EDコラム

原因次第では保険適用!保険が効くED治療って?
※イースト駅前クリニックは自費診療のクリニックとなり、保険適用のお薬は扱っておりません

最終更新日:

ED治療では、一般的に保険が適用されません。しかし、EDを引き起こす原因次第では、保険適用の範囲内で治療が受けられる場合があります。EDを引き起こす原因は、心理的要因や身体的要因などさまざまです。保険適用の範囲内で治療を受けるには、EDの原因をしっかりと突き止めることが大切です。
そこで今回は、保険適用で治療が受けられるED治療についてご紹介します。

保険適用で改善できるEDとは?

健康保険の適用範囲内で治療が受けられるEDには、まず生活習慣病によって引き起こされるEDがあります。生活習慣病の中でも糖尿病や高血圧症の場合に限り、保険適用で治療を受けながらEDを改善することができるのです。

また、男性更年期障害によるEDの場合も、治療の種類によっては保険適用でEDの治療が可能です。男性更年期障害で健康保険が適用される治療の種類は、「ART」と呼ばれるアンドロゲン補充療法です。男性更年期障害を治療する際、ARTでの治療を希望することで、保険適用での治療を受けながらEDを改善することができます。

他にも、性機能の損傷や性機能障害によって引き起こされたEDの場合も、損傷や障害の種類によっては保険適用の範囲内でED治療を受けることができます。性機能の損傷では事故によって血管系や神経系に損傷を受けた場合、性機能障害では尿道下裂や先天性陰茎湾曲症、ペローニ病の場合に保険が適用されます。

生活習慣病の中でも

EDと生活習慣病は、深く関わり合っています。中でも、糖尿病や高血圧症になると勃起のメカニズムに大きく関係する神経や血管に損傷を与えるため、正常な勃起のメカニズムを壊してしまうことになります。その結果、EDを引き起こしてしまうのです。

生活習慣病が原因のEDは、EDに効く薬を用いて症状を改善する他、根本的な原因である生活習慣病を治療することでもEDを改善させることが可能です。EDの根本的な解決策として生活習慣病(糖尿病や高血圧症に限る)を治療する場合、健康保険が適用されます。

男性更年期障害の場合は

男性更年期障害とは、加齢などの影響により男性ホルモンの一種である「テストステロン」が減ることで引き起こされる症候群を指します。EDは男性更年期障害の症状であり、男性更年期障害の治療を受けることで改善させることができます。治療法の中でもARTを受ければ、保険適用の上で治療が受けられ、EDの改善にアプローチすることができます。

一口でARTといっても、その治療薬には注射剤やゲル剤、経口剤やパッチ添加剤などが用いられます。日本では、注射剤のみ保険適用が認められています。

性機能の損傷や性機能障害の場合

EDを引き起こす原因には、性機能の損傷や性機能障害も含まれます。性機能の損傷の中でも事故などによって血管系や神経系に損傷を受けた場合は、保険適用の範囲内となります。また、先天的、もしくは後天的な性機能障害の場合も、上述の通り病気の種類によっては保険適用で治療が受けられ、EDにアプローチすることができます。

■イースト駅前クリニック医師のご紹介
イースト駅前クリニック各医院の医師はこちらからご覧いただけます。