ED 治療外来

レビトラ

メインビジュアル

レビトラ

バイアグラ

バイアグラジェネリック

シアリス

シアリスジェネリック

レビトラジェネリック

ED


ED治療TOPへ

クリニック一覧

レビトラ

レビトラジェネリック(バルデナフィル)の価格は?通販がおすすめできない理由

最終更新日:

レビトラジェネリックの主成分はバルデナフィルです。レビトラジェネリック(バルデナフィル)を購入するにはどのような方法があるのでしょうか。本記事では、レビトラジェネリック(バルデナフィル)の価格や安全な購入方法について解説します。ED治療を検討している方はぜひ参考にしてください。

この記事の監修者

栗林 正人

プロフィール

泌尿器科医として18年のキャリアを積む。通常のEDだけでなく、前立腺がんに伴うEDや骨盤手術によって引き起こされるEDなど幅広い治療実績を持つ。現在はイースト駅前クリニック金沢院で院長としてED治療に専心。金沢院はED問題への深い理解と治療への情熱が好評を博している。

資格

日本泌尿器科学会認定専門医

所属学会

日本泌尿器科学会

目次※知りたい情報をクリック

全国対応

オンライン診療のご案内

お電話一つで診察・処方

診察から処方までお電話やオンラインアプリで完結出来るため、通院の必要が無く、待ち時間が解消されます。
移動時間や移動コストが掛からなくなります。

※当日の診察状況によりお待たせすることがあります。何卒ご了承ください。

レビトラジェネリック(バルデナフィル)の通販はおすすめできない

レビトラはどこで購入できる?価格は?

レビトラジェネリック(バルデナフィル)を入手する方法として、個人輸入代行サイトで注文する方法がありますが、個人輸入した薬品を服用するのはおすすめできません。海外には、偽薬品や有効成分が含まれていない粗悪品が数多く流通しています。

確かな効果が期待できない

個人輸入サイトからレビトラジェネリック(バルデナフィル)を購入する場合、勃起力の改善効果が保証されない可能性が高いです。個人輸入した薬は、厚生労働省による国内販売の認可がおりていない薬です。
海外には、レビトラジェネリックの主成分であるバルデナフィルの含有率が低い粗悪品や、そもそもバルデナフィルが含まれていない偽造薬が市場に数多く出回っています。偽造薬や粗悪品を服用して効果がなかった場合、それまでの治療にかけた費用や時間が無駄になるばかりか、副作用のリスクを負う極めて危険な行為です。
レビトラジェネリック(バルデナフィル)を安全に購入するためには、医療機関の処方が必要です。

(※1、2)

健康被害を引き起こす可能性がある

海外製医薬品は、安全性が確認されていない場合が多く、特に個人輸入した薬には細心の注意が必要です。個人輸入した薬には有効成分がほとんど含まれていないことや、場合によっては有害成分が含まれている可能性があります。
また、個人輸入した薬は正規の流通ルートを経ていないため、品質や保存状態が分からないなどの問題もあります。個人輸入代行サイトで、レビトラジェネリック(バルデナフィル)を購入するのは、危険な行為のため絶対にやめましょう。

(※1、2)

医薬品副作用被害救済制度が使えない

医薬品を服用すると、可能性は低いですが副作用が生じる場合があります。厚生労働省が認可した薬を服用して健康被害を受けた場合、医薬品医療機器総合機構による「医薬品副作用被害救済制度」によって医療費や年金支給の保証を受けられます。
ただし、医薬品副作用被害救済制度の適用範囲は、国内の正規品を正しく使用した場合に限られます。個人輸入で薬を購入して、医師の診察を受けずに医薬品を服用し、重大な副作用が出現しても自己責任です。医薬品を安全に服用するには、医師に処方してもらう必要があります。

(※1、2)

そもそもレビトラジェネリック(バルデナフィル) とは?

日本国内でも、広く知られるようになったジェネリック医薬品(後発医薬品)は、特許が切れているため、低価格でありながら従来の医薬品(先発医薬品)と同等の効果を期待できます。
レビトラ(バルデナフィル)も、バイアグラ(シルデナフィル)のように特許期間が満了しており、日本国内においてジェネリック医薬品(後発医薬品)をご利用いただけます。海外では、さまざまなレビトラのジェネリック医薬品(後発医薬品)が製造・販売されているものの、日本国内で承認されていない治療薬です。
たとえ、正規品と同じ有効成分を含んでいたとしても、製造方法や製造環境が異なるため、安全性は保証されません。いくら安価とはいえ、国内未承認のジェネリック医薬品(後発医薬品)の使用は控えるべきです。レビトラジェネリック(バルデナフィル)を安全に服用するためにも、医師に処方してもらいましょう。

レビトラジェネリック(バルデナフィル)を通販で購入してしまったら?

レビトラジェネリック(バルデナフィル)を通販で購入した場合、どのように対処すれば良いのでしょうか。取るべき行動は主に2つあります。

服用を止める

通販でレビトラジェネリック(バルデナフィル)を購入してしまった場合、まずは服用を中止しましょう。通販で購入した薬は、十分な安全性が保証されていないため、有害成分が含まれている可能性があります。そのため、健康被害を避けるために服用を速やかにやめましょう。
海外製医薬品を個人輸入して販売しているサイトの薬は、偽造薬が多いうえに重大な副作用が出たとしても、医薬品副作用被害救済制度の適用外です。また、個人輸入した医薬品を他人に譲渡・販売することは違法行為に該当するため絶対にやめましょう。

医療機関を受診する

レビトラジェネリック(バルデナフィル)ではないものの、個人輸入した薬を服用したことで死亡事故が発生したというケースも報告されています。通販でレビトラジェネリック(バルデナフィル)を購入した場合、服用を中止したうえで医療機関を受診することをおすすめします。
レビトラジェネリック(バルデナフィル)を含めたED治療薬には、副作用のリスクがあります。特に、心臓病や血圧の異常がある場合は、服用によって症状が悪化する可能性もあるため、医師への相談が不可欠です。イースト駅前クリニックは、最寄り駅から徒歩3分圏内に位置しているため、仕事帰りなどにすぐ立ち寄れます。医師による適切な診断や治療を受けることで、通販サイトで購入した薬の健康被害を防ぐことができます。

(※3)

レビトラジェネリック(バルデナフィル)は通販でなく医師に処方してもらうべき

レビトラジェネリック(バルデナフィル)を医師に処方してもらうと、どのようなメリットがあるのでしょうか。それぞれのメリットを詳しく見ていきましょう。

確実に正規品を購入できる

医師が処方する薬は、安全性の認可された正規品の薬です。安全にレビトラジェネリック(バルデナフィル)を手に入れたいのであれば、医師から処方してもらうのが最善の方法です。
レビトラジェネリック(バルデナフィル)を含めたED治療薬は、可能性は低いですが副作用を起こす場合があります。医師に処方してもらったレビトラジェネリック(バルデナフィル)を服用して、身体に異変を感じた場合すぐに相談できるのもメリットの一つです。
偽造薬や粗悪品、危険な医薬品の服用を避けるためにも、レビトラジェネリック(バルデナフィル)は医師から処方を受けて正規品を入手しましょう。

医師に診断してもらったうえで安全に投薬治療できる

レビトラジェネリック(バルデナフィル)は、稀に視聴覚障害、呼吸困難、痙攣、不整脈といった重大な副作用の報告例もあげられる薬です。レビトラジェネリック(バルデナフィル)は、優れた勃起補助の効果を持ちますが、一部の薬剤と併用ができないため人によっては服用が適切ではない場合があります。
特に、心臓病や高血圧、糖尿病、肝臓や腎臓の病気がある場合は、レビトラジェネリック(バルデナフィル)を使用することによる健康リスクが高くなる場合があります。そのため、医師の診察のもと適正な用法・用量で服用する必要があります。自己判断での服用は避け、医療機関を受診して現在服用している薬とレビトラジェネリック(バルデナフィル)が、併用可能か医師に確認してもらいましょう。

レビトラジェネリック(バルデナフィル)を安全に服用したいならイースト駅前クリニックへ

レビトラジェネリック(バルデナフィル)は、勃起力の改善効果が高いED治療薬ですが、個人の体調や治療中の病気によっては副作用のリスクがあります。また、偽造薬や粗悪品の可能性が高い個人輸入サイトで購入するのは、非常に危険です。

レビトラジェネリック(バルデナフィル)を安全に服用したいのであれば、イースト駅前クリニックへご相談ください。イースト駅前クリニックでは、ED治療の実績を持つ医師が多数在籍しており、患者様の症状に合わせた治療を提案いたします。全国の主要都市で展開しているだけでなく、オンライン診療にも対応しているため、EDで悩んでいる方はお近くのイースト駅前クリニックにご相談ください。

参考URL

※1) 偽造ED治療薬4社合同調査結果、インターネットで入手したED治療薬の薬4割が偽造品
(http://www.nippon-shinyaku.co.jp/official/company/news/20161124_news.pdf)
※2) 独立行政法人医薬品医療機器総合機構 医薬品副作用被害救済制度
(http://www.pmda.go.jp/kenkouhigai_camp/index.html)
※3)一般社団法人 偽造医薬品等情報センター、シアリス錠の偽造医薬品による健康被害に対する注意喚起
(https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001dl4u-att/2r9852000001dl8g.pdf)
※4)レビトラインタビューフォーム
(https://pharma-navi.bayer.jp/omr/online/product_material/LEV_IVF_201811150_1541145797.pdf)
※5)バイエル薬品EDネットクリニック.com、ED治療薬に関する意識・実態調査
(https://ed-netclinic.com/attention/joint_research-01.php)

レビトラ

バイアグラ

バイアグラジェネリック

シアリス

シアリスジェネリック

レビトラジェネリック

ED


ED治療TOPへ

クリニック一覧

この記事の監修者

栗林 正人

プロフィール

泌尿器科医として18年のキャリアを積む。通常のEDだけでなく、前立腺がんに伴うEDや骨盤手術によって引き起こされるEDなど幅広い治療実績を持つ。現在はイースト駅前クリニック金沢院で院長としてED治療に専心。金沢院はED問題への深い理解と治療への情熱が好評を博している。

資格

日本泌尿器科学会認定専門医

所属学会

日本泌尿器科学会

イースト駅前クリニック所属医師

イースト駅前クリニックの医師一覧

当サイトの運営者情報はこちら

運営者情報

バイアグラ

50mg 1,500円〜1,600円/1錠
25mg 1,300円/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

食事の影響を受けやすいという欠点もありますが、バイアグラは1999年に発売開始されてからED治療薬として長い間多くの患者様に服用されています。

バイアグラ25mg

1,300円/1錠

バイアグラ50mg

1,500円~1,600円/1錠

バイアグラジェネリック

50mg 900円〜1,030円/1錠
25mg 440円〜820円/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

2014年にバイアグラ(ファイザー製薬)の特許が切れ、日本のジェネリック医薬品メーカーがバイアグラの後発薬を発売しています。

バイアグラジェネリック25mg

440円~820円/1錠

バイアグラジェネリック50mg

900円~1,030円/1錠

レビトラ(取り扱い中止)

20mg 1,800円/1錠
10mg 1,600円/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

体内への吸収が速いため即効性があるといわれています。また作用時間も長いED治療薬です

レビトラ10mg

1,600円/1錠

レビトラ20mg

1,800円/1錠

レビトラジェネリック

20mg 1,600円〜1,800円/1錠
10mg 1,500円〜1,700円/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

体内への吸収が速いため即効性があるといわれています。また作用時間も長いED治療薬です

レビトラジェネリック10mg

1,500円~1,700円/1錠

レビトラジェネリック20mg

1,600円~1,800円/1錠

シアリス

20mg 1,600円〜1,900円/1錠
10mg 1,500円〜1,800円/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

シアリスは36時間と長い時間効果が持続します。服用のタイミングを考えたり、プレッシャーや焦りを感じる必要がありません。

シアリス10mg

1,500円~1,800円/1錠

シアリス20mg

1,600円~1,900円/1錠

シアリスジェネリック

20mg 1,400円〜1,600円/1錠
10mg 1,350円〜1,550円/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

シアリスは36時間と長い時間効果が持続します。服用のタイミングを考えたり、プレッシャーや焦りを感じる必要がありません。

シアリスジェネリック10mg

1,350円~1,550円/1錠

シアリスジェネリック20mg

1,400円〜1,600円/1錠

POINT

EDについてのよくあるお問合せ

ED治療薬を飲むとずっと勃起した状態なのですか?

ED治療薬の効果発現は、刺激があると勃起して刺激がなければ普通の状態のままでいることです。ずっと勃起したままの状態にはなりませんのでご安心ください。
ED治療薬の特徴は自然な勃起状態になることです。

いろいろ薬を飲んでいますがED治療薬は飲めますか?

ニトログリセリン(心臓の薬)との併用はできません。
ED治療薬を服用希望であれば、先ずは服用中の薬を持参して医師にご相談ください。また、併用禁忌の薬に関してはこちらをご参照ください。

バイアグラ、レビトラ、シアリスの違いってなんですか?

持続時間、有効成分、食事によって効果の出現が左右されるかなどの違いがあります。
詳細はこちらをご参照ください。

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:伊部 博行 医師仙台院院長:長浦 主税 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:松沼 寛 医師池袋院院長:秋田 和宏 医師渋谷院院長:足立 和典 医師上野院院長:千葉 岳 医師秋葉原院院長:宮路 貴晶 医師新橋院院長:加藤 淳 医師立川院院長:村田 博昭 医師町田院院長:横山 利光 医師横浜院院長:松本 貴博 医師川崎院院長:岡田 和樹 医師高崎院院長:廣瀧慎太郎 医師大宮院院長:半田 譲 医師川越院院長:中野 智樹 医師柏院院長:管野 隆治 医師船橋院院長:植田 琢也 医師土浦院院長:石川 哲生 医師大田屋クリニック院長:佐藤 孝典 医師大田屋いまい泌尿器クリニック院長:今井 佑樹 医師静岡院院長:高柳 健二 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都院院長:石田 裕彦 医師梅田院院長:藤田 良治 医師大阪院院長:植田 大樹 医師なんば院院長:東城 博雅 医師天王寺院院長:須見 善充 医師神戸三宮院院長:篁 隆雄 医師岡山院院長:橋詰 顕正 医師広島院院長:久保田 守 医師高松院院長:西原 修造 医師松山院院長:堤 圭右 医師あけぼのクリニック院長:門田 靜明 医師博多院院長:田中 修二 医師小倉院院長:倉員 忠弘 医師熊本院院長:師岡 公彦 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2024 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.