ED 治療外来

バイアグラ

メインビジュアル

バイアグラ

バイアグラジェネリック

シアリス

シアリスジェネリック

レビトラ

レビトラジェネリック

クリニック一覧

バイアグラ

ED(勃起不全)治療薬バイアグラの主成分(シルデナフィル)から分かる効果と作用

最終更新日:

バイアグラは今でこそED治療薬として名前が知られていますが、最初からED治療薬として開発されてはいないのです。もともとは、狭心症の薬として開発が進められており、その臨床試験の過程で男性器の勃起を促進させる効果が認められ、男性器の勃起不全を適応症として販売が開始されました。ここではバイアグラの主成分であるシルデナフィルの作用や効果、代用が可能なものがあるかどうかといった内容をご紹介します。

この記事の監修者

西澤 康平

プロフィール

2006年北海道大学医学部を卒業。札幌医科大学付属病院での研修医や、釧路優心病院精神科での勤務医を経て、2017年10月よりイースト駅前クリニック京都四条烏丸院の院長を務め、2020年10月より池袋院の院長となる。趣味はスポーツ全般、特に野球が好き。

目次※知りたい情報をクリック

バイアグラの有効成分シルデナフィル|効果と作用について

シルデナフィルの概要
総称名 シルデナフィル
一般名 シルデナフィルクエン酸
欧文一般名 Sildenafil Citrate
薬効分類名 勃起不全治療薬

(※1)

シルデナフィルは勃起不治療薬で使用される成分の名前です。正式名称はシルデナフィルクエン酸で、「バイアグラ」の主成分として有名です。


シルデナフィルの作用期機序について

バイアグラは男性器の勃起不全を適応症としており、勃起不全の改善をサポートするために用いられます。
以下では、そのメカニズムについてご紹介します。

男性器の勃起は、海綿体に血液が集まることで起こります。この血液を集めるために重要な働きをするのが、「cGMP(cyclic
GMP:環状グアノシン一リン酸)」です。この物質は男性器を刺激することで形成され、海綿体の筋肉を弛緩させる効果があります。これにより海綿体へ血液が流れ込むようになり勃起が引き起こされます。

ところが、この「cGMP」の働きを阻害する酵素があります。「PDE5」と呼ばれるもので、これによって「cGMP」は分解されてしまいます。
この「PDE5」が活発になり過ぎてしまうと、結果として勃起不全になってしまいます。

バイアグラの有効成分である「シルデナフィル」は、この「PDE5」の働きを阻害する効果があります。
この働きによって「cGMP」は本来の働きができるようになり、正常な勃起が促されるのです。

ED治療薬バイアグラ誕生の歴史

バイアグラは1998年にアメリカ合衆国で販売されると、日本でも個人輸入代行業者による売買が始まりました。
当時は使い方も正しく広まっておらず、硝酸塩薬の服用者がバイアグラの服用によって死亡する事例が発生したことで社会的に話題となり、
安全性を確保するという意味合いもあって1999年に処方箋医薬品として承認されました。
これによって国内でも正規品が手に入るようになり、日本で医師の処方のもと服用できるようになりました。
現在は病院やクリニックで処方され、ED治療薬として広く知られているようです。

(※3)


シルデナフィルがED治療薬として発見された背景

シルデナフィルはもともと、狭心症の治療薬として開発が進められていました。
その臨床試験の結果、男性器の勃起を促進する作用が認められたため、ED治療薬として研究されることとなったのです。
そうして1998年にアメリカで発売されたのが、シルデナフィルを有効成分とするバイアグラです。

シルデナフィルを有効成分とするED治療薬の値段について

シルデナフィルを有効成分とするED治療薬の値段について

シルデナフィルを有効成分とするED治療薬には従来の医薬品(先発医薬品)である「バイアグラ」と
そのジェネリック医薬品(後発医薬品)である「シルデナフィル錠」があります。
それぞれ、値段相場は上記の通りで、
ジェネリック医薬品(後発医薬品)の場合、従来の医薬品(先発医薬品)と比較すると安く購入することができます。また、バイアグラ含め全てのED治療薬を購入する場合は、1,000円程度の初診料や再診料も必要になる場合も多く、
上記の値段にプラスされる傾向にあることを念頭に置いておきましょう。


イースト駅前クリニックの処方価格

用量 値段

バイアグラ
25mg 1,300円~
50mg 1,500円~

シルデナフィル錠 (バイアグラジェネリック)
25mg 440円~
50mg 990円~

処方するクリニックにもよりますがイースト駅前クリニックでは、上記を最低価格としてバイアグラ、シルデナフィル錠を処方しています。
また、イースト駅前クリニックでは、診察料はゼロ円でED治療薬を処方していますので、
上記値段のみでED治療を開始することが可能です。

バイアグラの飲み方のポイント


・1日1回の服用を厳守する
・食後に服用する場合は、さっぱりとしたメニューを選ぶ
・お酒は適量にする ・性行為の1時間前に水で服用する
・空腹時の服用を基本とし、食後の場合は間隔を2時間以上あける

バイアグラを飲む際には、上記のポイントに注意して服用しましょう。また、既往歴などによってはバイアグラを服用してはいけないケースもあることから、医師の診察のもと服用するのはもちろん、自分でも気をつけるようにしましょう。

シルデナフィルを有効成分とするED治療薬の購入方法

バイアグラ含め全てのED治療薬は、使用してはいけない人(禁忌)や同時に服用してはいけない薬(併用禁忌薬)など、
注意すべき点が数多くあるため医師による診察を受けた上で服用するべきです。

近年インターネット通販サイトを利用してED治療薬を個人輸入する方も増えていますが偽造薬の危険性もあるため、大変危険です。
ファイザー株式会社、バイエル薬品株式会社、日本イーライリリー株式会社、日本新薬株式会社が合同で調査したところ、
インターネットで流通しているシアリスの約55.4%が偽造薬であることが分かりました。
偽造薬は思わぬ健康被害を招くこともあります。
必ず医療機関を受診するようにしましょう。

(※4)

シルデナフィルを含むその他の薬品にED治療の効果はあるのか

バイアグラの主成分である「シルデナフィル」は肺動脈性高血圧症などの治療薬であるレバチオの主成分でもあります。
そこで気になるのが、レバチオをEDの治療に使用できるのかということ。
レバチオは、バイアグラの代わりになるのでしょうか。

バイアグラとレバチオは同じくシルデナフィルを主成分とした治療薬ですが、その目的が異なることから、同じ薬であるとはいえません。
加えて、バイアグラは性行為を行う約1時間前に服用する薬であるのに対し、レバチオは1日3錠を繰り返し服用する必要があります。
こうした細かい成分や用法の違いがあることから、EDの治療を目的としてレバチオを服用するのは避けるべきだといえます。

また、バイアグラの処方が自由診療であることに対し、レバチオの処方には保険が適用されるため、費用面でレバチオを使用したいと考える方もいます。
しかし、レバチオが保険適用となっているのは肺動脈性高血圧症の治療に対してであるため、
そもそもEDの治療薬として保険が適用されるわけではありません。
用量もバイアグラが基本的に50mgであるのに対してレバチオは20mgであるため、わざわざレバチオを服用する必要性はないといえます。

(※5)

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルの作用を理解して正しく服用しましょう

バイアグラの主成分であるシルデナフィルは、PDE5の働きを阻害することで正常な勃起を促す効果を持つバイアグラの有効成分です。
肺動脈性高血圧症も同じくPDE5が重要なファクターとなっていることから、シルデナフィルを有効成分としたレバチオが治療に用いられています。
ただし主成分が同じだからといってED治療としてレバチオを服用することはできません。

シルデナフィルを有効成分とするバイアグラは幅広い人に効果が認められているED治療薬ですが、服用する際にはいくつか注意点もあります。
バイアグラを服用したい方は
気軽にお近くのイースト駅前クリニックへご相談ください。

お近くのED治療専門クリニックを探す

クリニック一覧

参考URL

※1)医療用医薬品 : シルデナフィル (シルデナフィル錠25mgVI「SN」 他)
https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00063149
※2)ファイザー株式会社、バイアグラ インタビューフォーム
(https://pfizerpro.jp/documents/if/vgr/vgr01if.pdf) ※3)日本経済新聞
1月25日 バイアグラを承認 医師管理下での服用促す
(https://www.nikkei.com/article/DGKKZO26069770U8A120C1EAC000/)
※4)偽造ED治療薬社合同調査結果
(http://www.nippon-shinyaku.co.jp/official/company/news/20161124_news.pdf)
※5)レバチオ インタビューフォーム
(https://www.info.pmda.go.jp/go/interview/3/672212_2190028F1021_3_1F.pdf)

バイアグラ

バイアグラジェネリック

シアリス

シアリスジェネリック

レビトラ

レビトラジェネリック

クリニック一覧

この記事の監修者

西澤 康平

プロフィール

2006年北海道大学医学部を卒業。札幌医科大学付属病院での研修医や、釧路優心病院精神科での勤務医を経て、2017年10月よりイースト駅前クリニック京都四条烏丸院の院長を務め、2020年10月より池袋院の院長となる。趣味はスポーツ全般、特に野球が好き。

イースト駅前クリニック所属医師

イースト駅前クリニックの医師一覧

当サイトの運営者情報はこちら

運営者情報

POINT

EDについてのよくあるお問合せ

ED治療薬を飲むとずっと勃起した状態なのですか?

ED治療薬の効果発現は、刺激があると勃起して刺激がなければ普通の状態のままでいることです。ずっと勃起したままの状態にはなりませんのでご安心ください。
ED治療薬の特徴は自然な勃起状態になることです。

いろいろ薬を飲んでいますがED治療薬は飲めますか?

ニトログリセリン(心臓の薬)との併用はできません。
ED治療薬を服用希望であれば、先ずは服用中の薬を持参して医師にご相談ください。また、併用禁忌の薬に関してはこちらをご参照ください。

バイアグラ、レビトラ、シアリスの違いってなんですか?

持続時間、有効成分、食事によって効果の出現が左右されるかなどの違いがあります。
詳細はこちらをご参照ください。

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:伊部 博行 医師仙台院院長:高橋 良和 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:松沼 寛 医師池袋院院長:西澤 康平 医師渋谷院院長:足立 和典 医師上野院院長:千葉 岳 医師秋葉原院院長:宮路 貴晶 医師新橋院院長:加藤 淳 医師町田院院長:永井 哲志 医師横浜院院長:松本 貴博 医師川崎院院長:岡田 和樹 医師大宮院院長:半田 譲 医師柏院院長:管野 隆治 医師静岡院院長:高柳 健二 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都院院長:稲垣 昌泰 医師大阪院院長:藤田 良治 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師天王寺院院長:東城 博雅 医師神戸三宮院院長:篁 隆雄 医師岡山院院長:橋詰 顕正 医師広島院院長:久保田 守 医師博多院院長:田中 修二 医師小倉院院長:倉員 忠弘 医師熊本院院長:師岡 公彦 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2022 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.