ミノキシジル

初期脱毛は心配いらない?ミノキシジルとの関係や発症期間、終わらない場合について

最終更新日:

ミノキシジルは使用を開始すると一時的に脱毛が増える「初期脱毛」を引き起こします。初期脱毛はミノキシジルの成分がしっかり働いている証。ですが、多くの方がどんどん増える脱毛に不安を抱くのも事実です。そこで今回は、ミノキシジルによる初期脱毛の特徴と注意点について詳しく解説します。

目次※知りたい情報をクリック

初期脱毛とは?

初期脱毛とは、ミノキシジルをはじめとしたAGA治療薬の使用を開始した後、一時的に薄毛が悪化する現象のこと。AGA治療薬にはよく見られるものです

というのも、AGA治療薬は、髪の毛が生え、成長し、寿命を迎え、そして抜け落ちて新たな髪の毛が生える準備を行うといった「ヘアサイクル」を正常な状態に戻す働きがあるから。そのため、寿命を迎えつつある髪の毛が抜け落ちることで、一時的に薄毛が悪化したように見えるのです

一見するとAGA治療薬の副作用なのでは?と思われがちな初期脱毛。しかし、ヘアサイクルを整えてハリとコシのある健康的な髪の毛に生え変わるために、初期脱毛は必要な現象なのです。

症状

初期脱毛はミノキシジルの服用を開始して生じる薄毛の悪化のこと。特に、寿命を迎えつつあった細く短い産毛のような髪の毛が抜け落ちます。期間は1~2か月程度とされていますが、人によっては3か月以上続くこともあります。

一方で、ミノキシジルでの治療を開始する方は元々薄毛で悩んでいるため、一時的に髪の毛が抜け落ちても見た目では分からないというケースも少なくありません。

(※1、2)

ミノキシジルの使用でなぜ初期脱毛が起きる?原因について

ミノキシジルは頭皮の血流を改善し、ヘアサイクルを正常化させることで発毛・育毛を促す薬です。初期脱毛はこの「ヘアサイクル」の変化が大きく関与しています。

ミノキシジルによる、ヘアサイクルを正常に整える作用が初期脱毛を発生させるのです。初期脱毛は、育たなくなった弱い髪を新しい髪に生まれ変わらせるためには、必要なことですので心配は要りません。不健康な毛を健康な毛に生え変わることを考えると必ず乗り越えなければならない症状なのです。

AGA治療薬の種類と初期脱毛の症状

現在、厚生労働省から正式な認可を受けているAGA治療薬は3種類。ローションタイプの塗り薬であるミノキシジルと飲み薬であるフィナステリドデュタステリドです。これら3つの治療薬はいずれも初期脱毛を引き起こす可能性があります。

ONE POINT知識:そもそもヘアサイクルとは

ヘアサイクルとは、髪の毛が生えて成長し、寿命を迎えて抜け落ち、再び新しい髪の毛が生える準備を行う期間のことです。ヘアサイクルは、成長期退行期休止期の3つに分かれます。

成長期はその名の通り、髪の毛が生えて成長する期間。およそ2~7年ほどとされています。一方、退行期は寿命を迎えた髪の毛が抜け落ちる2~3週間ほどの期間のこと。そして、休止期は、新たな髪の毛をはやすために毛根が準備している期間であり、一般的には数か月を要するとされています。

AGAを発症すると、このヘアサイクルが異常に早く巡るようになります。その結果、コシとハリのある髪の毛に成長できないまま退行期や休止期に突入してしまったり、休止期に十分な準備ができないまま軟弱な髪の毛が生えてしまったり。薄毛を引き起こすことになるのです。

(※3)

ミノキシジルの初期脱毛はいつから・いつまで?期間について

ミノキシジルの初期脱毛は、使用を開始してから10日~1か月ほどで起こるのが一般的です。症状が現れる時期には個人差がありますが、使用時すでに休止期に突入していた髪の毛が多い人ほど症状は早く現れます。また、多くは1か月ほどすれば抜け毛が落ち着いてきますが、人によっては3か月ほど続くことも。ですが、毛母細胞が活性化して細く柔らかい毛が押し出されるようにして抜け落ちれば症状は落ち着きますので安心しましょう。

どうしても気になる!初期脱毛の対策方法

ミノキシジルによる初期脱毛は、見た目では分からないケースが多いとされています。ですが、毎日髪の毛が抜けるのを実感する患者にとっては非常につらいものです。

初期脱毛はミノキシジルの作用によって毛母細胞が活性化している証。また、無理に止めることはできません自己判断で使用を中断してしまうとかえって薄毛が進行してしまうこともあるので、何とか初期脱毛を乗り越えるようにしましょう。
具体的には次のような対策方法がおすすめです。

帽子を被る

頭頂部や前額部などの脱毛が気になるときは、帽子をかぶって隠すのも一つの方法です。おしゃれな帽子もたくさん販売されていますので、おしゃれを楽しみつつ薄毛をカバーしましょう。

ウィッグを使用する

帽子と同じく、脱毛部分を「隠す」方法としてウィッグもおすすめです。長さや色など様々なタイプのものが市販されていますので、自分に合ったものを選びましょう。

ただし、長時間使用する場合は頭皮が蒸れにくい素材のものを選ぶのがポイント。蒸れて頭皮が不潔な状態になると薄毛を助長することもあるので要注意です。

髪型を変える

脱毛が気になる部分を帽子やウィッグで隠すことに抵抗がある方は、思い切って髪型を変えるのもよいでしょう。薄毛部分をカバーするような髪の流れを作ったり、全体的に短くカットしたりするだけでも薄毛が目立たなくなります。

ミノキシジルの初期脱毛が終わらない?その場合の原因について

ミノキシジルの初期脱毛が終わらない?その場合の原因について

ミノキシジルによる初期脱毛は永遠に続くものではありません。とはいえ、3か月以上も脱毛が続いていると心配になる方も多いはず。実際、ただの初期脱毛かと思いきや、脱毛を引き起こす別の原因がある可能性も。初期脱毛がいつまでも落ち着かないときは、次のような原因がないかチェックしましょう。

頭皮の炎症

ミノキシジルは頭皮に直接塗るタイプの薬であるため、肌質によっては頭皮にダメージが加わることも。かゆみ、発疹、発赤などの症状が現れますが、頭皮は自分ではチェックしにくい場所。そのため、頭皮に炎症が起きていても気づかずにミノキシジルの使用を続ける方もいます。

炎症が生じた頭皮は毛母細胞にもダメージを及ぼすことがあり、薄毛を進行させることもあるため注意が必要です。

生活習慣の乱れ

理想的なヘアサイクルをキープするには、規則正しい食生活を心がけ、十分な睡眠や休息をとることが大切です。ストレスや睡眠不足は薄毛の大敵。

ミノキシジルなどAGA治療薬の使用を開始すると、どんな状態でも効果が現れると考える方もいますが、それは大きな間違いです。十分な治療効果を得るには、髪の毛の成長によい生活習慣を心がけるのがポイント。脱毛が続くときは、生活習慣を振り返ってみましょう。

AGA以外の抜け毛原因がある

男性の抜け毛は全てがAGAというわけではありません。ストレス頭皮のダメージ頭皮環境の悪化など、脱毛には様々な原因があります。また、AGAと共にこれらの原因がることも。

初期脱毛が一向に落ち着かない場合は、AGA以外にも脱毛を引き起こす原因が潜んでいる可能性があります。自己判断のセルフケアのみでは改善できないことも多いため、できるだけ早く病院で相談するようにしましょう。

初期脱毛は「効いている」証拠!ただし、続く場合は要注意

ミノキシジルは、使用を開始すると一時的に脱毛が増える「初期脱毛」を引き起こすことが知られています。「せっかく治療を始めたのに逆に薄毛が進行した」と不安になる方も多いでしょう。しかし、初期脱毛はミノキシジルによってヘアサイクルが正常化したサイン1~2か月ほど続くとされていますが、帽子やウィッグ、髪型などで気になる部分をカバーしながらやりすごすようにしましょう。

ただし、初期脱毛が長引く場合は思いもよらない原因が潜んでいることも。セルフケアのみでは改善しないことも多いため、AGA治療に長けた専門の医療機関を受診するようにしましょう。イースト駅前クリニック長年にわたってAGA治療を行ってきたノウハウを活かし患者さんお一人おひとりに合わせた治療や生活改善をご提案します。薄毛に悩んでいる方は、ぜひ一度イースト駅前クリニックにご相談ください。

参考URL

※1)日本ジェネリック株式会社、ミノキシジルローション 添付文書
https://www.info.pmda.go.jp/downfiles/otc/PDF/J1801000183_01_A.pdf

※2)日本皮膚科学会、男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

※3)バイエル株式会社、ヘアサイクルと改善方法
https://kamiel.bayer.co.jp/cause/cycle/

プロペシア

プロペシアは、AGAの予防・改善に使用される治療薬であり、皮膚科やAGA治療を専門として扱う病院で処方されています。

アロビックス

アロビックス液とは、塗布タイプの脱毛治療薬です。患部に直接塗布することで、毛根の血行をよくして抜け毛を抑制し、発毛を促す効果があるためプロペシアとの併用が効果的といわれています。

アロビックスについて詳しくはこちら

ザガーロ

ザガーロはAGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の産生を強力に抑制することで、薄毛や脱毛の治療効果を発揮します。AGA専門クリニックや男性外来を中心とする、国内の医療機関で処方されています。

ミノキシジル

ミノキシジルとは、薄毛治療に用いる「発毛剤」として使用される薬剤です。様々な研究や調査を重ね、ミノキシジルが血管を拡げることで髪の毛のもととなる毛母細胞への血流をアップされることが分かりました。

診察・相談について

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:小林 浩 医師仙台院院長:大久保 直樹 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:伊藤 知英 医師池袋院院長:西澤 康平 医師新橋院院長:加藤 淳 医師横浜院院長:松本 貴博 医師静岡院院長:長坂 良 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都四条烏丸院院長:篁 隆雄 医師大阪院院長:新田 匡章 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師神戸三宮院院長:三田 浩一 医師岡山院院長:松沼 寛 医師広島院院長:西川 徹 医師博多院院長:田中 修二 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2020 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.