シアリス

偽物が多い?通販や個人輸入でシアリスを購入には注意!

最終更新日:

【2017年4月7日 更新】
ED治療薬は病院やクリニックで処方してもらうもので、シアリスにおいてもそれは同じこと。しかし、インターネット上ではシアリスの通信販売を行っているサイトを見かけることがあります。このように通販で販売されているシアリスは安全なのでしょうか。そもそも販売してもいいものなのでしょうか。ここでは、シアリスの通販についてご紹介します。

【関連リンク】

【シアリスの効き目】作用時間や種類の違い、効果を引き出す服用方法を解説
シアリスの効果徹底比較、他の治療薬やジェネリックとの違い
持続性抜群!シアリスの効果や仕組み
偽物が多い?通販や個人輸入でシアリスを購入には注意!

基本的には病院やクリニックで処方してもらうもの

冒頭でも述べた通り、シアリスなどのED治療薬は基本的に病院やクリニックなど医療機関で処方してもらうものです。ドラッグストアなどで簡単に購入することはできません。なぜなら、国内で正規に入手するためには医師の処方箋が必要になるからです。

シアリスの処方の際には、必ず診察が行われます。シアリスには併用禁忌薬という一緒に飲んではいけない薬がありますし、既往歴によっては使用できないこともあります。
また、どれくらいの量を飲めばいいのかも、医師の診断によって変わります。こういったことから、シアリスは病院やクリニックで処方をしてもらわなければ、国内で承認された正規品を手に入れることは出来ません。

シアリスの通販は違法? 合法?

シアリスは処方箋医薬品であるため、正規の方法で手に入れるためには医師の処方を受けなければなりません。仮に通販サイト等の通信販売といった医療機関以外で販売した場合には、法律によって罰せられます。なお、インターネット上には、シアリスを販売しているサイトがありますが個人輸入代行という方法で海外から輸入したシアリスを販売しているため、国内法の適用外となっています。

しかし、こうした個人輸入代行で取り扱われている薬のなかには、重篤な健康被害を引き起こす可能性がある偽造品(※1) が紛れている可能性が非常に高いです。

シアリス通販の危険性

シアリス通販における最も大きなデメリットは、偽物を掴まされる危険性(※1) があるということです。

ED治療薬の偽造は、シアリスだけでなくほかの薬でも問題になっています。それだけ通販で偽物に出会う確率は高く、またそれ疑わずに使用する人が多くいます。最もわかりやすい偽物は、本来販売されていない含有量の薬です。シアリスの場合、日本では5mg、10mg、20mgの3種類が販売されています。海外ではこれより含有量が少ない2.5mgのものなどもありますが、20mgを超えるものは販売されていません。そのため、50mgや100mgといった種類の薬が販売されている場合は、間違いなく偽物だといえます。

錠剤に施された刻印やパッケージが異なるというのも、偽物の特徴です。正規品のシアリスは錠剤の表に「C20」など「C+容量」の刻印が施されていますが、偽物にはこれがない、あるいは容量を表す数字だけが刻印されているケースがあります。パッケージのデザインや色が異なる、シートではなくボトルで販売されているといった場合もあるため、購入前に注意深く確認するべきです。
また、シアリスのジェネリックだとして販売されている薬にも注意が必要です。シアリスの特許は2017年3月現在切れていないため、ジェネリックを作ることはできません。

こうした偽物の中には不十分とはいえ有効成分が含まれているものもあり、効果が発揮されたから本物というわけでもありません。少しでも危険を減らすためにも、信頼できるクリニックで処方してもらうべきだといえます。購入の際、正規品と比べて安すぎる場合にも注意が必要です。安いには安いなりの理由があります。

シアリスの偽物による健康被害

シアリスは、副作用の発言が緩やかな薬だとされています。しかし、ED治療薬の偽物を服用した場合には、重大な健康被害が発生する危険性(※2) があります。
例えば、2008年にシンガポールで起きたシアリスの偽物による事故。インターネットでシアリスとして販売されていた薬を服用し、4名が死亡、7名が脳死状態になりました。この偽物のシアリスには、グリベンクラミドという血糖降下剤が1日に摂取可能な量の4倍以上も混入していました。(※3)
日本でも、シアリスの偽物による被害は発生しています。2010年に個人輸入で購入したシアリス50mgを服用した男性は、痙攣発作・意識障害が発生して救命センターに搬送されました。2011年には、同じく個人輸入で購入したシアリス50mgを服用した男性が、薬剤性急性間質性肺炎で亡くなりました。(※3)
このように、偽物のシアリスを服用すると、正規品のシアリスでは考えられないような副作用が発生します。

シアリスの通販は偽物が多く出回っている為、危険です。また、薬を飲んでもいいのか、どの種類を飲めばいいのかなど、医師の判断が必要な確認事項が必ずありますので、医師に診てもらい、病院やクリニックで処方してもらいましょう。

参考記事

※1)偽造ED治療薬4社合同調査結果、インターネットで入手したED治療薬の薬4割が偽造品
http://www.nippon-shinyaku.co.jp/official/company/news/20161124_news.pdf

※2)日経新聞、1月25日バイアグラを承認、医師管理下での服用促す
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO26069770U8A120C1EAC000/

※3)ファイザー、偽造ED治療薬による重篤な有害事象が生じています。
https://www.ed-info.net/caution/survey/survey02.html

■イースト駅前クリニック医師のご紹介
イースト駅前クリニック各医院の医師はこちらからご覧いただけます。

バイアグラ

食事の影響を受けやすいという欠点もありますが、バイアグラは1999年に発売開始されてからED治療薬として長い間多くの患者様に服用されています。

バイアグラジェネリック

2014年にバイアグラ(ファイザー製薬)の特許が切れ、日本のジェネリック医薬品メーカーがバイアグラの後発薬を発売しています。

バイアグラジェネリックについて詳しくはこちら

レビトラ

体内への吸収が速いため即効性があるといわれています。また作用時間も長いED治療薬です

シアリス

シアリスは36時間と長い時間効果が持続します。服用のタイミングを考えたり、プレッシャーや焦りを感じる必要がありません。

診察・相談について

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:小林 浩 医師仙台院院長:大久保 直樹 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:伊藤 知英 医師池袋院院長:西澤 康平 医師新橋院院長:加藤 淳 医師横浜院院長:松本 貴博 医師静岡院院長:長坂 良 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都四条烏丸院院長:篁 隆雄 医師大阪院院長:新田 匡章 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師天王寺院院長:東城 博雅 医師神戸三宮院院長:三田 浩一 医師岡山院院長:松沼 寛 医師広島院院長:西川 徹 医師博多院院長:田中 修二 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2020 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.