ED治療

漢方でEDは改善されるのか?その効果、種類を東洋医学的な観点から解説
※当院では漢方の取り扱いはありません

最終更新日:

古代中国から伝わる漢方薬の中には、EDに効果的とされるものが多くあります。副作用が少なく、手軽に購入できる漢方薬で、EDが改善すれば嬉しいものですね。そこで今回は、ED治療に用いられる漢方薬の種類や効果、注意点などを東洋医学的な観点から解説します。

この記事の監修者

田中 修二
田中 修二

博多院

田中 修二

2001年神戸大学医学部を卒業。福岡県福岡市の西岡病院での勤務を経て、2017年12月よりイースト駅前クリニック博多院の院長を務める。自身もAGA治療薬を使用し、効果を実感し続けているひとり。趣味はサーフィン。もちろん頭皮・頭髪のダメージを避けるため、海での紫外線対策は抜かりなく行っている。

目次※知りたい情報をクリック

漢方でEDは改善されるのか?

・漢方薬は、古代中国の時代からED治療に用いられてきた
・漢方薬によるED治療は、身体の内側から体質を改善することによるもの
・効かない場合は使用を中断し、西洋医学も検討する

EDに対しては様々な治療法がある中で、一つに、古代中国から開発が続けられてきた漢方薬を使用する方法もあります。EDの原因を薬によって根本的に取り除くという西洋医学とは異なり、漢方薬は、EDの原因となるエネルギー不足や精神的な不調を、身体の内側から改善しようとするものです。

古くからEDに効くとされている漢方薬として、代表的なもので、八味地黄丸、柴胡加竜骨牡蛎湯、補中益気湯などが挙げられます。これらには即効性はなく、効果の現れ方にも個人差があります。

西洋医学と東洋医学のEDに対する解釈

ED(勃起不全)は、古くから男性を悩ませてきた症状の一つです。そんなEDに対しては、現代のように医学が発展するはるか前から、様々な治療が行われてきました。

そもそも西洋医学と東洋医学の違いとは?

現在、世界で繰り広げられている医療には、大きく分けて「西洋医学」と「東洋医学」があります。簡単に区別すると、西洋医学は、病気や症状の原因を薬や手術などで取り除くことを主体とした医学。一方で、東洋医学は、身体の内側から体質を改善し、病気の予防や改善を目指す医学のことです。東洋医学は古代中国で発展し、日本にも広く普及しています。その一つが「漢方薬」です。

EDに対する西洋医学的な解釈

西洋医学において、EDとは、陰茎の血管が十分に拡張しないことによって引き起こされる症状です。男性は性的な興奮を感じると、脳からの指令により、血管を拡張する作用のある物質が盛んに生成されます。陰茎の血管が拡張し、血流が豊富になると、平常時はスカスカな構造の「海綿体」に血液が充満。その結果、陰茎の体積が大きくなって勃起が引き起こされるのです。

西洋医学では、このような勃起が引き起こされる流れのどこかに異常が生じることによって、EDが発症されると考えられています。そのため、主体となるのは「陰茎の血管を広げる」治療です。現在、世界で広く用いられるバイアグラをはじめとしたED治療薬も、血管を拡張する物質の分解を妨げる働きがあります。

≫西洋医学的なED治療について詳しく見る≪

EDに対する東洋医学的な解釈

東洋医学におけるEDは、「腎(じん)」のエネルギーが弱る「腎虚(じんきょ)」と呼ばれる状態によるものと考えられています。東洋医学の世界では、「腎」は生きるエネルギーを蓄える器官で、老眼、物忘れ、白髪など老化に伴う諸症状の多くは「腎虚」によるものです。EDもその一つ。エネルギー…、つまり精力の低下が、性欲減退やEDにつながると考えられています。東洋医学でのED治療の主体は、「腎虚」を改善し、精力増大を目指すことです。

また、EDは精神的な不調で引き起こされるケースも少なくありません。東洋医学では、精神的な不調によるEDは、身体の内側から心を落ち着かせれば改善されると考えられています。そのため、「腎虚」を改善する治療を行うことなく、精神的な不調を改善することに力を入れた治療も行われます。 (※1)

漢方のEDへの効果

古代中国の時代から伝わる漢方薬は、西洋医学で用いられるバイアグラなどのED治療薬よりも即効性が低く、効果の程度も人それぞれです。長く服用を続けても十分な効果が実感できないという方も少なくありません。

しかし、漢方薬はED治療薬と異なり、副作用が少なく、薬の飲み合わせなどで神経質になる必要はありません。ED治療薬による、いわば「強制的な勃起」ではなく、「自然に任せた勃起」を、じっくり時間をかけて叶えていきたい…という方は漢方薬がおすすめです。 (※1)

EDに用いられる主な漢方

では、EDに用いられる漢方薬には、どのような種類があるのでしょうか。現在、日本でも多く使用されている漢方薬をご紹介します。

八味地黄丸(はちみじおうがん)

東洋医学界のED治療薬の代表格です。「腎虚」を改善する作用が高いとされており、特に疲れやすさ、ダルさ、腰や足の冷え、しびれ、痛みなどを伴うEDに効果があると考えられています。8種類の生薬を用いて合成され、「地黄(じおう)」と呼ばれる物質が主成分です。このため、八味地黄丸以外にも「地黄」が含まれる「十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)」や「人参養栄湯(にんじんようえいとう)」などもED改善効果があるとの報告があります。

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

不安感や抑うつなど、精神的な不調によるEDに効果が高いとされています。この漢方薬は「漢方の向精神薬」とも呼ばれており、精神的不調に伴う動悸や不眠、円形脱毛症などにも効果的です。主成分は「柴胡(さいこ)」と呼ばれる生薬であり、同じ成分を含む柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)などもED改善効果があるとされています。

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

エネルギーの不足によって性欲が減退している方におすすめの漢方薬です。古代中国の時代から、EDに効果があるとされてきた歴史があります。食欲や物事に対する意欲がなく、冷え性で風邪を引きやすいタイプの方には特におススメ。身体の内側から胃腸の働きを高め、食欲を改善することでエネルギーを蓄えることができると考えられています。 (※2)

漢方の成分について

・マムシ
・スッポン
・高麗人参

EDに効果があるとされる漢方の成分は多く存在し、代表的なものは上記の通りです。特にマムシは、古代中国の時代から滋養強壮や精力増大を目指す漢方薬として、広く使用されてきました。現代科学の分析によれば、マムシには様々な種類のアミノ酸やビタミンが含まれており、血行改善などに効果があることが分かっています。西洋医学的な観点では、EDは陰茎の血行が悪くなることによって引き起こされる症状のため、マムシにもED改善効果があるように思われます。しかし、マムシ自体がEDを直接改善するのは眉唾ものとの考えも。「マムシ=精力増強剤」といったイメージを持つ方もいるでしょうが、マムシ自体には性欲をアップさせる効果はないと考えられていますので注意しましょう。

その他、精力増強効果があるとされている「スッポン」、精神的な不調を改善するとされる「高麗人参」などもEDに効果的な成分としてよく利用されています。

漢方による治療が難しい場合はED治療薬も検討してみましょう

漢方薬は古代中国の時代からED治療に用いられてきました。効果が現れるまでには時間がかかりますが、自然な勃起機能を取り戻すことが期待できます。しかし、漢方薬の効果は個人差が大きく、今回ご紹介した漢方薬の服用を続けても、十分な効果が得られない場合、漫然と飲み続けるのはおすすめできません。漢方薬を1~2か月ほど続け、効果が実感できない場合、バイアグラをはじめとした西洋医学における治療薬を試すことも一つの方法です。その際は、安心して服用できる正規のED治療薬を処方してくれる、ED治療専門クリニックを訪ねてみましょう。

≫お近くのイースト駅前クリニックを探す≪

参考URL

※1)医療関係者向けサイト漢方スクエア、勃起不全(ED)
(https://www.kampo-s.jp/web_magazine/back_number/186/bestchoice-186.htm)
※2)医療関係者向けサイト漢方スクエア、勃起障害の漢方治療
(https://www.kampo-s.jp/web_magazine/back_number/127/qa-127.htm)

この記事の監修者

田中 修二
田中 修二

博多院

田中 修二

2001年神戸大学医学部を卒業。福岡県福岡市の西岡病院での勤務を経て、2017年12月よりイースト駅前クリニック博多院の院長を務める。自身もAGA治療薬を使用し、効果を実感し続けているひとり。趣味はサーフィン。もちろん頭皮・頭髪のダメージを避けるため、海での紫外線対策は抜かりなく行っている。

バイアグラ

食事の影響を受けやすいという欠点もありますが、バイアグラは1999年に発売開始されてからED治療薬として長い間多くの患者様に服用されています。

バイアグラジェネリック

2014年にバイアグラ(ファイザー製薬)の特許が切れ、日本のジェネリック医薬品メーカーがバイアグラの後発薬を発売しています。

バイアグラジェネリックについて詳しくはこちら

レビトラ

体内への吸収が速いため即効性があるといわれています。また作用時間も長いED治療薬です

シアリス

シアリスは36時間と長い時間効果が持続します。服用のタイミングを考えたり、プレッシャーや焦りを感じる必要がありません。

診察・相談について

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
スマホ診察

スマホ診察

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:小林 浩 医師仙台院院長:大久保 直樹 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:伊藤 知英 医師新橋院院長:加藤 淳 医師横浜院院長:松本 貴博 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都四条烏丸院院長:西澤 康平 医師大阪院院長:新田 匡章 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師神戸三宮院院長:三田 浩一 医師岡山院院長:松沼 寛 医師広島院院長:西川 徹 医師博多院院長:田中 修二 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2020 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.