メニューを閉じる

AGA治療について

AGA治療は維持治療と発毛治療があり、ひとり一人に対して適切な治療が必要となるため、まずは医師の診察のもと自分にあった治療をしていくことが重要です。
当院では内服薬と外用薬での治療をご用意しております。AGAは進行性の脱毛症であり、フィナステリド(プロペシア)やデュタステリドで脱毛を抑制し、ミノキシジルで発毛を促進する、という形で薬剤を併用する治療をお勧めしております。
フィナステリド、ミノキシジルともに日本皮膚科学会でAランクに推奨されている薬剤となります。まずはお気軽にお問い合わせください。

AGA治療薬

診察(初診・再診)料はかかりません。お薬代のみのご負担となります。

薬剤を使用したAGA治療

サムネイル:薬剤を使用したAGA治療

男性にとって、薄毛は大きな悩みです。近年はAGA(男性型脱毛症)に悩まされる人も多く、その数は日本だけで1,000万人以上だといわれています。こうした事情から、AGA治療も実施するクリニックが増えています。

治療には薬剤を用いることが多く、定期的に使用することでAGAの進行を抑えることが出来ます。AGAは進行性の脱毛症であるため、治療を行わなければ症状はどんどん進行します。 そのため、AGAを治すためにはAGA治療薬を用いて薄毛の進行を抑え、生活習慣の改善などによってそもそもの原因を解決することが重要になります。

上述したように、AGAは進行性の脱毛症であるため、放っておくと薄毛の症状がどんどん進行します。 最終的には毛根が死滅するなど、AGA治療薬が手遅れになります。そのため、AGA治療は早期発見・早期治療が重要なのです。毛根が死滅するなどAGA治療薬の効果が発揮できない状態になった場合、薄毛を改善するためには植毛など外科的な手法が必要となります。

目次へ戻る

AGA治療薬は外用薬と内服薬の2種類がある

サムネイル:AGA治療薬は外用薬と内服薬の2種類がある

AGA治療には維持治療と発毛治療があり、一人ひとりに対して適切な治療が必要となります。そのため、まずは医師の診察を受け、自分にあった治療をしていくことが重要です。 AGA治療においては、治療薬を用いた治療が広く行われています。当院でも、内服薬と外用薬の2種類をご用意しております。

内服薬には、フィナステリドを有効成分としたプロペシアや、デュタステリドを有効成分としたザガーロがあります。フィナステリドとデュタステリドにはAGAの原因を作り出す要素のひとつである5αリダクターゼの働きを阻害する作用があり、脱毛を抑制します。

外用薬には、ミノキシジルがあります。ミノキシジルには血流改善作用や細胞増殖作用、成長因子の産生促進作用などがあり、これらの作用によって発毛を促進します。

フィナステリド・デュタステリドとミノキシジルは、作用機序が異なる薬であるため併用することができます。併用することで脱毛の抑制と発毛の促進を同時に行えるため、より高い効果が期待できます。 フィナステリドとミノキシジルは、日本皮膚科学会が定めた男性型脱毛症診療ガイドラインでも使用が強く勧められている薬です。

まずはお気軽にお問い合わせください。

目次へ戻る

内服薬による治療について

サムネイル:内服薬による治療について

AGA治療用の内服薬としては、プロペシアとザガーロがあります。プロペシアとザガーロは、どちらも同じ5αリダクターゼ阻害薬です。

男性ホルモンのひとつであるテストステロンは、5αリダクターゼの働きによってジヒドロテストステロンという別のホルモンに変換されます。このジヒドロテストステロンは男性胎児の外性器の形成のためになくてはならないものですが、思春期以降はニキビや前立腺肥大などを引き起こす要因となります。このジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結びつくことで、ヘアサイクルが乱れます。これにより、毛髪の成長期が極端に短くなり、薄毛が進行するのです。こうしたAGAの症状を5αリダクターゼの働きを阻害することで抑制しようというのが、プロペシアやザガーロなど5αリダクターゼ阻害薬の目的です。

プロペシアとザガーロは同じ作用機序を持つ薬ですが、まったく同じ作用をする薬というわけではありません。プロペシアとザガーロは、効果を及ぼす範囲が異なります。5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型の2種類があり、前者は側頭部や後頭部に、後者は前頭部や頭頂部に多く存在します。プロペシアはこのうち、Ⅱ型の5αリダクターゼの働きを阻害します。これに対してザガーロは、Ⅰ型とⅡ型の両方の働きを阻害するとされています。そのため、プロペシアに比べてザガーロはより高い効果を発揮する内服薬だといえます。

目次へ戻る

外用薬による治療について

サムネイル:外用薬による治療について

AGA治療の外用薬には、ミノキシジルがあります。ミノキシジルはもともと高血圧の治療薬として開発されたもので、その副作用として全身の多毛が確認されたことから薄毛の治療薬として発売されました。そのため、プロペシアやザガーロとは作用機序が異なります。

ミノキシジルには、発毛を促進する効果が認められています。研究の結果、ミノキシジルの発毛メカニズムとしては血流改善作用、細胞増殖作用・細胞成長因子産生作用、毛細胞アポトーシス抑制作用などがあることが分かっています。

血流改善作用に関しては、もともと高血圧の治療薬として開発されていたために早い段階からその効果が知られていました。頭皮の血流が改善されることで栄養素が広範囲に行き渡るようになり、頭皮環境が改善されて毛髪が成長しやすくなります。

細胞増殖作用と細胞成長因子産生作用は、毛母細胞の活性化や分裂に大きな影響を与えます。ミノキシジルは毛包に直接作用し、毛母細胞を活性化させることが分かっています。

毛細胞アポトーシスの抑制は、ヘアサイクルにおける成長期を長引かせる効果があります。アポトーシスとはいわば細胞の自死のことで、これによって成長期から退行期へ移行します。これを抑制することで、毛髪の成長が促されます。

目次へ戻る

継続しないと効果がでない理由

サムネイル:継続しないと効果がでない理由

AGA治療薬による薄毛治療は、継続しなければ効果が発揮されないといわれています。これには、いくつかの理由があります。

ひとつは、AGA治療薬はAGAの原因を根絶するための薬ではないという理由です。上述したように、プロペシアやザガーロは5αリダクターゼの阻害、ミノキシジルは発毛の促進によって、AGAによる薄毛を改善します。しかし、これらはいわば対症療法といえるもので、症状は改善できるものの原因に対してはアプローチしていません。そのため、AGA治療薬だけでAGAを根治することは不可能なのです。

もうひとつは、AGA治療薬の効果は一定期間で消滅するという点です。例えば内服薬であるプロペシアやザガーロの場合、血中に有効成分が溶け込んでいる間は効果が発揮されますが、いずれ成分は血中から抜けてしまいます。

薬がどれだけの速さで代謝・排出されるかの指標として、半減期というものがあります。半減期は体内の薬の全体量が半分になるまでの時間のことで、プロペシアは約4時間、ザガーロは約3週間~5週間です。ザガーロはプロペシアに比べて効果が長く続きますが、それでも永遠に続くわけではありません。こうしたことから、AGA治療薬は効果が切れないように継続しなければなりません。

目次へ戻る

AGA治療薬による副作用

サムネイル:AGA治療薬による副作用

AGAに治療で最もポピュラーなのが、AGA治療薬を用いた治療です。AGA治療薬には内服薬と外用薬があり、発現する副作用は異なります。

プロペシアやザガーロなどの内服薬の場合、主に発生する副作用はリビドー減退や勃起不全、射精障害といった性機能に関するものです。重大な副作用としては、肝機能障害が発現することもあります。軽度な副作用の発現率は高くても1%程度、重大な副作用はそれ以下であるため、基本的にはあまり心配する必要はありません。
プロペシアやザガーロは女性にとって禁忌であるため、女性が触れないようにする必要があります。妊娠している、あるいは妊娠予定の女性が暴露された場合、男性胎児の外性器の形成に悪影響を与えます。

外用薬には、ミノキシジルがあります。ミノキシジルを塗布することで発現しうる副作用としては、頭皮の痒みやかぶれ、発疹といったものがあげられます。ミノキシジルには血管拡張作用もあることから、めまいや顔のほてりといった副作用が発現することもあります。この他には、動悸やむくみ、全身の多毛といった症状も確認されています。
こうした副作用が発現した場合、治療薬の使用を中止しなければならないケースもあるため、早めに医師に相談することが大切です。

目次へ戻る

AGA治療の保険適用について

サムネイル:AGA治療の保険適用について

AGA治療薬で薄毛を改善するためには継続して使用する必要があるため、医療費は高額になりがちです。そのため、保険が適用されるかどうかは大きな問題だといえます。

結論からいえば、AGA治療に保険は適用されません。自由診療となるため、医療費は全額自己負担となります。治療に保険が適用されるかどうかは、厚生労働省が決定します。認められる基準としては、その治療が生命にかかわるかどうか、日常生活に支障をきたすかどうかがあげられます。AGA治療は命にかかわるものではなく、美容整形やレーシック、歯科インプラントなどと同じく審美的な意味合いが強いものとなります。そのため、AGA治療は自由診療となるのです。

AGA治療で保険は適用されませんが、医療費控除は受けられる可能性があります。医療費控除とは、自分や家族が支払った医療費等の負担額が年間で10万円(所得が200万円未満の場合は所得金額の5%)を超えた場合、超過分を所得から控除できるというものです。AGA治療が医療費控除の対象となるかどうかは所轄の税務署によっても判断が異なりますが、クリニックで処方してもらったAGA治療薬の場合は医療費控除を受けられる可能性が高いといえます。AGA治療を実施しているクリニックであれば、こうした医療費控除についての相談もできます。

目次へ戻る

AGA治療費の相場

サムネイル:AGA治療費の相場

AGAの治療は、多くの場合でプロペシアやザガーロ、ミノキシジルといったAGA治療薬が用いられます。これらの治療薬は一度使えばずっと効果が続くというものではないため、満足のいく効果が得られるまでは使い続ける必要があります。そのため、AGA治療薬の価格は治療費に大きな影響を与えます。

AGA治療薬の中で最も利用されているのが、内服薬であるプロペシアです。AGA治療は自由診療であるためプロペシアの薬価は各クリニックによっても異なりますが、1シートで6,000円~7,000円程度となっています。プロペシアは1シート28錠なので、1錠あたり200円~250円程度です。近年はプロペシアの特許が切れたことから、ジェネリック医薬品の処方も開始されています。ジェネリックの場合は1シート4,000円~5,000円程度で、1錠あたり150円~180円となっています。2016年から販売が開始された内服薬であるザガーロの場合、1箱9,000円~9,500円程度で処方されます。ザガーロは1箱30錠であるため、1錠あたり300円~320円程度となります。なお、ザガーロにはジェネリックはありません。

AGA治療薬はクリニックでの処方以外に、個人輸入で購入することもできます。この場合、クリニックでの処方に比べて安価で手に入れられることがほとんどです。ただし、個人輸入には偽造薬(厚生労働省 未承認薬)の危険性があるため、利用は推奨されていません。

目次へ戻る

まずは医師の診断を

サムネイル:まずは医師の診断を

AGA治療薬は個人輸入でも手に入れることができるため、「クリニックを受診するのが恥ずかしい」「面倒」といった理由からクリニックを通さずに購入するケースがみられます。しかし、上述したように個人輸入には偽造薬(厚生労働省 未承認薬)のリスクがあり、薬自体に問題がなかったとしても医師から説明を受けなければ正しく使用することができません。こうしたことから、まずはクリニックを受診することをおすすめします。

AGAについて相談できるクリニックはいくつかあるため、比較・検討して納得できるクリニックをお探しください。

目次へ戻る

AGA治療薬比較表

各薬剤の作用の違い

各薬剤の作用の違い

プロペシア、プロペシアジェネリック

プロペシアの有効成分であるフィナステリドには、5αリダクターゼの働きを阻害する作用があります。
5αリダクターゼには、テストステロンをジヒドロテストステロンに変換する作用があり、このジヒドロテストステロンが男性ホルモン受容体と結合することで毛髪が退行期および休止期に以降するための信号が発せられます。つまり、ジヒドロテストステロンがAGA症状の主な原因となっているのです。5αリダクターゼの働きを阻害することでジヒドロテストステロンの生成を抑制することができるため、プロペシアはAGA症状を改善する効果が期待されるのです。

ザガーロ

ザガーロの有効成分であるデュタステリドには、プロペシアの有効成分であるフィナステリド同様5αリダクターゼの働きを阻害する作用があります。
ただし、フィナステリドとデュタステリドは全く同じ作用をするわけではありません。5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型のⅡ種類があり、フィナステリドはⅡ型の働きを阻害します。しかし、デュタステリドはⅠ型とⅡ型両方の5αリダクターゼの働きを阻害することができます。そのため、デュタステリドはAGA症状に対してより強く働きかけることができるのです。

ミノキシジル(内服薬 / 外用薬)

ミノキシジルは、もともと高血圧治療剤として開発されたものです。そのため、ミノキシジルには血管拡張作用があります。血管が拡張されると血流が増え、これによって毛髪に必要な酸素や栄養素がしっかりと行き渡るようになります。これが、育毛や発毛に効果的なのです。
また、ミノキシジルには発毛因子を増やす効果もあるとされています。毛乳頭細胞にミノキシジルが働きかけることで、アデノシンという成分が分泌されます。アデノシンはエネルギー伝達やシグナル運搬に関わる成分で、これによって細胞増殖因子の産生が促進されるのです。

発毛・育毛効果の違い

発毛・育毛効果の違い

プロペシア、プロペシアジェネリック

プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、男性型脱毛症診療ガイドラインで推奨度Aという評価を得ています。このガイドラインはAGA治療に効果的だとされている治療方法それぞれに対する評価を示したもので、推奨度Aは行うよう強く勧められている治療法です。このことから、プロペシアの効果は非常に高い評価を得ていることがわかります。国内臨床試験では、プロペシア1mgを1年間投与した場合で58%、2年間で68%、3年間で78%の症状の改善が認められています。現状維持効果もそれぞれ40%、31%、20%となっており、被験者のほぼ全員が何らかの効果を実感しています。

ザガーロ

ザガーロは新しい薬であるため、2016年現在公開されている男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)には掲載されていません。ただし、ザガーロの有効成分であるデュタステリドはその臨床試験において、同じ5αリダクターゼ阻害作用のあるフィナステリドよりも高い治療効果があることがわかっています。米国皮膚科学会によって行われた第Ⅱ相臨床試験ではⅡ型の5αリダクターゼに対して3倍、Ⅰ型に対しては100倍以上の効果があったとされています。また、発毛効果も約1.6倍であるという結果も出ているため、その発毛・育毛効果は注目されています。

ミノキシジル(内服薬 / 外用薬)

ミノキシジルも、同じく男性型脱毛症診療ガイドラインにおいて推奨度Aの評価を得ている薬です。ミノキシジルには医療用医薬品と市販品の2種類があり、それぞれで濃度が異なります。市販品は1%や5%、医療用医薬品は6%であり、濃度が高いほうが発毛・育毛効果が高いとされています。

副作用について

副作用について

プロペシア、プロペシアジェネリック

プロペシアの副作用としては、主に性欲減退や勃起機能不全、射精障害といったものがあります。
これらの副作用が起こる確率はそれほど高くはなく、臨床試験では276例中11例、最も多かった性欲減退で1.1%という確率でした。プロペシアの服用についてはEDの可能性が危惧されることがありますが、確率は高くないため気にしすぎはよくありません。
このほか、重篤な副作用として肝機能障害が発生する可能性もありますが、極稀なケースであるため基本的には気にしなくてもいいでしょう。ただし、何か異変を感じたらすぐに病院を受診してください。

ザガーロ

ザガーロの副作用はプロペシア同様、性欲減退や勃起機能不全、射精障害などが主な症状です。 臨床試験では勃起不全4.3%、性欲減退3.9%という確率ですが、本剤投与中止後も持続したとの報告があり、本剤との関連性や作用機序は不明です。何らかの症状が発生した際には医師に相談しましょう。

ミノキシジル(内服薬 / 外用薬)

ミノキシジルの副作用は、内服薬と外用薬で異なります。
内服薬の場合、もともと高血圧治療剤として開発されたことから、低血圧に陥る可能性があります。また、内服薬であることから全身に発毛・育毛効果が及ぶため、全身の体毛が濃くなる多毛症の可能性もあります。
外用薬の場合、肌に直接塗布することから痒みやかぶれ、発疹などが主な症状です。
また、血管拡張作用があることからむくみなども現れることがあります。日頃から血流が悪い場合は副作用が出やすいとも考えられているため、その点は注意しましょう。

薬剤の併用について

薬剤の併用について

プロペシア、プロペシアジェネリック

プロペシアには、併用禁忌薬はありません。飲み合わせが悪くて問題が起こったという報告もないため、どのような薬剤でも一緒に使うことができます。ミノキシジルやアロビックス、育毛剤などを併用することで、より高い発毛・育毛効果が得られるともされています。これは、プロペシアとミノキシジル・アロビックスの作用機序が異なり、AGA治療に対して異なったアプローチをするからです。ただし、本人の体質や体調、使用している薬などにより、効果を強めたり弱めたりといった可能性は考えられます。別の薬を併用するときは、医師に相談しましょう。また同じ5αリダクターゼ阻害薬であるザガーロとの併用に関しては、より高い効果が得られるという十分な科学的根拠はありません。そのため、併用することはおすすめしません。

ザガーロ

ザガーロには併用禁忌薬はありませんが、併用注意薬としてケトコナゾールなどCYP3A4阻害作用のある薬が指定されています。併用すると、ザガーロの血中濃度が上昇する可能性があるからです。それ以外の薬であれば、併用しても概ね問題はないとされています。特に、プロペシア同様ミノキシジルやアロビックスを併用するとより高い効果が得られるとされているため、AGA治療で悩んでいる場合は検討してみるのもひとつの方法です。

ミノキシジル(内服薬 / 外用薬)

ミノキシジルの外用薬は、併用禁忌薬はありません。そのためほかの薬剤と同時に使用することができます。しかし、内服薬には併用できない場合もあるため、既往歴や服用中の薬剤を確認する必要があります。内服薬を希望の場合はまずは医師に相談しましょう。

目次へ戻る

初診優待予約はこちらから

一覧へ

AGAについて

一覧へ

AGA治療・治療薬について

一覧へ

AGA体験談