バイアグラ

バイアグラODフィルムとは?気になる効果や価格、飲み方について

最終更新日:

バイアグラODフィルムは超薄型フィルムに包まれたバイアグラです。口の中でサッと溶けるため水なしで服用可能。持ち運びも便利なため2016年の国内販売開始以来多くの愛用者がいます。そこで今回は、バイアグラODフィルムの効果や飲み方、価格、入手方法などを詳しく解説します。

目次※知りたい情報をクリック

バイアグラODフィルムとは?

バイアグラODフィルムは「ODフィルム」に包まれたバイアグラです。バイアグラの製造元であるファイザー株式会社から2016年10月より発売されました。従来のバイアグラに比べ携帯性に優れ、水なしで服用できるのが特徴です。有効成分「シルデナフィル」の含有量は通常のバイアグラと変わりません。

バイアグラについて詳しく見る

そもそもODフィルムとは?

「ODフィルム」とは水なしでも服用できるよう設計された口腔内崩壊剤です。形状は薄く、フィルムのような印象です。この薄さにより表面積を大きくでき、溶けやすく、水なしでも容易に服用できるのが特徴です。「ODフィルム」は薬が傷つかないようアルミ包装されており、お財布やカバンに入れて手軽に持ち歩くことができます。 (※1)

バイアグラODフィルムの3つのメリット

・口腔内で速やかに溶ける
・水なしで服用できる
・携帯性にすぐれている

バイアグラODフィルムは従来の錠剤タイプのものと同量の有効成分「シルデナフィル」を含みます。では、新たに販売されたバイアグラODフィルムには、従来の錠剤と比べてどのような点が異なるのでしょうか?従来の錠剤にはないメリットを3つご紹介します。

口腔内で速やかに溶ける

ODフィルムは薬を薄く引き伸ばして表面積を増やすことで、口の中で簡単に溶けるよう設計されています。そのためバイアグラODフィルムも、口の中に入れるとあっという間に溶ける仕組みです。そのため錠剤が苦手な人も、難なく服用できるのがメリットの一つです。

水なしで服用できる

バイアグラODフィルムは従来の錠剤と異なり、水なしで服用することができます。この特徴から、使用シーンがより広がるだけでなく、よりスムーズに服用できるメリットがあります。

携帯性にすぐれている

バイアグラODフィルムは厚さ約0.2㎜と超薄型。アルミの袋に一枚一枚個包装されているため、持ち運びやすいのもメリットの一つです。サイズはシルデナフィルを50㎎含むタイプのもので64㎜×40㎜(縦×横)と小さめ。財布にもしのばせておける利便性に優れたサイズです。 (※1)

バイアグラODフィルムの飲み方(用法・用量)

バイアグラODフィルムは従来の錠剤タイプにはないメリットがあることが分かりました。では、実際にバイアグラODフィルムはどのように使用すればいいのでしょうか?用法・容量について詳しく見ていきましょう。

用法

バイアグラODフィルムは従来の錠剤タイプと同様、性行為の一時間前に服用します。服用する際は、乾いた手でアルミ包装を開け、中からフィルムを取り出して舌の上にのせて唾液で溶かすようにしましょう。

濡れた手で触るとフィルムが溶けてしまうので注意しましょう。さらに、ODフィルムは素早く溶けるものの、口の中では吸収されません。溶けたものを唾液とともに飲み込むのが大事なポイントです。

また、フィルムが頬や上あごにくっついたり、口が乾いていたりするとうまく溶かすことができません。このような場合は少量の水と一緒に服用しましょう。

用量

バイアグラODフィルムは有効成分「シルデナフィル」を25㎎含むタイプのものと50㎎含むタイプのものがあります。通常は50㎎のものを使用しますが、65歳以上の方、肝臓や腎臓に障害がある方は身体に大きな負担が生じる可能性もありますので、25㎎のものを使用するよう推奨されています。

海外ではシルデナフィルを100㎎含むものも販売されていますが、安易に用量を増やして服用すると危険です。自己判断で摂取量を増やすのは控えましょう。 (※2)

バイアグラODフィルムの価格と入手方法

現在、日本国内で流通している正規のバイアグラODフィルムを入手するには、医療機関を受診して医師の処方を受ける必要があります。健康保険は適応になりませんので、診察料や薬代は全て実費です。かかる費用は医療機関によって異なりますが、具体的な相場を見てみましょう。

価格

目安価格
初診料 0~3000円
再診料 0~1500円
バイアグラODフィルム25㎎ 800~1500円
バイアグラODフィルム50㎎ 1000~1800円

まず、初診料や再診料ですが、これは医師の診察を受けるために必要な費用です。安全にバイアグラを服用できるか確認するため、血液検査などを行った場合はその費用も別途必要です。

近年ではED治療を専門的に行うクリニックも増えています。そのようなクリニックでは初診料や再診料が薬代に含まれることも。この場合、診察に必要な費用は実質ゼロです。

バイアグラODフィルム本体についての価格ですが、一枚当たりの値段は医療機関によって差があります。しかし2000円を越えることはまずありません。

中には1錠100~300円程度の安価なものもありますが、こうした錠剤については要注意です。ED治療薬は海外製の偽物も多く出回っています。薬の価格は医療機関で自由に設定することができますが、あまりにも安い価格設定をしているクリニックには注意しましょう。

入手方法

バイアグラは錠剤もODフィルムも、入手には医師の処方が必要です。薬局やドラッグストアで購入することはできません。

先にも述べましたが、バイアグラなどのED治療薬は偽物が非常に多く出回っています。インターネットでは医療機関で処方されるものより10分の1近い価格のものも。しかし価格面だけを重視し、こうした薬を安易に使用するのはおすすめできません。

正規のバイアグラODフィルムは医療機関でしか取扱いがありません。安全な性生活を送るためにも、必ず医療機関を受診するようにしましょう。

お近くのイースト駅前クリニックを探してみる

バイアグラODフィルムを服用する際の注意点

・禁忌(服用してはいけない人)を確認する
・併用禁忌の薬剤を確認する
・65歳以上は服用を慎重に判断する

バイアグラODフィルムを使用する際には、普段飲んでいる薬との飲み合わせを必ずチェックするようにしましょう。バイアグラは効果がある反面、副作用も起こりやすい薬です。特に、狭心症や不整脈の薬を服用している方が使用すると、急激な低血圧を引き起こして、意識消失を起こすことも。過去には国内で命を落とされた方もいます。

必ず、副作用と併用禁忌については確認を行い服用するようにしましょう。 (※2)

バイアグラの正しい飲み方・併用禁忌について今すぐ知る

バイアグラODフィルムの手軽さをぜひお試しください!

バイアグラODフィルムは新しいタイプのバイアグラです。口の中でサッと溶けるため水を飲まずに服用でき、薄く小型なため持ち運びも便利。従来の錠剤タイプにはない様々なメリットがあります。

バイアグラODフィルムを試してみたいと思ったら、まずは専門クリニックを受診して医師の診察を受けましょう。ODフィルムは偽物も多く出回っており、安易な考えで購入し使用すると思わぬ健康被害をもたらしかねません。安全で安心な性生活を送るためにも、医療機関で正規のものを処方してもらいましょう。

お近くのED治療専門クリニックを探す

参考URL

※1)ファイザー株式会社、勃起不全治療剤「バイアグラ®」の新剤形
(https://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2016/2016_10_21.html)
※2)ファイザー株式会社、バイアグラ添付文書
(https://pfizerpro.jp/documents/lpd/vgr01lpd.pdf)

バイアグラについてのよくある質問

  • ODフィルムには併用禁忌薬がありますか?

    併用禁忌薬については、錠剤のバイアグラと同様「硝酸剤およびNO供与剤」「アミオダロン塩酸塩(アンカロン錠)」「sGC刺激剤(アデムパス錠)」があげられます。その他にも持病などにより、ODフィルムの服用に注意が必要な方がいらっしゃいます。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ODフィルムには副作用がありますか?

    錠剤のバイアグラ同様、顔のほてりや目の充血などがあげられます。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ODフィルムはどこで入手できますか?

    当院で入手することができます。お近くのクリニックについてはこちらをご覧ください。

バイアグラ

食事の影響を受けやすいという欠点もありますが、バイアグラは1999年に発売開始されてからED治療薬として長い間多くの患者様に服用されています。

バイアグラジェネリック

2014年にバイアグラ(ファイザー製薬)の特許が切れ、日本のジェネリック医薬品メーカーがバイアグラの後発薬を発売しています。

バイアグラジェネリックについて詳しくはこちら

レビトラ

体内への吸収が速いため即効性があるといわれています。また作用時間も長いED治療薬です

シアリス

シアリスは36時間と長い時間効果が持続します。服用のタイミングを考えたり、プレッシャーや焦りを感じる必要がありません。

診察・相談について

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
スマホ診察

スマホ診察

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:小林 浩 医師仙台院院長:大久保 直樹 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:伊藤 知英 医師新橋院院長:加藤 淳 医師横浜院院長:松本 貴博 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都四条烏丸院院長:西澤 康平 医師大阪院院長:新田 匡章 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師神戸三宮院院長:三田 浩一 医師岡山院院長:松沼 寛 医師広島院院長:西川 徹 医師博多院院長:田中 修二 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2020 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.