メニューを閉じる

 > 
 > 
 > 
 > 
前立腺肥大症の治療薬、ザルティア錠はシアリスと同じもの?

シアリス

前立腺肥大症の治療薬、ザルティア錠はシアリスと同じもの?

ザルティア錠は、前立腺肥大症による排尿障害を治療する薬剤として厚生労働省に正式に認可されている薬剤です。このザルティアの一般名称は、シアリスと同じく「タダラフィル錠」です。
以下では、このザルティアについてご紹介します。

前立腺肥大症を適応とするザルティア錠

2people-214498_1280ザルティアは、ED治療と同じ作用を利用して、前立腺肥大症による排尿障害の改善を行う日本初の治療薬であり、上述したように一般名称をタダラフィル錠といいます。

 

結論からいうと、ザルティアとシアリスは同じ薬剤です。前立腺肥大症治療に用いる場合の販売名はザルティア、ED治療に用いる販売名はシアリスと、治療するための病気によって、薬剤の販売名・規格・コーティングが異なっているだけで、同じタダラフィル錠なのです。

 

アメリカの製薬会社であるイーライリリー社によって開発されて以来、シアリスという名称で勃起不全の治療に用いられてきたタダラフィル錠は、2011年、前立腺肥大症の治療にも用いることが可能とされました。それ以降、前立腺肥大症治療のためにシアリス5mgが処方されています。

しかし日本では、シアリスという販売名のまま前立腺肥大症治療薬として厚生労働省に認可を得ることはできませんでした。日本には、アメリカにはない健康保険制度があるためです。前立腺肥大症の治療薬としてタダラフィル錠を登録する場合、日本では健康保険制度が適用されます。しかし、ED治療薬のシアリスは保険適用外です。保険適用外になっている薬剤を同じ名称のまま、前立腺肥大症の場合のみ保険を適用するということは不可能でした。そのため、ザルティアと販売名称を変更し、保険が適用される薬剤として厚生労働省に認可を受けたのです。

よって、同じ薬剤であるにもかかわらず「名称が異なっているだけ」となっています。

シアリスが保険適用になる?

3doctor-548133_1920タダラフィル錠であるザルティアに保険が適用されることから、シアリスも保険適用になるのではないかと考える人もいるかもしれません。しかし、シアリスは保険適用にはなりません。上述したように、症状の違いから保険が適用されるかどうかが異なるために、同じタダラフィル錠であるにもかかわらず、わざわざ名称を変更して登録されているのです。今後もシアリスは保険適用外であるということは留意しておきましょう。

なお、「診察で前立腺肥大症であることを装えば健康保険適用でシアリスと同じ成分のザルティアが処方してもらえるか」というと、そのようなことはありません。ザルティアがED治療薬であるシアリスと同じ薬剤であることは、厚生労働省や医療機関にとって自明の事実です。そのため、前立腺肥大症治療にザルティアを用いることには慎重であり、厳重な確認を行うことになると考えられます。

ED治療を目的としたザルティア処方の落とし穴

万が一、ED治療を目的としてザルティアの処方を受けた場合には、医薬品副作用被害救済制度が利用できないというデメリットがあります。医薬品副作用被害救済制度とは、病院で処方された医薬品を適正に使用した場合に、ある一定以上の副作用があり健康被害にあったとされるときに治療費の一部を公的機関が負担するという制度です。

もしも前立腺肥大の症状を装ってED治療を目的としてザルティアの処方を受けた場合、薬剤が本来の治療目的と異なる用途で使用されたということになり、この医薬品副作用被害救済制度が利用できなくなります。

どの程度、どのような副作用があるのかは個人によって異なります。しかし、健康を脅かすような副作用が絶対に出ないとは、どのような薬も言い切れません。そのような状況を避けるためにも、保険適用外にはなりますが、ED治療の場合はきちんと医師に診断を受け、そこで薬剤の処方をしてもらうようにしましょう。

シアリスをもっと知る

一覧へ

シアリスの使用方法

一覧へ

シアリスの特徴

一覧へ

シアリスの体験談