シアリス

シアリスの飲み方で注意するべきは、食事とアルコール!食前食後、併用について解説!

最終更新日:

【2017年4月11日 更新】
シアリスの効果を最大限に発揮させるためには、飲み方が重要になります。飲み方で気になる点といえば、食事とアルコール。実際に、食事をした流れ、お酒を飲んだ流れでパートナーとホテルへ行くという方は多いはず。そこで今回は、シアリスと食事とアルコールの関係性についてご紹介します。シアリスの効果に食事やアルコールは影響を及ぼすのでしょうか?

【関連リンク】

インターネットで流通するED治療薬は55.4%が偽造薬、死亡事故も。
全国14院を展開するイースト駅前クリニック一覧

シアリスの飲み方に食事は深く関与しない

シアリスの特徴といえば、服用後、36時間まで有効性が認められているところ。バイアグラやレビトラなどのED治療薬よりも効果の持続性があるため、「性行為中に薬効が切れたらどうしよう……」という焦りやプレッシャーを感じることなく服用できます。ですが、シアリスの特徴はそれだけではありません。

バイアグラやレビトラは、食事の影響を受けやすいED治療薬です。腹7分目までの食事に抑えた後、2時間から3時間ほどの時間を空けないと効果の半減がみられます。食後でも脂質の多い食事であれば、全く効果が出ないことも。そのため、バイアグラやレビトラの効果は、食事に大きく左右されるものといえます。

それに対してシアリスは、比較的食事の影響を受けにくいED治療薬です。(※1)

また、「確実に効果を発揮させたい!」という方は、空腹状態、もしくは食事の2時間ほど前にシアリスを服用しておくのがおすすめです。これに対し、「え?食前に服用しても問題ないの?」と思われる方も多いかもしれません。ですが、安心してください。シアリスは、身体に吸収されてしまえば、その後の食事の影響を受けません。よって、デートへ行く際、事前にシアリスを飲んでおくというのもひとつの手です。

作用時間の短いバイアグラやレビトラだと、食前に服用するのは中々難しいですが、36時間まで効果が持続するシアリスなら大丈夫。普段通りの生活をしながらの服用が可能です。

アルコールも問題なし

男女の食事の場において、お酒は欠かせませんよね。アルコールを摂取すれば緊張がほぐれ、男女の距離がグッと近づきます。パートナーとの関係を縮めるためには、お酒がもってこいです。しかし、いざホテルへ誘い出すことに成功しても、アソコの元気がないようではパートナーとのせっかくの時間が台無しに……。そんなときには、シアリスを服用いただくのも一つの手だと思います。

シアリスは、食事同様にアルコールの影響も受けにくいと言われています。実際に専門の医師がすすめるシアリスの飲み方でも、アルコール前後の服用は可能とされています。アルコールには精神安定作用があるので、気分がリラックスした状態に。人によっては、シアリスの効果が一段と引き出されることもあるようです。このように、シアリスならパートナーと居酒屋やバーでお酒を楽しんだ後、ホテルへ行く流れになった際も安心。心身ともに気持ちの良い状態で性交が可能となります。

しかし、いくらシアリスがアルコールの影響を受けにくいED治療薬だとはいえ、お酒の飲み過ぎは禁物。いくらシアリスを飲んでも、アルコールで神経伝達が悪化してしまえば、性的刺激を受け難くなり、勃起力が低下しかねません。そのため、お酒は程々の量に抑えておくのがベストといえます。

 

EDは、男性にとって深刻な問題です。それと同じく悩む人が多いのが、AGA(男性型脱毛症)による薄毛です。EDとAGAを同時に発症するケースもめずらしくないため、シアリスとAGA治療薬が併用できるかも注目されるポイントです。
シアリスの併用禁忌薬として指定されている薬は、硝酸剤と慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬の2種類です。これらを併用すると急激に血圧が低下する危険性があることから、併用禁忌薬となっています。
硝酸剤は飲み薬だけでなく、貼り薬や塗り薬、吸入薬、スプレーなどあらゆる種類の薬が併用禁忌となっているため、特に注意が必要です。 AGA治療薬としてはプロペシアやミノキシジルが一般的で、これらは併用禁忌薬に指定されていないことから併用が可能だと考えられます。プロペシア側にも、併用禁忌薬や注意薬はありません。
5αリダクターゼの阻害というプロペシアの作用機序から考えても、シアリスの作用に悪影響を与えることは考えにくいといえます。
ただし、ミノキシジルを利用する際には注意が必要です。ミノキシジルはシアリスの併用禁忌薬ではないものの、血管拡張作用があります。これにより、さらに血圧が下がる可能性が考えられます。頭皮に塗布する外用薬のミノキシジルであれば影響が少ないため問題ありませんが、内服薬であるミノキシジルタブレットの場合は影響を与えやすいため併用する場合は時間の間隔を空けて服用することが望ましいといえます。医師に確認してから服用していきましょう。

▼各薬剤の価格は下記医院ページからご覧いただけます。

 

病院に行く時間が無い、近くにクリニックが無い方へ

 

クリニックに来院することなくスマートフォンやパソコンのビデオ通話を利用して、専門の医師による診察、お薬の処方を行えるスマホ診察という遠隔での診療方法が広まってきています。 時間が合わない・忙しくて通院できない・遠くて通えない等の理由で当院への来院ができない方にはとっても便利なサービスです。 スマホ診察後は、宅配便にてお薬をご指定の場所にお届けさせて頂きます。 AGA治療薬(ED治療薬)は医療用医薬品の為、国内で承認されている治療薬は医療機関でしか手に入れることが出来ません。 WEBサイトの通販などで購入できる治療薬は国内で承認がされていないもので、偽造薬が含まれている可能性があり、重篤な副作用を引き起こす可能性もあります。 安全に治療をするためには、医師の診断のもと治療を行うことが大切です。

▶スマホ診察のご予約はこちら

 

 

ED治療の詳細はこちらから

参考記事

※1)PMDA、シアリス添付文書
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/259000CF1023_1_13/

■イースト駅前クリニック医師のご紹介
イースト駅前クリニック各医院の医師はこちらからご覧いただけます。

バイアグラ

食事の影響を受けやすいという欠点もありますが、バイアグラは1999年に発売開始されてからED治療薬として長い間多くの患者様に服用されています。

バイアグラジェネリック

2014年にバイアグラ(ファイザー製薬)の特許が切れ、日本のジェネリック医薬品メーカーがバイアグラの後発薬を発売しています。

バイアグラジェネリックについて詳しくはこちら

レビトラ

体内への吸収が速いため即効性があるといわれています。また作用時間も長いED治療薬です

シアリス

シアリスは36時間と長い時間効果が持続します。服用のタイミングを考えたり、プレッシャーや焦りを感じる必要がありません。

診察・相談について

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:小林 浩 医師仙台院院長:大久保 直樹 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:伊藤 知英 医師池袋院院長:安田 吉宏 医師新橋院院長:加藤 淳 医師横浜院院長:松本 貴博 医師静岡院院長:長坂 良 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都四条烏丸院院長:西澤 康平 医師大阪院院長:新田 匡章 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師神戸三宮院院長:三田 浩一 医師岡山院院長:松沼 寛 医師広島院院長:西川 徹 医師博多院院長:田中 修二 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2020 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.