AGA 治療外来

AGA治療

メインビジュアル

AGA

ザガーロ
(デュタステリド)

ザガーロジェネリック
(デュタステリドジェネリック)

ミノキシジル

プロペシア
(フィナステリド)

プロペシアジェネリック
(フィナステリドジェネリック)


AGA治療TOPへ

クリニック一覧

AGA治療

縮毛矯正ではげるって本当?はげる原因や防ぐポイント、対処法を紹介

最終更新日:

基本的に、縮毛矯正ではげる可能性は低いです。薄毛の原因は、頭皮環境の悪化や生活習慣の乱れ、脱毛症など他の要因が考えられます。
本記事では、縮毛矯正以外のはげる原因や対処法について解説します。薄毛が気になり、原因について調べている方はぜひ参考にしてください。

目次※知りたい情報をクリック

全国対応

オンライン診療のご案内

お電話一つで診察・処方

診察から処方までお電話やオンラインアプリで完結出来るため、通院の必要が無く、待ち時間が解消されます。
移動時間や移動コストが掛からなくなります。

※当日の診察状況によりお待たせすることがあります。何卒ご了承ください。

縮毛矯正ではげるとは考えにくい!はげの原因とは

縮毛矯正が直接的にはげる原因になるとは考えにくいです。髪がはげる理由はさまざまなため、まずははげる原因について知っておきましょう。

  • AGA(男性型脱毛症)の症状
  • AGA以外の脱毛症
  • 髪や頭皮に対するダメージ
  • 生活習慣の乱れ
  • 頭皮環境の悪化
  • ストレス
  • 遺伝

AGA(男性型脱毛症)の症状

AGA(男性型脱毛症)は、思春期以降の男性に見られる症状で、前頭部の生え際や頭頂部の髪が薄くなり、地肌が見えやすくなる特徴があります。日本国内だけでも、AGAの症状を発症していると推定される男性は1260万人以上とされています。
AGAの主な原因は、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンであり、髪の毛の成長を抑制して脱毛につながります。しかし、縮毛矯正のようなヘアケア処置がDHT(ジヒドロテストステロン)の量を増やすことはないため、AGAの進行と直接的な関連性はありません。

(※1)

AGA以外の脱毛症

AGA以外にも、さまざまな脱毛症が存在します。

  • 円形脱毛症
  • 粃糠(ひこう)性脱毛症(脂漏性脱毛症)
  • びまん性脱毛症(FAGA)

上記の脱毛症は、それぞれ発症原因や治療方法が異なります。治療方法を間違えると改善は見込めないため、脱毛の症状が見られたら医師へ相談しましょう。医師の診察を受け、原因を特定することで脱毛の症状を抑える可能性が高まります。

髪や頭皮に対するダメージ

髪や頭皮へのダメージが蓄積すると、髪の毛が抜けやすくなる恐れがあります。とくに、特殊な薬剤を用いる縮毛矯正は、髪や頭皮に対して大きな負担を与える可能性があります。
縮毛矯正によるダメージは、適切なケアや対策によってある程度防げます。たとえば、頭皮や髪に優しい成分の薬剤を選び、矯正後の髪や頭皮のケアをしっかりと行うことで、ダメージを抑えられる可能性があります。

生活習慣の乱れ

不規則な生活習慣は、抜け毛や脱毛症を引き起こすだけでなく、生活習慣病のリスクも高めるため、早めに改善する必要があります。
とくに食生活は、髪の毛の健康に影響するためバランスを整えることが重要です。タンパク質は髪の主成分であり、不足すると抜け毛の原因となる恐れがあります。バランスの良い食事を心掛け、タンパク質を含む食品を適度に摂取することが大切です。
また、運動不足は全身の血行を悪くし、頭皮への栄養や酸素の供給を阻害します。適度な運動を取り入れると、血行を良くして頭皮に必要な栄養素を十分に行き渡らせることができます。
健康な頭皮からは健康な髪が生えてくるため、日々の生活習慣を見直しましょう。

頭皮環境の悪化

頭皮は、無数の毛細血管が張り巡らされていますが、血流が滞りがちな部位でもあります。頭皮は、無数の毛細血管が張り巡らされていますが、血流が滞りがちな部位でもあります。髪の毛に必要な栄養素が不足すると、髪の毛は弱り細くなってしまいます。そのため、抜け毛が増えること考えられます。
抜け毛を抑えるには、頭皮の血行を良くして必要な栄養を頭皮に届けられるように、頭皮環境を整えることが重要です。

ストレス

ストレスが蓄積されると、自律神経やホルモンバランスの乱れを引き起こす恐れがあります。とくに血行不良を招く可能性があり、髪の毛へと必要な栄養や酸素が十分に運ばれなくなることも考えられます。
抜け毛を抑えるには、適度にストレスを発散しましょう。ストレス発散方法は人それぞれですが、適度な運動、趣味の時間や質の良い睡眠の確保、良好な人間関係などが効果的です。日々のストレスを解消し心身の健康を保つよう心がけましょう。

遺伝

AGA(男性型脱毛症)は、遺伝的要素が関わっています。とくに、母方の祖父や曽祖父が薄毛遺伝子を持っていた場合、孫世代以降にも引き継がれ、薄毛になりやすいといわれています。さらに、母方の祖母の父親、つまり曽祖父が薄毛だった場合、AGAの発症率はさらに高くなる傾向にあります。
AGAに関連する遺伝子が、X染色体に存在することが理由であり、男性はX染色体を母親から受け継ぐため、母方の家系に薄毛の人がいるとAGAになりやすいとされています。遺伝的なリスクを持つ方は、早めの対策やケアが必要になるでしょう。

(※2)

縮毛矯正ではげるのを防ぐには

  • 信頼できる美容室や美容師を選ぶ
  • 髪にやさしい薬剤を使用する

縮毛矯正ではげるのを防ぐには、上記の対処法が挙げられます。それぞれ詳しく見ていきましょう。

信頼できる美容室や美容師を選ぶ

縮毛矯正は、信頼できる美容室や美容師の選択が重要です。技術の不十分な施術や不適切なケアは、頭皮に炎症を起こすリスクを高め、健康な髪の成長を妨げる可能性があります。
また、自宅で使用できる縮毛矯正キットも販売されていますが、施術には専門的な技術と知識が求められます。失敗した場合、髪や頭皮に深刻なダメージを与える可能性があるため、セルフでの施術は避け、できる限りプロの美容師に依頼しましょう。

髪にやさしい薬剤を使用する

事前に美容師に相談し、髪にやさしい薬剤を使用してもらうのも効果的です。髪は酸性のため、酸性の薬剤を用いると髪に対する負担を軽減できます。
ただし、全ての方が縮毛矯正に適しているわけではありません。あらかじめ、美容師に相談し、自分の髪質や状態を把握することで、最適な施術計画を立てましょう。髪質やダメージの度合いによっては、縮毛矯正の効果が出にくい場合もあるため、適切なアドバイスを得るためにも美容師とのコミュニケーションを怠らないようにしましょう。

縮毛矯正ではげた場合の対処法

縮毛矯正を行った後にはげた場合は、原因を特定する必要があるのでクリニックに行きましょう。適切な治療方法で改善が期待できる場合があります。

  • はげの原因を特定する
  • 脱毛症の場合はクリニックに相談する
  • 適切な治療をはじめる

はげの原因を特定する

まず、原因が「縮毛矯正によるものなのか」「AGAなどの脱毛症によるものなのか」を特定しましょう。原因によって、治療方法は異なるので、効果的な治療を行うためにも原因の特定は重要です。
縮毛矯正による薄毛や抜け毛の場合、ダメージを最小限に抑える施術方法の選択や、髪の毛と頭皮にやさしいケア商品の利用などが効果的です。
しかし、AGAなどの脱毛症の場合は、治療薬を使用して改善する必要があります。とくにAGAは進行性であるため、早めの治療が大切です。AGAは、セルフチェックによってある程度判断できるため、薄毛が気になり始めた方は一度セルフチェックを行ってみましょう。

脱毛症の場合はクリニックに相談する

脱毛症の場合、専門的な知識と経験を持つクリニックに相談しましょう。医師に相談することで、自分の脱毛の症状や、適切な治療方法を把握できます。
とくにAGAは、継続的な治療が必要です。AGAは進行性の疾患であり、治療を中断してしまうと再び進行する可能性があります。
長期的な治療を続けるには、自分のライフスタイルに合った、通いやすい場所にあるクリニックを選ぶとよいでしょう。途中で治療を断念しないよう、適切な通院計画を立てることが大切です。

適切な治療をはじめる

脱毛症の原因を特定したら、早期の治療開始がおすすめです。しかし、自己判断による治療方法を選択や変更はやめましょう。
誤った治療方法を選択すると、期待した効果が得られないだけでなく、場合によっては頭皮にダメージを与えてしまう恐れもあります。その結果、脱毛の症状悪化も考えられます。
治療は医師に相談しながら行い、自己判断による治療方法の変更は避けましょう。また、治療の進行や結果については定期的に医師と相談し、必要に応じて治療計画を見直すことが大切です。

薄毛の原因が分からない場合は医師に相談しましょう

縮毛矯正が、直接的に薄毛と関係しているとは考えにくいです。薄毛や抜け毛が気になる場合、脱毛症を発症している可能性があります。とくに、男性の場合はAGAの発症が考えられるため、早めにクリニックに受診して原因を特定してもらいましょう。

イースト駅前クリニックは、AGA治療の実績を持つ医師が多数在籍しており、患者様の症状によって適切な治療方法を提案いたします。また、取り扱っている治療薬は国内正規品のみなので安心して治療を受けていただけます。費用はお薬代のみで、診察代は無料なので、AGA治療にご興味のある方は、お気軽にイースト駅前クリニックへご相談ください。

参考URL

※1)独立行政法人国立病院機構岩手病院「AGAとは」
https://iwate.hosp.go.jp/sinryo/aga/index.html
※2)日本皮膚科学会円形脱毛症診療ガイドライン 2017 年版
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AA_GL2017.pdf

1. AGAの症例

Ⅱ-v 28歳 治療期間:7ヵ月

Ⅱ-v 28歳 治療期間:7ヵ月

[治療内容] 発毛治療

[治療価格] 15,300円(税込)/月

[この治療により起こる可能性がある副作用]

●頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など

Ⅳ-v+a 52歳 治療期間:7ヵ月

Ⅳ-v+a 52歳 治療期間:7ヵ月

[治療内容] 発毛治療

[治療価格] 15,300円(税込)/月

[この治療により起こる可能性がある副作用]

●頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など

Ⅳ-v 33歳 治療期間:7ヵ月

Ⅳ-v 33歳 治療期間:7ヵ月

[治療内容] 発毛治療

[治療価格] 20,800円(税込)/月

[この治療により起こる可能性がある副作用]

●頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など

AGA

ザガーロ
(デュタステリド)

ザガーロジェネリック
(デュタステリドジェネリック)

ミノキシジル

プロペシア
(フィナステリド)

プロペシアジェネリック
(フィナステリドジェネリック)


AGA治療TOPへ

クリニック一覧

イースト駅前クリニック所属医師

イースト駅前クリニックの医師一覧

当サイトの運営者情報はこちら

運営者情報

プロペシア
(フィナステリド)

1mg 7,400円(税抜)/28錠

プロペシアは世界初のAGA内服治療薬です。プロペシアはAGA治療で強く推奨されています。

プロペシア1mg

7,400円(税抜)/28錠

プロペシアジェネリック
(フィナステリドジェネリック)

1mg 3,400円(税抜)/28錠

プロペシアジェネリック(フィナステリド錠)は、2015年に国内で製造販売が開始されたプロペシアジェネリックです。

プロペシアジェネリック1mg

3,400円(税抜)/28錠

ザガーロ
(デュタステリド)

0.5mg 9,500円(税抜)/30錠

ザガーロは、発毛効果が証明され現在ではAGA治療でも処方されています。

ザガーロ0.5mg

9,500円(税抜)/30錠

ザガーロジェネリック
(デュタステリドジェネリック)

0.5mg 6,300円(税抜)/30錠

ザガーロジェネリック(デュタステリド錠)は、2020年に国内で製造開始されました。

ザガーロジェネリック0.5mg

6,300円(税抜)/30錠

ミノキシジル

5% 60mg 5,000円(税抜)

頭皮の血行促進効果により、確かな発毛を実感することができるAGA治療薬です。

ミノキシジル5% 60mg

5,500円〜5,780円

アロビックス

※クリニックにより、処方価格が変わります。

アロビックス液とは、塗布タイプの脱毛治療薬です。患部に直接塗布することで、毛根の血行をよくして抜け毛を抑制し、発毛を促す効果があるためプロペシアとの併用が効果的といわれています。

アロビックス

ABOUT

AGAについてのよくあるお問合せ

プロペシアの主な副作用はなんですか?

国内で実施された臨床試験(1年)において、4.0%(276例中11例)に副作用(臨床検査値異常を含む)が認められております。主な症状はリビドー減退1.1%(3例)、勃起機能不全0.7%(2例)等でした。まれに食欲不振、全身倦怠感(肝機能障害)の症状があらわれる可能性があります。このような場合には、ご使用をおやめください。

プロペシアについて

プロペシアの作用機序について教えてください。

テストステロンからDHT(ジヒドロテストステロン:抜け毛の原因物質)へ変換する酵素(5α-還元酵素II型)を阻害し、AGAの進行抑制・改善効果を発揮します。

服用中に献血をしても問題ないですか?

服用中の方は献血をすることができません。献血をしたい場合は、プロペシアは1ヵ月以上、ザガーロは6ヵ月以上服用を中止することが必要です。

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:伊部 博行 医師仙台院院長:長浦 主税 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:松沼 寛 医師池袋院院長:秋田 和宏 医師渋谷院院長:足立 和典 医師上野院院長:千葉 岳 医師秋葉原院院長:宮路 貴晶 医師新橋院院長:加藤 淳 医師立川院院長:村田 博昭 医師町田院院長:横山 利光 医師横浜院院長:松本 貴博 医師川崎院院長:岡田 和樹 医師高崎院院長:廣瀧慎太郎 医師大宮院院長:半田 譲 医師川越院院長:中野 智樹 医師柏院院長:管野 隆治 医師船橋院院長:植田 琢也 医師土浦院院長:石川 哲生 医師大田屋クリニック院長:佐藤 孝典 医師大田屋いまい泌尿器クリニック院長:今井 佑樹 医師静岡院院長:高柳 健二 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都院院長:石田 裕彦 医師梅田院院長:藤田 良治 医師大阪院院長:植田 大樹 医師なんば院院長:東城 博雅 医師天王寺院院長:須見 善充 医師神戸三宮院院長:篁 隆雄 医師岡山院院長:橋詰 顕正 医師広島院院長:久保田 守 医師高松院院長:西原 修造 医師松山院院長:堤 圭右 医師あけぼのクリニック院長:門田 靜明 医師博多院院長:田中 修二 医師小倉院院長:倉員 忠弘 医師熊本院院長:師岡 公彦 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2024 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.