ED 治療外来

シアリス

メインビジュアル

シアリス

ED治療薬のタダシップ(TADACIP)は危険?効かない?安全性や効果、偽造薬との見分け方を解説

最終更新日:

タダシップは、インドで製造されているED治療薬シアリスのジェネリック医薬品(後発医薬品)です。日本国内で承認は受けておらず、服用する方法は個人輸入でのみ。シアリスと同様の効果を持ち、格安で手に入るタダシップ、ですが偽物の多さや、甚大な副作用など、安全性に欠けるデメリットも。今回はインド製ED治療薬であるタダシップについて解説します。

この記事の監修者

平田 勝俊
  • 長崎大学医学部 卒業

  • 長崎大学病院 脳神経外科入局

  • 北九州市立八幡病院 部長

  • 福岡徳洲会病院 医長

  • ひらた脳神経外科クリニック 院長

  • イースト駅前クリニック名古屋院 院長就任

資格

日本脳神経外科学会専門医

所属学会

日本脳神経外科学会

目次※知りたい情報をクリック

全国対応

オンライン診療のご案内

お電話一つで診察・処方

診診察から処方までお電話やオンラインアプリで完結出来るため、通院の必要が無く、待ち時間が解消されます。
移動時間や移動コストが掛からなくなります。

※当日の診察状況によりお待たせすることがあります。何卒ご了承ください。

タダシップ(TADACIP)とは

タダシップ(TADACIP)の概要
製薬会社 シプラ社
(Cipla Limited.)
有効成分 タダラフィル
生産国 インド
国内承認の有無 未承認薬

タダシップは、ED治療薬シアリスと同じ成分タダラフィルを含むインド製のジェネリック医薬品(後発医薬品)。タダシップ・共に日本で未承認の医薬品ですので、病院で処方することはできません。

タダシップとタダリス、メガリスの違い

概要
タダシップ(TADACIP) 製造販売はインドのシプラ(cipla)社です。インド国内では大手の製薬会社ですが、日本では承認されておらず、安全性は保証されていません。
タダリス(Tadalis) インドのアジャンタファーマ(Ajanta Pharma)社が製造するシアリスジェネリックです。価格は400、500円程度で安価ですが、日本では未承認薬で、インドでのみ承認されています。
メガリス(Megalis) 製造会社はインドのマクローズ社(Macleods Pharmaceuticals Ltd.)です。日本では未承認薬の扱いです。

タダシップとよく比較されるもので、タダリスとメガリスが挙げられます。これら3つの医薬品はどれも製薬会社が違うだけで、効果などか変わるわけではありません。

またこの3つの医薬品はどれも日本では未承認薬です。服用はおすすめできません。

タダシップが日本で処方されない理由

タダシップが日本で処方されない理由

タダシップは、インドで製造されているため、日本国内では未承認の医薬品扱いになります。厚生労働省より承認されていないため、薬の安全性や有効性が確立されていないのです。

承認済みの医薬品を服用し副作用による健康被害を受けた場合は、「医薬品副作用救済制度」の適応となりますが、タダシップの場合は未承認薬ですので適応されません。

医薬品副作用救済制度とは

医薬品副作用被害救済制度とは、医薬品を正しく使ったのにもかかわらず発生した副作用による健康被害を受けた人に対し、医療費等の給付を行う公的な制度です。厚生労働省から承認を受けた医薬品にのみ適応されるので、個人輸入等で購入した医薬品に対しては適応されません。

よってタダシップをインターネット経由の個人輸入で入手し、副作用が出た場合は自己責任になり、保証を受け取ることができません。

(※1)

タダシップの入手方法

タダシップの購入方法は、通販サイトのみ。

日本国内でタダシップ、を入手する方法は、個人輸入による通販のみです。日本で製造販売されたシアリスジェネリックと、インド製シアリスジェネリックを比較した場合、インド製の方が安価であるという点で未だに人気があるのが現状です。

しかし、海外製のED治療薬には偽物も多く、実際に個人輸入したED治療薬の服用で甚大な健康被害があったという報告もあります。

日本でED治療薬を入手するには医師の処方箋が必要です。現在では日本国内で製造販売されているシアリスジェネリックが発売され、処方も可能です。

同じジェネリック医薬品(後発医薬品)でも、安全性のある国内製造シアリスジェネリック(タダラフィル錠)を選ぶようにしましょう。

通販サイトでタダシップを購入するリスク

  • 個人名でなければ購入できない
  • 購入に関しては100%自己責任となる

シアリスジェネリックであるタダシップを個人輸入するには、リスクもあります。安価で入手することもできますが、安全性が保証されていないので、個人輸入でインドなどの海外製ジェネリック医薬品を購入することはおすすめしません。

購入するのに個人名でのみ

通販サイトで個人輸入を行う場合は、法人では購入できず個人名でしか購入ができません。基本的には問題はありませんが、悪徳業者だった場合には個人情報漏洩の危険性があります。

購入に関しては100%自己責任

商品に不具合があった場合でも交換返品が受け付けられません。また、商品が届かないなどというトラブルに関しても100%自己責任で購入することになります。
個人で輸入した医薬品の品質や有効性、安全性に対しては日本と同等ではない基準の可能性があり、思った効果が出ないなどトラブルがあったとしても、海外のメーカーやブローカーを国内で訴えることは難しいです。

タダシップが偽物かどうかを見分けるには

偽物かどうかを見分けるのは非常に困難

薬が包装されている箱に「タダシップ」と記載されていても、実際に本物なのか偽物なのかを判別することは非常に困難。中身が偽造薬である場合も十分に考えられます。

実際に、日本で個人輸入されたシアリスにおいて健康被害が起きています。またシンガポールでは、ED治療薬の偽造薬を服用した患者の死亡が報告されています。個人輸入をした医薬品に対しての安全性は自身では確認できないので、購入しないことが賢明です。

海外輸入・通販サイトでの偽造薬割合

偽造薬の割合は50%以上

2008年8月から2009年4月にED治療薬を製造販売している、ファイザー製薬、バイエル薬品、日本新薬、日本イーライリリーの4社が合同で調査を行ったところ、国内のインターネットで流通しているED治療薬の55.4%が偽造医薬品であることが判明しました。

(※2、3)

WHOによる偽造薬の見分け方について

WHOの報告による偽造薬の見分け方
・パッケージの状態
・パッケージ記載内容のスペルミス、文法の誤り
・製造日と有効期限の記載が外側・内側のパッケージでも同様か
・薬の変色、劣化、異臭がないか
・明らかに安すぎる価格設定の薬

WHOは標準値以下の規格で作られた偽造薬の健康被害に警鐘を鳴らしており、見分け方の一例を掲載しています。上記の見分け方はあくまでも応急的なものであることは認識しておきましょう。偽造薬は専門家でもわからないほど精巧に作られている場合もあります。疑わしい医薬品は服用しないに越したことはありません。

(※4)

【効かない?】タダシップの効果

偽造薬であれば、そもそも有効成分自体が入っておらず、効果がない場合もあります。

シアリスと同様に「タダラフィル」を主成分とするタダシップ。ED治療薬の中で最も効果時間が長く、その効果は最大で36時間続きます。バイアグラやレビトラなど従来のED治療薬の効果時間が、服用からおよそ5~10時間程度です。

タダシップとシアリスの違い

シアリス タダシップ タダリス
主成分 タダラフィル タダラフィル タダラフィル
生産国 日本 インド インド
用量 10mg/20mg 10mg/20mg 10mg/20mg
国内承認 承認済み 未承認 未承認
効果 EDの原因となるPDE5の働きを阻害する EDの原因となるPDE5の働きを阻害する EDの原因となるPDE5の働きを阻害する

インド製のシアリスジェネリックであるタダシップは、シアリスと同じ成分で効果も同じですが、日本では未承認の医薬品です。

インド製のジェネリック医薬品は個人輸入でのみ手に入れることができます。しかし、日本では未承認なので、安全性や有効性が確立されていません。安価であっても使用しないようにしましょう。

タダシップ(TADACIP)の有効成分タダラフィルの副作用

  • ほてり
  • 頭痛
  • 動悸
  • 消化不良

日本製のシアリスジェネリックが発売になりました

シアリスのジェネリック医薬品(後発医薬品)として「タダラフィル錠」が
日本国内で2020年3月より発売開始。

日本では、2020年3月に初めてシアリスのジェネリック医薬品(後発医薬品)であるタダラフィル錠が発売されました。日本で製造されたシアリスジェネリックが発売される前までは、海外からの個人輸入でのみしかシアリスジェネリックは購入できませんでした。

なぜインドではシアリスのジェネリック医薬品(後発医薬品)の製造が可能なのか

シアリスジェネリックとして、個人輸入でよく売買されていたのがインド製のジェネック医薬品(後発医薬品)であるタダシップです。日本では特許が切れたあとに、シアリスジェネリックであるタダラフィル錠が製造販売されましたが、インドでは以前からシアリスジェネリックが製造販売されていました。

特許が切れていないのにも関わらず、インドでシアリスジェネリックが製造販売されているのには様々な理由があります。その中の一つとして、インドの「1970年特許法」という独自の特許法があります。
1970年特許法」は医薬品の成分に対して定められる「物質特許」を認めない法律のことで、「1970年特許法」により、インドの製薬会社はアメリカなどの先進国の製薬会社が開発した薬の有効成分を、会社独自の異なる製造方法で製造すれば、インド国内でジェネリック医薬品(後発医薬品)を合法に製造販売できるのです。
その結果、日本でシアリスのジェネリック医薬品(後発医薬品)が製造販売される前はインド製シアリスジェネリックのタダシップが多く個人輸入されていたのです。

(※5)

タダシップは国内未承認薬!ジェネリック医薬品を服用する場合は「タダラフィル錠」を選択しましょう

タダシップはインドで製造されており、日本では未承認の医薬品です。入手する方法はインターネット通販サイトより個人輸入するしかありません。先発薬である「シアリス」や日本製のシアリスジェネリック医薬品「タダラフィル錠」と比較すると安価であり、ついつい購入してしまう方もいますが海外製のED治療薬には危険があります。

安心で安全なED治療を行うためにも日本国内で製造されている薬を処方する専門クリニックの受診をおすすめします。イースト駅前クリニックではシアリス、タダラフィル錠共に処方可能。診察料はゼロ円ですので、お薬代のみでED治療を開始できます。EDの症状に悩んだらぜひ一度イースト駅前クリニックにご相談ください。

参考URL

※1)独立行政法人医薬品医療機器総合機構、医薬品副作用被害救済制度
https://www.pmda.go.jp/files/000231525.pdf

※2)模造医薬品による健康被害に対する注意喚起
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001agwf-att/2r9852000001ah0e.pdf

※3)ファイザー株式会社 偽造ED治療薬4社合同調査結果
https://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2016/2016_11_24_02.html

※4)WHO、Substandard and falsified medical products
(https://www.who.int/en/news-room/fact-sheets/detail/substandard-and-falsified-medical-products)

※5)特許研究、インドにおける医薬品産業と特許法
https://www.inpit.go.jp/content/100030581.pdf

シアリスについてのよくある質問

タダシップとシアリスの違いは何ですか?

タダシップはインド製のシアリスジェネリックです。ともに主成分は「タダラフィル」と一緒のため、作用機序もほとんど変わらないとされています。一方でタダシップは、日本では認可されていない薬のため、入手するにはインターネットのサイトなどを介した個人輸入を利用する必要があります。しかし、インターネットに出回るED治療薬には偽造薬も紛れており、大変危険です。インターネットに流通する偽造薬の危険性についてはこちらをご覧ください。

タダシップに副作用はありますか?

タダシップも先発医薬品のシアリス同様の副作用があります。主な症状としては、ほてり・頭痛・鼻づまり・動悸・息切れなどです。詳細については、シアリスと同様ですので、こちらからご確認ください。

タダシップはどこで入手できますか?

タダシップは日本では未承認の医薬品のため、インターネットのサイトなどを介した個人輸入で入手する形です。しかし、インターネットで入手できる医薬品には偽造薬が出回っているという報告がありますので、利用はおやめください。

タダシップの効果時間はどれくらいですか?

シアリスと同様の作用機序と考えられているため、24時間~36時間程度とされています。しかし、日本未承認の薬であるため、正確なことはわかっていません。タダシップをご検討の方は先発医薬品のシアリスをご利用ください。シアリスの詳細については、こちらをご覧ください。

この記事の監修者

平田 勝俊
  • 長崎大学医学部 卒業

  • 長崎大学病院 脳神経外科入局

  • 北九州市立八幡病院 部長

  • 福岡徳洲会病院 医長

  • ひらた脳神経外科クリニック 院長

  • イースト駅前クリニック名古屋院 院長就任

資格

日本脳神経外科学会専門医

所属学会

日本脳神経外科学会

イースト駅前クリニック所属医師

イースト駅前クリニックの医師一覧

当サイトの運営者情報はこちら

運営者情報

POINT

EDについてのよくあるお問合せ

ED治療薬を飲むとずっと勃起した状態なのですか?

ED治療薬の効果発現は、刺激があると勃起して刺激がなければ普通の状態のままでいることです。ずっと勃起したままの状態にはなりませんのでご安心ください。
ED治療薬の特徴は自然な勃起状態になることです。

いろいろ薬を飲んでいますがED治療薬は飲めますか?

ニトログリセリン(心臓の薬)との併用はできません。
ED治療薬を服用希望であれば、先ずは服用中の薬を持参して医師にご相談ください。また、併用禁忌の薬に関してはこちらをご参照ください。

バイアグラ、レビトラ、シアリスの違いってなんですか?

持続時間、有効成分、食事によって効果の出現が左右されるかなどの違いがあります。
詳細はこちらをご参照ください。

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:小林 浩 医師仙台院院長:大久保 直樹 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:藤井 成彬 医師池袋院院長:西澤 康平 医師渋谷院院長:足立 和典 医師上野院院長:千葉 岳 医師秋葉原院院長:宮路 貴晶 医師新橋院院長:加藤 淳 医師町田院院長:永井 哲志 医師横浜院院長:松本 貴博 医師川崎院院長:岡田 和樹 医師大宮院院長:半田 譲 医師柏院院長:管野 隆治 医師静岡院院長:高柳 健二 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都四条烏丸院院長:三田 浩一 医師大阪院院長:藤田 良治 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師天王寺院院長:東城 博雅 医師神戸三宮院院長:篁 隆雄 医師岡山院院長:松沼 寛 医師広島院院長:久保田 守 医師博多院院長:田中 修二 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2022 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.