ED 治療外来

レビトラ

メインビジュアル

レビトラ

バイアグラ

バイアグラジェネリック

シアリス

シアリスジェネリック

レビトラジェネリック

クリニック一覧

レビトラ

レビトラの価格・購入方法、値段は?レビトラにジェネリック医薬品(後発医薬品)はある?

最終更新日:

ED治療薬の一つであるレビトラ。他のED治療薬と比較し、レビトラの使用を検討しているものの、価格や購入方法がわからず、悩んでいるという方も少なくないのではないでしょうか。そこで今回は、レビトラの一般的な価格や購入方法、そしてジェネリック医薬品(後発医薬品)の有無についてもご紹介します。

この記事の監修者

プロフィール

2006年北海道大学医学部を卒業。札幌医科大学付属病院での研修医や、釧路優心病院精神科での勤務医を経て、2017年10月よりイースト駅前クリニック京都四条烏丸院の院長を務め、2020年10月より池袋院の院長となる。趣味はスポーツ全般、特に野球が好き。

目次※知りたい情報をクリック

全国対応

オンライン診療のご案内

お電話一つで診察・処方

診診察から処方までお電話やオンラインアプリで完結出来るため、通院の必要が無く、待ち時間が解消されます。
移動時間や移動コストが掛からなくなります。

※当日の診察状況によりお待たせすることがあります。何卒ご了承ください。

レビトラはどこで購入できる?価格は?

レビトラはどこで購入できる?価格は?

レビトラは2004年に厚生労働省の承認を受けたED治療薬です。バイアグラと比べ、食事の影響など受けにくいといわれています。もちろん、国内で承認をされた治療薬ですので、正規品の購入が可能です。(※3)

レビトラは処方箋医薬品にあたるため、ドラッグストアなどでは販売されていません。専門クリニックや病院などで医師の処方を受ける必要があります。海外ネット通販や個人輸入といった選択肢があるものの、日本国内で正規品のレビトラを購入するには、専門クリニックや病院の利用をおすすめします。

レビトラには容量別に5mg・10mg・20mgの3種類があり、一般的なクリニックで取り扱われているのは10mgおよび20mgとなります。価格相場は10mgで1錠あたり1,500円程度。20mgのもので2,000円程度です。なお、レビトラなどのED治療薬は、健康保険の適応外となりますので、全額自己負担となります。

レビトラにジェネリック医薬品(後発医薬品)はある?

日本国内でも広く知られるようになったジェネリック医薬品(後発医薬品)。特許が切れているため、低価格でありながら、元となる治療薬と同等の効果を期待できるため様々な薬剤でよく服用するケースがあります。レビトラも、バイアグラのように特許期間が満了しており、日本国内においてはジェネリック医薬品(後発医薬品)をご利用いただけます。

すでに海外では、さまざまなレビトラのジェネリック医薬品(後発医薬品)が製造・販売されているものの、これらは日本国内で承認されていない治療薬です。たとえ正規品と同じ有効成分を含んでいたとしても、製造方法や製造環境が異なるため、安全性は保証されません。いくら安価とはいえ、国内未承認のジェネリック医薬品(後発医薬品)の使用は控えるべきです。

海外通販や個人輸入は避けるべき?

海外ネット通販や個人輸入を利用すれば、医師による処方箋がなくてもレビトラを購入できます。併せて国内では承認されていない安価なジェネリック医薬品(後発医薬品)も購入可能です。しかし、海外通販や個人輸入には、さまざまなリスクが伴います。たとえば、海外では多くの医薬品の偽物(偽造薬)が流通しています。レビトラなどのED治療薬は人気が高く、悪徳業者のターゲットにもなりやすいため、偽造薬のリスクがさらに高まります。(※1)

レビトラの真贋判定はとても難しく、通販サイト上に掲載されている写真だけで、本物かどうかを見極めるのは困難です。また、サイト上に掲載されている写真は本物であっても、実際には偽物が送られてくるケースさえあります。万が一購入したものが偽造薬であれば、改善効果を期待するのは無理があります。それどころか、健康被害をおよぼす恐れもあるのです。(※2)

仮に本物であっても、自己判断での使用は副作用リスクを高めるため推奨できません。なお、個人輸入などで海外から購入したレビトラは、重篤な副作用※ソースが起こった場合に救済措置を受けられる「医薬品副作用被害救済制度」の対象外です。万が一、重い副作用が身に起こったとしても、保証が受けられないのです。レビトラを安全かつ効果的に使用するためには、病院で正規品を処方してもらうのが確実でしょう。

レビトラの購入にはイースト駅前クリニックをご利用ください

レビトラジェネリックが発売されており、レビトラはさらに経済的にご利用できるようになりました。国内正規品が販売される以前に人気だったインドなどの海外製レビトラジェネリックは安価なものの、大きなリスクを伴うのでおすすめできません。

イースト駅前クリニックではレビトラだけでなく、レビトラジェネリックを処方しています。レビトラの服用を始めたいという方はお気軽にイースト駅前クリニックへご相談ください。

お近くのED治療専門クリニックを探す

参考URL

※1) 偽造ED治療薬4社合同調査結果、インターネットで入手したED治療薬の薬4割が偽造品
http://www.nippon-shinyaku.co.jp/official/company/news/20161124_news.pdf
※2) バイエル薬品EDネットクリニック.com、ED治療薬に関する意識・実態調査
https://ed-netclinic.com/attention/joint_research-01.php
※3)レビトラインタビューフォーム
https://pharma-navi.bayer.jp/omr/online/product_material/LEV_IVF_201811150_1541145797.pdf

レビトラ

バイアグラ

バイアグラジェネリック

シアリス

シアリスジェネリック

レビトラジェネリック

クリニック一覧

この記事の監修者

プロフィール

2006年北海道大学医学部を卒業。札幌医科大学付属病院での研修医や、釧路優心病院精神科での勤務医を経て、2017年10月よりイースト駅前クリニック京都四条烏丸院の院長を務め、2020年10月より池袋院の院長となる。趣味はスポーツ全般、特に野球が好き。

イースト駅前クリニック所属医師

イースト駅前クリニックの医師一覧

当サイトの運営者情報はこちら

運営者情報

バイアグラ

50mg 1,500円〜/1錠
25mg 1,300円〜/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

食事の影響を受けやすいという欠点もありますが、バイアグラは1999年に発売開始されてからED治療薬として長い間多くの患者様に服用されています。

バイアグラ25mg

1,300円~/1錠

バイアグラ50mg

1,500円~/1錠

バイアグラジェネリック

50mg 900円〜/1錠
25mg 440円〜/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

2014年にバイアグラ(ファイザー製薬)の特許が切れ、日本のジェネリック医薬品メーカーがバイアグラの後発薬を発売しています。

バイアグラジェネリック25mg

440円~/1錠

バイアグラジェネリック50mg

900円~/1錠

レビトラ

20mg 1,800円〜/1錠
10mg 1,600円〜/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

体内への吸収が速いため即効性があるといわれています。また作用時間も長いED治療薬です

レビトラ10mg

1,600円~/1錠

レビトラ20mg

1,800円~/1錠

レビトラジェネリック

20mg 1,800円〜/1錠
10mg 1,600円〜/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

体内への吸収が速いため即効性があるといわれています。また作用時間も長いED治療薬です

レビトラジェネリック10mg

1,600円~/1錠

レビトラジェネリック20mg

1,800円~/1錠

シアリス

20mg 1,700円〜/1錠
10mg 1,500円〜/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

シアリスは36時間と長い時間効果が持続します。服用のタイミングを考えたり、プレッシャーや焦りを感じる必要がありません。

シアリス10mg

1,500円~/1錠

シアリス20mg

1,700円~/1錠

シアリスジェネリック

20mg 1,400円〜/1錠
10mg 1,350円〜/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

シアリスは36時間と長い時間効果が持続します。服用のタイミングを考えたり、プレッシャーや焦りを感じる必要がありません。

シアリスジェネリック10mg

1,350円~/1錠

シアリス20mg

1,400円~/1錠

POINT

EDについてのよくあるお問合せ

ED治療薬を飲むとずっと勃起した状態なのですか?

ED治療薬の効果発現は、刺激があると勃起して刺激がなければ普通の状態のままでいることです。ずっと勃起したままの状態にはなりませんのでご安心ください。
ED治療薬の特徴は自然な勃起状態になることです。

いろいろ薬を飲んでいますがED治療薬は飲めますか?

ニトログリセリン(心臓の薬)との併用はできません。
ED治療薬を服用希望であれば、先ずは服用中の薬を持参して医師にご相談ください。また、併用禁忌の薬に関してはこちらをご参照ください。

バイアグラ、レビトラ、シアリスの違いってなんですか?

持続時間、有効成分、食事によって効果の出現が左右されるかなどの違いがあります。
詳細はこちらをご参照ください。

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:伊部 博行 医師仙台院院長:高橋 良和 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:松沼 寛 医師池袋院院長:西澤 康平 医師渋谷院院長:足立 和典 医師上野院院長:千葉 岳 医師秋葉原院院長:宮路 貴晶 医師新橋院院長:加藤 淳 医師町田院院長:永井 哲志 医師横浜院院長:松本 貴博 医師川崎院院長:岡田 和樹 医師大宮院院長:半田 譲 医師柏院院長:管野 隆治 医師静岡院院長:高柳 健二 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都院院長:春日井 震 医師梅田院院長:藤田 良治 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師天王寺院院長:東城 博雅 医師神戸三宮院院長:篁 隆雄 医師岡山院院長:橋詰 顕正 医師広島院院長:久保田 守 医師博多院院長:田中 修二 医師小倉院院長:倉員 忠弘 医師熊本院院長:師岡 公彦 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2022 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.