プロペシアジェネリック

インターネット通販を利用した個人輸入には注意!AGA治療薬フィナバルト(FINABALD)の危険性を解説

最終更新日:

フィナバルト(FINABALD)は、インドで製造販売されているAGA治療薬プロペシアのジェネリック医薬品(後発医薬品)です。日本では未承認薬なため、入手するにはインターネット通販を利用した個人輸入しかありません。しかし、個人輸入には大きなリスクがあるのをご存知ですか?今回は、AGA治療薬フィナバルト(FINABALD)の危険性について解説します。

目次※知りたい情報をクリック

オンライン診療のご案内

お電話一つで診察・処方

診察から処方までお電話やオンラインアプリで完結出来るため、通院の必要が無く、待ち時間が解消されます。
移動時間や移動コストが掛からなくなります。※当日の診察状況によりお待たせすることがあります。何卒ご了承ください。

フィナバルト(FINABALD)とは?

フィナバルト(FINABALD)の概要
製薬会社 イーストウェストファーマ
(East West Pharma)
有効成分 フィナステリド
生産国 インド
国内承認の有無 未承認薬

フィナバルト(FINABALD)とは、フィナステリドを有効成分とするAGA治療薬です。 インドの製薬会社イーストウェストファーマ(East West Pharma)が製造販売しています。 厚生労働省からの承認がないため、日本では処方することができません。

イーストウェストファーマ(East West Pharma)について

イーストウェストファーマは、インドの東部にあるタミル・ナードゥ州にある製薬会社です。 皮膚科や婦人科の製品の他に、糖尿病や心臓病、消化器系の疾患に対しての製品を取り扱っています。

(※1)

フィナバルト(FINABALD)の危険性

フィナバルト(FINABALD)は、AGA治療薬プロペシアの海外製ジェネリック医薬品(後発医薬品)です。 インターネット通販を利用した個人輸入で正規品よりも安く購入することが可能ですが、副作用によって健康被害があった場合に利用できる 「医薬品健康被害救済制度」を受けることができないだけでなく、偽造薬の危険性があるなど リスクが大きいため、自己判断による服用はおすすめできません。

個人輸入の危険性

海外で製造されたAGA治療薬は、正規品よりも安価で手軽に購入できます。 しかし個人輸入で入手する薬には偽造薬も多いため危険です。

パッケージだけ本物を装い、中身が偽物であったり、有効成分がそもそも入っていなかったり、有害な物質が入っていたりするという報告もあります。 個人輸入で気軽に購入できる海外製のAGA治療薬は、 手軽さの反面、リスクが伴うことを知っておきましょう。

医薬品副作用被害救済制度が適用されない

「医薬品副作用被害救済制度」は、厚生労働省から認可された薬を正しく服用したにもかかわらず、 副作用による健康被害が生じた場合に、治療費や仕事に就くまでの補償を給付する公的な制度です。

国内で認可されたAGA治療薬を服用し、副作用が出た場合は適用されますが、個人輸入で入手した 海外製未承認AGA治療薬により副作用が出た場合は救済制度の対象外です。

海外で製造販売された医薬品を使用する場合は、このリスクにも留意しておきましょう。

(※2)

フィナバルト(FINABALD)の偽造薬の見分け方について

WHOの報告による偽造薬の見分け方
・パッケージの状態
・パッケージ記載内容のスペルミス、文法の誤り
・製造日と有効期限の記載が外側・内側のパッケージでも同様か
・薬の変色、劣化、異臭がないか
・明らかに安すぎる価格設定の薬

海外でも偽造薬による健康被害が多数報告されています。 この状況を鑑み、WHO(世界保健機関)は標準値以下の規格で製造された偽造薬による、健康被害について警鐘を鳴らしています。 もしインターネット通販でAGA治療薬を購入した場合は、服用前に必ず確認しましょう。

ただし上記の見分け方で100%安全な訳ではありません。 インターネットでの個人輸入でAGA治療薬を購入しないことが大前提です。

(※3)

フィナバルト(FINABALD)とプロペシアの比較

フィナバルト
(FINABALD)
プロペシア プロペシア
ジェネリック
有効成分 フィナステリド フィナステリド フィナステリド
国内承認の有無 未承認 承認済み 承認済み
製造国 インド 日本 日本
効果 男性における男性型脱毛症の進行遅延 男性における男性型脱毛症の進行遅延 男性における男性型脱毛症の進行遅延
購入方法 インターネットなどでの個人輸入 医師による処方 医師による処方

国内のプロペシアジェネリックについて

日本でプロペシアジェネリックは2015年に販売が開始されました。 日本ではファイザー株式会社が、国内で初めてプロペシアジェネリックの製造販売承認を取得し、現在では他の製薬会社からも製造販売されています。

フィナバルト(FINABALD)の有効成分フィナステリドの効果

有効成分であるフィナステリドには、AGAの原因となるDHTの合成を抑制する作用があります。 この作用によって症状を改善に導くことができます。

DHTは、男性ホルモン「テストステロン」から合成されるホルモン。 その合成の際に必要な「Ⅱ型5-α還元酵素」の働きを阻害することで、DHTの合成を抑制するのがプロペシアに含まれる「フィナステリド」です。

フィナバルト(FINABALD)の有効成分フィナステリドの副作用

副作用 主な症状 発症確率
性機能障害 性欲激減
勃起不全
0.2%
アレルギー反応 かゆみ、湿疹などの
皮膚異常
頻度不明
肝機能障害 だるさ
皮膚への黄疸出現
0.2%
その他 抑うつ
乳房圧痛
乳房肥大
頻度不明

個人差はありますが、フィナステリドの副作用として上記の症状が確認されています。 日本皮膚科学会による「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版」においても、 AGAに対するプロペシアの内服治療は「強く推奨する」とされていますが、 薬である以上副作用の出現は、仕方のないことです。 症状が気になる際は、担当医へ相談するようにしましょう。

(※4)

海外製AGA治療薬「フィナバルト(FINABALD)」の服用にはリスクが伴います!

フィナバルト(FINABALD)はAGA治療薬であるプロペシアのジェネリック医薬品(後発医薬品)です。 インドで製造販売されていますが、日本では未承認薬。 よって入手するにはインターネットを通した個人輸入に頼ることになります。

承認薬であるプロペシアに比べると非常に安く入手できる「フィナバルト(FINABALD)」ですが、 偽造薬の危険性や「医薬品副作用被害救済制度」が使用できないなどのリスクが伴います。 自己判断による購入、服用はおすすめできません。

安心してAGA治療を行うためにも、品質が保証された正規のAGA治療薬を処方する専門クリニックを選ぶようにしましょう。 プロペシアでAGA治療を検討している方は、 ぜひお近くのイースト駅前クリニックへご相談ください

参考URL

※1)East West Pharma- Leading pharma manufacturer
http://eastwestpharma.in/index.html

※2)医薬品医療機器総合機構、医薬品副作用被害救済制度
https://www.pmda.go.jp/kenkouhigai_camp/index.html

※3) Substandard and falsified medical products
https://www.who.int/en/news-room/fact-sheets/detail/substandard-and-falsified-medical-products

※4)プロペシア添付文書
https://www.msdconnect.jp/static/mcijapan/images/pi_propecia_tab.pdf

イースト駅前クリニック所属医師

当サイトの運営者情報はこちら

プロペシア

1mg 28錠 8,200円〜

※クリニックにより、処方価格が変わります。

プロペシアは、AGAの予防・改善に使用される治療薬であり、皮膚科やAGA治療を専門として扱う病院で処方されています。

アロビックス

※クリニックにより、処方価格が変わります。

アロビックス液とは、塗布タイプの脱毛治療薬です。患部に直接塗布することで、毛根の血行をよくして抜け毛を抑制し、発毛を促す効果があるためプロペシアとの併用が効果的といわれています。

ザガーロ

0.5mg 30錠 10,500円〜

※クリニックにより、処方価格が変わります。

ザガーロはAGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の産生を強力に抑制することで、薄毛や脱毛の治療効果を発揮します。AGA専門クリニックや男性外来を中心とする、国内の医療機関で処方されています。

ミノキシジル

5% 60ml 5,500円〜

※クリニックにより、処方価格が変わります。

ミノキシジルとは、薄毛治療に用いる「発毛剤」として使用される薬剤です。様々な研究や調査を重ね、ミノキシジルが血管を拡げることで髪の毛のもととなる毛母細胞への血流をアップされることが分かりました。

AGAについてのよくあるお問合せ

  • プロペシアの主な副作用はなんですか?

    国内で実施された臨床試験(1年)において、4.0%(276例中11例)に副作用(臨床検査値異常を含む)が認められております。主な症状はリビドー減退1.1%(3例)、勃起機能不全0.7%(2例)等でした。まれに食欲不振、全身倦怠感(肝機能障害)の症状があらわれる可能性があります。このような場合には、ご使用をおやめください。

    プロペシアについて

  • プロペシアの作用機序について教えてください。

    テストステロンからDHT(ジヒドロテストステロン:抜け毛の原因物質)へ変換する酵素(5α-還元酵素II型)を阻害し、AGAの進行抑制・改善効果を発揮します。
  • 服用中に献血をしても問題ないですか?

    服用中の方は献血をすることができません。献血をしたい場合は、プロペシアは1ヵ月以上、ザガーロは6ヵ月以上服用を中止することが必要です。

診察・相談について

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:小林 浩 医師仙台院院長:大久保 直樹 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:伊藤 知英 医師池袋院院長:西澤 康平 医師新橋院院長:加藤 淳 医師横浜院院長:松本 貴博 医師静岡院院長:高柳 健二 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都四条烏丸院院長:三田 浩一 医師大阪院院長:新田 匡章 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師天王寺院院長:東城 博雅 医師神戸三宮院院長:篁 隆雄 医師岡山院院長:松沼 寛 医師広島院院長:久保田 守 医師博多院院長:田中 修二 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2021 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.