AGA治療

【医師監修】AGA治療に亜鉛などのサプリメントは効果ある?

最終更新日:

AGAの治療としては、プロペシアやザガーロなどを処方してもらうことで治療を行います。AGAは進行性の脱毛症であるため、治療をせずに放っておくと脱毛症状が加速してしまう恐れがあります。症状の進行を遅らせるのが、AGA治療薬というわけです。AGA治療薬は継続して服用する必要があり、早い人では3カ月くらいから効果表れ始めるといわれています。(※1、例:ザガーロの場合) ただ、3カ月もただ薬の効果を待っているのはつらいものです。プラスアルファのAGA対策として、サプリメントを始めてみるのもよいでしょう。そこでここでは、AGAにサプリメントが効果的かどうかについてお話しします。

【関連リンク】

デュタステリドの副作用とは?効果や処方方法、服用時における注意点も解説
【ミノキシジルの作用機序】メカニズムや効かない場合の原因・対策
デュタステリドを有効成分としたAGA治療薬。ザガーロとはどんな薬?
1日1mg上限の用量・用法を守ろう!プロペシアの安全・効果的な飲み方

この記事の監修者

三田 浩一
三田 浩一

神戸三宮院

三田 浩一

  • 鳥取大学医学部卒業

  • 大阪市立大学医学部附属病院 第二内科

  • (代謝内分泌病態内科学)入局

  • 医療法人厚生会

  • イースト駅前クリニック名古屋院

  • イースト駅前クリニック神戸三宮院 院長就任

AGA治療に効果的なサプリメントもある

最近では、日常的な栄養補給としてサプリメントを利用する人が増えています。数あるサプリメントの中にも、AGA対策に効果的だとみられている種類があるのです。例えば、ノコギリヤシや亜鉛、クルクミンエキスなどは代表的な例です。それぞれの成分について、効果的なポイントをチェックしていきましょう。

・ノコギリヤシ
AGAの原因物質である男性ホルモンのジヒドロテストステロンを生成させるときに関係する酵素が、5αリダクターゼです。ノコギリヤシは、5αリダクターゼを阻害するのに効果的な成分といわれています。ノコギリヤシは北アメリカに自生するヤシ科のハーブで、AGA治療薬のプロペシアに似た効果に期待できるのが魅力です。5αリダクターゼを阻害する作用を持つことから、ジヒドロテストステロンを抑制するためにも役立ちます。前立腺肥大にも効果的だと注目されている成分ですから、男性にはおなじみのサプリメント成分だといってよいでしょう。5αリダクターゼやアンドロゲン受容体の阻害作用については、実験でも証明されています。(※2) 天然植物由来の成分であることから副作用の心配はないものの、妊娠中の女性が間違って摂取してしまわないよう注意しなければなりません。

・亜鉛
ミネラルの一種である亜鉛は、健康な髪を作るために欠かせない栄養成分です。やはり5αリダクターゼを阻害する効果に期待できる成分で、ストレスなどの疲労によって消費されやすい成分でもあります。亜鉛の吸収をよくしてくれるクエン酸、クエン酸の吸収力をアップしてくれるビタミンCと一緒に摂取すると効果的です。

AGA治療にサプリメントが選ばれる理由

脱毛や薄毛に効果的といわれるサプリメントは、いくつもあります。ただし、脱毛症状にも種類があり、症状や原因別に合ったサプリメントを選ばなければ効果は期待できません。AGA治療にサプリメントが活用されるときにも、AGAに効果があるサプリメントを選ぶ必要があるのです。

AGA以外の脱毛症法では、血流を改善したり毛髪の成長に必要な成分を摂取したりすることで改善する場合があります。栄養を補給することで、頭皮環境が改善されて毛髪が成長しやすくなるわけです。ところが、AGAの場合は毛髪の成長を促進するような成分だけでは効果を実感できません。理由は、AGAの原因が男性ホルモンのジヒドロテストステロンにあるためです。この物質によってヘアサイクルが乱れ、成長期の毛髪が成長を止めてしまうため、毛髪が細く短いままに抜け落ちてしまいます。ジヒドロテストステロンは、同じく男性ホルモンのテストステロンが酵素の5αリダクターゼと結びついて変換された物質です。つまり、5αリダクターゼを阻害できれば、AGAの症状が進行するのを遅らせることが出来るのです。。そのため、AGA治療に効果的とされるサプリメント成分には5αリダクターゼの阻害作用があるものが多くなっています。

サプリメントのデメリットとAGA治療薬の利用

AGA対策としてサプリメントは効果的であるものの、サプリメントには医薬品ほどの効果は保証されていません。あくまでも、食事や薬の補給として摂取すると効果に期待できるという程度です。また、個人によっても効果に差がある点も忘れてはなりません。AGAの対策になるからといって、サプリメントだけでどうにかできるという考えは持たないでおくべきです。

AGAは進行性の脱毛症で、対策を遠回りするだけで進行が加速してしまう恐れがあります。AGA治療をしたいと思ったら、専門の医療機関を受診することが大切です。それも、なるべく早くに医師に相談して治療を開始することが大切です。医療機関でAGA治療薬を処方してもらったら、医師と相談しながらサプリメントを併用することも可能です。

まとめ

AGA対策に効果があるとされているサプリメントには、亜鉛やノコギリヤシ、クルクミンエキスなどがあげられます。いずれも、AGAの原因物質であるジヒドロテストステロンの生成につながる5αリダクターゼを阻害する作用を持っているのが特徴です。ただし、サプリメントとしてAGAに効果を期待できるからといって、サプリメントのみでAGAを改善できるとは思わないでおいたほうがよいでしょう。専門の医師のいる医療機関を受診して、AGA治療の一環としてサプリメントを利用すれば、より効果的な治療につながる可能性が高いのです。

参考記事

※1)グラクソスミスクライン、ザガーロインタビューフォーム
https://www.healthgsk.jp/content/dam/global/hcpportal/ja_JP/products-info/zagallo/zagallo-if.pdf

※2)国立研究開発法人科学技術振興機構 [JST]、ノコギリヤシ果実抽出液の排尿機能及び下部尿路受容体に対する作用
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcam/4/2/4_2_41/_pdf

この記事の監修者

三田 浩一
三田 浩一

神戸三宮院

三田 浩一

  • 鳥取大学医学部卒業

  • 大阪市立大学医学部附属病院 第二内科

  • (代謝内分泌病態内科学)入局

  • 医療法人厚生会

  • イースト駅前クリニック名古屋院

  • イースト駅前クリニック神戸三宮院 院長就任

プロペシア

プロペシアは、AGAの予防・改善に使用される治療薬であり、皮膚科やAGA治療を専門として扱う病院で処方されています。

アロビックス

アロビックス液とは、塗布タイプの脱毛治療薬です。患部に直接塗布することで、毛根の血行をよくして抜け毛を抑制し、発毛を促す効果があるためプロペシアとの併用が効果的といわれています。

アロビックスについて詳しくはこちら

ザガーロ

ザガーロはAGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の産生を強力に抑制することで、薄毛や脱毛の治療効果を発揮します。AGA専門クリニックや男性外来を中心とする、国内の医療機関で処方されています。

診察・相談について

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
スマホ診察

スマホ診察

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:小林 浩 医師仙台院院長:大久保 直樹 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:伊藤 知英 医師池袋院院長:安田 吉宏 医師新橋院院長:加藤 淳 医師横浜院院長:松本 貴博 医師静岡院院長:長坂 良 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都四条烏丸院院長:西澤 康平 医師大阪院院長:新田 匡章 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師神戸三宮院院長:三田 浩一 医師岡山院院長:松沼 寛 医師広島院院長:西川 徹 医師博多院院長:田中 修二 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2020 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.