メニューを閉じる

 > 
 > 
 > 
EDは離婚原因になる?EDの夫に対する妻の想い

EDについて

EDは離婚原因になる?EDの夫に対する妻の想い

性行為は、カップルや夫婦間における大切なコミュニケーションです。そのコミュニケーションを妨げるED(勃起不全)は、男性だけの問題ではなく、2人で解決すべき問題です。しかし、多くの男性はEDを認めたくないプライドや羞恥心から、ED治療に消極的です。
男性のED治療に対する消極的な言動は女性の恋心を冷まさせるだけでなく、最終的に女性の不貞や別れ話にまで発展する可能性があります。

EDは男性だけの悩みじゃない

2EDを発症したことに対してショックを受けるのは、男性だけではありません。場合によっては、彼氏や夫が勃起しなかったのは自分に魅力がないからと考えて自信を喪失する女性もいます。

なお、EDを自分だけの問題と考え、彼女や妻の気持ちを汲み取ることができない男性も少なからずいます。このような姿勢はパートナーである女性にとって決して前向きには映らないため、女性によっては愛想を尽かしてしまうというケースも考えられます。過去には、EDを発端として彼氏や夫の治療に対する姿勢が原因で破局したカップルや夫婦も多くみられます。

EDは離婚原因になる?

Dを発症した場合、子どもを望む妻から離婚を訴えられるというケースが考えられます。また、EDによって引き起こされるセックスレスが離婚の原因になるという場合もあります。

セックスレスは、離婚裁判において、離婚原因について書かれている民法770条1項の「その他婚姻を継続し難い重大な事由」に該当するかどうかでしばしば争われています。昭和62年には、京都地裁がセックスレスを原因とした離婚の判決を下したことがあります。

ED対策に応じるかどうかで気持ちは変わる

3EDを発症したときに、男性がEDの治療を前向きにとらえるかどうかで、女性の気持ちは大きく変わります。

もしも男性が積極的にED対策に応じれば、女性は愛を感じて、男性に対する想いが強くなるかもしれません。また、自分に魅力がないことをEDの原因と感じている女性たちを安心させることができます。逆に、もしもED対策に男性が応じなければ、女性は男性に対する想いが冷めてしまうかもしれません。

 

男性がED治療に積極的でなかったために女性が浮気や不倫に走ったり、別れ話を考えたりケースがみられます。

上述したように、EDは男性だけの問題ではなく、カップルや夫婦の関係継続にも影響を与える重大な問題です。EDが原因となる破局を避けるためにも、男性は彼女や妻の想いを汲んで、積極的にED対策に応じることが大切です。

一覧へ

EDについて