ED 治療外来

バイアグラ

メインビジュアル

バイアグラ

バイアグラジェネリック

シアリス

シアリスジェネリック

レビトラ

レビトラジェネリック

ED


ED治療TOPへ

クリニック一覧

バイアグラ

バイアグラ(シルデナフィル)を飲んではいけない人は?副作用の例や対処法

最終更新日:

バイアグラ(シルデナフィル)は、狭心症や不整脈の治療を行っている方が服用してしまうと重篤な副作用があらわれる可能性があります。本記事では、バイアグラ(シルデナフィル)を服用できない人の条件と理由、副作用の事例、副作用が現れたときの対処法、注意点などについて詳しく解説します。

目次※知りたい情報をクリック

全国対応

オンライン診療のご案内

お電話一つで診察・処方

診察から処方までお電話やオンラインアプリで完結出来るため、通院の必要が無く、待ち時間が解消されます。
移動時間や移動コストが掛からなくなります。

※当日の診察状況によりお待たせすることがあります。何卒ご了承ください。

バイアグラ(シルデナフィル)を飲んではいけない人

上記のような条件に当てはまる方は、バイアグラ(シルデナフィル)の服用を避けましょう。持病や治療中の病気の種類によっては、バイアグラ(シルデナフィル)の服用によって重篤な副作用があらわれる可能性があります。
バイアグラ(シルデナフィル)を使用する際は、医師に相談したうえで用法用量を厳守した服用が大切です。それぞれの項目について、詳しく見ていきましょう。

バイアグラ(シルデナフィル)の併用禁忌薬を使用している人

  • 硝酸剤、一酸化窒素供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジルなど)
  • アミオダロン塩酸塩(経口剤)
  • 可溶性グアニル酸シクラーゼ刺激剤(リオシグアト)

心臓に持病がある方はバイアグラ(シルデナフィル)の服用ができません。
バイアグラ(シルデナフィル)は、もともとは狭心症治療薬として研究・開発されていた医薬品です。バイアグラ(シルデナフィル)には、血管を拡張させる作用があります。

そのため、狭心症や不整脈で内服治療中の方や、肺血栓や肺高血圧で内服治療中の方は、服用によって心臓に負担がかかります。最悪の場合、死亡事故を引き起こす恐れがあるため使用は避けましょう。

重い副作用が生じる恐れがある病気・症状を持っている人

  • 重度の肝機能障害
  • 低血圧、治療による管理がなされていない高血圧
  • 脳梗塞・脳出血(最近6ヶ月以内に発症した人)
  • 網膜色素変性症  など

上記の条件に当てはまる方は、事前に医師に相談して診断を受けたうえで、バイアグラ(シルデナフィル)を服用しましょう。肝硬変など、重度の肝機能障害がある方は、バイアグラ(シルデナフィル)の効果が強くあらわれる恐れがあるため服用できません。
また、網膜色素変性症の方は、バイアグラ(シルデナフィル)の服用によって失明の恐れがあります。服用する際は、必ず医師に相談しましょう。

心血管系障害があり、性行為が不適当と考えられる人

性行為は、過度な運動をしたときと同じくらい血圧と脈拍が上昇する場合があります。そのため、心血管系に大きな負担がかかります。バイアグラ(シルデナフィル)の服用は、心臓の負担を増やす行為ではありません。

しかし、性行為の安全性を確保するためには、体調を正確に判断してバイアグラ(シルデナフィル)を服用しましょう。また、心血管系障害がある方は、性行為自体が不適当である可能性があります。心血管系に障害がある場合は、性行為が可能かを含めて医師に事前の確認が重要です。

過去にバイアグラ(シルデナフィル)を服用してアレルギー反応が起こった人

バイアグラ(シルデナフィル)の成分に、アレルギー反応がある方は、服用すると皮膚やまぶたに痒みや発疹などの症状が出る恐れがあります。過去に、バイアグラ(シルデナフィル)を服用して、アレルギー反応があった方は服用できないので注意しましょう。

ただし、アレルギー反応が出た物質が、有効成分のシルデナフィルではなく添加剤の場合、ジェネリック医薬品(後発医薬品)の種類によっては服用できる可能性があります。医師に相談して、服用可能か確認しましょう。

未成年の人

未成年によるバイアグラ(シルデナフィル)の服用は違法ではありません。しかし、成長過程である未成年の、バイアグラ(シルデナフィル)の服用はおすすめできません。
バイアグラ(シルデナフィル)は、成人を対象にして開発されました。そのため、未成年に対する、効果や安全性が保証されているわけではないので服用は避けましょう。

バイアグラ(シルデナフィル)の代表的な副作用

発生率
血管拡張(ほてり、潮紅) 5.78%
頭痛 3.87%
消化不良・腹痛・視覚症状 0.1~1%未満

バイアグラ(シルデナフィル) の副作用には、血管拡張によるほてりや、頭痛、消化不良・腹痛や視覚症状などが挙げられます。こうした副作用があらわれた際は、一旦性行為を止めて症状が落ちつくまで休みましょう。

血管拡張(ほてり、潮紅)

発生率:5.78%

バイアグラ(シルデナフィル) の作用によって、顔付近の血管が広がると、ほてりや頬の紅潮などの症状があらわれます。自然に治まることが多く、過度に心配する必要はありません。
しかし、鼻への血流が増えすぎて粘膜が腫れ、頑固な鼻づまりや鼻血が見られることもあります。もしも、気になる場合は点鼻薬などの備えをしておきましょう。

頭痛

発生率:3.87%

バイアグラ(シルデナフィル)の効果である血管拡張は、身体全体に作用します。そのため、頭の血管が拡張する際に、周辺を走行する神経に刺激を与えて、頭痛が起こるケースがあります。基本的に症状は軽いですが、もし長引く場合は一旦性行為を中止しましょう。
頭痛があまりにひどい場合は、市販の頭痛薬などの使用も有効です。

消化不良・腹痛・視覚症状

発生率:0.1~1%未満

消化不良・腹痛・視覚症状 が1%未満と稀ですが起きることがあります。視覚症状には目充血や彩視症などが挙げられますが、いずれも重篤な副作用はありません。

ただ目についてのバイアグラの副作用としては重篤なものの報告例、もしくは禁忌とされており重篤な症状が現れる場合もありえます。 もし不安な場合はやはり医師への相談が不可欠です。
バイアグラの目への影響について詳しくはこちら

(※1、2)

バイアグラ(シルデナフィル)の副作用による死亡例はある?

バイアグラ(シルデナフィル) が効きすぎると、身体の様々な部位の血管が急激に広がるため血圧が低下する場合があります。一時的に、血圧が下がる場合は大きな問題はありません。

しかし、発症の確率は非常に低いのですが、脳への血流が低下して意識消失する可能性もあるため注意しましょう。過去には用法や用量を守らずに誤った使用を繰り返したことで心停止に至り、命を落としたケースも報告されています。
医師の話を聞き正しく服用すれば副作用を極力抑え効果的に服用できるでしょう。

過去にはインターネットから購入した偽造薬による死亡例も

バイアグラ(シルデナフィル) を服用する際に、注意するべきなのが偽造薬の存在です。多くの偽造薬が存在するバイアグラ(シルデナフィル)ですが、海外輸入では偽造薬の割合が4割という調査結果もあります。偽造薬の場合は、成分に何が配合されているかわからず、重篤な副作用を引き起こす可能性もあるため注意が必要です。

(※3、4)

その他副作用について

胸痛/動悸/頻脈/めまい/傾眠(軽度の意識障害)/昏迷(繰り返し強く呼びかけると一瞬だけ反応がある状態)/AST(GOT/肝機能検査値)の増加/悪心(吐き気、胸がむかつくこと)/胃腸障害/口渇/消化不良/腹痛/鼻炎/関節痛/筋肉痛/発疹/眼充血/結膜炎/彩視症/視覚障害/疼痛/熱感/下痢
など

バイアグラの副作用として上記のような症状が出ることもあります。

心臓への影響

バイアグラ(シルデナフィル)を服用する際の注意として、心血管系障害が挙げられます。心臓疾患や高血圧などの薬と併用すると危険な場合が多いため、特に注意しましょう。

たと例えば硝酸薬を内服している場合は、絶対にバイアグラ(シルデナフィル)を服用してはいけません。もし心臓の疾患などを患っている場合は、医師に相談しバイアグラ(シルデナフィル)使用ができるかどうかを確認してもらうことが重要です。

目への影響

バイアグラ(シルデナフィル)と目の関係性として、「網膜色素変性症」「非動脈炎性前部虚血性視神経症(NAION)」があります。
バイアグラ(シルデナフィル)の処方禁忌に指定されている網膜色素変性症は両眼性遺伝性の網膜疾患であり、視野狭窄や視力低下が進行し、失明に至る病気です。無症状の方も多く、気づかないうちにバイアグラ(シルデナフィル)を服用する恐れがあるので、医師の診断を受けることが重要です。
また、バイアグラ(シルデナフィル)によって非動脈炎性前部虚血性視神経症(NAION)が発現し、視力低下や視力喪失(失明)の原因になる可能性が示唆されています。しかし実際の相関関係は現状不明です。 製造元のファイザー社は因果関係を否定しています。

(※2、5)

バイアグラ(シルデナフィル)の副作用が現れたときの対処法

バイアグラ(シルデナフィル)を使用して、先述したような副作用が生じたときは、無理に性行為を続けるのはやめましょう。副作用が悪化する可能性もあるので、一旦性交を中止してゆっくり休むことが大切です。
特に、ほてりや紅潮などが起きたときは、室温や寝具を調節して身体を冷やし、頭痛がひどいときは患部を冷やすと症状がやわらぐことがあります。痛み止めを服用するのも効果的なためすので、それぞれの副作用に合わせた対策を行いましょう。

(※1、2、5)

バイアグラの副作用に関してその他留意しておきたいこと

用量と副作用の関係について

厚生労働省により、承認されているバイアグラ(シルデナフィル)は25mgと50mgの規格のみです。しかし、欧米諸国では100mgのバイアグラ(シルデナフィル)が承認されているため、「50mgを同時に2錠服用しても良いか?」という疑問を持つ方も多いです。日本国内では体格の差を考慮して50mgが最大の規格となっていますので基本的には、100mgの服用は推奨していません。

50mgでも効果が全く感じられない場合は、一度担当医にご相談ください。生活習慣の改善により効果が実感できる場合やレビトラジェネリック(バルデナフィル)、シアリス(タダラフィル)など他のED治療薬に変更すると改善する場合もあります。自己判断での100mgの服用は、思わぬ副作用を招く場合もあるため、必ず医師医へ相談してください。

(※1)

使用期限と副作用の関係性

使用期限が切れたバイアグラ(シルデナフィル)は、成分が変性している可能性があります。服用すると、思わぬ副作用が引き起こされることがあるため注意しましょう。
医薬品は、未開封の状態で保管すれば、3~5年は成分の変性が生じないように製造されています。処方されたばかりの薬であれば、使用期限を気にする必要はありません。しかし、長期間保管した後に服用する場合は使用期限を確認チェックするようにしましょう。

(※1、6)

飲酒と副作用の関連性

バイアグラ(シルデナフィル)の添付文書には、アルコールとの併用を避ける旨の内容や、アルコールの影響により副作用が発現したという記載はありません。そのため、少量のお酒と一緒にバイアグラ(シルデナフィル)を服用しても効果に影響がでることは少ないでしょう。

しかし、お酒そのものが勃起機能を阻害する可能性があることは留意しておきましょう。 適度な飲酒はリラックス効果が期待できますが、深酒は神経伝達機能の低下など勃起へ悪影響を及ぼしかねません。

バイアグラ(シルデナフィル)の副作用に注意!不安な方は医師に相談を

バイアグラ(シルデナフィル)の副作用は、性行為を中止して時間を置くことで自然と改善されることが多いです。不安のある方は、バイアグラ(シルデナフィル)の服用を中止して医師に相談しましょう。また、バイアグラ(シルデナフィル)は持病や普段の服用している医薬品によっては、服用を禁止されている方もいます。バイアグラ(シルデナフィル)の服用を開始するときは、必ず自身が禁忌事項に当てはまっていないか確認しましょう。

ED治療に興味がある方は、イースト駅前クリニックにお越しください。イースト駅前クリニックには、EDの専門知識や実治療績を持つ医師が多数在籍しています。自身で薬や持病のチェックを完璧に行うのは難しいものです。バイアグラの服用を検討している場合は、ED治療を行う医療機関を受診し、安全に服用できるか相談してみましょう。
バイアグラ(シルデナフィル)の副作用以外にも、ED治療に関して不安なことがある方はお気軽にイースト駅前クリニックにご相談ください。

バイアグラ

バイアグラジェネリック

シアリス

シアリスジェネリック

レビトラ

レビトラジェネリック

ED


ED治療TOPへ

クリニック一覧

バイアグラについてのよくある質問

バイアグラに副作用はありますか?

バイアグラの副作用には主に、ほてり、潮紅、血圧低下、消化不良、CK(CPK)増加、頭痛などがあります。他のED治療薬の副作用については以下をご覧ください。

レビトラの副作用についてはこちら
シアリスの副作用についてはこちら

ED治療薬に副作用はありますか?

ED治療薬の服用後に顔のほてり感をうったえる人がいらっしゃいます。これはED治療薬による血管拡張作用で、飲酒時の顔が熱くなって赤くなるのと同じとお考えください。
他は頭痛、下痢、軽い色覚変化などが出る方も稀にいらっしゃいますが、一時的なものです。ED治療薬を服用する際に、頭痛薬や整腸剤をご使用いただければ防げることが多いです。どうしても気になる場合は、医師にご相談ください。

バイアグラの併用禁忌薬はありますか?

バイアグラは、硝酸剤もしくは抗不整脈薬の併用が禁忌です。また、肝臓病を患っている方も服用できません。他のED治療薬の併用禁忌については以下をご覧ください。

レビトラの併用禁忌についてはこちら
シアリスの併用禁忌についてはこちら

イースト駅前クリニック所属医師

イースト駅前クリニックの医師一覧

当サイトの運営者情報はこちら

運営者情報

バイアグラ

50mg 1,500円〜1,600円/1錠
25mg 1,300円/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

食事の影響を受けやすいという欠点もありますが、バイアグラは1999年に発売開始されてからED治療薬として長い間多くの患者様に服用されています。

バイアグラ25mg

1,300円/1錠

バイアグラ50mg

1,500円~1,600円/1錠

バイアグラジェネリック

50mg 900円〜1,030円/1錠
25mg 440円〜820円/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

2014年にバイアグラ(ファイザー製薬)の特許が切れ、日本のジェネリック医薬品メーカーがバイアグラの後発薬を発売しています。

バイアグラジェネリック25mg

440円~820円/1錠

バイアグラジェネリック50mg

900円~1,030円/1錠

レビトラ(取り扱い中止)

20mg 1,800円/1錠
10mg 1,600円/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

体内への吸収が速いため即効性があるといわれています。また作用時間も長いED治療薬です

レビトラ10mg

1,600円/1錠

レビトラ20mg

1,800円/1錠

レビトラジェネリック

20mg 1,600円〜1,800円/1錠
10mg 1,500円〜1,700円/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

体内への吸収が速いため即効性があるといわれています。また作用時間も長いED治療薬です

レビトラジェネリック10mg

1,500円~1,700円/1錠

レビトラジェネリック20mg

1,600円~1,800円/1錠

シアリス

20mg 1,600円〜1,900円/1錠
10mg 1,500円〜1,800円/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

シアリスは36時間と長い時間効果が持続します。服用のタイミングを考えたり、プレッシャーや焦りを感じる必要がありません。

シアリス10mg

1,500円~1,800円/1錠

シアリス20mg

1,600円~1,900円/1錠

シアリスジェネリック

20mg 1,400円〜1,600円/1錠
10mg 1,350円〜1,550円/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

シアリスは36時間と長い時間効果が持続します。服用のタイミングを考えたり、プレッシャーや焦りを感じる必要がありません。

シアリスジェネリック10mg

1,350円~1,550円/1錠

シアリスジェネリック20mg

1,400円〜1,600円/1錠

POINT

EDについてのよくあるお問合せ

ED治療薬を飲むとずっと勃起した状態なのですか?

ED治療薬の効果発現は、刺激があると勃起して刺激がなければ普通の状態のままでいることです。ずっと勃起したままの状態にはなりませんのでご安心ください。
ED治療薬の特徴は自然な勃起状態になることです。

いろいろ薬を飲んでいますがED治療薬は飲めますか?

ニトログリセリン(心臓の薬)との併用はできません。
ED治療薬を服用希望であれば、先ずは服用中の薬を持参して医師にご相談ください。また、併用禁忌の薬に関してはこちらをご参照ください。

バイアグラ、レビトラ、シアリスの違いってなんですか?

持続時間、有効成分、食事によって効果の出現が左右されるかなどの違いがあります。
詳細はこちらをご参照ください。

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:伊部 博行 医師仙台院院長:長浦 主税 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:松沼 寛 医師池袋院院長:秋田 和宏 医師渋谷院院長:足立 和典 医師上野院院長:千葉 岳 医師秋葉原院院長:宮路 貴晶 医師新橋院院長:加藤 淳 医師立川院院長:村田 博昭 医師町田院院長:横山 利光 医師横浜院院長:松本 貴博 医師川崎院院長:岡田 和樹 医師高崎院院長:廣瀧慎太郎 医師大宮院院長:半田 譲 医師川越院院長:中野 智樹 医師柏院院長:管野 隆治 医師船橋院院長:植田 琢也 医師土浦院院長:石川 哲生 医師大田屋クリニック院長:佐藤 孝典 医師大田屋いまい泌尿器クリニック院長:今井 佑樹 医師静岡院院長:高柳 健二 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都院院長:石田 裕彦 医師梅田院院長:藤田 良治 医師大阪院院長:植田 大樹 医師なんば院院長:東城 博雅 医師天王寺院院長:須見 善充 医師神戸三宮院院長:篁 隆雄 医師岡山院院長:橋詰 顕正 医師広島院院長:久保田 守 医師高松院院長:西原 修造 医師松山院院長:堤 圭右 医師あけぼのクリニック院長:門田 靜明 医師博多院院長:田中 修二 医師小倉院院長:倉員 忠弘 医師熊本院院長:師岡 公彦 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2024 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.