ED 治療外来

シアリス

メインビジュアル

シアリス

バイアグラ

バイアグラジェネリック

シアリスジェネリック

レビトラ

レビトラジェネリック

クリニック一覧

シアリス

シアリスの偽物の見分け方は?個人輸入の可否やリスクについて

最終更新日:

シアリスは世界シェアNo.1のED治療薬です。人気の秘密は他のED治療薬に比べて作用時間が圧倒的に長いこと。シアリスを服用後、36時間効果が持続すると言われています。
そのため、世界中で高い需要がありますが、同時に非常に多くの偽物が出回っています。クリニックで医師に処方してもらえば偽造薬を服用してしまうことはありませんが、インターネットで気軽に購入してしまうと偽物を掴まされるリスク大。偽造薬の服用により死亡した事例もあり、決して侮ってはいけません。
ここでは、ネット通販の実態・シアリスの偽物の見分け方、偽造薬の危険性について詳しく解説します。

【関連リンク】

【シアリスの効き目】作用時間や種類の違い、効果を引き出す服用方法を解説
シアリスの効果徹底比較、他の治療薬やジェネリックとの違い
持続性抜群!シアリスの効果や仕組み
偽物が多い?通販や個人輸入でシアリスを購入には注意!

この記事の監修者

西澤 康平

プロフィール

2006年北海道大学医学部を卒業。札幌医科大学付属病院での研修医や、釧路優心病院精神科での勤務医を経て、2017年10月よりイースト駅前クリニック京都四条烏丸院の院長を務め、2020年10月より池袋院の院長となる。趣味はスポーツ全般、特に野球が好き。

目次※知りたい情報をクリック

全国対応

オンライン診療のご案内

お電話一つで診察・処方

診診察から処方までお電話やオンラインアプリで完結出来るため、通院の必要が無く、待ち時間が解消されます。
移動時間や移動コストが掛からなくなります。

※当日の診察状況によりお待たせすることがあります。何卒ご了承ください。

シアリスを個人輸入することは可能?

個人輸入は基本的に自分自身が使用する場合のみ可能です。
他人への販売・譲渡は違法行為になります。

「そもそもシアリスを海外から個人輸入で入手することは違法なのでは?」と考える人がいるでしょう。
実は、「自己責任で自分が使用する場合」においては医薬品の個人輸入が認められています。
つまり、インターネットで海外から直接、あるいは輸入代行業者を通して個人的に購入することは違法ではないのです。ただし、医薬品を個人輸入する場合において、原則、地方厚生局(厚生労働省の地方支分部局)に必要書類を提出し、薬監証明を受ける必要があります。
また、個人輸入した医薬品を他人へ販売・譲渡する場合、違法行為になるため注意が必要です。

薬監証明なしで輸入できる場合

以下の範囲であれば薬監証明なしに個人輸入が可能です。

薬監証明なしで購入できる場合
医薬品・医薬部外品及び体外診断用医薬品
  • 処方箋医薬品(毒薬・劇薬含む)1ヶ月分以内
  • 医薬品・医薬部外品・体外診断用医薬品2ヶ月分以内
化粧品
  • 1品目につき24個以内
医療機器
  • 使い捨てコンタクトレンズ2ヶ月分以内
  • 家庭用マッサージ器などの家庭用医療機器1セット以内

上記の表を見れば分かる通り、個人が使用する目的で1~2ヶ月以内の分量であれば、薬監証明なしに医薬品を自由に個人輸入できます。一方で、「薬監証明不要=国の管理下にない」ということなので、リスクが大きいということを意味します。個人で輸入できる医薬品の中には偽造薬が出回っていたり、有効性・安全性が確認されていないというリスクがあります。服用については自己責任になることを忘れないようにしてください。

(※1,4)

シアリスの偽物の見分け方

ここではシアリスの偽造薬の見分け方について説明します。

  • 医薬品そのもの
  • 販売サイト

偽造薬かどうかは、「医薬品そのものから判断する」「販売サイトから見極める」ことが可能です。ただし、全ての偽造薬を判別できるわけではありません。「シアリスが本物かどうかを見極められるから個人輸入しても大丈夫」というのは危険な考え方です。かなり精巧に作られており、中には非常に不衛生な場所で作られていたり、覚醒剤が含まれていたことも過去にあり偽造薬は命の危険すらあるため、怪しい物には手を出さないようにしましょう。
シアリスは日本国内で簡単に入手可能です。医師に診察してもらい、処方箋を受け取れば購入できます。
イースト駅前クリニックでは、シアリスジェネリックも処方しています。インターネットで怪しいシアリスを購入しなくても、手軽に正規品のシアリスあるいはシアリスジェネリックを入手できるのです。

(※1)

医薬品の状態

WHOの報告による偽造薬の見分け方
  • パッケージの状態
  • パッケージ記載内容のスペルミス、文法の誤り
  • 製造日と有効期限の記載が外側・内側のパッケージでも同様か
  • 薬の変色、劣化、異臭がないか
  • 明らかに安すぎる価格設定の薬

上記はWHO(世界保健機関)が公開している偽造薬の見分け方です。偽物では、パッケージのデザインや色・パッキング方法が異なることがあります。シアリスはPTPシートによって1錠ずつアルミとプラスチックで挟まれシート状にパッキングされ箱に入っています。しかし、偽造薬ではボトルにまとめて錠剤が詰められていることも。また、パッケージの記載内容にもよく目を通してみましょう。スペルミスや製造日・有効期限の不一致など不自然な点はないか、錠剤が一部だけ変色していたり、変な臭いがしたりしないかなど確認しましょう。ネットでシアリスを個人輸入したいという方の中には「少しでも安く手に入れたい」という気持ちがあると思いますが、明らかに安すぎる価格設定はおかしいです。安いからと飛びつくのではなく、疑うようにしましょう。偽造薬は、服用により命を落とす危険もあるので、個人輸入は避けましょう。

販売サイト

政府広報による販売サイトの見分け方
  • 店舗の正式名称や住所が掲載されているか
  • 店舗の開設者や所管自治体など、許可証の内容が掲載されているか
  • 相談用の連絡先が掲載されているか
  • 実際の店舗の写真が掲載されているか
  • 勤務中の薬剤師などの氏名が掲載されているか
  • 医薬品の写真、使用期限が掲載されているか

など

引用:政府広報オンライン「医薬品のネット販売を安心して利用するために」

平成26年から法改正により全ての一般用医薬品がネット通販で購入できるようになりました。政府広報によって信頼できる販売サイトかどうかを見分ける方法が提示されています。
ただ、こちらは基本的に日本国内で承認されている一般用医薬品をネット販売している薬局店に関する情報になります。しかし、輸入代行業者がきちんとした会社なのかを見極めるには、ホームページ上で「会社名や住所が掲載されているか」「相談用の連絡先が記載されているか」「医薬品の写真や使用期限が掲載されているか」ということは重要なポイントになります。加えて、「激安シアリスがあります!」「EDが確実に治ります!」といった誇大広告の表現が記載されている場合も注意が必要です。

シアリスやシアリスジェネリックを個人輸入するリスク

ネット通販での入手を考えている、あるいは現在利用している場合は、シアリスやシアリスジェネリックを個人輸入するリスクについて十分に知っておきましょう。

  • 品質や安全性、有効性が確認されていない
  • 虚偽の効果をうたっている可能性がある
  • 偽造薬の可能性がある
  • 不衛生な場所で製造された可能性がある

シアリスの先発品は本物である限り、大手製薬会社が製造販売しているので安全性や有効性・衛生面に問題ありません。しかし、シアリスジェネリックは本物であっても注意が必要です。製造国によっては品質や有効性がきちんと確認されないまま、販売されていることがあります。また、製造工程においても衛生管理がどのように行われているか不明であり、不衛生な所で製造されていたり、医薬品に有害な不純物が混入していたりする危険性があります。必ずシアリスやシアリスジェネリックを購入する際は、医師の診察のもと購入しましょう。

(※1,5)

偽造薬の割合

大手製薬会社4社が合同で行った調査によると、日本国内でネット通販による個人輸入で入手したED治療薬のうち、55.4%が偽造薬であったと報告しています。また、シアリスに至っては60%が偽造医薬品であったという結果となりました。

偽造薬の服用による健康被害事例

ED治療薬の偽物を服用した場合には、重大な健康被害が発生する危険性(※2)があります。

例えば、2008年にシンガポールで起きたシアリスの偽物による事故。インターネットでシアリスとして販売されていた薬を服用し、4名が死亡、7名が脳死状態になりました。この偽物のシアリスには、グリベンクラミドという血糖降下剤が1日に摂取可能な量の4倍以上も配合されていました。(※3)

日本でも、シアリスの偽物による被害は発生しています。2010年に個人輸入で購入したシアリス50mgを服用した男性は、痙攣発作・意識障害が発生して救命センターに搬送されました。2011年には、同じく個人輸入で購入したシアリス50mgを服用した男性が、薬剤性急性間質性肺炎で亡くなりました。(※3)

このように、偽物のシアリスを服用すると、正規品のシアリスでは考えられないような副作用が発生します。

【比較】シアリスの国内承認薬と未承認薬について

先発品シアリスと後発品であるシアリスジェネリックを以下の表にまとめました。

製薬会社 有効成分 生産国 国内承認の有無
シアリス 日本新薬 タダラフィル 日本 承認済み
シアリス
ジェネリック
沢井製薬、大興製薬、シオノミケミカルなど タダラフィル 日本 承認済み
メガリス
(Megalis)
マクローズ社
(Macleods Pharmaceuticals Ltd)
タダラフィル インド 未承認
タダリス
(Tadalis)
アジャンタ・ファーマ社
(Ajanta Pharma Limited.)
タダラフィル インド 未承認
タダシップ
(Tadacip)
シプラ社
(Cipla Limited.)
タダラフィル インド 未承認
フォーゼスト
(Forzest)
サンファーマ社
(Sun Pharmaceutical Industries Ltd.)
タダラフィル インド 未承認

上記はインドで製造されているシアリスジェネリックの一例です。全て国内では未承認のため、個人輸入でしか購入できません。有効成分が同じタダラフィルといっても、その質は全く異なります。また、このような医薬品は偽造薬の可能性もあります。コストは抑えられますが、命の危険を冒してまで服用するべきではありません。

シアリスやシアリスジェネリックを入手する際は必ず医師の診療のもと、入手しましょう

シアリスやシアリスジェネリックを個人輸入して服用する行為は違法ではありません。ただし、何か被害があった場合でも自己責任となり、命の危険を伴う大きなリスクがあることを決して忘れてはいけません。
医療機関に受診することで、日本国内で製造販売されているED治療薬が入手可能です。日本で承認を受けている薬は海外製のものと比べ、品質や安全性が確保されているので安心です。

ED治療は、自己判断ではなく専門の医師のいるクリニックへ受診をしましょう。
イースト駅前クリニックではシアリスやシアリスジェネリックを含め様々なED治療薬のジェネリック医薬品(後発医薬品)を処方しております。

お近くのAGA治療専門クリニックを探す

クリニック一覧

参考URL

※1)政府広報オンライン、健康被害などリスクにご注意!海外からの医薬品の個人輸入
https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201403/2.html
※2)日経新聞、1月25日バイアグラを承認、医師管理下での服用促す
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO26069770U8A120C1EAC000/
※3)ファイザー、偽造ED治療薬による重篤な有害事象が生じています。
https://www.ed-info.net/caution/survey/survey02.html
※4)厚生労働省、検討項目2ー(1) 個人輸入対策の強化
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001aohz-att/2r9852000001d7sx.pdf
※5)VIATRIS、ED治療薬のインターネット購入と偽造品 偽造ED治療薬による重篤な有害事象が生じています
https://www.ed-info.net/caution/survey/survey02.html

シアリス

バイアグラ

バイアグラジェネリック

シアリスジェネリック

レビトラ

レビトラジェネリック

クリニック一覧

この記事の監修者

西澤 康平

プロフィール

2006年北海道大学医学部を卒業。札幌医科大学付属病院での研修医や、釧路優心病院精神科での勤務医を経て、2017年10月よりイースト駅前クリニック京都四条烏丸院の院長を務め、2020年10月より池袋院の院長となる。趣味はスポーツ全般、特に野球が好き。

イースト駅前クリニック所属医師

イースト駅前クリニックの医師一覧

当サイトの運営者情報はこちら

運営者情報

POINT

EDについてのよくあるお問合せ

ED治療薬を飲むとずっと勃起した状態なのですか?

ED治療薬の効果発現は、刺激があると勃起して刺激がなければ普通の状態のままでいることです。ずっと勃起したままの状態にはなりませんのでご安心ください。
ED治療薬の特徴は自然な勃起状態になることです。

いろいろ薬を飲んでいますがED治療薬は飲めますか?

ニトログリセリン(心臓の薬)との併用はできません。
ED治療薬を服用希望であれば、先ずは服用中の薬を持参して医師にご相談ください。また、併用禁忌の薬に関してはこちらをご参照ください。

バイアグラ、レビトラ、シアリスの違いってなんですか?

持続時間、有効成分、食事によって効果の出現が左右されるかなどの違いがあります。
詳細はこちらをご参照ください。

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:伊部 博行 医師仙台院院長:高橋 良和 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:松沼 寛 医師池袋院院長:西澤 康平 医師渋谷院院長:足立 和典 医師上野院院長:千葉 岳 医師秋葉原院院長:宮路 貴晶 医師新橋院院長:加藤 淳 医師町田院院長:永井 哲志 医師横浜院院長:松本 貴博 医師川崎院院長:岡田 和樹 医師大宮院院長:半田 譲 医師柏院院長:管野 隆治 医師静岡院院長:高柳 健二 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都院院長:稲垣 昌泰 医師大阪院院長:藤田 良治 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師天王寺院院長:東城 博雅 医師神戸三宮院院長:篁 隆雄 医師岡山院院長:橋詰 顕正 医師広島院院長:久保田 守 医師博多院院長:田中 修二 医師小倉院院長:倉員 忠弘 医師熊本院院長:師岡 公彦 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2022 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.