EDコラム

睡眠時無呼吸症候群(SAS)だとEDになりやすい!?

最終更新日:

漫然運転や居眠り運転の原因として近年注目を浴びているのが「SAS」です。SASとは「睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)」のことで、睡眠中に呼吸が止まった状態が継続的に繰り返される病気です。
そんなSASは様々な関連症状を引き起こすことでも知られており、男性性機能障害のEDもそのひとつです。SASになるとEDの発症リスクが高まるといわれています。
今回はSASの基礎知識、そしてEDとの関連性についてご紹介します。

SASとは?

SASとは睡眠時無呼吸症候群のことで、「Sleep Apnea Syndrome」の頭文字からSAS(サス)と呼ばれています。睡眠中に10秒以上の無呼吸状態が繰り返され、無呼吸となる状態が1時間に5回以上、または約7時間の睡眠中に30回以上起こる状態と定義されており、睡眠時間に対して無呼吸状態となる回数が5~15回数の場合には軽症、15~30回数では中等症、30回以上になれば重症に分類されます。
現在、日本におけるSASの潜在患者は約256万人といわれており、これは日本の人口の約2%にあたる数値です。このうち、中等症以上のSAS患者は約64万人と考えられていますが、実際に治療を受けている患者は4分の1の約15万人。SASの症状を甘くみて治療を受けない人もいれば、SASの自覚症状がない人もいるのでしょう。

SASの原因

SASの原因として最初にあげられるのが肥満です。肥満によって首周りに脂肪がつくと、その脂肪によって気道が塞がり、無呼吸状態が引き起こされてしまうのです。
また、SASには喉・顎まわりの形状や骨格も関与しています。扁桃腺や舌、軟口蓋が肥大している、口蓋垂が長い、首が短くて太い、下顎が小さく後退している、このような方は注意が必要です。
このほか、気道に浮腫みを引き起こす喫煙も原因のひとつとなっています。

SASの症状、それに伴う合併症と事故

SASの主な症状しては、睡眠中の呼吸停止、大きなイビキ、日中の眠気、起床時の頭痛、夜間頻尿、集中力の低下、不眠症、肥満などがあげられます。
また、SASでは睡眠時無呼吸のために血液中の酸素濃度が低下し、血液が固まりやすくなります。結果、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞といった重大な合併症を引き起こすこともあり、最悪、命を落とすことにもなりかねません。
また、SASは自分だけでなく、他の人の命まで危険にさらす可能性のある病気です。
米国バージニア州の調査で29名のSAS患者と35名の健常者の5年間の交通事故発生率を比率したところ、SAS患者の事故発生率は健常者の約7倍にも及んだといいます。また、SAS患者の事故発生率は重症度が増すにつれて高くなる傾向があることも明らかとなりました。
日常において自動車を運転する人は、尚、SASに注意しなくてはなりません。既に疑いがあるという人は、早急に病院で診てもらいましょう。

SASとED

男性性機能障害のEDもSASの症状のひとつです。
実際に欧米での調査による報告では、1,025名のED患者のうち43.8%の人が軽度のSASを、19.6%の人が中等以上のSASを患っていたといいます。また、SAS患者に対する調査においては、48%の人が射精障害や性欲低下がみられたと回答。SASは男性の性機能に支障をきたすものであるということが明らかとなったのです。
なお、原因としては、睡眠時の呼吸停止による夜間酸素飽和度の低下が考えられています。血液中の酸素濃度が低下して血が固まりやすくなることから動脈硬化などの血管障害を引き起こされ、勃起に関与する血流の流れが悪化してしまうのです。

SASの治療でEDも改善!?

病院などの診断で中等度から重度のSASと判断されれば、治療が必要になります。
SASの主な治療法としてあげられるのが、経鼻的持続陽圧呼吸療法です。経鼻的持続陽圧呼吸療法では、鼻に簡単なマスクを付け、適切な圧力をかけた空気を鼻から持続的に送り込んでいきます。無呼吸が改善されるように気道を押し広げていくのです。
経鼻的持続陽圧呼吸療法は自宅でも行うことができ、健康保険も適用されることから人気のSASの治療法です。治療1日目の夜から無呼吸数の減少や動脈血の酸素量の改善といった効果が現れるようになり、継続的に治療を続ければ日中の強い眠気や居眠りも改善されます。
なお、経鼻的持続陽圧呼吸療法は、SASによるEDにも効果的です。SASを合併した17名のED患者が経鼻的持続陽圧呼吸療法を実践したところ、わずか1ヶ月で13名のEDが改善したと報告されています。
また、経鼻的持続陽圧呼吸療法とED専門のクリニックなどで取り扱われているバイアグラシアリスなどのPDE5阻害薬を併用した治療を行うと、さらにED治療の効果が高くなるといわれています。SASとED、両方の症状を抱える人は、医師の診断のもと、ふたつの治療を同時に試してみるのも良いかもしれません。

■イースト駅前クリニック医師のご紹介
イースト駅前クリニック各医院の医師はこちらからご覧いただけます。

この記事の監修者

瀬田 真一の写真
瀬田 真一の写真

瀬田 真一

イースト駅前クリニック 横浜院 院長


1996年03月 聖マリアンナ医科大学医学部卒業、1996年05月 聖マリアンナ医科大学 第一外科入局、2003年04月 聖マリアンナ医科大学 消化器一般外科勤務、2005年04月 聖マリアンナ医科大学 横浜市西部病院外科医長、 2011年7月 イースト駅前クリニック新橋院 院長就任、2016年04月 イースト駅前クリニック横浜院 院長就任