EDコラム

EDの検査って、どんなことをするの?

最終更新日:

『もしかしたらEDかもしれない……。』
そんな不安を感じた時には、素直に病院で医師に相談することが大切です。早期に治療を始めれば、深刻な事態になる前に症状を改善することも可能です。しかし、分かってはいてもなかなか病院に行きにくいという人も多いでしょう。病院に行きにくい理由のひとつとしてあげられるのが、『どんな診察・検査をされるのか分からないので不安……。』というもの。
そこで今回は、EDの検査内容についてご紹介します。

国際勃起機能スコア5を利用した問診

どんな病院であっても、訪れた患者には必ず問診を行うもの。

これはED治療の場合も同じで、まずは問診が行われます。問診の際には、国際勃起機能スコア5という問診票が利用されます。これは国際基準になっているED用の問診票で、このスコアによってEDであるかどうか、症状がどの程度であるかなどを知ることができます。

設問は全部で5つあり、それぞれ5~6項目の回答があります。それぞれの回答には0~5のスコアが書かれており、最終的にこのスコアの合計点が21点以下であれば“EDの疑いあり”とされます。ただし、このスコアはあくまでも目安であるため、正常なスコアが出ない限りは治療が受けられないというわけでもありません。

なお、このスコア表はインターネットでも公開されているので、事前に回答して持参すると診察や検査がスムーズに進みます。

血圧やテストステロンの測定

ED治療薬には血管を拡張する効果があります。そのため、ED治療薬を使用すると一時的に血圧が下がります。それにより、もともと血圧が低い人がED治療薬を使用すると、重度の低血圧を引き起こす可能性があります。そういった事態を避けるためにも、事前に血圧の測定が行われます。

また、病院によっては、男性ホルモンの一種であるテストステロンの数値を測定する検査を勧められることも。テストステロンは男性器の勃起に関わるホルモンで、この分泌量が低下していると男性器がうまく勃起しなくなります。特に40代以上のいわゆる中年世代では、この検査が実施されることが多いようです。

このほか、心電図や肝臓・腎臓の機能を調べる検査が行われることもあります。

バイアグラテスト

現在のED検査で用いられているのが、バイアグラテストです。このテストはEDの原因を究明するものではなく、まずはED治療薬を処方してみて経過を見るというものです。このテストで問題なく効果が得られれば、そのまま治療薬が処方されます。

なお、バイアグラテストとはいっても、バイアグラだけを試すわけではありません。各個人によってED治療薬との相性は異なるため、バイアグラレビトラシアリスの3つのED治療薬を順に試すことになります。

この検査で十分な結果が得られなかった際には、血管や神経に異常があるとして、改めて詳しい検査が行われます。

夜間勃起テストとICIテスト

前述のバイアグラテストで十分な結果が得られなかった際、精密検査が行われます。この精密検査では、夜間勃起テストとICIテストが行われます。

夜間勃起テストは、その名のとおり、EDの原因究明を目的とした検査です。健康な男性では、眠りの浅いレム睡眠時に反射的な勃起を起こします。この勃起は心理的な影響を一切受けないものです。そのため、このテストで睡眠時に勃起が確認できた場合には、心因性のEDを疑うことができるというわけです。対照的に、睡眠時に勃起が見られなかった場合には、血管や神経に問題があると推測されます。

その場合に行われるのが、ICIテストです。ICIとは陰茎海綿体注射療法のことで、男性器に直接注射を打つことで勃起を促します。このテストでは神経の状態に関わらず勃起を促す療法を用いることで、血管障害によるEDか神経異常によるEDかを選別することが可能です。

■イースト駅前クリニック医師のご紹介
イースト駅前クリニック各医院の医師はこちらからご覧いただけます。