ED 治療外来

ED治療

メインビジュアル

ED

バイアグラ

バイアグラジェネリック

シアリス

シアリスジェネリック

レビトラ

レビトラジェネリック


ED治療TOPへ

クリニック一覧

ED治療

早漏・遅漏とは?今さら聞けない射精障害の基礎知識と治療法を徹底解説!

最終更新日:

早漏、遅漏とは、それぞれ射精が早い、あるいは遅いと感じることを指しますが、具体的な定義などはご存知でしょうか?早漏・遅漏の症状には正しい知識をもって対処することが必要です。今回は、それぞれの定義や原因を説明し、それらが含まれる「射精障害」の治療方法についてもご紹介します。

この記事の監修者

プロフィール

2006年北海道大学医学部を卒業。札幌医科大学付属病院での研修医や、釧路優心病院精神科での勤務医を経て、2017年10月よりイースト駅前クリニック京都四条烏丸院の院長を務め、2020年10月より池袋院の院長となる。趣味はスポーツ全般、特に野球が好き。

目次※知りたい情報をクリック

全国対応

オンライン診療のご案内

お電話一つで診察・処方

診診察から処方までお電話やオンラインアプリで完結出来るため、通院の必要が無く、待ち時間が解消されます。
移動時間や移動コストが掛からなくなります。

※当日の診察状況によりお待たせすることがあります。何卒ご了承ください。

早漏とは

早漏とは、性行為中に我慢できずにすぐに射精してしまうことです。主に挿入直後に射精してしまう症状と知られています。日本国内の男性は3.5人に1人の割合で、この症状を抱えているという統計もあります。

(※1)

早漏の定義

一般的な早漏の定義は、時間目安で挿入後1分以内に射精してしまうことです。しかし、上記に挙げたのはあくまで一例で、医学会でも確実な定義というものはありません。時間や回数はあくまでも症状・治療や臨床実験の目安に過ぎません。その時の精神状態や環境、女性との関係性などさまざまな面が関係しているためです。

早いか遅いかを判断する際、その人がストレスを感じるのであれば早漏といえます。したがって、心因的な要因も含まれています。一般的に早漏に含まれない30分以上射精を我慢できる状態であったとしても、本人が早いと思えば早漏として心理的な負担になります。

(※1、2)

早漏の原因

過敏性早漏 性的な興奮が脳内で絶頂に達していなくても、陰茎表面の刺激だけですぐに射精してしまう
心因性早漏 性行為に対するストレスやトラウマが引き金になって、外的刺激なしでも勃起や射精が生じる
衰弱性早漏 年齢を重ねることで射精管閉鎖筋と呼ばれる筋肉が弱って、射精を我慢できなくなる

(※3)

早漏の問題点

早漏は、男性にとって自己評価を下げる要因になりえます。ストレスを感じた結果、性行為そのものを避けるようになって、夫婦生活の破綻を生じさせたり、独身男性の恋愛・結婚への積極性を妨げたりします。

早漏の改善方法

先述しましたが、早漏は「過敏性」、「心因性」、「衰弱性」の3つ、もしくはその組み合わせによって引き起こされると考えられています。ここでは、3つの原因別治療法をご紹介します。

過敏性早漏の改善方法

過敏性早漏とは、陰茎やその周りの皮膚の神経が敏感なために、表面の刺激だけですぐに射精してしまうことを意味します。この場合には、過敏に反応してしまうことを矯正するトレーニングで治療できます。これはストップアンドスタート法と呼ばれており、自慰行為の際にすぐに射精しないようにするトレーニング方法です。射精してしまいそうになったら、手を止め、落ち着いたら再度手を動かし始めるのを三回繰り返します。

心因性早漏の改善方法

心因性早漏とは、性行為に対するストレスや過去のトラウマが原因となって、外的な刺激なしでも勃起や射精をしてしまうことを意味します。
この場合はリラックスするのが重要です。適量のアルコールにはリラックス効果があるため、お酒を適量飲んでから行なっても良いでしょう。お酒を飲むと勃起しにくくなってしまう方の場合は、ED薬を服用するという手段もあります。

衰弱性早漏の改善方法

衰弱性早漏とは、年齢を重ねることで射精管閉鎖筋と呼ばれる射精を起こす筋肉が弱くなり、射精を我慢できなくなることを意味します。

遅漏とは

遅漏とは射精が遅い症状を表します。遅漏の人は、陰茎を膣内に挿入しても射精がなかなかできない状態に陥ります。また、特徴として自慰行為では射精できるのに、性行為だと射精できないなど、性行為時の悩みとして相談が多いのは腟内射精障害という点が挙げられます。

遅漏の定義

遅漏の定義としては、射精に時間がかかりすぎる、そのものができない状態を指します。射精が遅いことが要因でストレスを感じ、性行為そのものを避けるケースもあります。夫婦仲の関係悪化の原因として、遅漏が含まれることもあります。女性からすれば、男性がうまく射精できない原因が女性側にあると思い、関係が悪化したり、最悪の場合離婚に発展したりすることもあります。

また、不妊に悩む方の半分は、この遅漏による腟内射精障害を抱えているといいます。子どもを欲しいと考えているのに、遅漏であるがゆえに、射精ができないことに困っている方は意外に多いものです。場合によっては、体外受精が必要になるケースもあります。

(※4)

遅漏の原因

不適切な自慰行為 強く陰茎を握る、脚に力を入れる、床にこすりつけるなどして射精をすること
心理的要因 心理や精神の作用で、勃起が維持できずに射精できなくなる

(※4、5)

早漏や遅漏が含まれる「射精障害」とは

射精障害とは性機能障害の一種で、陰茎機能の障害や問題を対象としています。特に悩みとして多いのは、膣内射精障害です。膣内射精障害として、性行為時の膣内での射精がうまくいかず、普段の自慰行為と差があるのが特徴的です。

膣内射精障害はパートナーがいてはじめてわかる症状なので、症状が続くと相手との関係が悪化し、相手の女性はもちろん男性もストレスを感じるようになります。早漏や遅漏等の射精障害は、自分の意思でうまく制御できないため、がんばりでどうにかできることは少なく、どうにもできないという部分がストレスにつながるのです。

今起きている症状が射精障害のどれに当たるのかを知って、まずは医療機関に相談することが大切です。

(※6)

射精障害の代表例

早漏 性行為時に膣内ですぐに射精してしまう症状
遅漏 自慰行為では射精できるが、膣内でなかなか射精しない、もしくはできない症状
逆行性射精 外に射精するはずの精液が、尿道の逆流障害で膀胱側に射精してしまう症状
射精不能 脊髄傷害等を含めた神経の問題で射精ができない症状

(※6)

射精障害の治療方法

射精障害は男性としてあまり知られたくない症状ですが、夫婦間のトラブル回避や恋愛や結婚を考えている人にとっては、治療を開始するのが先決です。そこで、射精障害の代表的な治療方法をご紹介します。

カウンセリング

心因性の射精障害を治療するには、性行為に対するストレス・トラウマのヒアリングを実施して、原因を特定する必要があります。医師はカウンセリングにより治療法を検討した後、改善策を提示します。ストレスの緩和や問題の解消には必ず治療が必要です。
また、間違った自慰行為の方法から正しい方法を指導することによって、改善の方向に導きます。

射精障害は男性側だけがカウンセリングで改善すれば治る場合とそうでない場合があるため、夫婦でカウンセリングを受けた方が早期に改善できる場合があります。

投薬治療

射精障害の種類によって、カウンセリングではなく投薬治療が必要です。それが逆行性射精と呼ばれる射精障害です。膀胱に精液が逆流してしまうことから、交感神経を刺激する薬や抗うつ薬などを内服薬で投与するのが一般的です。
医師の指導により処方するため、個人の判断で投薬を実施することはできません。病気や治療で他の病院に通院していたり過去に入院経験があれば、投薬を実施したりすべきか医師の判断をあおぎましょう。

早漏や治療など射精障害は誰もが悩みうる症状

よく聞く早漏や遅漏をはじめとする射精障害は、誰でも発症しうる症状です。ちょっとしたきっかけで発症してしまうこともあります。いざ症状があらわれたときに、どう対処してよいのかわからない方も多いでしょう。

ただ、治したいからといって自己流で改善しようとするのは危険です。少しでも不安のある場合はクリニックで診察を受けて、カウンセリングや投薬治療を受けることをおすすめします。射精障害を治療することで、個人の問題を改善するだけでなく夫婦仲や恋人仲を改善し、円満なものに変えましょう。

お近くのED治療専門クリニックを探す

参考URL

※1)泌尿器科医 小堀 善友「早漏とは」
(http://dr-kobori.com/sourou/what/)
※2)大東製薬工業株式会社「早漏(Premature Ejaculation:PE)の定義について」
(https://www.daito-p.co.jp/reference/pe2.html)
※3)Infoseekニュース「早漏には3種類あった!タイプ別の原因と対策法とは?」
(https://news.infoseek.co.jp/article/otokoclass_archives_31617/)
※4)泌尿器科医 小堀 善友「腟内射精障害と治療方法について」
(http://dr-kobori.com/shasei/what/)
※5)yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)「遅漏、海外でも……」
(https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20141128-OYTEW54709/)
※6)yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)「射精障害は脳の病気?生活習慣病?」
(https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20130319-OYTEW53987/)

ED

バイアグラ

バイアグラジェネリック

シアリス

シアリスジェネリック

レビトラ

レビトラジェネリック


ED治療TOPへ

クリニック一覧

この記事の監修者

プロフィール

2006年北海道大学医学部を卒業。札幌医科大学付属病院での研修医や、釧路優心病院精神科での勤務医を経て、2017年10月よりイースト駅前クリニック京都四条烏丸院の院長を務め、2020年10月より池袋院の院長となる。趣味はスポーツ全般、特に野球が好き。

イースト駅前クリニック所属医師

イースト駅前クリニックの医師一覧

当サイトの運営者情報はこちら

運営者情報

バイアグラ

50mg 1,500円〜1,600円/1錠
25mg 1,300円/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

食事の影響を受けやすいという欠点もありますが、バイアグラは1999年に発売開始されてからED治療薬として長い間多くの患者様に服用されています。

バイアグラ25mg

1,300円/1錠

バイアグラ50mg

1,500円~1,600円/1錠

バイアグラジェネリック

50mg 900円〜1,030円/1錠
25mg 440円〜820円/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

2014年にバイアグラ(ファイザー製薬)の特許が切れ、日本のジェネリック医薬品メーカーがバイアグラの後発薬を発売しています。

バイアグラジェネリック25mg

440円~820円/1錠

バイアグラジェネリック50mg

900円~1,030円/1錠

レビトラ(取り扱い中止)

20mg 1,800円/1錠
10mg 1,600円/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

体内への吸収が速いため即効性があるといわれています。また作用時間も長いED治療薬です

レビトラ10mg

1,600円/1錠

レビトラ20mg

1,800円/1錠

レビトラジェネリック

20mg 1,600円〜1,800円/1錠
10mg 1,500円〜1,700円/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

体内への吸収が速いため即効性があるといわれています。また作用時間も長いED治療薬です

レビトラジェネリック10mg

1,500円~1,700円/1錠

レビトラジェネリック20mg

1,600円~1,800円/1錠

シアリス

20mg 1,600円〜1,900円/1錠
10mg 1,500円〜1,800円/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

シアリスは36時間と長い時間効果が持続します。服用のタイミングを考えたり、プレッシャーや焦りを感じる必要がありません。

シアリス10mg

1,500円~1,800円/1錠

シアリス20mg

1,600円~1,900円/1錠

シアリスジェネリック

20mg 1,400円〜1,600円/1錠
10mg 1,350円〜1,550円/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

シアリスは36時間と長い時間効果が持続します。服用のタイミングを考えたり、プレッシャーや焦りを感じる必要がありません。

シアリスジェネリック10mg

1,350円~1,550円/1錠

シアリスジェネリック20mg

1,400円〜1,600円/1錠

POINT

EDについてのよくあるお問合せ

ED治療薬を飲むとずっと勃起した状態なのですか?

ED治療薬の効果発現は、刺激があると勃起して刺激がなければ普通の状態のままでいることです。ずっと勃起したままの状態にはなりませんのでご安心ください。
ED治療薬の特徴は自然な勃起状態になることです。

いろいろ薬を飲んでいますがED治療薬は飲めますか?

ニトログリセリン(心臓の薬)との併用はできません。
ED治療薬を服用希望であれば、先ずは服用中の薬を持参して医師にご相談ください。また、併用禁忌の薬に関してはこちらをご参照ください。

バイアグラ、レビトラ、シアリスの違いってなんですか?

持続時間、有効成分、食事によって効果の出現が左右されるかなどの違いがあります。
詳細はこちらをご参照ください。

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:伊部 博行 医師仙台院院長:高橋 良和 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:松沼 寛 医師池袋院院長:西澤 康平 医師渋谷院院長:足立 和典 医師上野院院長:千葉 岳 医師秋葉原院院長:宮路 貴晶 医師新橋院院長:加藤 淳 医師立川院院長:村田 博昭 医師町田院院長:永井 哲志 医師横浜院院長:松本 貴博 医師川崎院院長:岡田 和樹 医師大宮院院長:半田 譲 医師柏院院長:管野 隆治 医師静岡院院長:高柳 健二 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師土浦院院長:石川 哲生 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都院院長:春日井 震 医師梅田院院長:藤田 良治 医師大阪院院長:大嶋 恭輔 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師天王寺院院長:東城 博雅 医師神戸三宮院院長:篁 隆雄 医師岡山院院長:橋詰 顕正 医師広島院院長:久保田 守 医師博多院院長:田中 修二 医師小倉院院長:倉員 忠弘 医師熊本院院長:師岡 公彦 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2022 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.