ED外来

シアリスジェネリック

シアリス国内ジェネリック発売情報!効果や副作用は正規品と違う?海外ジェネリック情報も

2020年2月、ついにED治療薬「シアリス」のジェネリック「タダラフィル錠」が認可されました。そこで今回は、「シアリス」と「タダラフィル錠」の違いについて詳しく解説します。これまでにも広く流通していた海外製のシアリスジェネリックについてもあわせてみていきましょう。

シアリス国内ジェネリック発売情報!効果や副作用は正規品と違う?海外ジェネリック情報も

最終更新日:

1. 日本国内でもついに認可!シアリスジェネリック

シアリスは世界シェアNo.1のED治療薬です。マイルドな効き目と長い持続性が特徴で、日本でも高い人気を誇ってきました。しかし、ED治療薬の処方は保険が適応されないため、薬代は決して安くありません。一般的な相場は1錠1500~2000円。「使用を続けるのは経済的に厳しい」という方も少なくなかったでしょう。

そんな方に朗報です。日本国内でもついにシアリスのジェネリックが認可されました。ジェネリックは先発薬と同じ成分を同量含み、ほぼ同じ効果を発揮。しかし、価格は先発薬より抑えられるというメリットがある薬です。シアリスのジェネリックが解禁されるのを待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか?

なお、2020年2月17日に認可を受けたシアリスジェネリックには次のようなものがあります。 (※1)

1-1. 国内製シアリスジェネリックの種類

名称 製造発売元
タダラフィル錠10mgCI「サワイ」
タダラフィル錠20mgCI「サワイ」
製造販売元:沢井製薬株式会社
タダラフィル錠10mgCI「あすか」
タダラフィル錠20mgCI「あすか」
製造販売元:大興製薬株式会社
発売元:あすか製薬株式会社
販売:武田薬品工業株式会社
タダラフィル錠10mgCI「クラシエ」
タダラフィル錠20mgCI「クラシエ」
発売元:クラシエ薬品株式会社
製造販売元:シオノケミカル株式会社
不明 ・心筋梗塞
・起立性低血圧
・狭心症
・緑内障

各製薬会社が製造販売するタダラフィル錠は円形の錠剤。シアリスは「涙型」であるため、形状は異なります。一方で、どちらのシアリスジェネリックも有効成分「タダラフィル」を同量含有しています。なお、味やフレーバー、質感などの特徴はまだはっきりわかっていません。

シアリス以外にも多くの薬にはジェネリックが販売されており、それぞれ多くの種類があります。処方される種類は医療機関によってまちまちです。しかし、ジェネリックの種類が異なっても基本的には大きな違いはありません。効果も同じ。極端にジェネリックの種類に拘る必要はないでしょう。

1-2. 販売時期価格

シアリスのジェネリックは厚生労働省から正式な認可を受けました。ただ、今のところ販売時期や販売価格は未定です。価格については、先進医薬品シアリスより安価になることは予想されますが、実際どれくらいの価格差を実現することができるかは公表されていません。

2. シアリスとジェネリック医薬品タダラフィル錠の違いはある?

では、先発薬「シアリス」とシアリスジェネリック「タダラフィル錠」には、価格や製造販売元以外にどのような違いがあるのでしょうか?詳しく見てみましょう。

2-1. 成分の違い

シアリスとタダラフィル錠が同じ有効成分「タダラフィル」を含みます。そのため、効果はほぼ同等です。一方で、ジェネリックは各製薬会社が味や香り、形などを先発薬より飲みやすく改良している場合があります。何らかの改良が加わった場合は成分に若干の差があることも少なくありません。ですが、効果には影響のないよう工夫されていますので安心して服用することができます。 (※2)

2-2. 効果の違い

シアリスとタダラフィル錠は同量の「タダラフィル」を含みます。効果は同等とされていますが、有効成分が体内に溶け込むまでの速さなどに違いがあるようです。各製薬会社が行った実験によれば、血中のタダラフィル濃度が最高になるまでの時間は次の通りとのことです。

製品名 血中濃度が最高になるまでの時間
シアリス錠20㎎ 3.00時間(0.5~4.0時間)
タダラフィル錠10mgCI「サワイ」 1.9±1.5時間
タダラフィル錠20mgCI「サワイ」 2.6±1.3時間
タダラフィル錠10mgCI「アスカ」 1.92±1.16時間
タダラフィル錠20mgCI「アスカ」 3.26±1.33時間
タダラフィル錠10mgCI「クラシエ」 2.06±1.16時間
タダラフィル錠20mgCI「クラシエ」 3.26±1.33時間

シアリスより即効性があるジェネリックもあれば、効果が緩やかなジェネリックもあることがわかります。 (※3,4,5,6)

2-3. 副作用の違い

シアリスはバイアグラやレビトラなど他のED治療薬よりも副作用が現れにくいのが特徴です。当然、シアリスのジェネリックであるタダラフィル錠も同様の効果・作用機序を持つため、頭痛、めまい、ほてりといった軽度の副作用飲みが現れることが考えられます。

治験段階でも目立った副作用の報告は少ないとのこと。しかし、副作用の起こりやすさやどのような副作用が現れるかは、実際に薬が流通して多くの方が使用してみないとわからない部分が大きいのも事実。ご不安な場合は様子を見てから取り入れるとよいでしょう。

3. なぜインドにはシアリスのジェネリック医薬品があるか

今回の認可が下るまで、日本ではシアリスジェネリックの正規品は流通していませんでした。しかし実は以前から、インターネットなどで「シアリスのジェネリック医薬品」と謳われた非常に安価な薬が販売されています。これらはみなシアリスのジェネリック医薬品を騙った偽物なのでしょうか?

答えは「NO」です。先にも説明した通り、シアリスは特許期間にあったため、ジェネリック医薬品を製造・販売することはできませんでした。しかし、インドでは2005年まで薬の成分に対する特許が認められていなかったため、2000年に特許申請されたシアリスのジェネリック医薬品を製造・販売することが法的に認められているのです。インドではシアリス以外にも他国において特許期間中の薬のジェネリック医薬品を多く製造しており、「ジェネリック大国」とも呼ばれているとのこと。

インターネットなどで流通している「シアリスのジェネリック医薬品」はこのようにしてインドで製造・販売されているものであり、「100%偽物」と言い切れるものでもありません。

3-1. 作用と副作用は?

シアリスのジェネリックも正規品と同様、有効成分「タダラフィル」が含まれます。そのため、基本的な効果は正規品とほぼ同じ。陰茎の血管を広げて血流を増すことで、勃起を促す効果が期待できます。

3-2. 品質の問題は?

インドは製薬産業が非常に盛んであり、安価で販売しているため発展途上国の医療に欠かすことができないもの。しかし、製薬の管理が厳しい先進国で製造する医薬品より品質が劣るケースも目立っています。そのため、不純物の混入や研究データの改ざんなどが問題となって先進国では承認を得られないことも少なくありません。 (※3、7)

4. 海外製シアリスジェネリックの種類

海外製シアリスジェネリックの種類

では、インドをはじめとした海外で製造されたシアリスジェネリックにはどのような種類のものがあるのでしょうか?代表的な海外製シアリスジェネリックをご紹介します。

4-1. メガリス

インドの老舗製薬会社マクローズ社が製造・販売するシアリスのジェネリック医薬品です。シアリスと同じく有効成分「タダラフィル」を20㎎含む錠剤が販売されています。価格は1錠220円ほどとシアリスの正規品の10分の1ほどで入手することが可能です。現在、シアリスジェネリックの中では最もメジャーな医薬品とも言われています。

4-2. タダリス

インドの製薬会社アジャンタ・ファーマ社が販売するシアリスのジェネリック医薬品です。同社はシアリスだけでなく、バイアグラやレビトラなどED治療薬のジェネリックを数多く製造しています。タダリスは、有効成分「タダラフィル」を10㎎含むものと20㎎含む錠剤が販売されており、メガリスと並んでメジャーなシアリスジェネリックです。

タダリスの詳細を見る

4-3. エレクタリス

インドの製薬会社シプラ社が製造・販売するシアリスのジェネリック医薬品です。同社は同じくシアリスジェネリックである「タダシップ」も製造販売しています。タダシップとほぼ同一の形状ですが、有効成分「タダラフィル」を20㎎含むタイプのもののみ販売されています。

4-4. フォーゼスト

ジェネリック医薬品の販売実績世界第5位を誇るインドの製薬会社サン・ファーマ社が製造販売するシアリスのジェネリック医薬品です。日本国内にもサン・ファーマ社の関連会社はありますが、正規ルートでの販売は行われていません。

5. 海外製シアリスのジェネリック薬の危険性

海外製シアリスのジェネリック薬の危険性

国内の医療機関で処方される正規品のシアリスと同じ有効成分を含み、価格10分の1ほどで手に入るとなればご紹介したような海外製のシアリスジェネリックが魅力的に思えるかもしれません。
しかし、海外で製造されたED治療薬のジェネリックは危険性も高いことが知られています。具体的にどのような危険があるのか見てみましょう。

5-1. 偽造薬を飲む危険がある

これまで、日本国内で海外製のシアリスジェネリックを入手するには、インターネットなどを通じた「個人輸入」に頼るしかありませんでした。しかしこのような個人輸入のルートは不透明な部分が多く、日本国内には「偽物」が紛れ込んでいることがわかっています。

日本国内で正規のED治療薬(バイアグラ、レビトラ、シアリス)を製造販売するファイザー製薬株式会社、バイエル薬品株式会社、日本新薬株式会社、日本イーライリリー株式会社が合同で行った調査によれば、現在インターネットで流通している海外製のED治療薬ジェネリックの40.0%が偽物だったとのこと。しかも、非常に精巧に作られているため、見た目だけで本物か偽物か判断するのは困難です。

せっかく購入して服用しても、「性行為本番で効果が発揮できなかった」ということも十分あり得るのです。

5-2. 重篤な副作用がおきる可能性も

海外製のシアリスジェネリックは偽物が多く存在します。単に有効成分が含まれないものばかりではなく、中には健康に影響をもたらす粗悪な成分が含まれるものも。

日本国内でも平成23年に海外から個人輸入したシアリスジェネリックを使用した方が痙攣や意識消失など重篤な合併症を起こした事例が報告されています。海外では死亡事例も報告されています。

安全な性生活を楽しむためにも、このような健康を害する偽物には十分な注意が必要です。

5-3. 救済措置が適用されない

正規品のシアリスであれ、どのような薬も副作用が生じます。副作用を完全に避けることは不可能と言ってよいでしょう。副作用は一時的な湿疹やかゆみ、吐き気などの軽度なものもありますが、治療が必要なものや、何らかの後遺症が残るようなものまで重症度は様々です。

そんな副作用に対応すべく、日本では「医薬品副作用被害救済制度」と呼ばれる制度が整っています。この制度は薬の副作用による治療費や、仕事に就くことができなくなった時の保証を受けることができる仕組みです。しかし保証は厚労省から認可を受けた医薬品の使用時のみに限られています。

そのため、正式に認可を受けていない海外製のシアリスジェネリック医薬品を使用した際の副作用では救済を受けることはできません。副作用の治療に必要な費用は自分で用意しなければならず、思わぬ出費になることも少なくないのです。 (※8,9,10)

6. 海外シアリスのジェネリック薬は危険!個人での服用は控えましょう

シアリスは最も愛用者の多いED治療薬です。これまで、日本国内ではシアリスのジェネリック医薬品は製造・販売されておらず、先発薬を購入するしかありませんでした。もしくは、インターネットで購入できる手軽さや安さに惹かれて、海外製のシアリスジェネリックを利用する方も。しかし、海外製のシアリスジェネリックは安全性が確かではなく、重篤な副作用に襲われるケースも報告されています。

時期は未定ですが、年内にはシアリスの正規ジェネリックの販売が開始されます。「より経済的にED治療を」と考える方は、ED治療の実績が豊富な専門クリニックの医師から正規品のシアリスを処方してもらうようにしましょう。

お近くのED治療専門クリニックを探す

参考URL

※1)日刊薬業、承認簿
https://nk.jiho.jp/sites/default/files/nk/document/2020/02/20200217_%E6%89%BF%E8%AA%8D%E7%B0%BF.pdf

※2)日本ジェネリック製薬協会、ジェネリック医薬品に不安・疑問のある方へ
https://www.jga.gr.jp/general/about/faq02.html

※3)日本新薬株式会社、シアリス 添付文書
https://pins.japic.or.jp/pdf/newPINS/00053585.pdf

※4)沢井製薬株式会社、タダラフィル錠 添付文書
https://med.sawai.co.jp/product/ed-aga/pdf/attach01.pdf

※5)あすか製薬株式会社、タダラフィル錠 添付文書
https://www.daikosyk.co.jp/_phpsys/data/upload/prod_corp/000169_01.pdf

※6)クラシエ製薬株式会社、タダラフィル錠 添付文書
https://www.info.pmda.go.jp/go/pdf/340409_259000CF2062_1_01

※7)国境なき医師団、インドは適正価格の医薬品を揺るがす要請に屈しないで——MSF、世界規模キャンペーンを開始
https://www.msf.or.jp/news/detail/pressrelease_2277.html

※8)ファイザー株式会社、インターネットで入手したED治療薬の約4割が偽造品
https://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2016/2016_11_24_02.html

※9)厚生労働省、模造医薬品による健康被害に対する注意喚起
https://www.yakubutsu.mhlw.go.jp/individualimport/troubles/pdf/trouble_05_01.pdf

※10)独立行政法人医薬品医療機器総合機構、医薬品副作用被害救済制度
http://www.pmda.go.jp/kenkouhigai_camp/index.html

イースト駅前クリニック所属医師

当サイトの運営者情報はこちら

EDについてのよくあるお問合せ

  • ED治療薬を飲むとずっと勃起した状態なのですか?

    ED治療薬の効果発現は、刺激があると勃起して刺激がなければ普通の状態のままでいることです。ずっと勃起したままの状態にはなりませんのでご安心ください。
    ED治療薬の特徴は自然な勃起状態になることです。
  • いろいろ薬を飲んでいますがED治療薬は飲めますか?

    ニトログリセリン(心臓の薬)との併用はできません。
    ED治療薬を服用希望であれば、先ずは服用中の薬を持参して医師にご相談ください。また、併用禁忌の薬に関してはこちらをご参照ください。
  • バイアグラ、レビトラ、シアリスの違いってなんですか?

    持続時間、有効成分、食事によって効果の出現が左右されるかなどの違いがあります。
    詳細はこちらをご参照ください。

診察・相談について

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:小林 浩 医師仙台院院長:大久保 直樹 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:伊藤 知英 医師池袋院院長:西澤 康平 医師新橋院院長:加藤 淳 医師横浜院院長:松本 貴博 医師静岡院院長:長坂 良 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都四条烏丸院院長:篁 隆雄 医師大阪院院長:新田 匡章 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師神戸三宮院院長:三田 浩一 医師岡山院院長:松沼 寛 医師広島院院長:西川 徹 医師博多院院長:田中 修二 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2020 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.