メニューを閉じる

AGA治療について

AGA治療は維持治療と発毛治療があり、ひとり一人に対して適切な治療が必要となるため、まずは医師の診察のもと自分にあった治療をしていくことが重要です。
当院では内服薬と外用薬での治療をご用意しております。AGAは進行性の脱毛症であり、フィナステリド(プロペシア)やデュタステリドで脱毛を抑制し、ミノキシジルで発毛を促進する、という形で薬剤を併用する治療をお勧めしております。
フィナステリド、ミノキシジルともに日本皮膚科学会でAランクに推奨されている薬剤となります。まずはお気軽にお問い合わせください。

AGA治療薬

診察(初診・再診)料はかかりません。お薬代のみのご負担となります。

AGAとは

サムネイル:AGAとは

AGAは「Androgenetic Alopecia(アンドロジェネティック・アロペシア)」の略称で、日本では男性型脱毛症と呼ばれています。円形脱毛症や脂漏性脱毛症といった他の脱毛症とは異なり、進行性であることが特徴です。

主に原因は男性ホルモンの一つが酵素の働きによって変化することにより、「通常の髪の周期と比べ、成長期が短くなってしまう」状態になり、健康な髪の毛と比較しきちんと成長する前に抜けてしまい、段々と薄くなっていきます。

日本でAGAを発症している人は1,000万人以上いるといわれており、20歳~69歳の成人男性の約1/3を占めています。基本的には30代~50代の男性に多くみられますが、近年では20代など若い世代のAGA患者も増えています。また、男性型脱毛症という名前ではありますが、女性が発生するケースもあります。

■AGAの基本情報について知りたい方はこちら

目次へ戻る

AGAの原因

サムネイル:AGAの原因

AGAは薄毛や抜け毛の総称として使われることがありますが、薄毛・抜け毛の中でも「男性ホルモン」が影響して発症する脱毛症を指します。

男性ホルモンのひとつに、テストステロンというホルモンがあります。テストステロンは筋肉や骨格の形成、生殖機能の向上、集中力・記憶力の向上など、心身の健康に大きな影響を与えます。このテストステロンは、5αリダクターゼ(5α還元酵素)という酵素の働きによってジヒドロテストステロン(DHT)という別のホルモンに変化します。ジヒドロテストステロンは男性胎児の外性器を発達させる作用がある重要なホルモンですが、毛乳頭細胞に存在している男性ホルモン受容体と結びつくことでヘアサイクルが乱れます。

原因となる酵素の5αリダクターゼ(5α還元酵素)にはⅠ型とⅡ型の2種類があり、それぞれ多く存在している場所が異なります。Ⅰ型は後頭部と側頭部、Ⅱ型は前頭部と頭頂部に多く、AGAに関係しているのは主にⅡ型の5αリダクターゼです。そのため、AGAは前頭部や頭頂部の毛髪に大きな影響を与えます。

■関連情報はこちらから

目次へ戻る

髪の成長とヘアサイクルとAGAのメカニズム

髪の毛は、一定の周期によって成長し、生え変わります。髪の毛が生え変わるまでには成長期、退行期、休止期という3つの期間があり、こうした生え変わりの周期をヘアサイクルといいます。

画像:ヘアサイクル

成長期は毛母細胞の分裂が活発に行われる期間で、文字通り髪の毛が成長します。成長期が長いと、髪は太く長くなります。その後、髪の毛の成長が止まる退行期を経て、休止期に至ると次に生えてきた髪に押し出されるように抜け落ちます。

正常なヘアサイクルの場合、成長期は2年~6年程、退行期は2週間~3週間程、休止期は数カ月程続きます。しかし、前述のジヒドロテストステロンの影響によりAGAになると、ヘアサイクルが乱れ、成長期が数カ月から1年程度で終わり、退行期に移行します。成長期が短いと十分に成長しないため、細く短い髪の毛となります。毛髪1本1本でヘアサイクルが異なるため、すぐに頭髪すべてが細く短くなるわけではありません。しかし、ヘアサイクルの乱れが続けば少しずつ細く短い髪の毛が増えていき、薄毛が進行していくのです。

画像:ヘアサイクル

目次へ戻る

AGAと遺伝

サムネイル:AGAと遺伝

脱毛が遺伝の影響を受けるというのは、よく耳にする話です。AGAにおいても、遺伝の影響は無視できるものではありません。

上述したように、AGAの原因はジヒドロテストステロンが男性ホルモン受容体と結びつき、ヘアサイクルが乱れることにあります。男性ホルモン受容体がどれだけジヒドロテストステロンの影響を受けるかは、受容体の感受性によって異なります。

この感受性が遺伝すると考えられていることから、AGAと遺伝は関係があるとされているのです。感受性に関する遺伝子はX染色体に存在するといわれており、男性のX染色体は母親から引き継がれます。そのため、母方の家系でAGAを発症している家族がいれば、自身もAGAを発症する可能性が高いといえます。

ジヒドロテストステロンの生成に関わる5αリダクターゼの活性の高さも、遺伝によって決まると考えられています。5αリダクターゼの活性に関わる遺伝子は両親のどちらからでも受け継ぐため、どちらかが5αリダクターゼの活性が高い場合は、自身も受け継いでいる可能性が高いといえます。

こうした遺伝によるAGA発症のリスクは、遺伝子検査を行うことでそのリスクを明らかにすることができます。遺伝子検査では将来的な発病リスクや現在の薄毛がAGAかどうかの確認ができる他、AGA治療薬による治療効果の予測も可能です。

■関連情報はこちらから

目次へ戻る

AGAのタイプ

サムネイル:AGAのタイプ

AGAは進行性の脱毛症であり、その進行には3つのパターンと7段階の進行状況があります。AGAの進行パターンは特徴的であるため、現在の薄毛の状況を見ればAGAかどうかをある程度判断することができます。

・頭頂部から薄くなるタイプ
いわゆるO字型の薄毛であり、自分では見えないことから気づきにくい薄毛であるといえます。
・生え際から薄くなるタイプ
M字型の薄毛であり、日本人に比較的多いといわれています。AGAの中でも分かりやすいタイプの薄毛です。
・頭頂部と生え際が同時に薄くなるタイプ
混合型と呼ばれるもので、進行スピードは速くなります。

これら3つのパターンが、AGAの主な進行パターンです。このほかにも前頭部から薄くなるパターンを「U型」と呼ばれる場合もあります。

このように特徴的な進行パターンがあるAGAは、薄毛の状態によって進行レベルが分類されています。この分類は、ハミルトン・ノーウッド分類と呼ばれています。ハミルトン・ノーウッド分類では、AGAの進行レベルは7つに分類されています。

進行レベルが進むにつれて改善は難しくなっていき、最終的には治療を行っても改善することができなくなります。その場合、植毛やカツラといった方法しか取れなくなるため、AGAの治療は早めに行う必要があります。

■関連情報はこちらから

目次へ戻る

AGA(男性型脱毛症)の特徴

AGAの大きな特徴は2点、「進行性の脱毛症であること」「抜け毛の状態に特徴のあること」です。

・AGAは進行性の脱毛症
一般的な脱毛症は何らかの要因で悪化することはあっても、悪化の一途をたどることはありません。AGAは進行性であることから放っておくと薄毛の症状が進み、最終的には側頭部と後頭部の一部を残して毛が抜けます。毛根が死滅してしまうと、二度と毛が生えてくることはありません。この場合はAGA治療薬を使用しても効果は期待できず、植毛やカツラを用いることになります。こうした理由から、AGA治療は早い段階で始めることが大切なのです。
・AGAは抜け毛の状態にも特徴がある
AGAは、抜け毛の状態にも特徴があります。抜け毛の状態を確認すれば、ある程度AGAであるかどうかを判断することができます。AGAの場合、ヘアサイクルが乱れて成長期が短くなることで薄毛になります。成長期が短いということは毛がしっかりと成長しないということであり、AGAになると弱く短い毛が目立つようになります。これは生えている毛だけでなく、抜け毛に関しても同じことがいえます。つまり、AGAを発症している男性の抜け毛には、細い毛や短い毛、弱い毛が多いのです。また、先がとがっている抜け毛にも注意が必要です。先がとがっているということはハサミで切られていないということであり、髪を切る前に抜けた毛であることが分かります。つまり、成長する前に抜けたと考えることができるのです。

こうした特徴があるため、抜け毛の状態にも注意が必要です。

目次へ戻る

AGA治療は早い方が良い

AGAは前頭部の薄毛や脱毛から始まる初期の段階で発症を発見し、早期治療を行うことができれば、症状が進行してしまった状態での治療と比較してもより高い効果が期待できます。

詳細は後述しますが早期であっても大きな治療法は変わらず、薬剤治療であればフィナステリドを含有するプロペシアや発毛を促進するミノキシジルがあげられます。プロペシアによってAGAの主な原因であるDHTの生成を抑え、外用薬であるミノキシジルによって発毛を促進することで治療を進めて治療を行います。

もちろん、前頭部での症状が最初期の段階よりも進んでいる場合や、頭頂部でもAGAの傾向が見られる場合においても治療することは可能です。

■関連情報はこちらから

目次へ戻る

AGAって治るの?

AGAは症状の進行を止める事・薄毛の状態を改善することは一時的にできますが、継続的な治療が必要で現在のところ、完治はしません。

理由としては、AGA治療薬は原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の発生を「抑える事」で効果を発揮します。そのため、薬剤の服用をやめてしまうと再びDHTが発生し薄毛が進行しまいます。そしてこれはその他のAGA治療でも基本的には同じです。

ただし、完治はしなくとも多くの髪の毛が残っている状態で早期に原因を究明できれば、髪の毛をよりたくさん維持ことができます。

目次へ戻る

AGA治療の種類について

AGAの治療には大きく2つあります。

1.治療薬による治療

AGAの治療は、多くの場合に治療薬を用いて行われます。日本で認可されているAGA治療薬には内服薬と外用薬の2種類があり、それぞれで作用機序は異なります。

内服薬には、プロペシアとザガーロがあります。前者はフィナステリド、後者はデュタステリドを有効成分とした薬で、どちらも同じく5αリダクターゼの働きを阻害する効果があります。

5αリダクターゼには、テストステロンをAGAの原因であるジヒドロテストステロンに変化させる働きがあります。そのため、5αリダクターゼの働きを阻害することで、AGAの進行を抑制することができるのです。

外用薬には、ミノキシジルがあります。ミノキシジルはもともと高血圧の薬として開発されていたものであり、血流改善作用によって発毛を促します。また、それ以外にも細胞増殖作用や細胞成長因子産生作用、毛細胞アポトーシスの抑制作用といった薄毛を改善する作用があります。

■各薬剤情報はこちらからご覧いただけます。

■関連情報はこちらから

2.薬剤以外での治療

治療薬以外のAGA治療としては、メソセラピーやHARGといった方法があります。
メソセラピーやHARGは頭皮に直接薬剤を注入し、発毛や育毛を促すというものです。
メソセラピーとHARGの違いは、配合されている成分にあります。

HARGの場合、メソセラピーに用いる薬剤に加えて成長因子と呼ばれる成分が含まれています。
ただし、近年はメソセラピーでも成長因子が配合されている場合もあるため、何が含まれているかを事前に確認する必要があります。

※イースト駅前クリニックではメソセラピーやHARGを取り扱っておりません

目次へ戻る

薬剤による治療。種類は内服薬と外用薬の2種類が存在

サムネイル:薬剤による治療。種類は内服薬と外用薬の2種類が存在

AGA治療には維持治療と発毛治療があり、一人ひとりに対して適切な治療が必要となります。そのため、まずは医師の診察を受け、自分にあった治療をしていくことが重要です。 AGA治療においては、治療薬を用いた治療が広く行われています。当院でも、内服薬と外用薬の2種類をご用意しております。

内服薬には、フィナステリドを有効成分としたプロペシアや、デュタステリドを有効成分としたザガーロがあります。フィナステリドとデュタステリドにはAGAの原因を作り出す要素のひとつである5αリダクターゼの働きを阻害する作用があり、脱毛を抑制します。

外用薬には、ミノキシジルがあります。ミノキシジルには血流改善作用や細胞増殖作用、成長因子の産生促進作用などがあり、これらの作用によって発毛を促進します。

フィナステリド・デュタステリドとミノキシジルは、作用機序が異なる薬であるため併用することができます。併用することで脱毛の抑制と発毛の促進を同時に行えるため、より高い効果が期待できます。 フィナステリドとミノキシジルは、日本皮膚科学会が定めた男性型脱毛症診療ガイドラインでも使用が強く勧められている薬です。

まずはお気軽にお問い合わせください。

目次へ戻る

内服薬による治療について

サムネイル:内服薬による治療について

AGA治療用の内服薬としては、プロペシアとザガーロがあります。プロペシアとザガーロは、どちらも同じ5αリダクターゼ阻害薬です。

男性ホルモンのひとつであるテストステロンは、5αリダクターゼの働きによってジヒドロテストステロンという別のホルモンに変換されます。このジヒドロテストステロンは男性胎児の外性器の形成のためになくてはならないものですが、思春期以降はニキビや前立腺肥大などを引き起こす要因となります。このジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結びつくことで、ヘアサイクルが乱れます。これにより、毛髪の成長期が極端に短くなり、薄毛が進行するのです。こうしたAGAの症状を5αリダクターゼの働きを阻害することで抑制しようというのが、プロペシアやザガーロなど5αリダクターゼ阻害薬の目的です。

プロペシアとザガーロは同じ作用機序を持つ薬ですが、まったく同じ作用をする薬というわけではありません。プロペシアとザガーロは、効果を及ぼす範囲が異なります。5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型の2種類があり、前者は側頭部や後頭部に、後者は前頭部や頭頂部に多く存在します。プロペシアはこのうち、Ⅱ型の5αリダクターゼの働きを阻害します。これに対してザガーロは、Ⅰ型とⅡ型の両方の働きを阻害するとされています。そのため、プロペシアに比べてザガーロはより高い効果を発揮する内服薬だといえます。

目次へ戻る

外用薬による治療について

サムネイル:外用薬による治療について

AGA治療の外用薬には、ミノキシジルがあります。ミノキシジルはもともと高血圧の治療薬として開発されたもので、その副作用として全身の多毛が確認されたことから薄毛の治療薬として発売されました。そのため、プロペシアやザガーロとは作用機序が異なります。

ミノキシジルには、発毛を促進する効果が認められています。研究の結果、ミノキシジルの発毛メカニズムとしては血流改善作用、細胞増殖作用・細胞成長因子産生作用、毛細胞アポトーシス抑制作用などがあることが分かっています。

血流改善作用に関しては、もともと高血圧の治療薬として開発されていたために早い段階からその効果が知られていました。頭皮の血流が改善されることで栄養素が広範囲に行き渡るようになり、頭皮環境が改善されて毛髪が成長しやすくなります。

細胞増殖作用と細胞成長因子産生作用は、毛母細胞の活性化や分裂に大きな影響を与えます。ミノキシジルは毛包に直接作用し、毛母細胞を活性化させることが分かっています。

毛細胞アポトーシスの抑制は、ヘアサイクルにおける成長期を長引かせる効果があります。アポトーシスとはいわば細胞の自死のことで、これによって成長期から退行期へ移行します。これを抑制することで、毛髪の成長が促されます。

目次へ戻る

AGAの治療期間

プロペシア・ザガーロ・ミノキシジルの主なAGA治療薬は、いずれも6カ月以上の治療期間が必要となり、使い続けないと効果を実感できないと考えられています。AGA治療薬の効果は早い人だと3カ月程度で実感でき、遅くても1年で実感できるようになるとの共通点があります。

そのため、逆にどのAGA治療薬も1年以上経過して発毛効果を実感できなければ、他の改善方法を検討する必要があります。

目次へ戻る

継続しないと効果がでない理由

サムネイル:継続しないと効果がでない理由

AGA治療薬による薄毛治療は、継続しなければ効果が発揮されないといわれています。これには、いくつかの理由があります。

ひとつは、AGA治療薬はAGAの原因を根絶するための薬ではないという理由です。上述したように、プロペシアやザガーロは5αリダクターゼの阻害、ミノキシジルは発毛の促進によって、AGAによる薄毛を改善します。しかし、これらはいわば対症療法といえるもので、症状は改善できるものの原因に対してはアプローチしていません。そのため、AGA治療薬だけでAGAを根治することは不可能なのです。

もうひとつは、AGA治療薬の効果は一定期間で消滅するという点です。例えば内服薬であるプロペシアやザガーロの場合、血中に有効成分が溶け込んでいる間は効果が発揮されますが、いずれ成分は血中から抜けてしまいます。

薬がどれだけの速さで代謝・排出されるかの指標として、半減期というものがあります。半減期は体内の薬の全体量が半分になるまでの時間のことで、プロペシアは約4時間、ザガーロは約3週間~5週間です。ザガーロはプロペシアに比べて効果が長く続きますが、それでも永遠に続くわけではありません。こうしたことから、AGA治療薬は効果が切れないように継続しなければなりません。

目次へ戻る

AGA治療薬による副作用

サムネイル:AGA治療薬による副作用

AGAに治療で最もポピュラーなのが、AGA治療薬を用いた治療です。AGA治療薬には内服薬と外用薬があり、発現する副作用は異なります。

プロペシアやザガーロなどの内服薬の場合、主に発生する副作用はリビドー減退や勃起不全、射精障害といった性機能に関するものです。重大な副作用としては、肝機能障害が発現することもあります。軽度な副作用の発現率は高くても1%程度、重大な副作用はそれ以下であるため、基本的にはあまり心配する必要はありません。
プロペシアやザガーロは女性にとって禁忌であるため、女性が触れないようにする必要があります。妊娠している、あるいは妊娠予定の女性が暴露された場合、男性胎児の外性器の形成に悪影響を与えます。

外用薬には、ミノキシジルがあります。ミノキシジルを塗布することで発現しうる副作用としては、頭皮の痒みやかぶれ、発疹といったものがあげられます。ミノキシジルには血管拡張作用もあることから、めまいや顔のほてりといった副作用が発現することもあります。この他には、動悸やむくみ、全身の多毛といった症状も確認されています。
こうした副作用が発現した場合、治療薬の使用を中止しなければならないケースもあるため、早めに医師に相談することが大切です。

目次へ戻る

AGA治療の保険適用について

サムネイル:AGA治療の保険適用について

AGA治療薬で薄毛を改善するためには継続して使用する必要があるため、医療費は高額になりがちです。そのため、保険が適用されるかどうかは大きな問題だといえます。 結論からいえば、AGA治療に保険は適用されません。自由診療となるため、医療費は全額自己負担となります。治療に保険が適用されるかどうかは、厚生労働省が決定します。認められる基準としては、その治療が生命にかかわるかどうか、日常生活に支障をきたすかどうかがあげられます。AGA治療は命にかかわるものではなく、美容整形やレーシック、歯科インプラントなどと同じく審美的な意味合いが強いものとなります。そのため、AGA治療は自由診療となるのです。 AGA治療で保険は適用されませんが、医療費控除は受けられる可能性があります。医療費控除とは、自分や家族が支払った医療費等の負担額が年間で10万円(所得が200万円未満の場合は所得金額の5%)を超えた場合、超過分を所得から控除できるというものです。AGA治療が医療費控除の対象となるかどうかは所轄の税務署によっても判断が異なりますが、クリニックで処方してもらったAGA治療薬の場合は医療費控除を受けられる可能性が高いといえます。AGA治療を実施しているクリニックであれば、こうした医療費控除についての相談もできます。

目次へ戻る

AGA治療費の相場

サムネイル:AGA治療費の相場

AGAの治療は、多くの場合でプロペシアやザガーロ、ミノキシジルといったAGA治療薬が用いられます。これらの治療薬は一度使えばずっと効果が続くというものではないため、満足のいく効果が得られるまでは使い続ける必要があります。そのため、AGA治療薬の価格は治療費に大きな影響を与えます。

AGA治療薬の中で最も利用されているのが、内服薬であるプロペシアです。AGA治療は自由診療であるためプロペシアの薬価は各クリニックによっても異なりますが、1シートで6,000円~7,000円程度となっています。プロペシアは1シート28錠なので、1錠あたり200円~250円程度です。近年はプロペシアの特許が切れたことから、ジェネリック医薬品の処方も開始されています。ジェネリックの場合は1シート4,000円~5,000円程度で、1錠あたり150円~180円となっています。2016年から販売が開始された内服薬であるザガーロの場合、1箱9,000円~9,500円程度で処方されます。ザガーロは1箱30錠であるため、1錠あたり300円~320円程度となります。なお、ザガーロにはジェネリックはありません。

AGA治療薬はクリニックでの処方以外に、個人輸入で購入することもできます。この場合、クリニックでの処方に比べて安価で手に入れられることがほとんどです。ただし、個人輸入には偽造薬(厚生労働省 未承認薬)の危険性があるため、利用は推奨されていません。

またイースト駅前クリニックの場合は、1ヵ月当たりの治療費の目安としては、「抜け毛を防ぎたい方」で4,500円、「最大限の発毛を希望する方」で17,300円程となっております。
※クリニックによって価格が異なります。

目次へ戻る

まずは医師の診断を

サムネイル:まずは医師の診断を

AGA治療薬は個人輸入でも手に入れることができるため、「クリニックを受診するのが恥ずかしい」「面倒」といった理由からクリニックを通さずに購入するケースがみられます。しかし、上述したように個人輸入には偽造薬(厚生労働省 未承認薬)のリスクがあり、薬自体に問題がなかったとしても医師から説明を受けなければ正しく使用することができません。こうしたことから、まずはクリニックを受診することをおすすめします。
AGAについて相談できるクリニックはいくつかあるため、比較・検討して納得できるクリニックをお探しください。

目次へ戻る

AGA治療価格事例

アイコン説明

内服薬

外用薬

治療効果:大

最大限発毛したい

症例

症例4

治療内容

17,300円(税込) / 1ヶ月

※セット割引1,500円適用

※クリニックによって金額が違う場合がございます。

治療効果:中

発毛したい

症例

症例2

治療内容

フィナステリド

外用薬

9,500円(税込) / 1ヶ月

※セット割引500円適用

※クリニックによって金額が違う場合がございます。

治療効果:小

抜け毛を防ぎたい

症例

症例1

治療内容

4,500円(税込) / 1ヶ月

※クリニックによって金額が違う場合がございます。

AGA治療についてを動画でご紹介致します

初診優待予約はこちらから

一覧へ

AGAについて

一覧へ

AGA治療・治療薬について

一覧へ

AGA体験談