施術数110万件を誇る、信頼のED専門外来

取扱ED治療薬について

バイアグラ

食事の影響を受けやすいという欠点もありますが、バイアグラは1999年に発売開始されてからED治療薬として長い間多くの患者様に服用されています。

バイアグラジェネリック

2014年にバイアグラ(ファイザー製薬)の特許が切れ、日本のジェネリック医薬品メーカーがバイアグラの後発薬を発売しています。

バイアグラジェネリックについて詳しくはこちら

レビトラ

体内への吸収が速いため即効性があるといわれています。また作用時間も長いED治療薬です

シアリス

シアリスは36時間と長い時間効果が持続します。服用のタイミングを考えたり、プレッシャーや焦りを感じる必要がありません。

バイアグラ・レビトラ・シアリス詳細比較

バイアグラ
概要説明 1999年に日本で承認された最も古い薬
日本で承認されている3つのED治療薬の中で、最も早くに承認されたED治療薬
用量 25mg、50mg
バイアグラ、ジェネリックともに25mgと50mgの2種類があります。
成分 有効成分名:シルデナフィルクエン酸塩
シルデナフィルクエン酸塩には、PDE-5というEDの原因となる酵素を阻害する働きがあります。
効果 男性器の正常な勃起をサポート
PDE-5という酵素の働きを阻害することで、男性器が正常に勃起できるようにします。
効果が出る時間 服用後、30分~1時間程度
バイアグラは、服用してから効果が現れるまで30分~1時間程度かかります。1時間あればほとんどの場合で効果が現れます。
効果が最も高い時間 服用後、1時間程度
バイアグラの効果のピークは、服用から1時間程度あとです。そのため、バイアグラは性行為を行う1時間程度前に服用するのがベストです。
効果持続時間 5時間程度
バイアグラ、ジェネリックともに25mgと50mgの2種類がありますが、どちらも5時間程度効果が持続します。
飲み方 1日1回、24時間以上間隔を空ける
バイアグラは、同日に2回以上服用してはいけません。
食事の影響 受ける
バイアグラは食後に服用した際の影響が認められているため、食前に服用するのが良いでしょう。
アルコールの影響 適度なアルコール量での影響は認められない(※2)
少量のアルコールであればリラックス効果があり、EDの改善に良いとされています。ただし、多量に摂取すると脳の働きが抑制されるため正常に勃起できず、また血管拡張作用によって急性アルコール中毒の危険もあります。
副作用 現れやすい
特に顔のほてりや目の充血は現れやすい副作用(※2)として報告されています。
併用禁忌 あり
塩酸アミオダロン製剤、硝酸剤、慢性血栓塞栓性肺高血圧症治療薬
その他注意点 服用後の食事は1時間程度空ける
バイアグラは食事の影響を受けやすいと言われているため、服用後すぐに食事をするとうまく効果が発揮できないこともあるようです。服用後食事をする場合、1時間程度時間を空けましょう。
偽造薬(厚生労働省 未承認薬)について 非常に多い
ED治療薬の偽造品は非常に多く、インターネットで流通している海外製品の約4割が偽造品だったという調査結果(※4)も出ています。日本国内で承認された正規品のED治療薬を手に入れたい場合は、クリニックで処方してもらう必要があります。 なお、インド製のジェネリック医薬品が数多く販売されていますが、これらはインドの特許制度が世界の基準とは異なることから生まれた医薬品です。ただし、こちらも輸入する場合は偽造薬(厚生労働省 未承認薬)の危険性があるため注意が必要です。
薬剤の特徴 バイアグラは1990年代の前半に狭心症の薬として開発が始まり、1998年にアメリカで、1999年に日本でED治療薬として販売が開始されました。世界で初めて認可されたED治療薬ということもあり、その知名度は抜群です。バイアグラが登場した当時は画期的な発明に世界が沸き、一大ブームが巻き起こりました。日本でも一時社会現象となりましたが、そのせいで誤った情報が拡散されたこともありました。バイアグラをずっと使い続けていることからほかの薬に変えたくないという人もいるため、根強い人気を誇っています。3種類のED治療薬のなかでは、一番オーソドックスな薬です。食事の影響を受けやすい(※2)という特徴があるため、その点には注意が必要です。
レビトラ
概要説明 即効性が高い治療薬
バイアグラの次に登場したED治療薬で、即効性の高さが特徴的です。
用量 5mg、10mg、20mg
5mg、10mg、20mgの3種類がありますが、5mgは取り扱っていないクリニックもあります。
成分 有効成分名:塩酸バルデナフィル水和物
塩酸バルデナフィル水和物には、PDE-5というEDの原因となる酵素を阻害する働きがあります。水に溶けやすいという特徴があります。
効果 男性器の正常な勃起をサポート
PDE-5という酵素の働きを阻害することで、男性器が正常に勃起できるようにします。
効果が出る時間 服用後、30分程度
レビトラは、服用してから効果が現れるまで30分程度かかります。個人差によってもう少し時間がかかることもあります。
効果が最も高い時間 服用後、45分程度
レビトラの効果のピークは、服用から45分程度あとです。そのため、レビトラは性行為を行う1時間程度前に服用するのがベストです。
効果持続時間 5時間~10時間程度
レビトラには10mgと20mgの2種類があり、個人差はありますが、5時間~10時間程度効果が持続します。
飲み方 1日1回、24時間以上間隔を空ける
レビトラは、同日に2回以上服用してはいけません。
食事の影響 食事の内容により効果発現時間が遅れることがある
レビトラは「標準的な食事」かつ「総エネルギーの脂肪の割合が30%以下(※3)」であれば食事の影響を受けないと言われています。食前に服用するのが理想的です。
アルコールの影響 適度なアルコール量での影響は認められない(※3)
少量のアルコールであればリラックス効果があり、EDの改善に良いとされています。ただし、多量に摂取すると脳の働きが抑制されるため正常に勃起できず、また血管拡張作用によって急性アルコール中毒の危険もあります。
副作用 現れやすい
特に顔のほてりや目の充血は現れやすい副作用(※3)として報告されています。
併用禁忌 あり
硝酸剤、抗ウイルス薬(HIV治療薬)、内服の抗真菌薬、抗不整脈薬、慢性血栓塞栓性肺高血圧症
その他注意点 グレープフルーツに注意
グレープフルーツにはフラノクマリン酸という成分が含まれていて、レビトラの吸収率を高める効果があります。これにより、予期せぬ副作用(※3)が発生する場合があります。
偽造薬(厚生労働省 未承認薬)について 非常に多い
ED治療薬の偽造品は非常に多く、インターネットで流通している海外製品の約4割が偽造品だったという調査結果(※4)も出ています。日本国内で承認された正規品のED治療薬を手に入れたい場合は、クリニックで処方してもらう必要があります。 なお、インド製のジェネリック医薬品が数多く販売されていますが、これらはインドの特許制度が世界の基準とは異なることから生まれた医薬品です。ただし、こちらも輸入する場合は偽造薬(厚生労働省 未承認薬)の危険性があるため注意が必要です。
薬剤の特徴 レビトラは、食事の影響を受けやすいと言われているバイアグラの弱点をある程度克服したED治療薬です。2003年にドイツで発売、2004年に日本で承認されました。特徴的なのはその即効性で、バイアグラやシアリスに比べて効果が現れるまでの時間がとても早いと言われています。これは、レビトラが非常に水に溶けやすい構造をしているからです。レビトラのパッケージには炎のマークが書かれていて、これはレビトラの即効性を表しているといわれています。
シアリス
概要説明 世界市場1位の治療薬
最も新しいED治療薬で、シェア40%を超える人気のED治療薬(※1)です。
用量 5mg、10mg、20mg
5mg、10mg、20mgの3種類がありますが、5mgは取り扱っていないクリニックもあります。
成分 有効成分名:タダラフィル
タダラフィルには、PDE-5というEDの原因となる酵素を阻害する働きがあります。ブロック状の分子構造をしているため、吸収されるのに時間がかかるという特徴があります。
効果 男性器の正常な勃起をサポート
PDE-5という酵素の働きを阻害することで、男性器が正常に勃起できるようにします。
効果が出る時間 服用後、1時間程度
シアリスは、服用してから効果が現れるまで1時間程度かかります。ゆるやかに効くことから、ピークを迎えるのはもう少しあとになります。
効果が最も高い時間 服用後、60分~4時間程度
シアリスの効果のピークは、服用から60分~4時間程度あとです。3時間程度あればほとんどの場合でピークを迎えるため、シアリスは性行為を行う3時間程度前に服用するのがベストです。
効果持続時間 24時間~36時間程度
シアリスには10mgと20mgの2種類があり、個人差はありますが、24時間~36時間程度効果が持続します。
飲み方 1日1回、24時間以上間隔を空ける
シアリスは、同日に2回以上服用してはいけません。なお、24時間経過していれば、前に飲んだシアリスの持続時間中であっても別のED治療薬を服用することができます。
食事の影響 食事摂取による影響は認められない
シアリスは、800kcal未満の食事であれば影響を受けないと言われています(※1)。食前に服用するのが理想的です。
アルコールの影響 適度なアルコール量での影響は認められない(※1)
少量のアルコールであればリラックス効果があり、EDの改善に良いとされています。ただし、多量に摂取すると脳の働きが抑制されるため正常に勃起できず、また血管拡張作用によって急性アルコール中毒の危険もあります。
副作用 あまり現れない
頭痛、めまい、ほてりといった軽度の症状のみが現れやすいと報告されています。
併用禁忌 あり
硝酸剤、慢性血栓塞栓性肺高血圧症
その他注意点 用法用量を勝手に変えない
シアリスは効果がゆるやかであるため、効果を不安に思い一度に2錠飲むなどするケースがあります。こうした行為は危険であるため、自己判断で用法用量を変えないようにしましょう。
偽造薬(厚生労働省 未承認薬)について 非常に多い
ED治療薬の偽造品は非常に多く、インターネットで流通している海外製品の約4割が偽造品だったという調査結果(※4)も出ています。日本国内で承認された正規品のED治療薬を手に入れたい場合は、クリニックで処方してもらう必要があります。 なお、インド製のジェネリック医薬品が数多く販売されていますが、これらはインドの特許制度が世界の基準とは異なることから生まれた医薬品です。ただし、こちらも輸入する場合は偽造薬(厚生労働省 未承認薬)の危険性があるため注意が必要です。
薬剤の特徴 シアリスは、現在(2018年5月時点)承認されている3種類のED治療薬のなかで最も遅い2007年7月に日本で承認された薬です。2002年にヨーロッパで承認され、日本では2007年から販売が開始されています。これまでに100ヶ国以上の国で処方され、2013年に世界シェア42%(※1)を記録した、世界で利用されているED治療薬です。シアリスの最大の特徴は、その持続時間です。バイアグラが5時間程度、レビトラが最大10時間程度であるのに対し、シアリスは最大36時間という持続時間を誇っています。シアリスの有効成分であるタダラフィルはブロック状の分子構造をしていて水に溶けにくいため、これほどの持続時間を実現しています。
商品名

バイアグラバイアグラジェネリックバイアグラODフィルム

レビトラ

シアリス

概要説明 1999年に日本で承認された最も古い薬
日本で承認されている3つのED治療薬の中で、最も早くに承認されたED治療薬
即効性が高い治療薬
バイアグラの次に登場したED治療薬で、即効性の高さが特徴的です。
世界市場1位の治療薬
最も新しいED治療薬で、シェア40%を超える人気のED治療薬(※1)です。
用量 25mg、50mg
バイアグラ、ジェネリックともに25mgと50mgの2種類があります。
5mg、10mg、20mg
5mg、10mg、20mgの3種類がありますが、5mgは取り扱っていないクリニックもあります。
5mg、10mg、20mg
5mg、10mg、20mgの3種類がありますが、5mgは取り扱っていないクリニックもあります。
成分 有効成分名:シルデナフィルクエン酸塩
シルデナフィルクエン酸塩には、PDE-5というEDの原因となる酵素を阻害する働きがあります。
有効成分名:塩酸バルデナフィル水和物
塩酸バルデナフィル水和物には、PDE-5というEDの原因となる酵素を阻害する働きがあります。水に溶けやすいという特徴があります。
有効成分名:タダラフィル
タダラフィルには、PDE-5というEDの原因となる酵素を阻害する働きがあります。ブロック状の分子構造をしているため、吸収されるのに時間がかかるという特徴があります。
効果 男性器の正常な勃起をサポート
PDE-5という酵素の働きを阻害することで、男性器が正常に勃起できるようにします。
効果が出る時間 服用後、30分~1時間程度
バイアグラは、服用してから効果が現れるまで30分~1時間程度かかります。1時間あればほとんどの場合で効果が現れます。
服用後、30分程度
レビトラは、服用してから効果が現れるまで30分程度かかります。個人差によってもう少し時間がかかることもあります。
服用後、1時間程度
シアリスは、服用してから効果が現れるまで1時間程度かかります。ゆるやかに効くことから、ピークを迎えるのはもう少しあとになります。
効果が最も高い時間 服用後、1時間程度
バイアグラの効果のピークは、服用から1時間程度あとです。そのため、バイアグラは性行為を行う1時間程度前に服用するのがベストです。
服用後、45分程度
レビトラの効果のピークは、服用から45分程度あとです。そのため、レビトラは性行為を行う1時間程度前に服用するのがベストです。
服用後、60分~4時間程度
シアリスの効果のピークは、服用から60分~4時間程度あとです。3時間程度あればほとんどの場合でピークを迎えるため、シアリスは性行為を行う3時間程度前に服用するのがベストです。
効果持続時間 5時間程度
バイアグラ、ジェネリックともに25mgと50mgの2種類がありますが、どちらも5時間程度効果が持続します。
5時間~10時間程度
レビトラには10mgと20mgの2種類があり、個人差はありますが、5時間~10時間程度効果が持続します。
24時間~36時間程度
シアリスには10mgと20mgの2種類があり、個人差はありますが、24時間~36時間程度効果が持続します。
飲み方 1日1回、24時間以上間隔を空ける
バイアグラは、同日に2回以上服用してはいけません。
1日1回、24時間以上間隔を空ける
レビトラは、同日に2回以上服用してはいけません。
1日1回、24時間以上間隔を空ける
シアリスは、同日に2回以上服用してはいけません。なお、24時間経過していれば、前に飲んだシアリスの持続時間中であっても別のED治療薬を服用することができます。
食事の影響 受ける
バイアグラは食後に服用した際の影響が認められているため、食前に服用するのが良いでしょう。
食事の内容により効果発現時間が遅れることがある
レビトラは「標準的な食事」かつ「総エネルギーの脂肪の割合が30%以下(※3)」であれば食事の影響を受けないと言われています。食前に服用するのが理想的です。
食事摂取による影響は認められない
シアリスは、800kcal未満の食事であれば影響を受けないと言われています(※1)。食前に服用するのが理想的です。
アルコールの影響 適度なアルコール量での影響は認められない(※2)
少量のアルコールであればリラックス効果があり、EDの改善に良いとされています。ただし、多量に摂取すると脳の働きが抑制されるため正常に勃起できず、また血管拡張作用によって急性アルコール中毒の危険もあります。
副作用 現れやすい
特に顔のほてりや目の充血は現れやすい副作用(※2)として報告されています。
現れやすい
特に顔のほてりや目の充血は現れやすい副作用(※3)として報告されています。
あまり現れない
頭痛、めまい、ほてりといった軽度の症状のみが現れやすいと報告されています。
併用禁忌 あり
塩酸アミオダロン製剤、硝酸剤、慢性血栓塞栓性肺高血圧症治療薬
あり
硝酸剤、抗ウイルス薬(HIV治療薬)、内服の抗真菌薬、抗不整脈薬、慢性血栓塞栓性肺高血圧症
あり
硝酸剤、慢性血栓塞栓性肺高血圧症
その他注意点 服用後の食事は1時間程度空ける
バイアグラは食事の影響を受けやすいと言われているため、服用後すぐに食事をするとうまく効果が発揮できないこともあるようです。服用後食事をする場合、1時間程度時間を空けましょう。
グレープフルーツに注意
グレープフルーツにはフラノクマリン酸という成分が含まれていて、レビトラの吸収率を高める効果があります。これにより、予期せぬ副作用(※3)が発生する場合があります。
用法用量を勝手に変えない
シアリスは効果がゆるやかであるため、効果を不安に思い一度に2錠飲むなどするケースがあります。こうした行為は危険であるため、自己判断で用法用量を変えないようにしましょう。
偽造薬(厚生労働省 未承認薬)について 非常に多い
ED治療薬の偽造品は非常に多く、インターネットで流通している海外製品の約4割が偽造品だったという調査結果(※4)も出ています。日本国内で承認された正規品のED治療薬を手に入れたい場合は、クリニックで処方してもらう必要があります。 なお、インド製のジェネリック医薬品が数多く販売されていますが、これらはインドの特許制度が世界の基準とは異なることから生まれた医薬品です。ただし、こちらも輸入する場合は偽造薬(厚生労働省 未承認薬)の危険性があるため注意が必要です。
薬剤の特徴 バイアグラは1990年代の前半に狭心症の薬として開発が始まり、1998年にアメリカで、1999年に日本でED治療薬として販売が開始されました。世界で初めて認可されたED治療薬ということもあり、その知名度は抜群です。バイアグラが登場した当時は画期的な発明に世界が沸き、一大ブームが巻き起こりました。日本でも一時社会現象となりましたが、そのせいで誤った情報が拡散されたこともありました。バイアグラをずっと使い続けていることからほかの薬に変えたくないという人もいるため、根強い人気を誇っています。3種類のED治療薬のなかでは、一番オーソドックスな薬です。食事の影響を受けやすい(※2)という特徴があるため、その点には注意が必要です。 レビトラは、食事の影響を受けやすいと言われているバイアグラの弱点をある程度克服したED治療薬です。2003年にドイツで発売、2004年に日本で承認されました。特徴的なのはその即効性で、バイアグラやシアリスに比べて効果が現れるまでの時間がとても早いと言われています。これは、レビトラが非常に水に溶けやすい構造をしているからです。レビトラのパッケージには炎のマークが書かれていて、これはレビトラの即効性を表しているといわれています。 シアリスは、現在(2018年5月時点)承認されている3種類のED治療薬のなかで最も遅い2007年7月に日本で承認された薬です。2002年にヨーロッパで承認され、日本では2007年から販売が開始されています。これまでに100ヶ国以上の国で処方され、2013年に世界シェア42%(※1)を記録した、世界で利用されているED治療薬です。シアリスの最大の特徴は、その持続時間です。バイアグラが5時間程度、レビトラが最大10時間程度であるのに対し、シアリスは最大36時間という持続時間を誇っています。シアリスの有効成分であるタダラフィルはブロック状の分子構造をしていて水に溶けにくいため、これほどの持続時間を実現しています。

イースト駅前クリニックグループ

北海道・東北エリア

首都圏・関東エリア

中部・北陸エリア

中国・四国エリア

九州・沖縄エリア

各クリニック院長のインタビュー

当サイトの運営者情報はこちら

運営者情報

クリニックトピックス

国内正規品取扱 ED・AGA製薬メーカー各社から感謝状を頂いております。

EDについてのよくあるお問合せ