バイアグラ

【バイアグラの副作用】頭痛やめまい、目・心臓・への影響や対処法など

最終更新日:

バイアグラはED治療薬の一種。固く持続性のある勃起を可能にします。しかし、バイアグラはほてりや紅潮、頭痛、目の充血、血圧低下といった副作用が現れるとされる薬です。安全に使用するには正しい使用法を守らなくてはなりません。そこで今回は、バイアグラの服用を開始する前の注意点とチェックすべきポイントについて詳しく解説します。

重要なお知らせ

オンラインでの診察、ご自宅に処方をお送りいたします。詳しくは、下記にお電話ください。
※患者様の安全を最優先とし、一時的な措置として行います。(送料・手数料も無料で対応致します)

新宿西口院:03-6258-181803-6258-1818
(受付時間:10:00~18:00)

▼18:00以降は下記の院にて受け付けております。

新宿東口院:03-5363-118103-5363-1181
(受付時間:18:00~21:00)

ご来院での診察も可能です。

目次※知りたい情報をクリック

バイアグラの代表的副作用

発生率
血管拡張(ほてり、潮紅) 5.78%
頭痛 3.87%
消化不良・腹痛・視覚症状 0.1~1%未満

バイアグラの副作用には血管拡張によるほてりや、頭痛消化不良・腹痛や視覚症状などが挙げられます。こうした症状が出た場合は、一旦性行為を止め、ゆっくり休むように心がけましょう。

バイアグラの副作用への対処法についてはこちら

血管拡張(ほてり、潮紅)

発生率:5.78%

バイアグラの作用によって顔付近の血管が広がると、ほてりや頬の紅潮などが現れやすくなります。しかしこうした症状は自然に治まるため、過度に心配する必要はありません。

しかし、中には鼻への血流が増えすぎて粘膜が腫れ、頑固な鼻づまりや鼻血が見られることもあります。もし気になる場合は点鼻薬などの備えをしておきましょう。

頭痛

発生率:3.87%

バイアグラの効果である血管拡張により血圧が変化し、副作用として頭痛が起こるケースもあります。基本的に症状は軽いものですが、もし長引く場合は一旦休憩するなどで対処しましょう。

頭痛があまりにひどいと性行為に集中できず、結果的に効果が弱まってしまうことも考えられます。対策として市販の頭痛薬なども有効です。

消化不良・腹痛・視覚症状

発生率:0.1~1%未満

消化不良・腹痛・視覚症状が1%未満と稀ですが起きることがあります。視覚症状には目充血や彩視症などが挙げられますが、いずれも重篤な副作用はありません。

ただ目についてのバイアグラの副作用としては重篤なものの報告例、もしくは禁忌とされており重篤な症状が現れる場合もありえます。もし不安な場合はやはり医師への相談が不可欠です。

バイアグラの目への影響について詳しくはこちら

(※1、2)

バイアグラの副作用による死亡例はある?

バイアグラが効きすぎると、身体の様々な部位の血管が急激に広がるため血圧が低下することがあります。一時的に血圧が下がる分には大きな問題はありません。しかし中には発症の可能性は非常に低いのですが、脳への血流が低下することによって意識消失が起こることも。過去には用法や用量を守らずに誤った使用を繰り返したことで心停止に至り、命を落としたケースも報告されています。

医師の話を聞き正しく服用することで副作用を極力抑え効果的に服用できるでしょう。

過去には偽造薬による死亡例も

バイアグラの場合に注意が必要なのが偽造薬の存在です。数多くの偽造薬が出回るバイアグラは、海外輸入ではその割合がなんと4割という結果も。偽造薬の場合は成分に何が配合されているかわからず、重篤な副作用を引き起こす可能性もあり注意が必要です。

偽造薬の危険について詳しく知る

その他副作用について

胸痛/動悸/頻脈/めまい/傾眠(軽度の意識障害)/昏迷(繰り返し強く呼びかけると一瞬だけ反応がある状態)/AST(GOT/肝機能検査値)の増加/悪心(吐き気、胸がむかつくこと)/胃腸障害/口渇/消化不良/腹痛/鼻炎/関節痛/筋肉痛/発疹/眼充血/結膜炎/彩視症/視覚障害/疼痛/熱感
など

バイアグラの副作用として上記のような症状が出ることもあります。

心臓への影響

バイアグラを服用する際の注意として、心血管系障害が挙げられます。心臓疾患や高血圧などの薬と併用すると危険である場合が多いため、特に注意しましょう。

例えば硝酸薬を内服している場合は、絶対にバイアグラを服用してはいけません。もし心臓の疾患などを患っている場合は、医師に相談しバイアグラ使用ができるかどうかを確認してもらうことが重要です。

目への影響

バイアグラと目の関係性として、「網膜色素変性症」があります。

バイアグラの処方禁忌に指定されている網膜色素変性症は両眼性遺伝性の網膜疾患であり、視野狭窄や視力低下が進行し、失明に至る病気です。無症状である方も多く、気づかぬうちにバイアグラを服用してしまったということにもなりかねませんので、医師の診断を受けることが重要です。

バイアグラの副作用が現れたときの対処法

バイアグラを使用して先に述べたような何らかの副作用が生じたときは、無理に性行為を続けないようにしましょう。副作用が悪化することもあるので、一旦性交を中止してゆっくり休むことが大切です。特にほてりや紅潮などが起きたときは、室温や寝具を調節して身体を冷やし、頭痛がひどいときは患部を冷やすと症状がやわらぐことがあります。

もちろん痛み止めを服用するのも効果的ですので、それぞれの副作用に合わせた対策を行いましょう。

ED治療薬を使用していて頭痛がしたときの対処法について詳しく知る

(※1、2、3)

バイアグラの副作用に注意!不安な方は医師に相談を

バイアグラは全身に様々な副作用を生じやすい薬です。多くは自然と改善していきますが、不安のある方は使用を中止して医師に相談するようにしましょう。

また、バイアグラは持病や普段の服薬内容によっては服用を禁止されている方もいます。服用を開始するときは、必ず自身が禁忌事項に当てはまっていないかチェックすることが大切です。

しかし、自身で薬や持病のチェックを完璧に行うのは難しいものです。バイアグラの服用を検討している場合は、ED治療を行う医療機関を受診し、安全に服用できるか相談してみましょう。

お近くのED治療専門クリニックを探す

参考URL

※1)ファイザー株式会社、医薬品インタビューフォーム
https://pfizerpro.jp/documents/if/vgr/vgr01if.pdf

※2) ファイザー株式会社、バイアグラ添付文書
https://pfizerpro.jp/documents/lpd/vgr01lpd.pdf

※3)四国医学雑誌、バイアグラ(一般名:クエン酸シルデナフィル)の使用経験と前後研究による効果評価
https://www.tokushima-u.ac.jp/_files/00051347/shikokuacta60_3-4.pdf

バイアグラについてのよくある質問

  • バイアグラに副作用はありますか?

    バイアグラの副作用には主に、ほてり、潮紅、血圧低下、消化不良、CK(CPK)増加、頭痛などがあります。他のED治療薬の副作用については以下をご覧ください。

    レビトラの副作用についてはこちら
    シアリスの副作用についてはこちら

  • ED治療薬に副作用はありますか?

    ED治療薬の服用後に顔のほてり感をうったえる人がいらっしゃいます。これはED治療薬による血管拡張作用で、飲酒時の顔が熱くなって赤くなるのと同じとお考えください。
    他は頭痛、下痢、軽い色覚変化などが出る方も稀にいらっしゃいますが、一時的なものです。ED治療薬を服用する際に、頭痛薬や整腸剤をご使用いただければ防げることが多いです。どうしても気になる場合は、医師にご相談ください。

  • バイアグラの併用禁忌薬はありますか?

    バイアグラは、硝酸剤もしくは抗不整脈薬の併用が禁忌です。また、肝臓病を患っている方も服用できません。他のED治療薬の併用禁忌については以下をご覧ください。

    レビトラの併用禁忌についてはこちら
    シアリスの併用禁忌についてはこちら

バイアグラ

食事の影響を受けやすいという欠点もありますが、バイアグラは1999年に発売開始されてからED治療薬として長い間多くの患者様に服用されています。

バイアグラジェネリック

2014年にバイアグラ(ファイザー製薬)の特許が切れ、日本のジェネリック医薬品メーカーがバイアグラの後発薬を発売しています。

バイアグラジェネリックについて詳しくはこちら

レビトラ

体内への吸収が速いため即効性があるといわれています。また作用時間も長いED治療薬です

シアリス

シアリスは36時間と長い時間効果が持続します。服用のタイミングを考えたり、プレッシャーや焦りを感じる必要がありません。

診察・相談について

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
スマホ診察

スマホ診察

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:小林 浩 医師仙台院院長:大久保 直樹 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:伊藤 知英 医師新橋院院長:加藤 淳 医師横浜院院長:松本 貴博 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都四条烏丸院院長:西澤 康平 医師大阪院院長:新田 匡章 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師神戸三宮院院長:三田 浩一 医師岡山院院長:松沼 寛 医師広島院院長:西川 徹 医師博多院院長:田中 修二 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2020 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.