越院院長:中野 智樹 医師柏院院長:管野 隆治 医師船橋院院長:植田 琢也 医師土浦院院長:石川 哲生 医師大田屋クリニック院長:佐藤 孝典 医師大田屋いまい泌尿器クリニック院長:今井 佑樹 医師静岡院院長:高柳 健二 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都院院長:石田 裕彦 医師梅田院院長:藤田 良治 医師大阪院院長:植田 大樹 医師なんば院院長:東城 博雅 医師天王寺院院長:須見 善充 医師神戸三宮院院長:篁 隆雄 医師岡山院院長:橋詰 顕正 医師広島院院長:久保田 守 医師高松院院長:西原 修造 医師松山院院長:堤 圭右 医師あけぼのクリニック院長:門田 靜明 医師博多院院長:田中 修二 医師小倉院院長:倉員 忠弘 医師熊本院院長:師岡 公彦 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2024 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.