バイアグラ

バイアグラとお酒(アルコール)の飲み合わせは問題ない?飲酒時の効果について

最終更新日:

ED治療薬として知名度の高いバイアグラ。そんなバイアグラ服用時の飲酒について気になったことはありませんか?今回はバイアグラとアルコールの飲み合わせについて解説します。飲酒が与える影響や効果を損なわない方法があるのかも合わせてお届けします。

目次※知りたい情報をクリック

バイアグラにお酒の飲み合わせの可否

バイアグラ服用時の飲酒について、実は医学的に否定できる根拠はありません。しかしながら、一般にバイアグラとお酒の飲み合わせは避けるべきであるとされています。

もちろん、バイアグラの添付文書にはアルコールとの併用を避ける旨の内容や、アルコールの影響により副作用が発現したという記載はみられません。そのためお酒と一緒に飲んだからと言って問題が起きるとは限らないでしょう。また、バイアグラの有効成分の「シルデナフィル」はアルコールとの相互作用がないため、予想外の効果を発揮することもありません。

ただ薬にはさまざまな成分が含まれているため、アルコールとの組み合わせによっては薬の効果が増強されたり減弱されたり、あるいは副作用が発生してしまったりと規定外の効果が現れることがあります。そういったことから、アルコールとの組み合わせは避けるべきだと言われています。

(※1)

飲酒がバイアグラに与える影響

バイアグラの服用時の飲酒で見られる影響には異なる2つが挙げられます。双方の特性を理解し、飲酒の有無を決定しましょう。

酔いがまわりやすくなる可能性

バイアグラを服用した場合、お酒の酔いがまわりやすくなると言われています。バイアグラには拡張した血管を維持させる作用があり、これにより勃起が維持できるなどの効果がでます。しかしながら、血管が拡張した状態が続くことでアルコールが体内にめぐりやすくなるのです。そのため、普段より少量のお酒を飲んだだけでも酔いが回りやすくなります。

安定作用

少量の飲酒はバイアグラの作用をより引き出せるとされています。これはアルコールによる安定作用(リラックス作用)によるものです。少量のアルコールは気分をリラックスさせ、精神状態が落ち着き薬の作用が出やすくなるのです。特にEDの場合、心的ストレスにより勃起が実現できない方もいらっしゃるので、少量のアルコールであれば有効でしょう。

(※2)

バイアグラの効果を損なわないお酒の量

バイアグラと一緒にお酒を飲むとき、バイアグラの効果を減少させないために気をつけたいのが飲酒量です。

適切な飲酒量

普段からお酒を飲む方であっても、そうでない方でも通常よりは量は控えるようにしましょう。体質によって許容域は異なるため、具体的な量についてはご紹介できませんが、あくまでも嗜む程度に留めるのがポイントです。

日本人が特に飲酒量に気をつけなければならない理由

日本人は、酒に弱い人が多いとされています。これは日本人には分解酵素を持たない人が多いため、アルコールをうまく分解できないことに影響しています。ただでさえも、お酒に弱い方が多いため、飲酒量には最善の注意を払いましょう。また、薬を服用しながらの飲酒はあまりある機会でもありません。普段のようにはいかない可能性も念頭に置きましょう。

【要注意】服用後の多量な飲酒が与える3つの影響

基本的にアルコールにより効果が左右されづらい傾向にあるバイアグラですが、多量の飲酒の場合は次のような影響もあります。多量の飲酒が及ぼす3つの影響についてご紹介します。

急性アルコール中毒

アルコールには安定作用による影響があるとお伝えしましたが、限度を超えた飲酒は大変危険です。安定作用を狙うがために、ついつい多量の飲酒をしてしまったがために、急性アルコール中毒などを発症してしまっては本末転倒です。安定作用を引き出すには、あくまでの少量の飲酒に留めましょう。

神経伝達の影響

お酒を飲むとアルコールは体全身をめぐって、当然ながら脳にも影響を及ぼします。特に神経伝達に関連する機能に対して、アルコールが作用することは、車の飲酒運転禁止などの例からも集中力や判断力が鈍ることで知られています。アルコールは適量であれば問題ありませんが、たくさんの量を一度に飲んだり、短期間に何回も摂取したりするとアルコールの過剰摂取となります。普段飲まない量を飲んだりするのも含まれます。

アルコールは神経伝達に影響し、機能を低下させます。特に神経伝達でアルコールが作用して脳波が伝わりづらくなることです。人によってはアルコールの量次第で、本来の目的である勃起する脳内作用が低下してしまう恐れがあります。

低血圧の症状

低血圧の方はバイアグラと飲酒の相乗効果(血管拡張のダブル作用で)ふらついたりすることがあります。本来、単独であればそれほど気をつける必要のない作用ですが、低血圧の方はバイアグラを服用する際に飲酒はできる限り控えましょう。どうしても低血圧の方で飲酒が避けられない方は、先に医師に相談を済ませてから使用します。また、お酒を一緒に飲むことが問題ないと診断されても、飲む量は普段より少なめの方が良いでしょう。

(※3)

 

飲酒は適度に行いバイアグラを効果的に利用

バイアグラとお酒の飲みあわせを試みる際は、自分に効果のある飲酒量を把握することが大切です。お酒を飲みすぎれば、アルコールの作用の恩恵が受けることができません。お酒に弱い方や低血圧の方は特に飲酒の量は慎重にすることです。アルコールの作用が強く出すぎて、勃起ができなくなったり、低血圧に拍車をかけたりしないように気をつけて飲み合わせをしましょう。


※1)ファイザー、バイアグラ添付文書
https://pfizerpro.jp/documents/lpd/vgr01lpd.pdf

※2)e-ヘルスネット
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-02-003.html

※3)ファイザーバイアグラ、インタビューフォーム
https://pfizerpro.jp/documents/if/vgr/vgr01if.pdf