EDコラム

【医師監修】物理的に勃起が阻害されるED(勃起不全)、「器質性ED」

最終更新日:

EDには様々な種類があります。どのEDを患っているかで治療方法や治療期間が異なるため、「もしかしてEDかも」とお悩みの方は、各EDの種類を把握して自分の症状と照らし合わせてみましょう。
ここでは、血管・神経・内分泌・外傷などの物理的な身体機能の障害によって引き起こされる「器質性ED」についてご紹介します。

器質性EDの特徴

EDの原因として心の問題が取り上げられることが多いですが、物理的な身体の障害が原因で引き起こされるEDもあります。医学的には、それらをまとめて器質性EDと呼んでいます。

具体的には、勃起に関わる各神経、組織、血管系、または陰茎自体の異常などの解剖学的な問題が原因で発症するEDを指します。また、男性ホルモンの分泌阻害によって発生する内分泌性障害や陰茎折症・脊髄損傷など、外傷の後遺症として発生する性機能障害も器質性EDに含まれます。

器質性EDの種類

器質性EDは、身体の機能や器官によって、さらに細かく分類されています。器質性EDとして分類されているのは以下の4つです。

・血管性

勃起は、陰茎の海綿体に血液が充満することで起こる反応です。そのため、勃起と血管は切っても切れない関係で、血管の障害はEDの原因となります。血管性EDは、海綿体の動脈硬化や勃起時の整脈閉鎖機構の機能障害、骨盤外傷、手術後の血流障害など、海綿体への血液の流入が制限されることで発症します。

・神経性

勃起は、脳から性的な刺激が陰茎に伝達することによって起こります。しかし、何らかの原因で神経伝達に問題が発生すると、EDとなります。一般的には「脳血管障害やパーキンソン病による中枢神経の障害」、「脊髄損傷による脊髄神経の障害」、「膀胱がん摘出手術、前立腺がん摘出手術などによる抹消神経の障害」の3つが、神経性EDの主な原因とされています。

・内分泌性

内分泌はおおまかにいうと、男性ホルモンのテストステロンを指します。何らかの理由で、テストステロンの分泌が阻害されると、勃起や射精などを促進するドーパミンが増えず、勃起障害へと繋がります。また、男性ホルモンが減少すると平滑筋が十分に緩まず、陰茎に流入する血液の量が制限され、勃起障害を引き起こします。

・外傷・手術

「外傷によって陰茎が傷つく、先天的な陰茎の奇形」 「頭部外傷・骨盤骨折及び、それに伴う手術の影響」、こういった要因によって引き起こされる勃起不全が外傷・手術によるEDです。また、「勃たない」という一般的なEDのほかに、勃起時に陰茎が不自然に折れ曲がるペロニー病(陰茎形成性硬化症)もEDの一種として扱われます。

 

器質性EDの診断方法

器質性EDという分類の中でも、血管性、神経性、内分泌性、外傷・手術など、種類がどんどん枝分かれしていくED。適切な検査・診断によって症状を突き止めることが、ED改善への近道です。ここでは、EDの診断方法についてご紹介します。

・勃起機能検査

ED専門のクリニックなどで最初に行われるのは勃起機能検査です。この検査によって、心因性か機能性か器質性かがわかります。検査ではED問診票への記入。性的な刺激での誘発、レム睡眠時に起こる勃起を測定して記録するという検査が行われます。

・器質的要因の検査

勃起機能検査で、勃起が認められない場合、血管、神経、内分泌を検査して、原因を探っていきます。

1.血管の検査

陰茎の勃起を誘発する成分を海綿体に注射して、勃起が起こるかどうかを検査します。この注射によって勃起が起こらなければ、血管障害によるEDの可能性が高まります。

2.神経の検査

中枢神経・末梢神経の理学的検査を行います。肛門周囲と会陰部(睾丸と肛門の間)で触覚・痛覚・温度覚などの知覚検査と反射検査を行います。この検査で神経伝達がスムーズに行われているかを判断することができます。

3.内分泌検査

性欲や勃起を促す男性ホルモンのテストステロンなどの勃起に関わる内分泌の測定を行います。ホルモンの測定値から性腺機能低下症と判断された場合、内分泌障害によるEDの可能性が高まります。

器質性EDの治療

検査・診断によって、EDの種類が特定されれば、それに応じた治療が行なわれます。

・血管系の治療

器質性EDの中でも血管系の場合は、血管系には血管作動薬の注射を行います。陰茎に直接注射で注入することによって、勃起が誘発されます。日本では医師法で自己注射が禁止されているため、ED専門クリニックなどで受ける必要があります。

・神経系の治療

手術などで神経系が障害を受けても、時間が経てば部分的に修復され、自然にEDが改善する場合があります。どの程度の時間で修復されるかは人によって違うため、その間の勃起補助としてバイアグラを処方したり陰圧式勃起補助具を使用します。

・内分泌系の治療

検査によって男性ホルモンのテストステロンの数値が低い場合は、ホルモン治療を行います。男性ホルモン補助注射は精子を作る機能を低下させる恐れがあるため、まずは性腺刺激ホルモンを筋肉注射して、睾丸からの男性ホルモンの分泌を促します。それでも改善しない場合は、男性ホルモン補助治療を行います。

器質性EDは、身体の機能の問題によって物理的に勃起が阻害されるため、しっかりとした検査・診断を行えば、治療方法が明確になっていきます。ここで紹介した治療方法でも改善が見込めない場合は、陰茎海綿体の移植手術など、外科手術も視野に入れて治療を進めていきます。外傷によるEDなどの場合は、手術によるED治療が効果的な場合もあります。

EDは、多くの男性が悩む症状。長年に渡って治療の研究が進み、今ではさまざまな方法で症状改善が期待できます。「もしかしてEDかも……」とお悩みの方は、一度専門のクリニックで検査を受けてみてはいかがでしょうか。

■イースト駅前クリニック医師のご紹介
イースト駅前クリニック各医院の医師はこちらからご覧いただけます。

この記事の監修者

平田 勝俊の写真
平田 勝俊の写真

平田 勝俊

1987年03月 長崎大学医学部卒業
1987年06月 長崎大学病院 脳神経外科入局
1993年08月 北九州市立八幡病院 部長
2001年09月 福岡徳洲会病院 医長
2002年12月 ひらた脳神経外科クリニック 院長
2019年08月 イースト駅前クリニック名古屋院 院長就任

バイアグラ

食事の影響を受けやすいという欠点もありますが、バイアグラは1999年に発売開始されてからED治療薬として長い間多くの患者様に服用されています。

バイアグラジェネリック

2014年にバイアグラ(ファイザー製薬)の特許が切れ、日本のジェネリック医薬品メーカーがバイアグラの後発薬を発売しています。

バイアグラジェネリックについて詳しくはこちら

レビトラ

体内への吸収が速いため即効性があるといわれています。また作用時間も長いED治療薬です

シアリス

シアリスは36時間と長い時間効果が持続します。服用のタイミングを考えたり、プレッシャーや焦りを感じる必要がありません。