ED 治療外来

ED治療

メインビジュアル

バイアグラ

バイアグラジェネリック

シアリス

シアリスジェネリック

レビトラ

レビトラジェネリック

ED


ED治療TOPへ

クリニック一覧

ED治療

40代の方が発症するEDの原因とは?改善方法や他の病気との関係性

最終更新日:

「40過ぎてから勃起しにくくなってきた」という40代の方も多いのではないでしょうか。40代は、EDを自覚しやすくなる年代です。EDが起こる原因には、どのようなものがあるのでしょうか。今回は、40代でEDになる原因や改善方法、他の病気との関係性について紹介します。

目次※知りたい情報をクリック

全国対応

オンライン診療のご案内

お電話一つで診察・処方

診診察から処方までお電話やオンラインアプリで完結出来るため、通院の必要が無く、待ち時間が解消されます。
移動時間や移動コストが掛からなくなります。

※当日の診察状況によりお待たせすることがあります。何卒ご了承ください。

40代の方がEDになる場合の原因とは?

器質性EDの可能性があります

40代でEDを発症する場合、「器質性」であるケースが多いです。EDは性行為で十分に勃起できないか、維持できない状態を指し「器質性ED」も含め、以下のような3つの種類に分類されます。

EDの分類

・ 器質性
・ 心因性
・ 混合性

EDは大きく分けて上記の3種類に分類可能です。器質性EDとは、陰茎の血管や神経が障害を受けて起こる勃起障害です。高血圧などの生活習慣病や、手術などが引き金となります。ED治療薬だけでは治療が進まないケースがあります。また、すでに他の疾患の治療薬を服用している方は、ED治療薬との飲み合わせが関係してくるため注意が必要です。自己判断で服用せず、専門の医師の診察を受けて治療を行うと良いでしょう。

心因性EDとは、日常生活で起こるストレスが原因の勃起障害です。動脈硬化や神経障害など器質的な原因がなく、精神的な要因が引き金となります。ストレスとEDは深い関係があります。ストレスは、勃起に必要な男性ホルモンを低下させる作用があるので、蓄積されるほどに心因性EDが悪化する傾向にあります。20代頃から発症するなど、比較的若い世代の割合が高いのが特徴です。うつ病などの精神疾患を併発しているケースもあります。

混合性EDとは、心因性と器質性の双方を併発した勃起障害です。複数の要因が重なって発症することから、治療が難航するケースもあります。

(※1、※2)

器質性EDの改善方法

・ 生活習慣の改善
・ ED治療薬の服用

「器質性ED」改善方法は、上記の2つになります。それぞれの方法について詳しく紹介します。

生活習慣の改善

器質性EDを引き起こす要因となる「生活習慣の改善」を無理のない範囲で行いましょう。生活習慣で見直しすべきポイントは、以下の3つです。

・ 運動
・ 減量
・ 禁煙

運動を継続することで、ED改善に効果が期待できたという報告があります。有酸素運動が特に効果的なので、ウォーキングやジョギングなどをできる範囲で取り入れてみることをおすすめします。また、減量を意識した運動の実践も効果的です。肥満は器質性EDのリスクを高めることがわかっています。実際、BMI値が30以上の方は、23未満の方よりも、ED発症リスクがおよそ1.7倍増加したことを示すアメリカの臨床研究もあります。肥満の要因は、摂取カロリーの増加と運動不足です。ED改善におすすめの有酸素運動と適度なカロリー制限を併用することで、器質性EDの改善が見込めるでしょう。加えて、喫煙をしている方は、禁煙することがED改善につながります。タバコの成分である「ニコチン」は、血管収縮作用と男性ホルモンのバランスを乱す作用があります。陰茎の血行が悪くなることで勃起しづらくなり、さらに男性ホルモンの減少で性欲も減退するのが特徴です。禁煙そのものが勃起機能の改善につながるので実践してみると良いでしょう。

(※3、4)

ED治療薬を使用する

ED治療薬は勃起を妨げる「PDE-5」を阻害する

ED治療薬の使用で、正常な勃起につながるようなサポートが得られます。性的興奮や刺激を促す媚薬や精力剤と違い、ED治療薬は勃起力を上げるのが目的です。PDE-5と呼ばれる、勃起機能を低下させる酵素の働きを抑制することで、ED症状の改善につなげます。日本で使用が許可されているED治療薬は、以下の3つです。

バイアグラ ・ 世界的にも有名なED治療薬
・ 持ち運びに便利なフィルムタイプもある
・ ジェネリック医薬品があり、比較的リーズナブル
レビトラ ・ 水に溶けやすく、即効性がある
・ 使いやすさからリピーターが多い
シアリス ・ 42%の世界的シェアを占める人気の高いED治療薬
・ 最大持続時間がおよそ36時間
・ 副作用が出現しにくい

バイアグラ

バイアグラは、1999年に発売されたED治療薬で、日本で認可された含有量や25mgと50mgの2種類のみです。また、錠剤のほかに「ODフィルム」と呼ばれる水なしで服用できるタイプもあります。バイアグラは食事の影響を受けやすく、空腹時の服用が必要です。

レビトラ

レビトラは、ED治療薬として2004年に発売された錠剤の薬で、20mgを服用するのが一般的です。バイアグラよりは食事の影響を受けない点が特徴です。また、他の2つの治療薬よりも水に溶けやすく、即効性がある点がメリットと言えます。空腹のほうがより効果が得られるので、食事の時間に合わせた服用をすると、効果が得られやすくなるでしょう。また、脂肪が豊富なメニューは避けるのがベストです。

シアリス

シアリスは、2007年に発売された3種類の治療薬の中で最も新しいED治療薬です。レビトラと同じで、20mgの服用が一般的です。シアリスは、最長でおよそ36時間の効果があるのが特徴です。「ウィークエンドピル」という別名がつけられていて、金曜日の夜に服用すれば、日曜の朝まで効果が持続することを例えています。バイアグラやレビトラは、4〜8時間程度の持続力なことからも、シアリスの効果の長さがわかります。またシアリスは、食事の影響をあまり受けないので、服用のタイミングに過剰に考える必要がありません。好きなタイミングで服用できるのが魅力の一つと言えるでしょう。

(※4)

【40代】EDと他の病気との関係性

【40代】EDと他の病気との関係性

糖尿病は健康な方と比較して、ED発症率が2〜3倍に上がることが調査結果からわかっています。調査結果では、糖尿病患者さんが勃起力低下につながった器質的な要因として以下の項目を挙げていました。

糖尿病患者がEDを発症した際の身体的要素
・ 動脈硬化
・ 加齢
・ 糖尿病性合併症
・ インスリン投与
・ 虚血性心疾患
・ 高血圧
・ 脳血管障害 のいずれか

また、上記の項目にある「加齢」は、糖尿病だけでなく「更年期障害」を引き起こす可能性があります。更年期障害とは、男性ホルモンである「テストステロン」が低下することで起こる症状で、性欲減退やEDにつながります。更年期障害の原因の一つは加齢なので、40代以降は糖尿病などの病気の引き金となり、EDを発症させる可能性があります。

(※5)

手術でEDになることはある?

手術でEDになることはある?

手術によって、動脈性EDを発症する可能性があります。

動脈性EDとは、陰茎に送る血液供給に必要な動脈が、閉塞や狭窄を起こすことで、勃起に必要な血液が不足してしまいEDを起こす状態を指します。動脈性EDの主な原因は以下の3つです。

骨盤内臓器手術
閉塞性動脈硬化症
交通事故 など

交通事故は、衝撃で会陰部が外傷を起こしたり、骨盤骨折したりすることで神経が損傷しEDにつながります。ED治療薬の頓服服用が第一選択となっていますが、治療薬での効果が見られないケースでは「動脈血行再建術」と呼ばれる外科手術の適応となります。手術で虚血改善が図れますが、患者さんには負担がかかる点がデメリットです。そのため、手術以外の非侵襲的な治療法開発が行われています。臨床研究によると、「シトルリン」という遊離脂肪酸の栄養素の摂取が動脈性EDの改善に期待できることがわかっています。シトルリンは冬瓜やスイカなどに豊富に含まれるので、ED治療薬と併用して普段の食事に取り入れてみると良いでしょう。

(※6)

40代から起きるEDの原因は、身体的な要因で起こる「器質性」が多い

40代で発生するEDのほとんどは、血管や神経が障害を受けて起こる「器質性」が原因です。40代は、加齢の影響も重なり、糖尿病や高血圧などの生活習慣病が起きやすくなります。更年期障害のリスクも上がるので、ED発症率が若い頃よりも高くなるのが特徴です。器質性EDの改善におすすめなのは、生活習慣の改善とED治療薬の服用です。適度な運動や禁煙するなど、生活スタイルの見直しを行なってみましょう。ED治療薬は、専門クリニックでの医師による処方が必要です。基礎疾患がある場合、併用できるのかなどの兼ね合いもあるので、一度診察を受けてみることをおすすめします。

イースト駅前クリニックでは、予約不要で気軽に診察が受けられます。「EDに関して悩みを抱えている」「不安がある」という方は、お気軽にイースト駅前クリニックにご相談ください。

お近くのイースト駅前クリニックを探す

参考URL

※1)昭和学士会誌、男性機能障害 4.治療方針
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jshowaunivsoc/76/2/76_133/_pdf

※2)徳島県医師会、【答え】勃起障害 -専門的検査後に治療方針-
https://www.tokushima.med.or.jp/kenmin/doctorcolumn/hc/546-432

※3)ED解決の手引き、ED(勃起不全)の原因と根本的な改善策
https://plaza.umin.ac.jp/ed/nwyct/

※4)Minds ガイドラインライブラリ、(旧版)ED診療ガイドライン 2012年版
https://minds.jcqhc.or.jp/n/med/4/med0131/G0000436/0020

※5)J-stage、EDと糖尿病
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tonyobyo/48/4/48_4_234/_pdf/-char/ja

※6)J-stage、虚血に伴う勃起不全に対する新規アプローチ
https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/147/1/147_31/_pdf

バイアグラ

バイアグラジェネリック

シアリス

シアリスジェネリック

レビトラ

レビトラジェネリック

ED


ED治療TOPへ

クリニック一覧

イースト駅前クリニック所属医師

イースト駅前クリニックの医師一覧

当サイトの運営者情報はこちら

運営者情報

バイアグラ

50mg 1,500円〜1,600円/1錠
25mg 1,300円/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

食事の影響を受けやすいという欠点もありますが、バイアグラは1999年に発売開始されてからED治療薬として長い間多くの患者様に服用されています。

バイアグラ25mg

1,300円/1錠

バイアグラ50mg

1,500円~1,600円/1錠

バイアグラジェネリック

50mg 900円〜1,030円/1錠
25mg 440円〜820円/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

2014年にバイアグラ(ファイザー製薬)の特許が切れ、日本のジェネリック医薬品メーカーがバイアグラの後発薬を発売しています。

バイアグラジェネリック25mg

440円~820円/1錠

バイアグラジェネリック50mg

900円~1,030円/1錠

レビトラ(取り扱い中止)

20mg 1,800円/1錠
10mg 1,600円/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

体内への吸収が速いため即効性があるといわれています。また作用時間も長いED治療薬です

レビトラ10mg

1,600円/1錠

レビトラ20mg

1,800円/1錠

レビトラジェネリック

20mg 1,600円〜1,800円/1錠
10mg 1,500円〜1,700円/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

体内への吸収が速いため即効性があるといわれています。また作用時間も長いED治療薬です

レビトラジェネリック10mg

1,500円~1,700円/1錠

レビトラジェネリック20mg

1,600円~1,800円/1錠

シアリス

20mg 1,600円〜1,900円/1錠
10mg 1,500円〜1,800円/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

シアリスは36時間と長い時間効果が持続します。服用のタイミングを考えたり、プレッシャーや焦りを感じる必要がありません。

シアリス10mg

1,500円~1,800円/1錠

シアリス20mg

1,600円~1,900円/1錠

シアリスジェネリック

20mg 1,400円〜1,600円/1錠
10mg 1,350円〜1,550円/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

シアリスは36時間と長い時間効果が持続します。服用のタイミングを考えたり、プレッシャーや焦りを感じる必要がありません。

シアリスジェネリック10mg

1,350円~1,550円/1錠

シアリスジェネリック20mg

1,400円〜1,600円/1錠

POINT

EDについてのよくあるお問合せ

ED治療薬を飲むとずっと勃起した状態なのですか?

ED治療薬の効果発現は、刺激があると勃起して刺激がなければ普通の状態のままでいることです。ずっと勃起したままの状態にはなりませんのでご安心ください。
ED治療薬の特徴は自然な勃起状態になることです。

いろいろ薬を飲んでいますがED治療薬は飲めますか?

ニトログリセリン(心臓の薬)との併用はできません。
ED治療薬を服用希望であれば、先ずは服用中の薬を持参して医師にご相談ください。また、併用禁忌の薬に関してはこちらをご参照ください。

バイアグラ、レビトラ、シアリスの違いってなんですか?

持続時間、有効成分、食事によって効果の出現が左右されるかなどの違いがあります。
詳細はこちらをご参照ください。

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:伊部 博行 医師仙台院院長:高橋 良和 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:松沼 寛 医師池袋院院長:西澤 康平 医師渋谷院院長:足立 和典 医師上野院院長:千葉 岳 医師秋葉原院院長:宮路 貴晶 医師新橋院院長:加藤 淳 医師立川院院長:村田 博昭 医師町田院院長:永井 哲志 医師横浜院院長:松本 貴博 医師川崎院院長:岡田 和樹 医師大宮院院長:半田 譲 医師柏院院長:管野 隆治 医師静岡院院長:高柳 健二 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師土浦院院長:石川 哲生 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都院院長:春日井 震 医師梅田院院長:藤田 良治 医師大阪院院長:大嶋 恭輔 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師天王寺院院長:東城 博雅 医師神戸三宮院院長:篁 隆雄 医師岡山院院長:橋詰 顕正 医師広島院院長:久保田 守 医師博多院院長:田中 修二 医師小倉院院長:倉員 忠弘 医師熊本院院長:師岡 公彦 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2022 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.