レビトラ

レビトラの服用で頭痛?ロキソニンの服用はOK?頭痛とED治療薬の関係や頭痛薬について

最終更新日:

レビトラで起きやすいとされる副作用である頭痛。多くの方が悩んでいるのではないでしょうか。今回はレビトラの副作用によって起きる頭痛について徹底解説します。また対処法やおすすめ頭痛薬も紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

目次※知りたい情報をクリック

レビトラの服用で頭痛が起きる?

レビトラはED治療薬の一種。他の薬より即効性のある高い勃起効果を得やすいとされています。しかし、その分、他のED治療薬よりも副作用が現れやすいというデメリットも。

その中でも多い副作用の一つとして「頭痛」が挙げられます。性行為中に頭痛が生じると行為そのものに集中できなくなることも少なくありません。

さらに詳しくレビトラの副作用についてみて見る

レビトラ服用で頭痛が起きるメカニズム

レビトラの作用は「血管を広げること」です。しかし、レビトラの効果は陰茎の血管のみに働くわけではありません。全身の血管に働くため、血管が広がることによる副作用が起こりやすいのです。

特に頭や顔の血管が広がると不快な症状を引き起こしやすいもの。頭の中を走る血管が広がると、周辺の神経を刺激してズキズキとした頭痛が現れるようになります。 (※1)

他の治療薬と比較!レビトラによる頭痛の特徴

ED治療薬における頭痛の発症率
発症率
レビトラ 12.3%
バイアグラ 3.87%
シアリス 1.3%

バイアグラとシアリスも有効成分は異なりますが、レビトラと同じく「PDE5」の働きを阻害して血管を広げる作用を持ちます。

このため、レビトラのように副作用として頭痛が現れることも。しかし、その発症率には大きな違いがあります。バイアグラとシアリスの頭痛の特徴を見てみましょう。

バイアグラの頭痛

バイアグラは服用後1時間ほどが最も高い効果が得られると当時に、副作用も現れやすくなります。

効果持続時間は5~6時間とされていますが、レビトラに比べてマイルドな効き目なため、頭痛は自然に治まることがほとんどです。

シアリスの頭痛

作用時間が24~36時間と非常に長いのが特徴で、3種類のED治療薬の中では最もマイルドな効果を発揮します。また、効果が現れやすいのは服用後1~4時間ほど。即効性にはやや劣るとされています。

シアリスはマイルドな効き目ですが、副作用が現れにくいのがメリットの一つです。レビトラやバイアグラのように血管を広げる作用を持つため、頭痛の副作用が現れることもあります。しかし、症状は軽度ですぐに改善することがほとんどです。 (※1、2、3)

レビトラの頭痛への対処法

・飲む量を減らす
・身体や部屋を暖め過ぎない
・頭痛薬を使用する

100%頭痛の発症を防ぐことはできませんが、上記のような対策がおすすめです。

レビトラによる頭痛は性行為の最中に生じることが多いため、症状が強いと行為に支障を来すことも少なくありません。性行為に集中できるよう、レビトラで頭痛が起こりやすい人は対策を行いましょう。

飲む量を減らす

有効成分が多く含まれるタイプほど高い効果が期待できますが、副作用も強くなります。頭痛がひどい場合は有効成分の含有量を下げるのも一つの方法です。

現在、日本で販売されているレビトラは有効成分「バルデナフィル」が5㎎、10㎎、20㎎含まれるタイプのものがあります。「20mgに増量している場合は10mg」「10mgの場合は5mgに減量」といった対策をしてみましょう。

身体や部屋を暖め過ぎない

レビトラで頭痛が起こりやすい人は、室温や寝具を調整して身体を暖め過ぎないよう心がけましょう。また、頭痛を感じ始めたら頭を冷やすと、スッと症状が改善することがあります。

私たちの身体には、体温が上がると熱を放散させるため血管を広げる仕組みが備わっています。このため、性行中に身体を暖め過ぎると血管が広がり、余計に頭痛が起こりやすくなります。

頭痛薬を使用する

レビトラで頭痛が起こりやすい人は、一緒に頭痛薬を服用すると頭痛の発症を抑えることも可能です。医療機関によってはレビトラと同時に頭痛薬を処方してくれることもありますので、医師に相談してみましょう。

レビトラの副作用に頭痛薬を使う際の注意点

頭痛薬はむやみに使用すると別の副作用を発生させてしまうことがあります。レビトラの副作用に頭痛薬を使用する場合の注意点をみていきましょう。

胃腸薬も一緒に

服用するときは予防的に胃を保護する性質のある胃腸薬を服用するようにしましょう。

一般的な頭痛薬は胃の粘膜にダメージを与える性質があります。特に、レビトラは空腹時に服用することが望ましいため、頭痛薬の成分が直接胃の粘膜にさらされてしまいがち。レビトラと頭痛薬を併用する場合は特に注意が必要です。

服用する頭痛薬の要件をチェックする

頭痛薬を使用するときは、量や回数を必ず守るようにしましょう。

市販の頭痛薬の中には、飲む量や一日の上限回数を守らずに服用を続けると「薬物乱用頭痛」を引き起こすものがあります。また、決められたとおりに服用しないと胃へのダメージも大きくなってしまうことが少なくありません。

レビトラなどのED治療薬に合わせて持っておきたい頭痛薬

では、実際にどのような頭痛薬を服用すればよいのか、おすすめの4種類をご紹介します。

ロキソニン

医療機関でも使用されている痛み止めです。市販薬の中で痛みを和らげる効果は高いですが、胃の粘膜にダメージを与えやすいというデメリットがあります。レビトラと併用するときは胃腸薬を忘れずに服用するようにしましょう。

ロキソニンを服用できないケース

・ロキソニンに対してアレルギーのある人
・服用して喘息などの症状が現れたことがある人
・胃・十二指腸潰瘍・肝臓病・腎臓病・心臓病などの治療を受けている人
・血液に異常がある人

イブA錠

痛みの元となるプロスタグランジンと呼ばれる物質の生成を抑える働きがある頭痛薬です。小粒で飲みやすく、副作用の心配も比較的少ないとされています。眠気のある成分も含まれていますので、性行為終了後に車を運転する予定のある人は注意してください。

イブA錠を服用できないケース

・イブA錠を服用してアレルギー症状が出たことがある方
・解熱鎮痛薬、かぜ薬を服用しぜんそくを起こしたことがある方
・血液に異常がある人

セデス錠

マイルドで副作用が少ないのが特徴の成分「アセトアミノフェン」が含まれた頭痛薬です。服用にあたっての制限はほとんどなく、小児から高齢者まで安心して使用できる痛み止めと言えるでしょう。

レビトラを服用するにあたっても特に注意すべきことはありませんが、まれに眠気が出ることもあるので性行為後の運転には注意しましょう。

セデス錠を服用できないケース

・セデス錠を服用してアレルギーを起こしたことがある方
・解熱鎮痛薬、かぜ薬を服用しぜんそくを起こしたことがある方

バファリン

痛みを抑える効果は高いものの、胃の粘膜にダメージを与える「アセチルサリチル酸」が配合された頭痛薬です。加えて胃への負担を軽減する成分も含まれているので、ダメージを抑えることもできます。

副作用も現れにくいですが、レビトラと併用する場合には胃腸薬も一緒に服用するとなおよいでしょう。

バファリンを服用できないケース

・バファリンを服用してアレルギーを起こしたことがある方
・解熱鎮痛薬、かぜ薬を服用しぜんそくを起こしたことがある方

(※4,5,6,7)

レビトラの副作用には頭痛薬で対処!用法・用量を守って使いましょう

レビトラは即効性があり、高い勃起効果を得ることができるED治療薬です。しかし、効き目が高い分、副作用が現れやすいのも事実。中でも頭痛は発症頻度の高い副作用です。

レビトラによる頭痛を予防するには、用量を抑えることも大切ですが、一緒に頭痛薬を服用するのもおすすめです。市販薬でも十分な効果がありますので、自分に合ったものを用法・用量を守って使用しましょう。

参考URL

※1)バイエル製薬株式会社、レビトラ錠添付文書
(https://pins.japic.or.jp/pdf/newPINS/00053147.pdf)
※2)日本イーライリリー株式会社、シアリス錠添付文書
(https://pins.japic.or.jp/pdf/newPINS/00053585.pdf)
※3)ファイザー株式会社、バイアグラ錠添付文書
(https://pins.japic.or.jp/pdf/newPINS/00066489.pdf)
※4)第一三共ヘルスケア株式会社、ロキソニンS添付文書
(https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/package_insert/pdf/loxonin-s_1.pdf)
※5)エスエス製薬、イブA錠
(https://www.ssp.co.jp/product/all/evea/)
※6)シオノギヘルスケア株式会社、新セデス錠添付文書
(http://www.shionogi-hc.co.jp/wellness/medicine/pain/ns/doc/NS_17.pdf)
※7)ライオン株式会社、バファリンA添付文書
(https://www.lion.co.jp/ja/products/pdf/066-01.pdf)

バイアグラ

食事の影響を受けやすいという欠点もありますが、バイアグラは1999年に発売開始されてからED治療薬として長い間多くの患者様に服用されています。

バイアグラジェネリック

2014年にバイアグラ(ファイザー製薬)の特許が切れ、日本のジェネリック医薬品メーカーがバイアグラの後発薬を発売しています。

バイアグラジェネリックについて詳しくはこちら

レビトラ

体内への吸収が速いため即効性があるといわれています。また作用時間も長いED治療薬です

シアリス

シアリスは36時間と長い時間効果が持続します。服用のタイミングを考えたり、プレッシャーや焦りを感じる必要がありません。

診察・相談について

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
スマホ診察

スマホ診察

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:小林 浩 医師仙台院院長:大久保 直樹 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:伊藤 知英 医師新橋院院長:加藤 淳 医師横浜院院長:松本 貴博 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都四条烏丸院院長:西澤 康平 医師大阪院院長:新田 匡章 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師神戸三宮院院長:三田 浩一 医師岡山院院長:松沼 寛 医師広島院院長:西川 徹 医師博多院院長:田中 修二 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2020 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.