レビトラ

【医師監修】レビトラ服用時にお酒を飲んでも大丈夫?アルコール併用の影響について

最終更新日:

レビトラはアルコールの影響を受けにくいED治療薬です。アルコールと併用することで、リラックス効果が得られるとも考えられています。しかし、過度な飲酒は思わぬ影響をもたらすこともあります。ここでは、レビトラとアルコールの関係と注意点について詳しく解説します。

この記事の監修者

西澤 康平
西澤 康平

池袋院

西澤 康平

2006年北海道大学医学部を卒業。札幌医科大学付属病院での研修医や、釧路優心病院精神科での勤務医を経て、2017年10月よりイースト駅前クリニック京都四条烏丸院の院長を務め、2020年10月より池袋院の院長となる。趣味はスポーツ全般、特に野球が好き。

目次※知りたい情報をクリック

レビトラ服用時にお酒を飲んでも大丈夫?

一般的に、薬を飲むときはお酒を一緒にとるのはNGです。ですが、レビトラはアルコールの影響をそこまで強く受けることはありません。

レビトラより前に販売開始された「元祖ED治療薬バイアグラ」は食事やアルコールの影響を受けやすいのがネックでした。そのため、レビトラは食事やアルコールの影響で有効成分の吸収が低下しにくいよう改良されているのです。むしろ、勃起を促すには適度な飲酒をしている方が精神的な面でよいということもあります。

(※1)

レビトラとお酒の併用のメリット

レビトラとお酒の併用のメリット

適度なアルコールには心を落ち着けて緊張感を解き放つ効果があります。EDの原因は多岐に渡ります。大きく分けると、勃起に必要な陰茎の血管・神経の異常など「器質的な異常」によるED、過度な緊張や性行為に対する苦手意識などが根底にある「精神的な要因」によるEDに分類されます。後者を「心因性ED」と呼びますが、20~40代の若い世代に多く見られるのはこのタイプです。

心因性EDを引き起こす「精神的な要因」は人によって大きく異なります。ですが、過去の経験などから性行為に対して過度な緊張やストレス、恐怖心、抵抗感などを持つことが原因の方も少なくありません。

このような方は、アルコールのリラックス効果を少しだけ借りることで、レビトラをはじめとしたED治療薬の効果をさらに高めてくれることがあります。レビトラを使用しても十分な効果が感じられない方、気持ちのコンディションによって効果にムラがある方は少量のアルコールを一緒に飲んでみるとよいかも知れませんね。

(※2)

レビトラとアルコール併用のリスクについて

レビトラとお酒の併用のメリット

しかしながら、いくらレビトラがアルコールの影響を受けにくく、かえって効果を高める可能性があるとは言え、過度な飲酒は禁物です。思わぬ健康被害を受ける可能性もありますので、お酒はほどほどに控えなくてはなりません。では、過度なアルコールとレビトラの併用がどのようなリスクを引き起こすのか詳しく見てみましょう。

酔いが回りやすくなる

お酒を飲んだ前後にレビトラを服用すると酔いが回りやすくなるため飲酒量には注意が必要です。

というのも、レビトラの根本的な働きは血管を拡張させることだからです。レビトラに含まれる有効成分「バルデナフィル」は性的興奮や刺激を受けると陰茎の血管を拡張させる働きがあります。その結果、陰茎には多くの血液が流れ込むためスポンジのような陰茎の海綿体が充満。硬い勃起を引き起こすのです。

ですが、このような「血管を拡張させる働き」は陰茎にのみ起こるものではありません。レビトラを服用すると、全身の様々な部位の血管が拡がって血行が良くなるのです。

そのため、血液中に吸収されたアルコールが全身に巡りやすくなることに。そして普段よりも「酔いが回りやすい」状態になると考えられています。レビトラは即効性が高いため、お酒が弱い方は服用後十数分で急激に具合が悪くなってしまうことも珍しくありません。お酒の強さは人それぞれですが、レビトラを服用するときは「ほろ酔い」に抑えるようにしましょう。

レビトラの効果が下がる

アルコールの摂りすぎはレビトラの効果を低下させる可能性があります。

正常な勃起が生じるには、勃起を司る神経や脳が正常に働いていることが必要です。過度なアルコールは神経や脳の機能を一時的に低下させてしまうもの。その結果、勃起に必要な神経と脳の働きも低下してしまうことに。過度なアルコールは普段勃起に問題がない方も一時的なEDにしてしまう可能性があるのです。

上述した通り、レビトラは血管を拡げて勃起を促す薬。しかし、十分な効果を発揮するには性的な興奮や刺激が生じることが必須です。神経と脳の機能が低下すると、これらの刺激が感じにくくなるばかりでなく、「勃起を促せ」という脳からの指令も伝わりにくくなります。そのため、レビトラの効果は大幅に低下してしまうのです。

副作用が強くなることもある

アルコールはレビトラと同じく血管を拡張させる作用があります。そのため、過度な飲酒をしている状態でレビトラを服用してしまうと副作用が強く現れることも。

レビトラは他のED治療薬よりも副作用が現れやすく、およそ半数に見られるとのこと。とくによくみられるほてりや頭痛、動悸といった副作用はお酒の飲み過ぎによっても起こりやすいものです。

また、レビトラとアルコール双方の血管拡張作用が高まりすぎると血圧が低下して意識を失うなど危険な症状が現れる可能性はゼロではありません。普段からレビトラの副作用が現れやすい方はとくに注意しましょう。

(※3、4)

嗜む程度にお酒を楽しみ、レビトラを服用

ED治療薬の一つであるレビトラはアルコールの影響を受けにくく、少量であればかえって効果を高めるとの考え方もあります。とくに、精神的な緊張感などがEDの原因となっている方は、アルコールのリラックス効果を合わせることでレビトラの効果が高まります。

しかし、過度なアルコールを摂取した状態でレビトラを服用すると十分な効果が得られなくなります。また、酔いが回りやすくなったり、副作用が出やすくなったりなど思わぬ悪影響を受けることも少なくありません。レビトラとアルコールを併用する場合は、「ほろ酔い」程度にとどめるように注意しましょう。

参考URL

※1)PMDA、レビトラ錠5mg/ レビトラ錠10mg/ レビトラ錠20mg
https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/259000BF1029_1_26/

※2)日本泌尿器科学会、ED診療ガイドライン 2012年版
https://minds.jcqhc.or.jp/n/med/4/med0131/G0000436/0046

※3)バイエル薬品株式会社、レビトラインタビューフォーム
https://pharma-navi.bayer.jp/omr/online/product_material/LEV_IVF_201811150_1541145797.pdf

※4)国立循環器病研究センター、飲酒、喫煙と循環器病
http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamphlet/general/pamph32.html

この記事の監修者

西澤 康平
西澤 康平

池袋院

西澤 康平

2006年北海道大学医学部を卒業。札幌医科大学付属病院での研修医や、釧路優心病院精神科での勤務医を経て、2017年10月よりイースト駅前クリニック京都四条烏丸院の院長を務め、2020年10月より池袋院の院長となる。趣味はスポーツ全般、特に野球が好き。

バイアグラ

食事の影響を受けやすいという欠点もありますが、バイアグラは1999年に発売開始されてからED治療薬として長い間多くの患者様に服用されています。

バイアグラジェネリック

2014年にバイアグラ(ファイザー製薬)の特許が切れ、日本のジェネリック医薬品メーカーがバイアグラの後発薬を発売しています。

バイアグラジェネリックについて詳しくはこちら

レビトラ

体内への吸収が速いため即効性があるといわれています。また作用時間も長いED治療薬です

シアリス

シアリスは36時間と長い時間効果が持続します。服用のタイミングを考えたり、プレッシャーや焦りを感じる必要がありません。

診察・相談について

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:小林 浩 医師仙台院院長:大久保 直樹 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:伊藤 知英 医師池袋院院長:西澤 康平 医師新橋院院長:加藤 淳 医師横浜院院長:松本 貴博 医師静岡院院長:長坂 良 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都四条烏丸院院長:篁 隆雄 医師大阪院院長:新田 匡章 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師神戸三宮院院長:三田 浩一 医師岡山院院長:松沼 寛 医師広島院院長:西川 徹 医師博多院院長:田中 修二 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2020 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.