レビトラ

お酒を飲んでも大丈夫?レビトラとアルコールの併用

男女がSEXに至るきっかけのひとつとしてあげられるのが、お酒。「お酒を飲んだ勢いでホテルへ行ってしまった」、「お酒の力を借りてパートナーを誘うのに成功した」という方は意外と多いはず。
とはいえ、せっかくお酒の席でパートナーとそういう雰囲気になってもアソコの元気がない状態では、すべてが台無し。パートナーをがっかりさせてしまうことになりかねません。最悪、女子会でネタにされてしまう可能性も……。
そこで頼りになるのがED治療薬のレビトラ。レビトラを服用すればEDでお悩みの方もその悩みを解消できる可能性があります。即効性のある効果で、十分な勃起を誘発することが可能となります。
しかし、ここでひとつ疑問が。ED治療薬といえ、医薬品は医薬品。医薬品の中にはお酒に含まれるアルコールとの併用が禁止されているものがあります。レビトラはアルコールと併用しても効果や安全性の面で大丈夫なのでしょうか?
そこで今回は、レビトラとアルコールの併用についてご紹介します。

ほどよい飲酒であれば問題なし

レビトラはお酒や食事の影響を受けにくいED治療薬とされています。お酒に含まれるアルコールと併用しても身体へ害が及びにくいので、パートナーとバーや居酒屋でホテルへ行く流れになった時も安心。その場でこっそり服用できるのもメリットです。
しかし、レビトラとアルコールの併用には、注意点があります。まず、ほどほどの飲酒量に留めることです。飲酒量が多いと、レビトラの効果が薄れてしまうことがあります。レビトラとアルコールを併用する際には、飲み過ぎに注意しましょう。
次に、お酒の弱い人です。お酒の弱い人がお酒でレビトラを服用すると、レビトラの拡張作用によってアルコールが一気に回り、倒れてしまうことがあります。よって、お酒の強さに自信のない方は、レビトラとアルコールの併用を避けるのが安全です。

適度なアルコールは、レビトラの効果を引き出してくれる

精神的な悩みやストレスによって起こる勃起障害を心因性EDと呼びます。その心因性EDの対策として飲酒も一つのよい方法だとされています。
お酒に含まれるアルコールには、心身をリラックスさせる作用があります。そのリラックス効果を利用すれば、精神的な悩みやストレスを軽減させることができます。結果、心因性EDの改善に繋がることもあるようです。
心因性EDの方などは、緊張や不安から勃起不全になってしまうケースがほとんど。そのため、レビトラで勃起を誘発できたとしても、落ち着いた状態で行為に及べないこともあるでしょう。
そんなときにお酒の力を借りれば、リラックス作用によって心身万全な状態で行為を楽しむことができます。機能的な面のみならず精神的な面でもSEXに不安があるという方は、レビトラの服用時に飲酒を行ってみるのも良いかもしれませんね。ただし、前項でもお話したように飲み過ぎは禁物。お酒でレビトラの相乗効果を生むためには、適度な飲酒量を心掛けましょう。

■記事公開日
2016年1月29日公開

■監修医師
西澤 康平(医療法人社団イースト会)

医師の詳細なプロフィールはこちらご覧いただけます。
イースト駅前クリニックの医師一覧