シアリス

インド製ED治療薬「メガリス(Megalis)」の効果とは?国内では未承認薬のため服用は危険!

最終更新日:

インド製のED治療薬として知られている「メガリス(Megalis)」。シアリスと同様の有効成分を含有していますが、危険性も高く国内では未承認薬。インターネット通販サイトで個人輸入することができますが、安全性の観点からあまりおすすめできません。なぜおすすめできないのか、詳しい理由を見ていきましょう。

目次※知りたい情報をクリック

メガリス(Megalis)とは

メガリス(Megalis)の概要
製薬会社 マクローズ社(Macleods Pharmaceuticals Ltd)
有効成分 タダラフィル
生産国 インド
国内承認の有無 国内未承認

メガリス(Megalis)はインドのムンバイに本社があるマクローズ社(Macleods Pharmaceuticals Ltd)が製造販売するシアリスジェネリックです。日本国内では承認を受けておらず、処方することはできません。タダラフィルを有効成分とし、用法用量や効能効果はシアリスと同等と考えられています。

マクローズ社(Macleods Pharmaceuticals Ltd)について

マクローズ社(Macleods Pharmaceuticals Ltd)は、インド製薬会社の一つです。通常では特許によりシアリスジェネリックの製造許可を得ることができなかったのですが、特許のないインドではマクローズ社(Macleods Pharmaceuticals Ltd)により、早期からシアリスジェネリックであるメガリス(Megalis)が販売されていました。

シアリスジェネリックであるメガリス(Megalis)をインド国内では販売していますが、日本国内では未承認なため、一度も医師による処方を許されたことはありません。

(※1)

メガリス(Megalis)の危険性・注意点

  • 偽造薬の危険性がある
  • 医薬品副作用被害救済制度が利用できない

メガリス(Megalis)は、海外で製造された日本では未承認の医薬品です。メガリス(Megalis)を購入するにはネット通販や個人輸入での手配が必要になります。処方箋は必要なく、手軽に手に入れることも可能です。しかし安全性や信頼性がないためおすすめはできません。

偽造薬の危険性がある

個人輸入による医薬品の中には偽造薬や品質が悪い薬、そもそも有効成分が入っていないものが紛れ込んでいる可能性があります。

ED治療薬を製造販売する4社が合同で調査を行ったところ、国内のインターネットで流通しているED治療薬の55.4%が偽造薬であることが判明。安価だからといって購入すると偽造薬の危険性があるので、個人輸入などネットを通してED治療薬を手に入れることはおすすめできません。

医薬品副作用被害救済制度が利用できない

日本で承認されていない薬で副作用が出た場合は
「医薬品副作用被害救済制度」の利用はできません。

国内で認可済のED治療薬で万が一副作用による健康被害を受けた場合、「医薬品副作用被害救済制度」を利用することができます。これは、治療費や仕事に就くことができなくなった時の補償を受けることができる制度です。

インド国内の大手製薬会社の薬であったとしてもメガリス(Megalis)は日本では未承認薬です。そのため、副作用などの危険性について厚生労働省の詳しく調査がされておらず、安全性や有効性を保障することができません。

未承認薬を服用した場合、医薬品副作用被害救済制度を利用することはできません。メガリス(Megalis)を服用することは万が一の際にリスクが大きいと覚えておきましょう。

(※2、3)

シアリスの偽造薬による健康被害の例

シンガポールではシアリスの偽造薬により死亡者や重症低血糖を引き起こした報告があります。2009年2月にシアリスの偽造薬を使用したことで150名が重症低血糖で入院、そのうちの7人が脳死状態に陥り、4人が命を落としました。

安易にシアリスの偽造薬を使用することは命を危険にさらしてしまうことも十分に考えられます。安価だからといって使用するのは絶対にやめましょう。

日本でもシアリスの偽造薬による重篤な被害の例がある

日本でもシアリスの偽造薬による重篤な健康被害の例があります。

2011年1月10日に48歳男性がシアリスの偽造薬を服用し、その後に冷汗や立ちくらみの症状が現れ、救急外来を受診。意識低下が見られ、重篤な副作用が現れましたが、なんとか大事は免れることができました。

(※4)

メガリス(Megalis)とシアリスの比較

メガリス(Megalis) シアリス
有効成分 タダラフィル タダラフィル
国内承認の有無 未承認 承認
製造国 インド 日本製もあり
効果 勃起不全(ED)治療薬 勃起不全(ED)治療薬
購入方法 個人輸入 医師による処方

日本国内でシアリスジェネリックが発売解禁

2020年7月に日本国内で製造販売をしているシアリスジェネリックが発売されました。

効果、効能ともにシアリスと違いは無く、治験により同等性が認められています。また、薬の価格もシアリスより安く購入できますので、リスクを冒してインドなどの海外製シアリスジェネリックを個人輸入する必要がなくなりました。

イースト駅前クリニックでもシアリスジェネリックを取り扱っておりますので、気になる方は一度当院にご相談ください。

(※5)

メガリス(Megalis)の有効成分タダラフィルの効果・効能とは

男性の勃起不全(ED)の改善効果がある治療薬

メガリス(Megalis)の有効成分であるタダラフィルの効能は、満足な性行為を行うのに十分な勃起とその維持が出来ない場合の勃起補助です。服用してから約1時間程度で効果が現れます。

36時間の効果が続く

メガリス(Megalis)の成分であるタダラフィルは、服用してから36時間以上の効果が期待できます。金曜日に服用した場合、効能が日曜日まで継続するため欧米では「ウィークエンドピル」とも呼ばれています。

食事の影響を受けにくい

他のED治療薬と比べて、食事の影響を受けにくいのがタダラフィルの特徴です。食後に服用しても効果が期待できます。

(※5)

メガリス(Megalis)の有効成分タダラフィルの副作用

主な副作用 発生率
頭痛 11.3%
紅潮/ほてり 5.1%/3.5%
消化不良 2.3%

メガリス(Megalis)の有効成分であるタダラフィルは上記の副作用があります。

ED治療薬は陰茎の血管を拡げることで血流をアップさせ、自然に近い勃起を促す作用があります。しかし、この「血管を拡げる」作用は陰茎だけでなく身体の様々な部位に及びます。そのため上記の様な副作用があらわれる可能性があります。

また、発疹や蕁麻疹、顔のむくみ、ひどい肌荒れが出てくる場合は薬の成分自体にアレルギーがある可能性があるため、服用を中止するようにしましょう。

メガリス(Megalis)は国内未承認薬。シアリスの代わりに服用するのは絶対にやめましょう。

メガリス(Megalis)はシアリスと同じタダラフィルを有効成分とするED治療薬ですが、日本国内では承認されておらず、入手するには個人輸入をする必要があります。
しかし個人輸入で手に入れるED治療薬は偽造薬が悪くリスクを伴います。安全性や信頼性が疑わしいので、安価だからといって軽率に購入することはおすすめできません。

2020年より、シアリスジェネリックが日本国内でも販売開始。リスクを冒して安価な海外製シアリスジェネリックを個人輸入する必要はありません。

イースト駅前クリニックでもシアリスジェネリックを取り扱っておりますので、気になる方は是非一度医師に相談に越しください。

参考URL

※1)MACLEODS – Challenging Frontiers in health Care – Products
https://www.macleodspharma.com/productsIndia.asp
※2) ファイザー株式会社/バイエル薬品株式会社/日本新薬株式会社/日本イーライリリー株式会社
http://www.nippon-shinyaku.co.jp/official/company/news/20161124_news.pdf
https://www.ed-care-support.jp/fake/fake_2009.php
※3)独立行政法人 医薬品医療機器総合機構、医薬品副作用救済制度
https://www.pmda.go.jp/kenkouhigai_camp/general02.html
※4) 一般社団法人 日本糖尿病学会、偽造シアリス(タダラフィル)により重篤な低血糖症を来たした一例
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tonyobyo/54/12/54_12_906/_pdf/-char/ja
※5) 日本イーライリリー株式会社、シアリス®錠 インタビューフォーム
https://www.nippon-shinyaku.co.jp/assets/files/pdfs/medicine/product/sa/cialis/interview_cialis.pdf

イースト駅前クリニック所属医師

当サイトの運営者情報はこちら

バイアグラ

食事の影響を受けやすいという欠点もありますが、バイアグラは1999年に発売開始されてからED治療薬として長い間多くの患者様に服用されています。

バイアグラジェネリック

2014年にバイアグラ(ファイザー製薬)の特許が切れ、日本のジェネリック医薬品メーカーがバイアグラの後発薬を発売しています。

バイアグラジェネリックについて詳しくはこちら

レビトラ

体内への吸収が速いため即効性があるといわれています。また作用時間も長いED治療薬です

シアリス

シアリスは36時間と長い時間効果が持続します。服用のタイミングを考えたり、プレッシャーや焦りを感じる必要がありません。

診察・相談について

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:小林 浩 医師仙台院院長:大久保 直樹 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:伊藤 知英 医師池袋院院長:西澤 康平 医師新橋院院長:加藤 淳 医師横浜院院長:松本 貴博 医師静岡院院長:長坂 良 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都四条烏丸院院長:篁 隆雄 医師大阪院院長:新田 匡章 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師天王寺院院長:東城 博雅 医師神戸三宮院院長:三田 浩一 医師岡山院院長:松沼 寛 医師広島院院長:西川 徹 医師博多院院長:田中 修二 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2021 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.