ED 治療外来

レビトラ

メインビジュアル

【ED治療薬】レビトラジェネリック(バルデナフィル)の効果や副作用を解説

レビトラジェネリック(バルデナフィル)は、勃起不全の改善が期待できるED治療薬です。他のED治療薬と比較して、どのような違いがあるのでしょうか。本記事では、レビトラジェネリック(バルデナフィル)の含有量による違いや、シアリス(タダラフィル)など他の薬剤との効果・作用時間の違い、正しい飲み方などについて解説します。

【徹底解説】ED治療薬レビトラの効果や副作用、ジェネリック医薬品について

レビトラの処方価格

レビトラ20mg

20mg -円(税込)/1錠

※メーカー都合により生産終了となりました。ジェネリック薬をご活用ください。

レビトラジェネリックの処方価格

シアリスジェネリック20mg

20mg
1,600円 ~ 1,800円(税込)/1錠

シアリスジェネリック20mg

10mg
1,500円 ~ 1,700円(税込)/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

※お薬の価格は、こちらをご確認ください。

この記事の監修者

西澤 康平の写真

プロフィール

2006年北海道大学医学部を卒業。札幌医科大学付属病院での研修医や、釧路優心病院精神科での勤務医を経て、2017年10月よりイースト駅前クリニック京都四条烏丸院の院長を務め、2020年10月より池袋院の院長となる。趣味はスポーツ全般、特に野球が好き。

最終更新日:

レビトラジェネリック(バルデナフィル)とは?

質問者の写真

レビトラジェネリック(バルデナフィル)とはどのような医薬品ですか?

レビトラ(バルデナフィル)は、バイエル薬品が開発したED治療薬で、即効性の高さに根強い人気があります。2020年にはレビトラジェネリック(バルデナフィル)が国内で販売され、より安価でお求めやすくなりました。

2021年にレビトラ(バルデナフィル)が販売中止になりましたが、レビトラジェネリック(バルデナフィル)は引き続き、入手可能です。

西澤 康平の写真

池袋院
院長 西澤 康平

レビトラ(バルデナフィル)とは、ドイツに本社を構えるバイエル薬品が開発したED治療薬です。有効成分の、バルデナフィルが含まれており、5mg、10mg、20mgの3種類が販売されていました。現在、レビトラ(バルデナフィル)は販売終了しており、ジェネリック医薬品(後発医薬品)であるレビトラジェネリック(バルデナフィル)が販売されています。レビトラジェネリック(バルデナフィル)は、即効性と効果の高さが特徴で、根強い人気が続いています。

【2022年】レビトラ(バルデナフィル)の販売中止について

従来から、安定した供給がなされていなかったレビトラ(バルデナフィル)ですが、2021年11月に「5mg、10mg、20mg」すべての規格の販売中止が発表されました。販売中止の理由として、バイエル薬品株式会社は「次回以降の生産および入荷のめどが立たないため」※と公表しています。

※バイエル薬品株式会社からの正式なお知らせはこちらからご覧いただけます。

イースト駅前クリニックでは、レビトラ(バルデナフィル)のジェネリック医薬品(後発医薬品)であるレビトラジェネリック(バルデナフィル)をご用意しています。ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、従来の医薬品(先発医薬品)の有効成分を使用して、有効性と安全性を確保したまま安価で開発された医薬品のことです。
効果はそのままに、経済的にレビトラをご利用いただけるため、気になる方はぜひお近くのイースト駅前クリニックへご相談ください。

(※1、2)

レビトラの効果と持続時間

質問者の写真

レビトラジェネリック(バルデナフィル)はなぜEDに効果的なのですか?

レビトラジェネリック(バルデナフィル)は、勃起を萎えさせる物質を抑制する働きがあります。そのため、勃起したのちの持続時間を長くする効果が期待できます。

また、容量が多いほど、効果の持続時間は長い傾向にあります。

西澤 康平の写真

池袋院
院長 西澤 康平

レビトラジェネリック(バルデナフィル)は勃起を鎮静させようとするPDE5の働きを抑制する効果があります。レビトラジェネリック(バルデナフィル)を服用することで、陰茎では血管の拡張が続き、勃起が促されEDの改善が期待できます。しかし、治療薬はあくまでも勃起補助の役割であることを忘れないようにしましょう。

レビトラジェネリック(バルデナフィル)は、即効性の高いED治療薬であり有効成分の含有量は10㎎と20㎎の規格があります。有効成分の含有量が多いほど、効果は持続し作用時間も変わるため、どちらが適しているか専門医師に相談しましょう。

レビトラジェネリック(バルデナフィル)の容量 作用時間
10mg 5時間程度
20mg 8~10時間程度

EDの原因やメカニズム

EDは、精神的な原因や身体的な原因など、人によって様々な原因が考えられます。
勃起は、性的な興奮や刺激を受けることで、陰茎の血管が拡張して生じる現象です。通常、性的な刺激や興奮を受けると、脳から司令が伝わり、一酸化窒素(NO)が増加します。次に、cGMP(環状グアノシン一リン酸)と呼ばれる血管拡張物質により勃起状態に至ります。勃起すると、勃起状態を鎮静する酵素であるPDE5も作用しますが、このPDE5が活発になりすぎることでEDが引き起こされます。

レビトラジェネリック(バルデナフィル)と他のED治療薬の違い

シアリス(タダラフィル) レビトラジェネリック(バルデナフィル) バイアグラ(シルデナフィル)
効果 勃起補助 勃起補助 勃起補助
持続時間 約24~36時間 約5~10時間 約5時間
発現時間 服用後1時間 服用後30分程度 服用後30分~1時間
効果のピーク時間 服用後1~4時間 服用後45分程度 服用後1時間程度
食事の影響 ない ある ある
バイアグラ・レビトラ・シアリスの違い

レビトラジェネリック(バルデナフィル)の副作用

質問者の写真

レビトラジェネリック(バルデナフィル)の副作用にはどのようなものがありますか?

レビトラジェネリック(バルデナフィル)を、服用する際に特に多いお悩みは頭痛です。万が一、性行為に集中できないほどの頭痛が起きた際は医師への相談をおすすめします。もしくはロキソニンなど市販の頭痛薬を検討してみましょう。

西澤 康平の写真

池袋院
院長 西澤 康平

レビトラジェネリック(バルデナフィル)は、バイアグラ(シルデナフィル)やシアリス(タダラフィル)と比べて即効性に優れています。しかし、他のED治療薬と比較すると副作用が現れやすい薬です。製造販売元のバイエル薬品株式会社のデータによれば、レビトラジェネリック(バルデナフィル)を使用した方のうち28.15%が何らかの副作用を実感しています。レビトラジェネリック(バルデナフィル)の副作用には、どのようなものがあるのか詳しく見てみましょう。

発生頻度 副作用
1%以上 ほてり/頭痛/鼻づまり/消化不良/めまい
0.1%以上1%未満 動悸/頻脈/不眠/肝機能異常/呼吸困難/発汗/吐き気/下痢/視覚異常/耳鳴り/など
0.01%異常0.1%未満 顔のむくみ/低血圧/失神/不安感/関節痛/頚部痛/発疹/嚥下障害/射精障害/など
不明 心筋梗塞/狭心症/起立性低血圧/緑内障/など

レビトラジェネリック(バルデナフィル)による副作用の中で、特に多いのはほてり(15.66%)や頭痛(5.59%)です。レビトラジェネリック(バルデナフィル)の効果は、陰茎以外にも及ぶため、全身の血行が良くなりほてりを感じやすくなります。レビトラジェネリック(バルデナフィル)の根本的な作用は、血管を拡げることのため、このような副作用があらわれやすいです。また、頭の血管が拡張することで周辺を走行する神経に刺激を与えて頭痛を引き起こします。
基本的になかには、副作用は軽微なものが多いですが、性行為に集中できなくなるような副作用があらわれた場合は医師に相談しましょう。

副作用が出た場合の対処法

レビトラジェネリック(バルデナフィル)の、副作用があらわれたときの対処法として下記のようなものが挙げられます。

副作用 対処法
頭痛 傷む部分を冷やす、市販薬を飲む
下痢や消化器官の不調 身体を冷やし、市販の胃薬などを飲む
鼻づまり 鼻の周囲を冷やし、市販の鼻スプレーを使用する

レビトラジェネリック(バルデナフィル)による副作用の多くは、血管が拡張することに起因します。そのため、副作用があらわれた時には、拡がった血管を引き締めるために冷やすことで治まる可能性があります。特に、頭痛や鼻づまりは、その部位を冷たいタオルなどを充てると症状が改善されることが多いです。また、症状が強い場合は、市販薬を使用することで症状を抑えられます。

レビトラジェネリック(バルデナフィル)の禁忌

併用禁忌 禁忌
  • 硝酸剤や一酸化窒素(NO)供与剤
  • 一部の抗不整脈薬
  • 抗真菌薬など
  • 心血管系の病気がある方
  • 健康上、性行為自体が難しい方
  • 過去6か月以内に脳卒中や心筋梗塞を発症した方
  • 重度な肝障害・腎障害がある方
  • 網膜色素変性症と診断された方

レビトラジェネリック(バルデナフィル)は、服用中の薬や健康状態によっては重篤な副作用が生じる危険があるため、使用することはできません。上記の表に、当てはまる症状を持っている方が、レビトラジェネリック(バルデナフィル)を服用するのは危険です。必ず医師に相談するようにしましょう。

特に併用禁忌薬には注意が必要です。レビトラジェネリック(バルデナフィル)と同じく、血管を拡げる働きのある硝酸剤やNO供与剤などの狭心症薬は、血圧の急低下を引き起こすこともあります。
このような事態を避けるためにも、レビトラジェネリック(バルデナフィル)を購入するときは、医師の診察を受けて安全に服用できるか判断してもらいましょう。

また、レビトラジェネリック(バルデナフィル)は、ED治療薬「男性の勃起不全治療薬」のため、女性は服用できません。レビトラジェネリック(バルデナフィル)を女性が服用すると感度が高まるといった俗説には、医学的根拠はないため注意しましょう。

(※1)

レビトラジェネリック(バルデナフィル)の正しい飲み方

質問者の写真

レビトラジェネリック(バルデナフィル)を服用する際の注意点はありますか?

バイアグラ(シルデナフィル)に比べると、食事の影響を受けにくいレビトラジェネリック(バルデナフィル)ですが過信は禁物です。もし効果を実感できない場合は、食後の服用タイミングも確認しましょう。レビトラジェネリック(バルデナフィル)は空腹時での服用が最も効果を発揮しやすいです。

西澤 康平の写真

池袋院
院長 西澤 康平

レビトラジェネリック(バルデナフィル)の正しい飲み方
・1日の上限量は20mg
・性行為の30~1時間前までに服用する
・可能な限り空腹時に服用する
・服用は24時間(1日)に1回

レビトラジェネリック(バルデナフィル)の用量は一日20㎎が上限です。また、24時間以上の間隔を空ける必要があります。効果があらわれなくても、上限量を超えるレビトラを服用するのは厳禁です。

レビトラジェネリック(バルデナフィル)は、正しい服用方法を守らなければ副作用があらわれる可能性もあるため、大変危険です。また、誤った服用方法がレビトラジェネリック(バルデナフィル)の効果を抑えてしまうこともあります。レビトラジェネリック(バルデナフィル)を処方してもらう際に、医師に服用方法も確認しておきましょう。

服用する際の食事やアルコールで注意すべきこと

レビトラジェネリック(バルデナフィル)を服用する際は、食事やアルコールとの併用摂取に注意しましょう。レビトラジェネリック(バルデナフィル)は、バイアグラ(シルデナフィル)のデメリットを改善するよう開発されました。そのため、バイアグラ(シルデナフィル)よりも食事の影響を受けにくいものの、依然として食事を摂ることで吸収率が若干低下する可能性があります。
高い効果を実感するには、空腹時の服用が理想的です。服用前に、食事をする場合は脂肪の多いものを避けて、あっさりしたメニューを選びましょう。食べ物の油によって、レビトラジェネリック(バルデナフィル)が取り囲まれ、うまく吸収されない事態を避けやすくなります。
また、飲酒は少量であれば、レビトラジェネリック(バルデナフィル)の効果に影響を及ぼすことは少ない傾向にあります。しかし、過度の飲酒は効果を実感しにくくなる可能性があるため、注意しましょう。

レビトラジェネリック(バルデナフィル)の効果が実感できない時の原因と対処法

質問者の写真

レビトラジェネリック(バルデナフィル)の効果が実感できない場合、どのような原因が考えられますか?

過度な飲酒や精神的なストレスなど様々な原因が考えられますが、よくあるのは性的な刺激が不足しているケースです。レビトラジェネリック(バルデナフィル)には、精力剤のような効果はなく、あくまで勃起補助作用の薬なので注意しましょう。

西澤 康平の写真

池袋院
院長 西澤 康平

レビトラジェネリック(バルデナフィル)は、勃起を引き起こす人体の仕組みをうまく利用したED治療薬です。即効性や効果の高さに定評がありますが、使用方法などによっては十分な効果が得られないこともあります。レビトラジェネリック(バルデナフィル)の、効果が得られない原因についてはどのようなものがあるのでしょうか?対処法と合わせて詳しく見てみましょう。

性的な刺激や興奮が足りない

レビトラジェネリック(バルデナフィル)を服用することで、性的な気持ちが高ぶり勃起が促されるというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。レビトラジェネリック(バルデナフィル)に限らず、ED治療薬に性的な気持ちを高める精力剤のような効果はありません。レビトラジェネリック(バルデナフィル)は、性的な刺激や興奮によって生じる一連の勃起過程の一部に働きかけて勃起を促す薬です。性的な刺激や、興奮が不足していると十分な効果を発揮できない可能性あるため注意しましょう。
対処法としては、下記のようなものが挙げられます。

  • ・雑誌や動画などを使って性的刺激を与える
  • ・パートナーに協力してもらう

精神的なストレス

EDの原因は、精神的なものや身体的なものなど人によって様々です。特に、20~30代の若い方に多いのが精神的なストレスや疲労、性行為への苦手意識による過度な緊張感が原因となる「心因性ED」です。レビトラジェネリック(バルデナフィル)などのED治療薬は、心因性EDに一定の効果があります。しかし、症状が重度だと、服用しても十分な効果を得られない場合があります。
対処法としては、下記のようなものが挙げられます。

  • ・リラックスするよう心掛ける
  • ・医師に相談して精神安定剤を併用する

お酒の飲み過ぎ

過度な飲酒は、レビトラジェネリック(バルデナフィル)の効果が薄れる可能性があります。
レビトラジェネリック(バルデナフィル)は飲酒の前後に服用しても問題はないとされています。適度な飲酒は、身体の精神的な緊張をほぐすのに効果的です。しかし、過度な飲酒は神経系の動きを弱めるため避けるようにしましょう。
勃起は、血管が拡張することで生じる現象ですが、この過程には性的刺激を伝える神経が関係します。過度な飲酒により、勃起の過程に必要な神経の働きを弱めて、効果が十分に発揮されない場合があるため注意しましょう。
対処法としては、下記のようなものが挙げられます。

  • ・服用前にはできる限り飲酒しない
  • ・料理や菓子類に入っているアルコールにも気を付ける

(※7)

レビトラジェネリック(バルデナフィル)の購入方法

質問者の写真

レビトラジェネリック(バルデナフィル)を購入するにはどうすれば良いですか?

レビトラジェネリック(バルデナフィル)は、医師による診察と処方が必要です。2020年に、レビトラジェネリック(バルデナフィル)が国内で発売され、より安く入手することが可能になりました。
インターネットを通じて個人輸入などでレビトラジェネリック(バルデナフィル)を入手するのは大変危険なためやめましょう。

西澤 康平の写真

池袋院
院長 西澤 康平

レビトラジェネリック(バルデナフィル)は、薬局やドラッグストアでは購入できません。レビトラジェネリック(バルデナフィル)を購入するには、医師の診察を受けてEDと診断された後に、治療の目的で処方される必要があります。また、ED治療が目的の場合、バイアグラ(シルデナフィル)やレビトラジェネリック(バルデナフィル)を含むED治療薬は、保険外診療のため、全額自己負担です。

個人輸入の危険性

レビトラジェネリック(バルデナフィル)など、多くのED治療薬がインターネットを通じて海外から個人輸入できますが、偽造薬も多く非常に危険です。国内正規品の10分の1の価格で販売されることもあり、医師の診断を受けずに入手できますが、厚生労働省の認可を受けていないため安全性が保証されていません。服用することで、思わぬ健康被害を受ける可能性があり、副作用が生じた際に「医薬品副作用救済制度」を利用できないリスクがあります。
レビトラジェネリック(バルデナフィル)や、その他のED治療薬を入手するときは、病院やクリニックなど専門医療機関を受診して正規品の処方を受けましょう。

(※4、8)

レビトラジェネリック(バルデナフィル)の価格

価格
レビトラジェネリック(バルデナフィル)(20mg) 1,600円 ~ 1,800円(税込)/1錠
レビトラジェネリック(バルデナフィル)(10mg) 1,500円 ~ 1,700円(税込)/1錠

※イースト駅前クリニックでの販売価格です。

※クリニックにより、処方価格が変わります。

イースト駅前クリニックでは、レビトラジェネリック(バルデナフィル)の処方に必要な診察料は無料です。自己負担の費用は薬代のみです。レビトラジェネリック(バルデナフィル)以外にも、バイアグラ(シルデナフィル)やシアリス(タダラフィル)など国内で承認されているED治療薬の処方が可能です。ED治療に興味のある方は、お近くのイースト駅前クリニックにご来院ください。

レビトラジェネリック(バルデナフィル)に関するよくある質問

レビトラジェネリック(バルデナフィル)は不妊治療だと保険適用されますか?

レビトラジェネリック(バルデナフィル)は、不妊治療が目的でも保険適用はされません。不妊治療が目的の場合に、保険適用されるED治療薬には「バイアグラ(シルデナフィル)」、「バイアグラODフィルム」、「シアリス(タダラフィル)」があります。

(※9)

レビトラジェネリック(バルデナフィル)は薬局で購入できますか?

レビトラジェネリック(バルデナフィル)は、薬局で購入することはできません。レビトラジェネリック(バルデナフィル)を入手するには、病院やクリニックなど医療機関を受診して、医師に処方してもらいましょう。

イースト駅前クリニックでは、レビトラジェネリック(バルデナフィル)以外にどのようなED治療薬を取り扱っていますか?

イースト駅前クリニックでは、レビトラジェネリック(バルデナフィル)以外に下記のようなED治療薬を取り扱っています。

  • ・バイアグラ(シルデナフィル)
  • ・バイアグラジェネリック(シルデナフィル)
  • ・バイアグラOD
  • ・シアリス(タダラフィル)
  • ・シアリスジェネリック(タダラフィル)

※価格については各医院で異なる場合があります。

ED治療に即効性の効果があるレビトラジェネリック(バルデナフィル)は専門クリニックで処方を受け正しく服用しよう

レビトラジェネリック(バルデナフィル)は、即効性と持続性が特徴的です。しかし、食事や過度な飲酒、精神的なストレスを受けると効果の実感が薄まる可能性があります。また、通販の個人輸入は偽造薬が多く非常に危険のため避けましょう。医師の処方を受け、正しい用法用量を守って服用してください。

レビトラジェネリック(バルデナフィル)の服用を希望する場合は、イースト駅前クリニックへご相談ください。イースト駅前クリニックは、患者様お一人おひとりにあった治療を提供するため、複数のED治療薬を取り扱っています。患者様の症状に合った治療法を提案いたします。EDの専門知識や実治療績を持つ医師が在籍しているため、ED治療に興味のある方はお近くのイースト駅前クリニックにお越しください。

この記事の監修者

西澤 康平の写真

プロフィール

2006年北海道大学医学部を卒業。札幌医科大学付属病院での研修医や、釧路優心病院精神科での勤務医を経て、2017年10月よりイースト駅前クリニック京都四条烏丸院の院長を務め、2020年10月より池袋院の院長となる。趣味はスポーツ全般、特に野球が好き。

イースト駅前クリニック所属医師

イースト駅前クリニックの医師一覧

当サイトの運営者情報はこちら

運営者情報

その他の治療薬

EDについてのよくあるお問合せ

ED治療薬を飲むとずっと勃起した状態なのですか?
ED治療薬の効果発現は、刺激があると勃起して刺激がなければ普通の状態のままでいることです。ずっと勃起したままの状態にはなりませんのでご安心ください。
ED治療薬の特徴は自然な勃起状態になることです。
いろいろ薬を飲んでいますがED治療薬は飲めますか?
ニトログリセリン(心臓の薬)との併用はできません。
ED治療薬を服用希望であれば、先ずは服用中の薬を持参して医師にご相談ください。また、併用禁忌の薬に関してはこちらをご参照ください。
バイアグラ、レビトラ、シアリスの違いってなんですか?
持続時間、有効成分、食事によって効果の出現が左右されるかなどの違いがあります。
詳細はこちらをご参照ください。
もっと見る

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:伊部 博行 医師仙台院院長:長浦 主税 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:松沼 寛 医師池袋院院長:西澤 康平 医師渋谷院院長:足立 和典 医師上野院院長:千葉 岳 医師秋葉原院院長:宮路 貴晶 医師新橋院院長:加藤 淳 医師立川院院長:村田 博昭 医師町田院院長:門田 靜明 医師横浜院院長:松本 貴博 医師川崎院院長:岡田 和樹 医師大宮院院長:半田 譲 医師柏院院長:管野 隆治 医師土浦院院長:石川 哲生 医師山梨院院長:佐藤 孝典 医師静岡院院長:高柳 健二 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都院院長:春日井 震 医師梅田院院長:藤田 良治 医師大阪院院長:大嶋 恭輔 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師天王寺院院長:東城 博雅 医師神戸三宮院院長:篁 隆雄 医師岡山院院長:橋詰 顕正 医師広島院院長:久保田 守 医師博多院院長:田中 修二 医師小倉院院長:倉員 忠弘 医師熊本院院長:師岡 公彦 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2023 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.