シアリス

【ザルティアとは】EDへの効果・副作用・評判、シアリスとの違いを解説

最終更新日:

ザルティアとは、排尿障害を伴う前立腺肥大症の治療薬です。ED治療薬の一種であるシアリスと同じく、有効成分「タダラフィル」を含むため、EDへの治療効果も認められています。今回は、ザルティアとシアリスの違いや、ザルティアを使用する際の注意点などを詳しく解説します。

目次※知りたい情報をクリック

ザルティアとは

・前立腺肥大症に伴う排尿障害を改善する治療薬
・ED治療薬シアリスと同じく、有効成分は「タダラフィル」
・ED(勃起不全)への効果も認められている

ザルティアとは、ED治療薬シアリスと同じく、有効成分「タダラフィル」を含む薬剤です。シアリスに前立腺肥大症を改善する効果が認められたため、シアリスの販売開始から6年半後に「ザルティア」という名称の前立腺肥大症治療薬として販売が始まりました。当然、シアリスと有効成分が同じであるため、EDへの効果も認められています。

同じ会社から販売されている同一成分の薬剤。この両者にはどのような違いがあるのでしょうか。ザルティアの特徴とシアリスとの違い、服用の注意点などについて、詳しく見てみましょう。 (※1)

≫ザルティアと同じ成分の
シアリスについて基礎知識を詳しく見る≪

ザルティアとシアリスの違い

ザルティア シアリス
有効成分 タダラフィル
製造販売 日本イーライリリー株式会社
製造販売承認年月日 2014年1月 2007年7月
規格・含量 2.5mg
5mg
5mg
10mg
20mg
使用・処方の目的 前立腺肥大症に伴う排尿障害の改善 ED(勃起不全)の改善

ザルティアとシアリスは、共に有効成分としてタダラフィルを含む薬剤です。シアリスは、2007年にED治療薬として販売が開始されました。バイアグラなど従来のED治療薬にはない持続時間の長さや効果のマイルドさなどから、瞬く間に人気が高まり、現在では世界シェアNo.1のED治療薬です。タダラフィルの含有量によって5mg、10mg、20mgと3規格に分かれています。一般的には、1日1回10㎎を、効果が少ない場合は20㎎へ増量するといった用法です。腎臓の機能が悪い場合は、安全性を考慮して、少量の5mgが指示されます。

一方、シアリスに、前立腺肥大症による排尿障害を改善する効果もあることが分かり、2014年に、前立腺肥大症治療薬として販売が開始されたのがザルティアです。有効成分タダラフィルが2.5mgと5mg含まれる、2種の規格があります。シアリスと同じく、服用は1日1回です。また、シアリスが保険適用にならない反面、ザルティアは医学的に必要な病気の治療として用いられるため、保険適用になる点が大きな違いの一つと言ってよいでしょう。 (※1、2)

≫ザルティアと同成分である
シアリスのEDへの効果や飲み方について詳しく見る≪

ザルティアを購入・使用する際の注意点

繰り返しになりますが、ザルティアとシアリスは、形状などに差はあるものの、含まれる有効成分は同じです。ザルティアの処方は保険適用となるため、5㎎では1錠あたり70円前後で購入できます。一方、シアリスの処方は保険適用とはならず、医療機関で購入する場合、1錠あたりの相場は2000円前後。含まれる成分が同じであるものの、経済的な負担は大きく異なります。このため、「シアリスの代わりにザルティアを処方してもらえばよい」と考える方もいるでしょう。しかし、シアリスの代わりにザルティアを処方してもらうには、次のようなリスクもあります。

シアリスの代わりにザルティアを購入しても保険適用とならない

経済的な負担を軽減しようと、シアリスの代わりにザルティアを処方してもらおうと考える方は少なくありません。しかし、ザルティアはあくまで「排尿障害を伴う前立腺肥大症」に対して使用される薬剤。当然ながら、シアリスの代わりにED治療薬として使用する目的で処方された場合は保険適用とはなりません。

各医療機関には保険の正しい使い方がなされているか定期的に監査が行われます。前立腺肥大症に対してザルティアを処方するには、血液検査や超音波検査、腹部CT検査などによる検査を行い、前立腺肥大症と診断が下されていることが必須となります。 (※3)

医薬品副作用被害救済制度が適用されない

もしザルティアをシアリスの代わりに服用して、思わぬ副作用に襲われたとしても、「医薬品副作用救済制度」は適用となりません。タダラフィルには、ほてりや頭痛などいくつかの副作用が確認されています。ほとんどは軽度な症状のみで自然と回復していきますが、急激な血圧低下などを引き起こして入院治療が必要になるというレアケースも存在するのです。

日本には、厚生労働省が認可を下した薬剤によって副作用が現れた場合、その治療にかかる費用などを保障してくれる医薬品副作用救済制度が整っています。ザルティアも保証の対象となりますが、あくまで前立腺肥大症に対して使用した場合のみです。ED治療薬として使用された場合は、保証の適用となりませんので注意しましょう。 (※4)

≫同時に注意すべきなのが、
ED治療の偽造薬の危険性≪

ザルティアとシアリスは同成分。しかしED治療には必ずシアリスの服用を!

前立腺肥大症による排尿障害を改善する治療薬であるザルティアは、シアリスと同一の有効成分タダラフィルを含む薬剤です。しかし、ザルティアが保険適用となる一方、シアリスは保険適用とならないため、その価格差は約20倍に上ります。シアリスの代わりにザルティアの処方を考える方も少なくありませんが、今回ご紹介したように、用途が異なるとザルティアでも保険適用となりません。そして、医薬品副作用救済制度を利用できないというリスクも伴います。

また近年、インターネットなどに出回る、安価な海外製のシアリスジェネリックには偽物も多く、健康に害を与える成分が含まれるものもあるため注意が必要です。シアリスを購入する場合、多少価格が高くても医療機関を受診して、医師から正規品を処方してもらうようにしましょう。

≫お近くのイースト駅前クリニックを探す≪

参考URL

※1)日本新薬、前立腺肥大症に伴う排尿障害改善剤「ザルティア®錠2.5mg」「同5mg」新発売のお知らせ
https://www.nippon-shinyaku.co.jp/company_profile/news.php?id=283
※2)日本新薬株式会社・日本イーライリリー株式会社、シアリス添付文書
https://www.lillymedical.jp/assets/ja-jp/documents/CLS_PI.pdf
※3)厚生労働省、2013年11月29日 薬事・食品衛生審議会 医薬第一部会 議事録
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000050719.html
※4)独立行政法人医薬品医療機器総合機構、Q4 救済の対象とならない場合とは、どのような場合ですか。
https://www.pmda.go.jp/relief-services/adr-sufferers/0032.html

シアリスについてのよくある質問

  • ザルティアとシアリスはどう違うのですか?

    ザルティアとシアリスは、主成分が同様の医薬品ですが、使用の目的により販売名が変わります。ザルティアの目的が「前立腺肥大症に伴う排尿障害の改善」 なのに対し、シアリスは「ED(勃起不全)の改善」です。シアリスの特徴についてはこちらをご覧ください。

  • ザルティア錠はED治療のために処方されますか?

    ザルティア錠はED治療薬として処方されることはありません。これは、ザルティア錠が処方される目的が「前立腺肥大症に伴う排尿障害の改善」であり、保険適用の治療だということに起因します。ED治療薬としてザルティア錠の有効成分タダラフィルを服用したい場合は、シアリスを処方してもらいましょう。

  • タダラフィルとシアリスはどう違うのですか?

    タダラフィルはシアリスの有効成分です。そのため、シアリスを服用することでタダラフィルが作用します。シアリス(タダラフィル)の効果についてはこちらをご覧ください。

この記事の監修者

西川 徹
西川 徹

広島院

西川 徹

  • 高知医科大学医学部 卒業

  • 医療法人久会図南病院放射線科 勤務

  • 医療法人社団飛翔会 勤務

  • イースト駅前クリニック広島院 院長就任

バイアグラ

食事の影響を受けやすいという欠点もありますが、バイアグラは1999年に発売開始されてからED治療薬として長い間多くの患者様に服用されています。

バイアグラジェネリック

2014年にバイアグラ(ファイザー製薬)の特許が切れ、日本のジェネリック医薬品メーカーがバイアグラの後発薬を発売しています。

バイアグラジェネリックについて詳しくはこちら

レビトラ

体内への吸収が速いため即効性があるといわれています。また作用時間も長いED治療薬です

シアリス

シアリスは36時間と長い時間効果が持続します。服用のタイミングを考えたり、プレッシャーや焦りを感じる必要がありません。