シアリス

ED治療薬シアリスの副作用で胸焼けの症状があったら?その場合の対処法について

最終更新日:

ED治療薬シアリスを服用して、ゲップが多くなったり、胃酸が上がってきたり、胸焼けの症状が出たことはありませんか?実はシアリスはED治療薬の中でも胸焼けの副作用が出やすい薬です。この記事では、シアリスの服用による胸焼けに対する対処法を解説します。

この記事の監修者

西澤 康平
西澤 康平

池袋院

西澤 康平オンライン診療の詳細

2006年北海道大学医学部を卒業。札幌医科大学付属病院での研修医や、釧路優心病院精神科での勤務医を経て、2017年10月よりイースト駅前クリニック京都四条烏丸院の院長を務め、2020年10月より池袋院の院長となる。趣味はスポーツ全般、特に野球が好き。

目次※知りたい情報をクリック

オンライン診療のご案内

お電話一つで診察・処方

診察から処方までお電話やオンラインアプリで完結出来るため、通院の必要が無く、待ち時間が解消されます。
移動時間や移動コストが掛からなくなります。※当日の診察状況によりお待たせすることがあります。何卒ご了承ください。

シアリスが胸焼けを起こす理由

シアリスはED治療薬の中でも胸焼けを起こす可能性が高い薬です。(※4) 胸焼けを起こす理由としてはシアリスの特徴であるマイルドな効き目が関係しています。

服用すると筋肉の緊張がゆるまり、血管を広げるのがシアリスの作用。血管が広がることによって、陰茎組織への血流が増え、勃起が促されます。(※1)

シアリスの有効成分であるタダラフィルは、陰茎にある血管の筋肉だけでなく、体全体の血管の筋肉にも作用してしまいます。体全体の血流がよくなり、胃と食道の間が緩むことで起きてしまう胃液の逆流が胸焼けの原因です。

他のED治療薬でも胸焼けはする?

シアリス、レビトラ、バイアグラすべてのED治療薬には副作用で
胸焼けを引き起こす可能性がある

シアリス以外のED治療薬であるレビトラやバイアグラでも、胸焼けの副作用を起こすことがあります。主だった副作用ではないのですが、原因はシアリスと同じ理由。ED治療薬の服用により体全体の血流が促進され、胃液の逆流が起こってしまうのです。

薬である以上、副作用は出てしまう可能性はあるので服用の際は十分に注意をしましょう。

それぞれの副作用

  • ・皮膚の過敏症
    ・胸焼け
    ・顔のほてり、紅潮
    ・消化不良
    ・筋肉痛
    etc…

  • ・ほてり
    ・頭痛
    ・鼻づまり
    ・心悸亢進
    ・消化不良
    etc…

  • ・血管拡張(ほてり、潮紅)
    ・頭痛
    ・めまい
    ・胃腸障害
    ・鼻炎
    etc…

ED治療薬は、基本的に軽微な副作用を感じやすいと言われています。服用を続けることで副作用症状が和らぐことも多いですが、副作用症状が続いたり、違和感がおさまらなかったりする場合は、すぐに担当医へ相談するようにしましょう。

【胸焼けの対処法①】市販の胃薬は服用OK?

市販薬を服用しても良い

ED治療薬のシアリスを服用した際に胸焼けの症状がある場合は、市販の胃薬を服用することもできます。

市販の胃薬には胃を守る作用の薬と、胃酸を抑える作用の薬があり、胸焼けに効果的なのは「胃酸を抑える胃薬」です。

ドラッグストアなどで購入できる市販薬でも問題ありませんが、医師から処方される胃薬の方が胸焼けに対して高い効果が期待できます

万が一シアリスを服用することで胸焼けが頻繁に起こるようであれば、医師に相談し、胃薬を処方してもらうようにしましょう。

【胸焼けの対処法②】食事内容に注意する

胸焼けはシアリスの服用だけでなく、普段の食事からも起こることがあります。満腹まで食べてしまったり、食事した後すぐに横になったりすると消化不良が起き、胸焼けが起こりやすくなるので注意が必要です。

シアリスなどのED治療薬を服用することで、胸焼けが頻繁に起こるようであれば、お薬を飲む前後の食事に対して以下を意識するようにしましょう。

胸焼けを避ける食べ方

  • 腹八分目を目安にする
  • 消化の良いものを食べる
  • よく噛んで食べ、早食いをしない
  • 食べた後はすぐ横にならない
  • 炭酸飲料や脂の多いもの、刺激が強いものを避ける

胃薬の飲み方の注意点4つ

  • 基本的には胸焼けを感じてから胃薬を服用
  • 頻繁に胸焼けが起きる場合は事前に服用
  • シアリスの方が効果時間が長いことを理解する
  • 胃薬にも副作用がある

基本的には胸焼けを感じてから胃薬を服用

胃薬を服用する場合は、定期薬として普段から服用している場合を除いて、胸焼けを感じてからの服用で問題ありません。

頻繁に胸焼けが起きる場合は事前に服用

シアリスを服用する度に胸焼けが起こる場合は、シアリス服用時と一緒に、または事前に胃薬を服用することも可能です。シアリスと胃薬は飲み合わせも問題ないので、一緒に服用したとしても、それぞれの効果を妨げることはありません。(※1)

シアリスの方が効果時間が長いことを理解する

シアリス錠は36時間有効性が続くことを理解しましょう。一般的に胃薬の市販薬は作用時間が8時間、1日2回まで服用が可能です。(※2)また胃薬として胸焼けに対して処方される「ランソプラゾール」は24時間効果が持続されます。(※3)シアリスを服用することで胸焼けが続く場合は、症状に合わせて2日ほどは胃薬を続けて服用するようにしましょう。

胃薬にも副作用がある

薬である以上、胃薬にも副作用があります。ED治療薬のシアリスとの併用は問題ありませんが、他の持病のお薬などと飲み合わせが悪い場合もあるので注意が必要です。

シアリスによる胸焼けで胃薬を服用する場合は、他の併用薬の飲み合わせなど安全に飲むことができるのか、医師や薬剤師に確認してください。

シアリスの胸焼けについて過度な心配は無用!正しい対処法を知っておきましょう。

シアリスをはじめとするED治療薬は、服用後胃酸が逆流しやすくなって胸焼けを起こすことがあります。特に効果持続時間の長いシアリスは、最も症状が出やすいED治療薬。しかし、胸焼けの副作用はED治療においてよくあることですので、過度な心配は必要ありません。胸焼けの症状が出た場合は、市販の胃薬を服用しても問題はありません。また、食事の方法に気をつけることも予防につながります。

ED治療薬を使用すると高確率で胸焼けが起こるという方は、医師に相談して市販薬より効果の高い胃薬を処方してもらうのもおすすめです。正しい対処を行う、安全で快適なED治療を行っていきましょう。

参考URL

※1)医薬品医療機器総合機構 シアリス錠 添付文書
https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/259000CF1023_2_02/
※2)第一三共ヘルスケア ガスター10製品情報
https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_gaster10/products/gaster10_jo/
※3)KEGG DRUG Database ランソプラゾール
https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00060035
※4) 医薬品インタビューフォーム シアリス錠
https://www.nippon-shinyaku.co.jp/assets/files/pdfs/medicine/product/sa/cialis/interview_cialis.pdf

この記事の監修者

西澤 康平
西澤 康平

池袋院

西澤 康平オンライン診療の詳細

2006年北海道大学医学部を卒業。札幌医科大学付属病院での研修医や、釧路優心病院精神科での勤務医を経て、2017年10月よりイースト駅前クリニック京都四条烏丸院の院長を務め、2020年10月より池袋院の院長となる。趣味はスポーツ全般、特に野球が好き。

イースト駅前クリニック所属医師

当サイトの運営者情報はこちら

バイアグラ

50mg 1,500円〜/1錠
25mg 1,300円〜/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

食事の影響を受けやすいという欠点もありますが、バイアグラは1999年に発売開始されてからED治療薬として長い間多くの患者様に服用されています。

バイアグラジェネリック

50mg 900円〜/1錠
25mg 440円〜/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

2014年にバイアグラ(ファイザー製薬)の特許が切れ、日本のジェネリック医薬品メーカーがバイアグラの後発薬を発売しています。

レビトラ

20mg 1,800円〜/1錠
10mg 1,600円〜/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

体内への吸収が速いため即効性があるといわれています。また作用時間も長いED治療薬です。

シアリス

20mg 1,700円〜/1錠
10mg 1,500円〜/1錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

シアリスは36時間と長い時間効果が持続します。服用のタイミングを考えたり、プレッシャーや焦りを感じる必要がありません。

EDについてのよくあるお問合せ

  • ED治療薬を飲むとずっと勃起した状態なのですか?

    ED治療薬の効果発現は、刺激があると勃起して刺激がなければ普通の状態のままでいることです。ずっと勃起したままの状態にはなりませんのでご安心ください。
    ED治療薬の特徴は自然な勃起状態になることです。
  • いろいろ薬を飲んでいますがED治療薬は飲めますか?

    ニトログリセリン(心臓の薬)との併用はできません。
    ED治療薬を服用希望であれば、先ずは服用中の薬を持参して医師にご相談ください。また、併用禁忌の薬に関してはこちらをご参照ください。
  • バイアグラ、レビトラ、シアリスの違いってなんですか?

    持続時間、有効成分、食事によって効果の出現が左右されるかなどの違いがあります。
    詳細はこちらをご参照ください。

診察・相談について

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:小林 浩 医師仙台院院長:大久保 直樹 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:伊藤 知英 医師池袋院院長:西澤 康平 医師渋谷院院長:足立 和典 医師上野院院長:千葉 岳 医師秋葉原院院長:宮路 貴晶 医師新橋院院長:加藤 淳 医師横浜院院長:松本 貴博 医師静岡院院長:高柳 健二 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都四条烏丸院院長:三田 浩一 医師大阪院院長:新田 匡章 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師天王寺院院長:東城 博雅 医師神戸三宮院院長:篁 隆雄 医師岡山院院長:松沼 寛 医師広島院院長:久保田 守 医師博多院院長:田中 修二 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2021 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.