薄毛・抜け毛のお悩みの患者様と真摯に向き合うAGA専門外来

取扱いAGA治療薬について

プロペシア・ザガーロ・ミノキシジル詳細比較

プロペシア
概要説明 世界初のAGA治療薬
1997年12月に承認されたプロペシアは、世界で初めて医師が処方する内服のAGA治療薬です。
用量 0.2mg、1mgの2種類(ジェネリックも同様)
先発品(プロペシア)、ジェネリックともに0.2mg、1mgの2種類がありますが、0.2mgは取り扱っていないこともあります。
成分 有効成分:フィナステリド
フィナステリドには、5αリダクターゼという酵素の働きを阻害する効果があります。
価格帯 先発品28錠で6,000円程度、ジェネリックは28錠で4,000円程度
価格は各クリニックによっても変わります。
効果 AGA症状の改善
Ⅱ型の5αリダクターゼの働きを阻害することで、ジヒドロテストステロンの生成を抑制します。
効果の現れ方 6ヶ月~1年程度で効果を実感
使用から数ヶ月で効果を実感できることもありますが、最低でも6ヶ月は使い続けることが大切です。(※2)
飲み方 1日1回服用する
プロペシアは、1日1回、1錠を服用します。
副作用 あり
発生頻度は低いが、主に性欲減退、勃起機能不全などの症状がみられることもあります。(※2)
併用禁忌 なし
プロペシアには併用禁忌はありません。
その他注意点 女性や未成年の服用は厳禁
妊娠またはその可能性がある女性、授乳中の女性が服用すると、男性胎児の生殖器官等の正常発育に影響が出る可能性(※2)があります。未成年の場合も、安全性が確立されていないことから服用禁止です。
ザガーロ
概要説明 2番目に承認されたAGA治療薬
ザガーロは、プロペシアに次いで承認された、医師が処方する内服のAGA治療薬です。
用量 0.1mgと0.5mgの2種類
0.1mgと0.5mgの2種類がありますが、0.1mgに関しては取り扱っていないこともあります。
成分 有効成分:デュタステリド
デュタステリドには、5αリダクターゼという酵素の働きを阻害する効果があります。
価格帯 0.5mg30錠で9,000円程度
価格は各クリニックによっても変わります。
効果 AGA症状の改善
Ⅰ型およびⅡ型の5αリダクターゼの働きを阻害することで、ジヒドロテストステロンの生成を抑制します。
効果の現れ方 6ヶ月~1年程度で効果を実感
使用から数ヶ月で効果を実感できることもありますが、最低でも6ヶ月は使い続けることが大切です。(※3)
飲み方 1日1回服用する
ザガーロは、1日1回、1錠を服用します。
副作用 あり
発生頻度は低いが、主に性欲減退、勃起機能不全などの症状がみられることもあります。(※3)
併用禁忌 なし
ザガーロには併用禁忌はありません。ただし、CYP3A4阻害作用のある薬は併用注意となっています。
その他注意点 女性や未成年の服用および接触は厳禁
妊娠またはその可能性がある女性、授乳中の女性が服用すると、男性胎児の生殖器官等の正常発育に影響が出る可能性(※3)があります。未成年の場合も、安全性が確立されていないことから服用禁止です。また、経皮吸収されるためカプセルから漏れ出た薬剤にも触らないようにしましょう。
ミノキシジル
概要説明 一般用医薬品としても販売されている発毛剤
ミノキシジルは、一般用医薬品の発毛剤としても販売されている薬で、内服薬と外用薬の2種類があります。
※一般用医薬品は外用薬のみ、内服は未承認
用量 内服薬は5mg、外用薬は6%配合
成分 有効成分:ミノキシジル
ミノキシジルには、血管拡張作用や毛乳頭細胞・毛母細胞の活性化作用があります。
価格帯 内服薬5mg30錠で8,000円程度、外用薬60mlで5,500円程度
価格や用量は各クリニックによっても変わります。
効果 AGA症状の改善
毛乳頭細胞に働きかけることでアデノシンという成分を分泌させ、細胞増殖因子の産生を促して発毛を促進します。
効果の現れ方 6ヶ月~1年程度で効果を実感
使用から数ヶ月で効果を実感できることもありますが、最低でも6ヶ月は使い続けることが大切です。(※1)
飲み方 内服薬は1日1回服用、外用薬は1日2回塗布
ミノキシジルの内服薬は1日1回、1錠を服用します。外用薬は1日2回、患部に塗布します。
副作用 あり
内服薬では低血圧や動悸、全身の多毛症などの症状がみられることもあります。外用薬では塗布部分の痒みやかぶれ、発疹などの症状がみられることもあります。(※1)
併用禁忌

外用薬にはなし
外用薬のミノキシジルには併用禁忌はありません。

内服薬の併用禁忌
・心臓や腎臓や肝臓に疾患がある人
・甲状腺機能異常症や褐色細胞腫の人
・悪性腫瘍治療中の人

その他注意点

外用薬は日焼けした頭皮への塗布には注意が必要
日焼けした頭皮へ塗布する場合、ワセリンやトレチノインと併用すると過剰に吸収され、副作用がより強く出る可能性(※1)があります。

内服薬は、降圧薬内服中の人は注意が必要

ミノキシジルとの同時服用は避け4~6時間のタイムラグを置くこと。

商品名

プロペシアプロペシアジェネリック

ザガーロ

ミノキシジル

概要説明 世界初のAGA治療薬
1997年12月に承認されたプロペシアは、世界で初めて医師が処方する内服のAGA治療薬です。
2番目に承認されたAGA治療薬
ザガーロは、プロペシアに次いで承認された、医師が処方する内服のAGA治療薬です。
一般用医薬品としても販売されている発毛剤
ミノキシジルは、一般用医薬品の発毛剤としても販売されている薬で、内服薬と外用薬の2種類があります。
※一般用医薬品は外用薬のみ、内服は未承認
用量 0.2mg、1mgの2種類(ジェネリックも同様)
先発品(プロペシア)、ジェネリックともに0.2mg、1mgの2種類がありますが、0.2mgは取り扱っていないこともあります。
0.1mgと0.5mgの2種類
0.1mgと0.5mgの2種類がありますが、0.1mgに関しては取り扱っていないこともあります。
内服薬は5mg、外用薬は6%配合
成分 有効成分:フィナステリド
フィナステリドには、5αリダクターゼという酵素の働きを阻害する効果があります。
有効成分:デュタステリド
デュタステリドには、5αリダクターゼという酵素の働きを阻害する効果があります。
有効成分:ミノキシジル
ミノキシジルには、血管拡張作用や毛乳頭細胞・毛母細胞の活性化作用があります。
価格帯 先発品28錠で6,000円程度、ジェネリックは28錠で4,000円程度
価格は各クリニックによっても変わります。
0.5mg30錠で9,000円程度
価格は各クリニックによっても変わります。
内服薬5mg30錠で8,000円程度、外用薬60mlで5,500円程度
価格や用量は各クリニックによっても変わります。
効果 AGA症状の改善
Ⅱ型の5αリダクターゼの働きを阻害することで、ジヒドロテストステロンの生成を抑制します。
AGA症状の改善
Ⅰ型およびⅡ型の5αリダクターゼの働きを阻害することで、ジヒドロテストステロンの生成を抑制します。
AGA症状の改善
毛乳頭細胞に働きかけることでアデノシンという成分を分泌させ、細胞増殖因子の産生を促して発毛を促進します。
効果の現れ方 6ヶ月~1年程度で効果を実感
使用から数ヶ月で効果を実感できることもありますが、最低でも6ヶ月は使い続けることが大切です。(※2)
6ヶ月~1年程度で効果を実感
使用から数ヶ月で効果を実感できることもありますが、最低でも6ヶ月は使い続けることが大切です。(※3)
6ヶ月~1年程度で効果を実感
使用から数ヶ月で効果を実感できることもありますが、最低でも6ヶ月は使い続けることが大切です。(※1)
飲み方 1日1回服用する
プロペシアは、1日1回、1錠を服用します。
1日1回服用する
ザガーロは、1日1回、1錠を服用します。
内服薬は1日1回服用、外用薬は1日2回塗布
ミノキシジルの内服薬は1日1回、1錠を服用します。外用薬は1日2回、患部に塗布します。
副作用 あり
発生頻度は低いが、主に性欲減退、勃起機能不全などの症状がみられることもあります。(※2)
あり
発生頻度は低いが、主に性欲減退、勃起機能不全などの症状がみられることもあります。(※3)
あり
内服薬では低血圧や動悸、全身の多毛症などの症状がみられることもあります。外用薬では塗布部分の痒みやかぶれ、発疹などの症状がみられることもあります。(※1)
併用禁忌 なし
プロペシアには併用禁忌はありません。
なし
ザガーロには併用禁忌はありません。ただし、CYP3A4阻害作用のある薬は併用注意となっています。

外用薬にはなし
外用薬のミノキシジルには併用禁忌はありません。

内服薬の併用禁忌
・心臓や腎臓や肝臓に疾患がある人
・甲状腺機能異常症や褐色細胞腫の人
・悪性腫瘍治療中の人

その他注意点 女性や未成年の服用は厳禁
妊娠またはその可能性がある女性、授乳中の女性が服用すると、男性胎児の生殖器官等の正常発育に影響が出る可能性(※2)があります。未成年の場合も、安全性が確立されていないことから服用禁止です。
女性や未成年の服用および接触は厳禁
妊娠またはその可能性がある女性、授乳中の女性が服用すると、男性胎児の生殖器官等の正常発育に影響が出る可能性(※3)があります。未成年の場合も、安全性が確立されていないことから服用禁止です。また、経皮吸収されるためカプセルから漏れ出た薬剤にも触らないようにしましょう。

外用薬は日焼けした頭皮への塗布には注意が必要
日焼けした頭皮へ塗布する場合、ワセリンやトレチノインと併用すると過剰に吸収され、副作用がより強く出る可能性(※1)があります。

内服薬は、降圧薬内服中の人は注意が必要

ミノキシジルとの同時服用は避け4~6時間のタイムラグを置くこと。

AGA治療専門外来クリニック一覧

価格もご確認頂けます

北海道・東北エリア

首都圏・関東エリア

中部・北陸エリア

中国・四国エリア

九州・沖縄エリア

各クリニック院長のインタビュー

当サイトの運営者情報はこちら

運営者情報

クリニックトピックス

国内正規品取扱 ED・AGA製薬メーカー各社から感謝状を頂いております。

AGAについてのよくあるお問合せ

  • プロペシアの主な副作用はなんですか?

    国内で実施された臨床試験(1年)において、4.0%(276例中11例)に副作用(臨床検査値異常を含む)が認められております。主な症状はリビドー減退1.1%(3例)、勃起機能不全0.7%(2例)等でした。まれに食欲不振、全身倦怠感(肝機能障害)の症状があらわれる可能性があります。このような場合には、ご使用をおやめください。

    参照元:MSD株式会社(https://www.msdconnect.jp/static/mcijapan/images/if_propecia_tab.pdf)

    プロペシアについて

  • プロペシアの作用機序について教えてください。

    テストステロンからDHT(ジヒドロテストステロン:抜け毛の原因物質)へ変換する酵素(5α-還元酵素II型)を阻害し、AGAの進行抑制・改善効果を発揮します。

    【プロペシアについて気になる方はこちら】 『プロペシア』の副作用とは?プロペシアの症状と対処方法について解説

  • 服用中に献血をしても問題ないですか?

    服用中の方は献血をすることができません。献血をしたい場合は、プロペシアは1ヵ月以上、ザガーロは6ヵ月以上服用を中止することが必要です。

    【薬の服用中の献血について気になる方はこちら】 プロペシア服用時の献血について