ED 治療外来

バイアグラ

メインビジュアル

バイアグラ

バイアグラジェネリック

シアリス

シアリスジェネリック

レビトラ

レビトラジェネリック

ED


ED治療TOPへ

クリニック一覧

バイアグラ

バイアグラ(シルデナフィル)は通販での購入は危険?安心できる入手方法

最終更新日:

イータネットの通販で、販売されているバイアグラ(シルデナフィル)は、安く購入できますが効果や副作用の安全性が保障されていないため危険です。バイアグラ(シルデナフィル)を、安心して服用するにはどのように購入すれば良いのでしょうか。本記事では、バイアグラ(シルデナフィル)を通販で購入する危険性や、安全に購入する方法について紹介します。

【関連リンク】

【医師監修】バイアグラの効果的で安全な使用方法について
シルデナフィル(バイアグラの有効成分)の効果・効用と服用方法および注意点

この記事の監修者

平田 勝俊
  • 長崎大学医学部 卒業

  • 長崎大学病院 脳神経外科入局

  • 北九州市立八幡病院 部長

  • 福岡徳洲会病院 医長

  • ひらた脳神経外科クリニック 院長

  • イースト駅前クリニック名古屋院 院長就任

資格

日本脳神経外科学会専門医

所属学会

日本脳神経外科学会

目次※知りたい情報をクリック

バイアグラ(シルデナフィル)は通販で購入できる?

インターネットの通販や、個人輸入で販売されているバイアグラ(シルデナフィル)は、偽物が多く流通しているため絶対にやめましょう。バイアグラ(シルデナフィル)は、薬局やドラッグストアでは販売されておらず、購入するには医師から処方してもらう必要があります。
海外通販などで、取り扱われているバイアグラ(シルデナフィル)は、医療機関よりも安価で購入できます。しかし、有効性や安全性が担保されておらず非常に危険です。安易に服用すると、重篤な副作用があらわれる可能性もあるため、医療機関で医師に処方してもらいましょう。

(※1)

通販で売られているED治療薬の偽造薬の割合

2016年に「ファイザー製薬」「バイエル薬品」「日本新薬」「日本イーライリリー」の4社が合同でインターネットに流通する医薬品について調査を行いました。その結果、国内のインターネットで流通しているED治療薬の55.4%が偽造薬であることが判明しました。
バイアグラ(シルデナフィル)は海外通販で個人輸入が可能ですが、流通している約半数は偽造薬のため危険です。偽造薬は有効性や安全性が保障されていないため注意しましょう。

そもそもバイアグラ(シルデナフィル)とは?

バイアグラ(シルデナフィル)とは、世界初のED治療薬として開発され、日本では1999年に認可が下りたED治療薬です。EDの原因である酵素を、シルデナフィルクエン酸が阻害することで、EDを改善する効果が期待できます。
バイアグラ(シルデナフィル)は、医療機関で医師に処方してもらうことで入手できます。服用時の注意点や副作用のリスク、併用禁忌薬があるため個人輸入したバイアグラ(シルデナフィル)は、服用するのは危険です。バイアグラ(シルデナフィル)を入手する際は、必ず医師に処方してもらいましょう。

インターネット通販でバイアグラ(シルデナフィル)を購入する危険性

通販でバイアグラ(シルデナフィル)を購入した場合の危険性は、以下の4点が挙げられます。

  • 海外輸入のバイアグラ(シルデナフィル)は約半数が偽造薬である
  • 品質にばらつきがあり、十分な有効成分が含まれていない
  • 万が一、副作用が出ても国の救済制度を受けることができない
  • 輸送時の包装シートやフィルムの破損や異物混入の可能性がある

通販で購入したバイアグラ(シルデナフィル)を、安易に服用すると重篤な健康被害を受ける可能性があるため危険です。日本で正規に流通している医薬品は、医薬品医療機器等法が適応されており、厳重な検査によって安全性や有効性、品質が保証されています。厚生労働省の認可医薬品は、適正な使用により発生した副作用から健康被害を受けた場合、医療費等の給付が行われる医薬品副作用被害救済制度を受けられます。
しかし、個人輸入された医薬品の服用により健康被害を受けても、医薬品副作用被害救済制度は適用されません。厚生労働省の注意喚起にも、個人輸入による医薬品の危険性を表記されています。
通販で、バイアグラ(シルデナフィル)を購入するのは、危険性が高いため絶対に避けましょう。

(※1、2、3)

通販で出回っているバイアグラ(シルデナフィル)偽造薬の特徴

近年、通販で販売されているバイアグラ(シルデナフィル)は精巧に作られており、外見からだと医師でも正規品との識別・判別が難しい状況です。最終的に、成分分析を行わないと偽造薬だと判断できないケースもあります。バイアグラ(シルデナフィル)の偽造薬の、外見上の違いとしてよく見られる例をご紹介します。

バイアグラ(シルデナフィル)偽造薬の特徴
サイズの違い ・正規品より一回りサイズが大きいまたは小さい
色・ロゴの違い ・正規品のバイアグラ(シルデナフィル)よりも色が薄いまたは濃い
用量の違い ・25mg・50mg以外の用量で売られている(正規品の用量は25mgと50mgの2種類のみ)
※ただし、海外で承認されている用量として100mgがある
シート裏側の記載 ・10錠以外のシートやボトルで販売されている(日本で流通しているバイアグラ(シルデナフィル)は、10錠1シートのみ)
・シート裏に記載されている日本語の注意書きがない
溶け方の違い ・正規品と比較して溶け方が早いまたは遅いなど

(※4)

実際に押収されたバイアグラ偽造薬と正規品の比較

実際に押収されたバイアグラ偽造薬と正規品の比較

上記は、オーストラリアTGA(保険省薬品・医薬品行政局)から発表された、正規のバイアグラ(シルデナフィル)と偽造薬の比較写真です。写真上部の、バイアグラ(シルデナフィル)が本物で、写真下部の2つは偽造薬です。どちらも「pfizer」の印字があり、見た目ではほとんど判断がつかないほど色や形状が類似しています。偽造薬か判断するには、医師や薬剤師など専門の医療従事者でも困難を極めます。

(※6)

WHOの報告によるバイアグラ(シルデナフィル)偽造薬の見分け方

WHOによる偽造薬の見分け方
・パッケージの状態
・パッケージ記載内容のスペルミス、文法の誤り
・製造日と有効期限の記載が外側・内側のパッケージでも同様か
・薬の変色、劣化、異臭がないか
・明らかに安すぎる価格設定の薬

上記は、WHO(世界保健機関)による、偽造薬の見分け方です。こうした特徴はあくまで一例であり、必ず偽造薬を特定できるものではありません。
近年は、本物と酷似している偽造薬が多く登場しており、確実に見分けるのは難しいです。疑わしい薬剤は、そもそも飲まないようにしましょう。

(※5)

バイアグラ(シルデナフィル)を安く安全に購入する方法

バイアグラ(シルデナフィル)を安く安全に購入するには、病院やクリニックなどの医療機関で医師の処方を受けましょう。そもそもバイアグラ(シルデナフィル)は、日常的に使用するものではなく、ED治療のための医薬品です。ED治療では、既往歴や症状、原因をヒアリングしたうえで、バイアグラ(シルデナフィル)の使用が適切であるか医師が診断します。
医師に処方してもらうことが、一番安全と分かっていても費用が気になる方は、有効性や安全性が保障されているバイアグラジェネリック(シルデナフィル)がおすすめです。

バイアグラジェネリック(シルデナフィル)の価格

バイアグラジェネリック(シルデナフィル) バイアグラ(シルデナフィル)
25mg 440~820円(税込)/錠
50mg 900~1,030円(税込)/錠
25mg 1,300円(税込)/錠
50mg 1,500~1,600円(税込)/錠

イースト駅前クリニックでは、従来の医薬品(先発医薬品)であるバイアグラ(シルデナフィル)と、ジェネリック医薬品(後発医薬品)であるバイアグラジェネリック(シルデナフィル)を取り扱っています。ジェネリック医薬品(後発医薬品)は、従来の医薬品(先発医薬品)と有効性や安全性にほとんど違いがありませんが比較的安価です。バイアグラジェネリック(シルデナフィル)を使用することで、より経済的にED治療を受けられます。

バイアグラ(シルデナフィル)を安く安全に購入するなら医師に処方してもらいましょう

海外通販で、バイアグラ(シルデナフィル)を購入すると、身体に健康被害をもたらす危険性があります。バイアグラ(シルデナフィル)を購入する際は、必ず医師に処方してもらいましょう。

バイアグラ(シルデナフィル)の購入を検討している方は、ぜひ一度イースト駅前クリニックをお越しください。従来の医薬品(先発医薬品)と同等の有効性を持ち、安価で安全性の高いバイアグラジェネリック(シルデナフィル)も処方可能です。EDの専門知識や、治療実績を持つ医師が在籍しているため、ED治療に興味のある方はお近くのイースト駅前クリニックにお越しください。

参考URL

※1)厚生労働省「医薬品等を海外から購入しようとされる方へ」
(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/kojinyunyu/index.html)
※2)独立行政法人 医療品医療機器総合機構「医薬品副作用被害救済制度に関する業務」
(https://www.pmda.go.jp/relief-services/adr-sufferers/0001.html)
※3)独立行政法人医薬品医療機器総合機構「医薬品副作用救済制度」
(https://www.pmda.go.jp/kenkouhigai_camp/)
※4)日本新薬株式会社「ED治療薬の偽物にご注意」
(https://www.ed-care-support.jp/fake/)
※5) Substandard and falsified medical products
(https://www.who.int/en/news-room/fact-sheets/detail/substandard-and-falsified-medical-products)
※6)オーストラリアTGA(保険省薬品・医薬品行政局)、How to spot a counterfeit medicine
(https://www.tga.gov.au/blogs/tga-topics/how-spot-counterfeit-medicine)

バイアグラ

バイアグラジェネリック

シアリス

シアリスジェネリック

レビトラ

レビトラジェネリック

ED


ED治療TOPへ

クリニック一覧

この記事の監修者

平田 勝俊
  • 長崎大学医学部 卒業

  • 長崎大学病院 脳神経外科入局

  • 北九州市立八幡病院 部長

  • 福岡徳洲会病院 医長

  • ひらた脳神経外科クリニック 院長

  • イースト駅前クリニック名古屋院 院長就任

資格

日本脳神経外科学会専門医

所属学会

日本脳神経外科学会

イースト駅前クリニック所属医師

イースト駅前クリニックの医師一覧

当サイトの運営者情報はこちら

運営者情報

バイアグラ

50mg 1,500円〜1,600円/1錠
25mg 1,300円/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

食事の影響を受けやすいという欠点もありますが、バイアグラは1999年に発売開始されてからED治療薬として長い間多くの患者様に服用されています。

バイアグラ25mg

1,300円/1錠

バイアグラ50mg

1,500円~1,600円/1錠

バイアグラジェネリック

50mg 900円〜1,030円/1錠
25mg 440円〜820円/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

2014年にバイアグラ(ファイザー製薬)の特許が切れ、日本のジェネリック医薬品メーカーがバイアグラの後発薬を発売しています。

バイアグラジェネリック25mg

440円~820円/1錠

バイアグラジェネリック50mg

900円~1,030円/1錠

レビトラ(取り扱い中止)

20mg 1,800円/1錠
10mg 1,600円/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

体内への吸収が速いため即効性があるといわれています。また作用時間も長いED治療薬です

レビトラ10mg

1,600円/1錠

レビトラ20mg

1,800円/1錠

レビトラジェネリック

20mg 1,600円〜1,800円/1錠
10mg 1,500円〜1,700円/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

体内への吸収が速いため即効性があるといわれています。また作用時間も長いED治療薬です

レビトラジェネリック10mg

1,500円~1,700円/1錠

レビトラジェネリック20mg

1,600円~1,800円/1錠

シアリス

20mg 1,600円〜1,900円/1錠
10mg 1,500円〜1,800円/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

シアリスは36時間と長い時間効果が持続します。服用のタイミングを考えたり、プレッシャーや焦りを感じる必要がありません。

シアリス10mg

1,500円~1,800円/1錠

シアリス20mg

1,600円~1,900円/1錠

シアリスジェネリック

20mg 1,400円〜1,600円/1錠
10mg 1,350円〜1,550円/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

シアリスは36時間と長い時間効果が持続します。服用のタイミングを考えたり、プレッシャーや焦りを感じる必要がありません。

シアリスジェネリック10mg

1,350円~1,550円/1錠

シアリスジェネリック20mg

1,400円〜1,600円/1錠

POINT

EDについてのよくあるお問合せ

ED治療薬を飲むとずっと勃起した状態なのですか?

ED治療薬の効果発現は、刺激があると勃起して刺激がなければ普通の状態のままでいることです。ずっと勃起したままの状態にはなりませんのでご安心ください。
ED治療薬の特徴は自然な勃起状態になることです。

いろいろ薬を飲んでいますがED治療薬は飲めますか?

ニトログリセリン(心臓の薬)との併用はできません。
ED治療薬を服用希望であれば、先ずは服用中の薬を持参して医師にご相談ください。また、併用禁忌の薬に関してはこちらをご参照ください。

バイアグラ、レビトラ、シアリスの違いってなんですか?

持続時間、有効成分、食事によって効果の出現が左右されるかなどの違いがあります。
詳細はこちらをご参照ください。

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:伊部 博行 医師仙台院院長:長浦 主税 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:松沼 寛 医師池袋院院長:秋田 和宏 医師渋谷院院長:足立 和典 医師上野院院長:千葉 岳 医師秋葉原院院長:宮路 貴晶 医師新橋院院長:加藤 淳 医師立川院院長:村田 博昭 医師町田院院長:横山 利光 医師横浜院院長:松本 貴博 医師川崎院院長:岡田 和樹 医師高崎院院長:廣瀧慎太郎 医師大宮院院長:半田 譲 医師川越院院長:中野 智樹 医師柏院院長:管野 隆治 医師船橋院院長:植田 琢也 医師土浦院院長:石川 哲生 医師大田屋クリニック院長:佐藤 孝典 医師大田屋いまい泌尿器クリニック院長:今井 佑樹 医師静岡院院長:高柳 健二 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都院院長:石田 裕彦 医師梅田院院長:藤田 良治 医師大阪院院長:植田 大樹 医師なんば院院長:東城 博雅 医師天王寺院院長:須見 善充 医師神戸三宮院院長:篁 隆雄 医師岡山院院長:橋詰 顕正 医師広島院院長:久保田 守 医師高松院院長:西原 修造 医師松山院院長:堤 圭右 医師あけぼのクリニック院長:門田 靜明 医師博多院院長:田中 修二 医師小倉院院長:倉員 忠弘 医師熊本院院長:師岡 公彦 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2024 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.