レビトラ

保険は利く?病院でレビトラ(10mg・20mg)を処方してもらおう!

水に溶けやすいという性質を持つレビトラは、バイアグラやシアリスなどのED治療薬と比べ、効果を実感するまでの時間が短時間であるという特徴があります。よって、レビトラはできるだけ早く効果を実感したいという方に服用されやすいED治療薬です。しかし、レビトラには併用できない薬もありますし、体質によって服用できない場合もあります。よって、誰もが気軽に服用できるものではありません。効果を実感したいのであれば、病院で診察を受け、医師の指導の下で服用することが大切です。

誰もが服用できるわけではない

残念ながら、レビトラは心臓や心血管に問題がある方や重い肝機能障害を患っている方は服用できません。その他にも、先天的に不整脈のある方、重度の低血圧・高血圧の方なども服用できません。これらの症状を抱えている方がレビトラを服用すると、現在抱えている病気を悪化させてしまう可能性も考えられます。また、硝酸剤、抗ウイルス薬、内服の抗真菌薬などを常用している方もレビトラを服用することができません。持病をお持ちの方や常用薬がある方は病院で相談をして、安全面を確認した上で服用しましょう。

レビトラは健康保険が適応されない

レビトラには、5mg、10mg、20mgがあり、多くの病院では10mgと20mgを取り扱っています。1錠あたりの価格は、10mgで約1,500円、20mgで約2,000円です。
レビトラをはじめとしたED治療薬には、健康保険が適応されません。健康保険の適応外ということは、薬代だけでなく病院での診察代も全額負担になってしまうことを意味しています。EDは、成人男性の活動を妨げる病気であり、日本人では1,130万人もの人々がEDに悩まされています。(※1)
今後はED治療に健康保険が適応される可能性はありますが、残念ながら現在はまだ保険適応外です。保険が適応されず薬代が全額負担になると、中にはレビトラの服用が経済的な負担となってしまう方もいるかもしれません。
この点、ジェネリック医薬品であれば10mgでも20mgでも、1錠数百円から購入することが可能です。また、ジェネリック医薬品では10mgと20mgだけでなく、40mgや60mgといった含有量の多いものも販売されています。含有量が多いということは、その分効果を感じられる可能性もありますが、それだけでなく予測できない健康被害が懸念されます。(※2)
日本国内で販売が承認されているのは、5mg、10mg、20mgであるため、40mgや60mgといった含有量の多いものは病院では処方されていません。それだけでなく、国内ではレビトラのジェネリック医薬品なるものを製造・販売しているところはありません。よって、ジェネリック医薬品を購入するには、個人代行輸入業者を利用し、海外のものを購入するしかないのです。ジェネリック医薬品は安く購入することができますが、安いからといって海外の未承認薬を安易に購入するのは危険です。海外から購入したED治療薬を服用して健康被害を及ぼしたという報告もされています。(※2)

正しく使用するために

病院できちんと処方されたものであれば、公的な制度である医薬品副作用被害救済制度を受けることができます。これは、病院で処方された医薬品を正しく使用したにもかかわらず、一定以上の副作用によって健康被害にあった場合、治療費の一部を負担してもらうことができるというものです。しかし、個人輸入によって入手したものであればこの公的制度を受けることができないのです。
レビトラは、体質や常備薬によっては服用できない場合が多くあります。安全に正しく服用するためにも、病院で診察を受けた上で処方してもらうことが大切です。

参考記事

※1日本新薬株式会社 EDケアサポート ED(勃起不全)とは?
https://www.ed-care-support.jp/abouted/about.php

※2日本新薬株式会社 EDケアサポート ED治療薬の偽造薬にご注意
https://www.ed-care-support.jp/fake/

■記事公開日
2016年1月29日公開

■監修医師
西澤 康平(医療法人社団イースト会)

医師の詳細なプロフィールはこちらご覧いただけます。
イースト駅前クリニックの医師一覧