ED 治療外来

ED治療

メインビジュアル

バイアグラ

バイアグラジェネリック

シアリス

シアリスジェネリック

レビトラ

レビトラジェネリック

ED


ED治療TOPへ

クリニック一覧

ED治療

糖尿病とEDの関係性について解説します!見分ける方法は?

最終更新日:

糖尿病が原因でEDを発症するケースがあります。糖尿病になるとなぜEDが起きるのか気になる方も多いのではないでしょうか。今回は、糖尿病とEDの関係性や、EDの原因の見分け方について解説します。糖尿病の方がEDになりやすい理由についても紹介しているので、ぜひ最後までお読みください。

目次※知りたい情報をクリック

全国対応

オンライン診療のご案内

お電話一つで診察・処方

診診察から処方までお電話やオンラインアプリで完結出来るため、通院の必要が無く、待ち時間が解消されます。
移動時間や移動コストが掛からなくなります。

※当日の診察状況によりお待たせすることがあります。何卒ご了承ください。

糖尿病とEDの関係性

糖尿病が影響でEDが起こりやすくなります

糖尿病になると、健康な方に比べてEDの発症率が2〜3倍に上昇することが報告されています。「和歌山県立医科大学」と「糖尿病とEDを考える会」がそれぞれ実施したIIEF-5などの性機能に関する質問表を用いた調査では、健常な方よりも糖尿病患者はED発症率が3倍に増加しているという結果になりました。また、糖尿病とEDを考える会が実施した調査の結果も、糖尿病患者の9割がEDを発症していました。

糖尿病患者様のED発症率を示した調査
和歌山県立医科大学 健常な方:20%(25人中5人がED)
糖尿病患者:66%(82人中54人がED)
糖尿病とEDを考える会 軽症のケース以上のED患者:90%が糖尿病を併発

糖尿病患者がEDを発症した際の身体的要素

一方2つの調査では、性欲低下など性的な満足度は低下していなかったと記されているので、心因的な要素がEDを発症したとは考えにくいと言えるでしょう。また調査結果では、勃起力が低下した方の検査結果から、以下のような身体的な要素が原因となる「器質性ED」が関連していることを指摘していました。

糖尿病患者がEDを発症した際の身体的要素
・ 動脈硬化
・ 糖尿病神経障害
・ インスリン投与
・ 加齢
・ 糖尿病腎症
・ 糖尿病網膜症
・ 虚血性心疾患
・ 高血圧
・ 脳血管障害 のいずれか

上記の要素は、糖尿病につながる疾患や合併症、治療に関連しています。そのため、糖尿病合併症を予防する対策がEDの発症防止にも効果的なことがわかります。

(※1)

EDの原因が糖尿病か見分ける方法

糖尿病とEDを考える会で実施された調査によると、EDを発症した糖尿病患者は以下のような自覚症状があったと示しています。

・ 両足底の違和感
・ 両足先と足の裏のしびれ感
・ 排尿障害

糖尿病を有している方は、上記の症状が起きていないか日頃からチェックしておくと早期発見につながるでしょう。またEDの原因を調査する上で必要となるのが、質問表を使った問診です。EDは「IIEF-5」と呼ばれる国際勃起機能スコアを使って診断します。直近6ヶ月間で「性交を試みたとき、満足できましたか?」などの6つの問いに対して5〜6段階の評価を行います。評価項目によって点数が定められてあり、合計点数21点以下が「ED疑い」に該当します。両足底の違和感などの自覚症状のチェックに加え、IIEF-5によるセルフ診断を行うと、EDの原因が糖尿病なのか見極められやすくなるでしょう

(※1、2)

糖尿病の方がEDになりやすい理由

糖尿病は混合性EDを発症する可能性があります

糖尿病になると、身体的な要因と精神的なストレスなどが合わさった「混合性ED」を発症することがあります。身体的な要因とは、具体的には「動脈硬化」を指します。動脈硬化とは、血管の壁が厚くなったり、狭くなったりする、いわゆる血管の老化です。血液中に血糖が増え過ぎて、血管がダメージを受けることで起こり、血管を詰まらせるきっかけになります。脳梗塞などの血管障害や糖尿病性網膜症などの神経障害だけでなく、勃起に必要な陰茎の神経活動や血流も妨げてしまい、EDを発症します。一方で、精神的なストレスでEDが起きるのは、勃起に関連する神経や筋肉が障害されるためです。ストレスは、血管収縮作用がある交感神経と平滑筋を緊張させて、陰茎の血流を滞らせてしまいます。ストレスが溜まるほどに神経と筋肉の緊張が強まるので、ED症状の悪化につながります。

(※2、3)

糖尿病が原因でEDになってしまっている場合の対処法

・ 血糖コントロールを図る
・ ED治療薬の使用

糖尿病が原因で発症するEDは、上記の方法で症状を軽減できます。ここでは、糖尿病が原因でEDになってしまっている場合の対処法について解説します。

血糖コントロールを図る

血糖コントロールを行うことで動脈硬化や合併症を防げるため、EDの予防につながります。血糖コントロールを行う際は、HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)と血糖値を目標数値未満にすることがポイントです。

血糖コントロールの目標値
目標 HbA1c
血糖の正常化を目指す場合 6.0%未満
合併症を予防する場合 7.0%未満
治療が難しい場合 8.0%未満

血糖値は、合併症予防に関してのみ以下のような基準が定められています。

合併症を予防する場合の血糖目標値(mg/dl)
空腹時 130未満
食後2時間 180未満

HbA1cと血糖値は血液検査で把握できます。EDにつながりやすい合併症を抑える、もしくは悪化させないように、HbA1cは7%未満を目指すのが理想的です。一方で、糖尿病は他の基礎疾患や年齢など、人によって治療方針が異なります。そのため血糖コントロールの目標に関しては、医師にしっかりと確認した上で定めるよう心がけましょう。

(※4)

ED治療薬の使用

ED治療薬には、勃起に必要となる血流や性的刺激を促進させる働きがあるため、EDを改善できる場合があります。代表的なED治療薬の詳細は以下のとおりです。

バイアグラ レビトラ シアリス
効果 正常な勃起が行えるようサポートする
規格 25と50mg 5と10と20mg 5と10と20mg
効果の持続時間 およそ5時間 5〜10時間 24〜36時間
内服方法 1回/日、24時間以上は間隔を空ける
食事の影響 受けやすい 受けることがある 受けない

それぞれに特徴がありますが、どのED治療薬であっても「勃起のサポート」という最終的な効果は同じです。そのため、医師の診察を受けてから自分の体調に適したED治療薬を選択することがおすすめです。ただし、注意したいのが「偽造薬」の服用です。インターネット上には、ED治療薬の名前を謳った偽造品が数多く流通しています。海外製の偽造薬は、名前を偽っているだけでなく薬の成分そのものを偽造しているケースが多くあります。「リーズナブルだから」「手軽に買えるから」と安易に服用すると、思わぬ健康被害を受ける危険性があるので要注意です。専門の医師による診察を受けて処方箋をもらい、安心安全な正規品を用いた治療を行いましょう。

糖尿病が原因で起こるEDは血糖コントロールと治療薬の服用で悪化を防げる

糖尿病とEDは密接な関係があります。糖尿病による動脈硬化や合併症が原因で、陰茎の血管や神経が障害を受けて正常な勃起が維持できなくなる可能性があります。特に糖尿病性のEDは身体的な要因と精神的な要因を併発している「混合性ED」を発症しているケースが多く、放置すると治療が難航するので要注意です。糖尿病の方は、足の観察やEDセルフ診断を行い、ED症状がないか日頃からチェックしておくと良いでしょう。また、合併症予防につながるHbA1c7.0%未満を目指すなど、医師と相談しながら血糖コントロールを図ることも大切です。

「イースト駅前クリニック」では、ED治療薬によるED治療を提供しています。ED治療について相談してみたい、詳細を知りたいという方は、お近くのイースト駅前クリニックへお気軽にご相談ください。

お近くのイースト駅前クリニックを探す

参考URL

※1)和歌山県立医科大学、EDと糖尿病
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tonyobyo/48/4/48_4_234/_pdf/-char/ja

※2)J-STAGE、勃起障害の新しい治療
https://www.jstage.jst.go.jp/article/aexz/39/0/39_0_26/_article/-char/ja/

※3)国立国際医療研究センター糖尿病情報センター、糖尿病の慢性合併症について知っておきましょう
https://dmic.ncgm.go.jp/general/about-dm/060/020/02.html

※4)国立国際医療研究センター糖尿病情報センター、糖尿病の治療ってどんなものがあるの?
https://dmic.ncgm.go.jp/general/about-dm/040/010/01.html#04

バイアグラ

バイアグラジェネリック

シアリス

シアリスジェネリック

レビトラ

レビトラジェネリック

ED


ED治療TOPへ

クリニック一覧

イースト駅前クリニック所属医師

イースト駅前クリニックの医師一覧

当サイトの運営者情報はこちら

運営者情報

バイアグラ

50mg 1,500円〜1,600円/1錠
25mg 1,300円/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

食事の影響を受けやすいという欠点もありますが、バイアグラは1999年に発売開始されてからED治療薬として長い間多くの患者様に服用されています。

バイアグラ25mg

1,300円/1錠

バイアグラ50mg

1,500円~1,600円/1錠

バイアグラジェネリック

50mg 900円〜1,030円/1錠
25mg 440円〜820円/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

2014年にバイアグラ(ファイザー製薬)の特許が切れ、日本のジェネリック医薬品メーカーがバイアグラの後発薬を発売しています。

バイアグラジェネリック25mg

440円~820円/1錠

バイアグラジェネリック50mg

900円~1,030円/1錠

レビトラ(取り扱い中止)

20mg 1,800円/1錠
10mg 1,600円/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

体内への吸収が速いため即効性があるといわれています。また作用時間も長いED治療薬です

レビトラ10mg

1,600円/1錠

レビトラ20mg

1,800円/1錠

レビトラジェネリック

20mg 1,600円〜1,800円/1錠
10mg 1,500円〜1,700円/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

体内への吸収が速いため即効性があるといわれています。また作用時間も長いED治療薬です

レビトラジェネリック10mg

1,500円~1,700円/1錠

レビトラジェネリック20mg

1,600円~1,800円/1錠

シアリス

20mg 1,600円〜1,900円/1錠
10mg 1,500円〜1,800円/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

シアリスは36時間と長い時間効果が持続します。服用のタイミングを考えたり、プレッシャーや焦りを感じる必要がありません。

シアリス10mg

1,500円~1,800円/1錠

シアリス20mg

1,600円~1,900円/1錠

シアリスジェネリック

20mg 1,400円〜1,600円/1錠
10mg 1,350円〜1,550円/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

シアリスは36時間と長い時間効果が持続します。服用のタイミングを考えたり、プレッシャーや焦りを感じる必要がありません。

シアリスジェネリック10mg

1,350円~1,550円/1錠

シアリスジェネリック20mg

1,400円〜1,600円/1錠

POINT

EDについてのよくあるお問合せ

ED治療薬を飲むとずっと勃起した状態なのですか?

ED治療薬の効果発現は、刺激があると勃起して刺激がなければ普通の状態のままでいることです。ずっと勃起したままの状態にはなりませんのでご安心ください。
ED治療薬の特徴は自然な勃起状態になることです。

いろいろ薬を飲んでいますがED治療薬は飲めますか?

ニトログリセリン(心臓の薬)との併用はできません。
ED治療薬を服用希望であれば、先ずは服用中の薬を持参して医師にご相談ください。また、併用禁忌の薬に関してはこちらをご参照ください。

バイアグラ、レビトラ、シアリスの違いってなんですか?

持続時間、有効成分、食事によって効果の出現が左右されるかなどの違いがあります。
詳細はこちらをご参照ください。

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:伊部 博行 医師仙台院院長:高橋 良和 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:松沼 寛 医師池袋院院長:西澤 康平 医師渋谷院院長:足立 和典 医師上野院院長:千葉 岳 医師秋葉原院院長:宮路 貴晶 医師新橋院院長:加藤 淳 医師立川院院長:村田 博昭 医師町田院院長:永井 哲志 医師横浜院院長:松本 貴博 医師川崎院院長:岡田 和樹 医師大宮院院長:半田 譲 医師柏院院長:管野 隆治 医師静岡院院長:高柳 健二 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師土浦院院長:石川 哲生 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都院院長:春日井 震 医師梅田院院長:藤田 良治 医師大阪院院長:大嶋 恭輔 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師天王寺院院長:東城 博雅 医師神戸三宮院院長:篁 隆雄 医師岡山院院長:橋詰 顕正 医師広島院院長:久保田 守 医師博多院院長:田中 修二 医師小倉院院長:倉員 忠弘 医師熊本院院長:師岡 公彦 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2022 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.