ED 治療外来

ED治療

メインビジュアル

ED

バイアグラ

バイアグラジェネリック

シアリス

シアリスジェネリック

レビトラ

レビトラジェネリック

クリニック一覧

ED治療

勃起しない時に考えたいこと?運動や食事改善などの対策について

最終更新日:

勃起障害(ED)は年齢に関係なく誰にでも起こりうるトラブルです。EDを引き起こす危険因子は様々あり、1つではなく複合的に絡み合っている可能性も。注意しなければならないのは、勃起しない原因が部分的な男性器機能の低下だけではないことです。実は勃起障害は、糖尿病・高血圧・腎臓病・神経疾患・喫煙習慣などベースとなる危険因子が存在して、その1つの症状として引き起こされている可能性があります。この記事では、EDの主な原因・対処法・ED予防の注意点について詳しく解説していきます。

この記事の監修者

西澤 康平

プロフィール

2006年北海道大学医学部を卒業。札幌医科大学付属病院での研修医や、釧路優心病院精神科での勤務医を経て、2017年10月よりイースト駅前クリニック京都四条烏丸院の院長を務め、2020年10月より池袋院の院長となる。趣味はスポーツ全般、特に野球が好き。

目次※知りたい情報をクリック

全国対応

オンライン診療のご案内

お電話一つで診察・処方

診診察から処方までお電話やオンラインアプリで完結出来るため、通院の必要が無く、待ち時間が解消されます。
移動時間や移動コストが掛からなくなります。

※当日の診察状況によりお待たせすることがあります。何卒ご了承ください。

勃起しないのはなぜ?

勃起障害の可能性があります

日本泌尿器科学会では勃起障害を“満足な性行為を行うのに十分な勃起が得られないか、または維持できない状態が持続または再発すること”と定義しています。

セックス時に勃起しない場合、勃起障害が疑われます。

(※1)

EDの主な原因

  • 加齢
  • 糖尿病
  • 肥満と運動不足
  • 心血管疾患および高血圧
  • 喫煙、テストステロン低下
  • 慢性腎臓病と下部尿路症状
  • 神経疾患、外傷および手術
  • 心理的および精神疾患的要素
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 服用中の薬剤による副作用
  • など

冒頭でも解説した通り、EDの原因は単純ではなく、身体全体の異常を示す1つの症状である可能性があります。ここで挙げている原因は加齢や心理的要素など容易にEDとの関連が結びつくもののあれば、糖尿病・睡眠時無呼吸症候群など一見EDとは全く関係のなさそうな疾患まで含まれています。

一方で、EDの原因を特定できればEDをすぐに治せることもあります。例えば、喫煙や降圧剤・抗うつ薬・前立腺肥大症といった薬の副作用が原因の場合。禁煙を開始する、あるいは原因となる薬剤の種類を別のものに変えるだけでEDが治る可能性があります。

そのため、EDが続くようであれば、なるべく早く専門のクリニックで診てもらい、ベースとなる疾患が存在しないか、EDの危険因子が何かを調べてもらうことをおすすめします。

自宅でできるED対策

自宅でできるED対策

  • 対策1 食生活の改善
  • 対策2 EDに有効な筋トレをする
  • 対策3 「禁煙」する
  • 対策4 パートナーとの話し合い

EDの治療と並行して、自分でできる対処法があります。薬物治療に加えて、ここで紹介する対処法を取り入れる、より早く効果的にEDを改善しましょう。

EDの原因の多くが肥満・高血圧・糖尿病など生活習慣と密接に結びついている疾患が多く、生活習慣の見直しが非常に重要です。生活習慣で私たちが最も意識的に改善できるのが食生活と運動。EDにスポットライトを当てた食生活の改善・運動法について紹介します。

食生活を改善する

栄養素 代表的な食事
亜鉛 牡蠣/チーズ/豚肉/卵黄 など
シルトリン スイカ/メロン/冬瓜/へちま など
DHA/EPA イワシ/サンマ/サバ/サケ/アジ など

上記がED改善において、有効な栄養素です。いずれの栄養素も、勃起の工程をサポートします。
亜鉛は勃起に関わる男性ホルモン「テストステロン」の分泌を高めます。亜鉛不足はEDだけでなく、男性不妊や抜け毛を引き起こすこともある重要な栄養素。シトルリンは勃起に必要な陰茎の血管を広げるのに欠かせない、一酸化窒素(NO)の生成を促します。また、DHA/EPAは中性脂肪を減らし血液をサラサラにして血流を改善することで陰茎海綿体へ十分な血液が送られるように働きます。

これらの栄養素を食品あるいはサプリなどから積極的に摂取しましょう。
一方で、高カロリー・高塩分・高脂肪食は全身の血液の流れを悪くし、陰茎の血行不良を引き起こす恐れがあります。不健康な食生活を続けているとEDだけでなく動脈硬化や心筋梗塞など命に関わる病気を招く可能性があります。
EDをきっかけに食生活を見直しましょう。

(※2)

EDに有効な筋トレをする

もし運動不足を実感しているのであれば、運動習慣を取り入れたいところ。しかし、本格的にジムに通ったり新しくスポーツを始めたりするのは難しい人も多いでしょう。実は、ED改善に効果を絞った筋トレが存在します。

ED改善には、骨盤周りの筋トレが非常に効果的であると言われています。自宅で簡単にできる筋トレを毎日行い、ED予防・改善に努めましょう。EDに有効な筋トレについて以下に詳しくまとめてあります。

対策3 禁煙する

喫煙はEDのリスクファクター
でもあるので、禁煙はED対策として効果的であると考えられます。

ある試験では、禁煙ができた群において6ヶ月後の勃起機能が改善したと答えた人の割合が53.8%でした。禁煙できなかったグループでは28.1%だったため、禁煙によるEDへの効果がみられます。喫煙習慣のある方はタバコを控えてみましょう。

(※1)

対策4 パートナーとの話し合い

プレッシャーや焦りからくるEDの場合、パートナーから責められることで悪化してしまう可能性があります。「相手の期待に応えなければ」という不安はパートナーの反応が大きく影響してしまうのです。

そのためパートナーの精神的なケアはとても重要です。相手の期待に応えられない不安から勃起しなくなり、失敗。さらに不安が募っていくという悪循環はよくあるケースです。まずは「焦らないでも良い」という認識を共有できるようなケアが求められます。

海外ではカップルや夫婦で連れ添って来院する光景はよく見られるものです。当院でもパートナーと一緒に受診される患者様は多くいらっしゃいます。一緒に受診することで、EDへの理解が深まるだけでなく、二人で向き合っていく姿勢が不安を解消させてくれるでしょう。

【すぐに治療したい】クリニックでできるED(勃起障害)への対処法

概要
バイアグラ 知名度NO1のED治療薬。
ジェネリック医薬品(後発医薬品)も出ており、ED治療薬の中でもお求めやすい。
フィルムタイプもあり持ち運びにも便利。
シアリス 水に溶けやすく服用後の即効性が高いのが特徴。
その使用しやすさからファンも多い。
レビトラジェネリック 効果の持続時間が最大36時間というが大きな特徴。
服用後ゆっくりと吸収されるため副作用が出づらく、世界シェア42%の人気のED治療薬

EDには有効な治療薬が多数存在します。1錠当たり1,500円程度と決して安くはありませんが、EDが原因で不妊を引き起こしてしまったり、自信を損失して精神的にダメージを受けたりするよりは早期に治療を受ける方が賢明です。またジェネリック医薬品(後発医薬品)あるので価格を抑えることも可能です。

なお治療薬にはそれぞれ特徴があり、体質や症状に応じて適切なものを医師が処方する必要があります。一方で、「医師に相談するのが恥ずかしい」「薬代が高くつく」という理由から、インターネットでED治療薬を個人輸入する人がいます。しかし、ED治療薬は突出して偽造薬が多く、正規ルート以外で入手すると偽物を掴まされる可能性が高く非常に危険です。

偽造薬の中には、「有効成分が全く入っていないもの」「有効成分とは異なる成分が入っているもの」「有効成分の含有量が違うもの」などがあり、効果がないばかりか健康被害に遭うこともあります。ED治療薬は生涯服用し続けなければならない薬ではありません。
専門のクリニックで経験豊富な医師の診察を受けて、処方箋薬局で薬を購入しましょう。

イースト駅前クリニックではED専門の医師があなたの体質・症状に合ったED治療薬を処方します。もちろん、EDの原因となっている疾患がないかについてもお調べします。

ED対策における市販サプリの効果について

最近では、ドラッグストアや薬局において精力剤の栄養サプリメントが多く販売されています。サプリメントは医薬品ではなく、健康食品に分類されます。健康の維持増進に役立つ成分が配合されています。

例えば亜鉛は、骨や皮膚、肝臓、前立腺などにある成分です。タンパク質の合成にも関わり、精子の形成に重要な役割があることが知られているため、生殖機能の改善に役立つと考えられています。

しかし、精力剤として話題のマカなどの成分は、性欲の増加やEDの改善などに効果的と言われていますが、医学的な根拠はありません。

精力剤のサプリメントは手軽に入手することができますが、効果に関しては認められていなものもあるので注意しましょう。

ED(勃起障害)を予防するために注意すべきことはある?

生活習慣の改善を意識していきましょう

生活習慣の改善はEDの予防にも繋がります。
ED診療ガイドライン第3版 では、基礎疾患やリスク要因を抱えているED患者に生活習慣の改善の介入を行うと、EDが改善するという研究データが掲載されています。

  • 肥満のあるED患者:カロリー制限,体重減少プログラム,低カロリー食などの食事療法でED改善
  • メタボリックシンドロームのED患者:ED治療薬+週 3 回1 回 30 分の有酸素運動を併用してコントロール群に比べてEDが有意に改善
  • 高血圧のED患者:運動療法でED改善
  • 喫煙習慣のあるED患者:若年でED軽症の場合、禁煙によりED改善

これらのデータからもEDと生活習慣が密接に関係していることが分かると思います。

喫煙を止め、十分な睡眠を取り、減塩・低脂肪・低カロリーのバランス良い食生活を意識し、日常的に運動習慣を取り入れることがEDの予防につながるのです。

(※1)

勃起しない時はEDの可能性があります!早く効果を実感したいなら治療薬も要検討

EDは年齢と共にその有病率は上がっていきます。「すぐに治るだろう」と侮ってはいけません。EDは身体の異常を示す一つのサイン。

まずは危険因子が何かを特定することが大切です。早期に危険因子を取り除くと同時にED治療薬を服用すれば、EDは改善・完治できます。まずは専門の医師に診てもらいましょう。

イースト駅前クリニックでは、専門の医師による問診、ご自身にあったED治療薬の処方が可能です。ED治療に興味がある方は、お近くのイースト駅前クリニックにお立ち寄りください。

お近くのED治療専門クリニックを探す

クリニック一覧

参考URL

※1)日本泌尿器科学会、ED診療ガイドライン

https://www.urol.or.jp/lib/files/other/guideline/26_ed_v3.pdf

※2) 厚生労働省eJIM、 亜鉛 サプリメント・ビタミン・ミネラル

https://www.ejim.ncgg.go.jp/pro/overseas/c03/19.html

ED

バイアグラ

バイアグラジェネリック

シアリス

シアリスジェネリック

レビトラ

レビトラジェネリック

クリニック一覧

この記事の監修者

西澤 康平

プロフィール

2006年北海道大学医学部を卒業。札幌医科大学付属病院での研修医や、釧路優心病院精神科での勤務医を経て、2017年10月よりイースト駅前クリニック京都四条烏丸院の院長を務め、2020年10月より池袋院の院長となる。趣味はスポーツ全般、特に野球が好き。

イースト駅前クリニック所属医師

イースト駅前クリニックの医師一覧

当サイトの運営者情報はこちら

運営者情報

POINT

EDについてのよくあるお問合せ

ED治療薬を飲むとずっと勃起した状態なのですか?

ED治療薬の効果発現は、刺激があると勃起して刺激がなければ普通の状態のままでいることです。ずっと勃起したままの状態にはなりませんのでご安心ください。
ED治療薬の特徴は自然な勃起状態になることです。

いろいろ薬を飲んでいますがED治療薬は飲めますか?

ニトログリセリン(心臓の薬)との併用はできません。
ED治療薬を服用希望であれば、先ずは服用中の薬を持参して医師にご相談ください。また、併用禁忌の薬に関してはこちらをご参照ください。

バイアグラ、レビトラ、シアリスの違いってなんですか?

持続時間、有効成分、食事によって効果の出現が左右されるかなどの違いがあります。
詳細はこちらをご参照ください。

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:伊部 博行 医師仙台院院長:高橋 良和 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:松沼 寛 医師池袋院院長:西澤 康平 医師渋谷院院長:足立 和典 医師上野院院長:千葉 岳 医師秋葉原院院長:宮路 貴晶 医師新橋院院長:加藤 淳 医師町田院院長:永井 哲志 医師横浜院院長:松本 貴博 医師川崎院院長:岡田 和樹 医師大宮院院長:半田 譲 医師柏院院長:管野 隆治 医師静岡院院長:高柳 健二 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都院院長:稲垣 昌泰 医師大阪院院長:藤田 良治 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師天王寺院院長:東城 博雅 医師神戸三宮院院長:篁 隆雄 医師岡山院院長:橋詰 顕正 医師広島院院長:久保田 守 医師博多院院長:田中 修二 医師小倉院院長:倉員 忠弘 医師熊本院院長:師岡 公彦 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2022 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.