AGA 治療外来

AGA治療

メインビジュアル

AGA

ザガーロ
(デュタステリド)

ザガーロジェネリック
(デュタステリドジェネリック)

ミノキシジル

プロペシア
(フィナステリド)

プロペシアジェネリック
(フィナステリドジェネリック)


AGA治療TOPへ

クリニック一覧

AGA治療

頭皮のかさぶたをはがす癖は治したほうがよい5つの理由!原因や対処法も

最終更新日:

頭皮のかさぶたをはがす癖がある方は、早めに治しましょう。かさぶたを無理にはがしてしまうと、頭皮環境の悪化を招きます。その結果、健康な髪が育ちにくくなり、はげる可能性があります。
本記事では、頭皮のかさぶたをはがす癖は治したほうがよい5つの理由と、かさぶたの原因や対処法について解説します。頭皮のかさぶたをはがす癖でお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

目次※知りたい情報をクリック

全国対応

オンライン診療のご案内

お電話一つで診察・処方

診察から処方までお電話やオンラインアプリで完結出来るため、通院の必要が無く、待ち時間が解消されます。
移動時間や移動コストが掛からなくなります。

※当日の診察状況によりお待たせすることがあります。何卒ご了承ください。

頭皮のかさぶたをはがす癖は治したほうがよい理由

かさぶたは、自然治癒の過程で形成されるものであり、無理にはがしてしまうと傷の治りを妨げてる可能性あります。そのため、頭皮のかさぶたをはがす癖がある方は、早めに治した方が良いでしょう。

  • 細菌感染を起こす可能性がある
  • 跡となって残るリスクが高くなる
  • 周囲の健康的な頭皮も傷つけてしまう恐れがある
  • 頭皮環境が悪化し薄毛の原因になる場合もある
  • 炎症が治らずにAGA治療の妨げになる場合もある

細菌感染を起こす可能性がある

かさぶたを無理にはがすと、傷口が再び開く可能性があります。
人の手には無数の雑菌が付着しており、不潔な手で傷口に触れると、雑菌が傷口に入ってしまい、細菌感染を引き起こす場合もあります。細菌感染を起こすと、かさぶたの範囲を広げてしまい、結果的に治癒を長引かせてしまうこともあるため、注意しましょう。

跡となって残るリスクが高くなる

頭皮のかさぶたを無理にはがしてしまうと、傷口が深くなり、皮膚に跡が残るリスクが高まります。できた傷跡は、時間とともに目立たなくなりますが、完全に消え去る可能性は低いです。
頭皮を傷つけてしまうため、自然に治癒するのを待ちましょう。

周囲の健康的な頭皮も傷つけてしまう恐れがある

頭皮のかさぶたを無理に剥がす行為は、周囲の健康的な頭皮を傷つけるリスクがあります。とくに、爪を使ってかさぶたを剥がすと、傷口がさらに広がり、新たなかさぶたを作ってしまう可能性があります。
場合によっては、抜け毛の増加につながる場合もあるため注意が必要です。皮膚の表層を乱して、毛髪の成長環境に悪影響を及ぼすリスクがあるため、頭皮を傷つけないように注意しましょう。

頭皮環境が悪化し薄毛の原因になる場合もある

頭皮のかさぶたを無理にはがすと、傷口を広げるだけでなく、炎症を慢性化させる恐れがあります。その結果、頭皮の健康状態が悪化し、炎症が治りづらくなる可能性があります。
炎症が治らず頭皮環境が悪化すると、育つ髪の毛にとっても良くありません。健康的な髪の毛が育ちにくくなるため、薄毛の原因にもなるでしょう。

AGA治療の妨げになる場合もある

ミノキシジル外用薬は、薄毛治療に広く使用されていますが、頭皮に傷があると使用できません。かさぶたをはがして、頭皮に傷がある状態だと炎症が治らないため、AGA治療の妨げになります。
適切な治療を受けられなくなると、AGAが進行してしまうためさらに薄毛を悪化させる恐れがあります。そのため、AGA治療を行っている方は、頭皮を傷つけないように注意しましょう。

(※1)

頭皮にかさぶたができる主な原因

  • 外傷
  • 皮膚炎
  • 乾癬(かんせん)
  • ドライスキン(乾燥肌)
  • トンズランス感染症

頭皮にかさぶたができる原因は、外傷や疾患などさまざまです。かさぶたができる原因について詳しく解説します。

外傷

外傷とは、身体が外部からの物理的、生理的、化学的な力によって受ける怪我のことです。直接的な衝撃や切り傷、火傷などが挙げられ、傷や打撲などを含みます。
頭皮の場合、炎症や乾燥が原因で皮膚が弱っている状態だと、かゆみなどの刺激に対応するために、頭皮をかきむしって地肌を傷つけてしまう恐れがあります。その結果、頭皮が傷を保護するために、かさぶたを形成します。

皮膚炎

頭皮は、皮膚の中でもとくにデリケートです。そのため、アトピー性皮膚炎をはじめとする、さまざまな炎症を引き起こす恐れがあります。とくに、皮膚のバリア機能が低下している方や、アレルギー体質の方は、頻繁に炎症を起こす可能性ことがあります。
炎症が起こると、頭皮にかゆみが生じるため、我慢できずについかきむしってしまうでしょう。しかし、かきむしって頭皮に傷がつくと、かさぶたができてしまいます。

(※2)

乾癬(かんせん)

乾癬(かんせん)は皮膚炎症の一種で、角層が異常に分厚く硬くなることで知られています。乾癬が起こると、皮膚の表面に銀白色の細かいかさぶた、医学的には鱗屑(りんせつ)と呼ばれるものが形成されます。
乾癬は、難治性の皮膚疾患として広く知られている症状です。一度発症すると治療によって症状が軽減されても、体質やストレス、生活習慣などの影響で再発する場合があります。乾癬の治療は一時的な症状の改善だけでなく、再発を防ぐための長期的な自己管理が求められます。

(※2)

ドライスキン(乾燥肌)

ドライスキンは、頭皮にかさぶたが形成される原因の一つです。乾燥した空気や摩擦刺激、紫外線などの外部要因によって引き起こされますが、肌質に合わないシャンプーや洗剤の使用も頭皮の乾燥を助長します。
頭皮が乾燥しているとかゆみが生じる場合が多く、無意識に頭皮をかいてしまい、頭皮に小さな傷ができやすくなります。頭皮をかいてできた傷は、かさぶたになる可能性があるため注意が必要です。

(※2)

トンズランス感染症

トンズランス感染症は、近年新しく確認された真菌症で、とくに格闘技選手の間で発症が多い傾向にあります。トンズランス感染症は、真菌が毛髪の中に住み着くことから始まり、頭髪部に脱毛、ふけ、かゆみといった症状を引き起こします。
また、頭部だけでなく他の身体部位にも影響を及ぼす場合があります。白癬症と呼ばれる皮膚病変で、皮膚の表面が白く変色し、乾燥や剥離を引き起こす症状です。

(※3)

頭皮のかさぶたをはがす癖をやめるには

  • できるだけ頭皮に触れないよう心がける
  • かさぶたの原因となる疾患などを治療する
  • 使用するヘアケア製品を見直す
  • 生活習慣を変える

頭皮のかさぶたをはがす癖は、意識的にやめることが大切です。日々の生活で、できる対処法について見ていきましょう。

できるだけ頭皮に触れないように心がける

頭皮のかさぶたをはがす行為が癖になると、無意識のうちにやってしまう可能性があります。無意識の行為が習慣化してしまうと、改善するのは難しいでしょう。
対策としては、就寝時に専用の手袋を着用することや、爪を短く切りそろえて研ぐことが有効です。
頭皮の状態は髪の健康に直結するため、日々のケアとともに、かさぶたをはがしてしまわないよう自己管理も大切です。

かさぶたの原因となる疾患などを治療する

かさぶたが頭皮に形成される原因はさまざまです。原因によって対処法も異なるため、原因の特定が非常に重要です。
具体的な原因を特定し、それに対応した適切な治療を行うことが大切です。治療については自己診断するのではなく、医師に相談しましょう。とくに、強いかゆみやフケなどの症状がある場合は、早めに医療機関を受診することが重要です。状況を悪化させる前に適切な対処が可能となり、頭皮の健康を守れるでしょう。

使用するヘアケア製品を見直す

頭皮のかゆみに苦しんでいる方は、洗浄力の強いシャンプーを使用すると、かゆみがさらに強まる可能性があります。洗浄力が強すぎると、頭皮に必要な保湿成分まで洗い流してしまう恐れがあり、結果として頭皮が過度に乾燥し、かゆみが増す場合があります。
かさぶたの改善には、刺激の少ないヘアケア製品を選び、頭皮環境を安定させることが大切です。頭皮環境が改善されると、かゆみの軽減と頭皮の健康維持が期待できます。
頭皮にかゆみがあり、思わず頭皮をかいてしまうと、かさぶたを悪化させる可能性があるため注意しましょう。かさぶたがはがれると、頭皮の状態がさらに悪化する危険性があるため、乾燥状態を作らない保湿効果のあるヘアケア製品を使いましょう。

生活習慣を変える

乱れた食生活や暴飲暴食、睡眠不足、過度なストレス、喫煙などの不健康な生活習慣は、頭皮の傷を治りにくくする可能性があります。
かさぶたを早く治すには、栄養バランスの取れた食事、規則正しい生活リズム、質の良い睡眠、ストレスの適切な管理、そして禁煙などの生活習慣の見直しが必要です。健康的な生活習慣を送ると、頭皮環境を改善できるため、かさぶたができづらくなるでしょう。また、かさぶたができた場合も、治りやすさに期待できます。

頭皮のかさぶたをはがす癖がある人は注意

頭皮のかさぶたをはがす癖がある人は、頭皮環境が悪化している可能性があります。頭皮環境は髪の成長に直結するため、早めに乾燥や炎症を改善させなければなりません。
また、AGA治療を行っている方や、これからAGA治療を始めようと検討している方は、頭皮に傷があると使用できないAGA治療薬もあるため、注意しましょう。

頭皮の乾燥やかさぶたでお悩みの方は、一度医師に相談しましょう。とくに、繰り返しかさぶたができている方は、早めに対処する必要があります。イースト駅前クリニックはAGAクリニックであり、薄毛治療を中心に治療を行っています。AGAの治療実績がある医師が多数在籍しており、薄毛や頭皮に関するお悩みについて真摯に向き合っております。患者様一人ひとりに合わせた治療法をご提案させていただくので、ぜひ一度当クリニックにご相談ください。

参考URL

※1)ミノキシジルローション5%「JG」説明書
https://www.info.pmda.go.jp/downfiles/otc/PDF/J1801000183_01_A.pdf
※2)田辺三菱製薬
https://hc.mt-pharma.co.jp/hifunokoto/solution/781
※3)持田ヘルスケア株式会社
https://hc.mochida.co.jp/skincare/dandruff/dandruff8.html

1. AGAの症例

Ⅱ-v 28歳 治療期間:7ヵ月

Ⅱ-v 28歳 治療期間:7ヵ月

[治療内容] 発毛治療

[治療価格] 15,300円(税込)/月

[この治療により起こる可能性がある副作用]

●頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など

Ⅳ-v+a 52歳 治療期間:7ヵ月

Ⅳ-v+a 52歳 治療期間:7ヵ月

[治療内容] 発毛治療

[治療価格] 15,300円(税込)/月

[この治療により起こる可能性がある副作用]

●頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など

Ⅳ-v 33歳 治療期間:7ヵ月

Ⅳ-v 33歳 治療期間:7ヵ月

[治療内容] 発毛治療

[治療価格] 20,800円(税込)/月

[この治療により起こる可能性がある副作用]

●頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など

AGA

ザガーロ
(デュタステリド)

ザガーロジェネリック
(デュタステリドジェネリック)

ミノキシジル

プロペシア
(フィナステリド)

プロペシアジェネリック
(フィナステリドジェネリック)


AGA治療TOPへ

クリニック一覧

イースト駅前クリニック所属医師

イースト駅前クリニックの医師一覧

当サイトの運営者情報はこちら

運営者情報

プロペシア
(フィナステリド)

1mg 7,400円(税抜)/28錠

プロペシアは世界初のAGA内服治療薬です。プロペシアはAGA治療で強く推奨されています。

プロペシア1mg

7,400円(税抜)/28錠

プロペシアジェネリック
(フィナステリドジェネリック)

1mg 3,400円(税抜)/28錠

プロペシアジェネリック(フィナステリド錠)は、2015年に国内で製造販売が開始されたプロペシアジェネリックです。

プロペシアジェネリック1mg

3,400円(税抜)/28錠

ザガーロ
(デュタステリド)

0.5mg 9,500円(税抜)/30錠

ザガーロは、発毛効果が証明され現在ではAGA治療でも処方されています。

ザガーロ0.5mg

9,500円(税抜)/30錠

ザガーロジェネリック
(デュタステリドジェネリック)

0.5mg 6,300円(税抜)/30錠

ザガーロジェネリック(デュタステリド錠)は、2020年に国内で製造開始されました。

ザガーロジェネリック0.5mg

6,300円(税抜)/30錠

ミノキシジル

5% 60mg 5,000円(税抜)

頭皮の血行促進効果により、確かな発毛を実感することができるAGA治療薬です。

ミノキシジル5% 60mg

5,500円〜5,780円

アロビックス

※クリニックにより、処方価格が変わります。

アロビックス液とは、塗布タイプの脱毛治療薬です。患部に直接塗布することで、毛根の血行をよくして抜け毛を抑制し、発毛を促す効果があるためプロペシアとの併用が効果的といわれています。

アロビックス

ABOUT

AGAについてのよくあるお問合せ

プロペシアの主な副作用はなんですか?

国内で実施された臨床試験(1年)において、4.0%(276例中11例)に副作用(臨床検査値異常を含む)が認められております。主な症状はリビドー減退1.1%(3例)、勃起機能不全0.7%(2例)等でした。まれに食欲不振、全身倦怠感(肝機能障害)の症状があらわれる可能性があります。このような場合には、ご使用をおやめください。

プロペシアについて

プロペシアの作用機序について教えてください。

テストステロンからDHT(ジヒドロテストステロン:抜け毛の原因物質)へ変換する酵素(5α-還元酵素II型)を阻害し、AGAの進行抑制・改善効果を発揮します。

服用中に献血をしても問題ないですか?

服用中の方は献血をすることができません。献血をしたい場合は、プロペシアは1ヵ月以上、ザガーロは6ヵ月以上服用を中止することが必要です。

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:伊部 博行 医師仙台院院長:長浦 主税 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:松沼 寛 医師池袋院院長:秋田 和宏 医師渋谷院院長:足立 和典 医師上野院院長:千葉 岳 医師秋葉原院院長:宮路 貴晶 医師新橋院院長:加藤 淳 医師立川院院長:村田 博昭 医師町田院院長:横山 利光 医師横浜院院長:松本 貴博 医師川崎院院長:岡田 和樹 医師高崎院院長:廣瀧慎太郎 医師大宮院院長:半田 譲 医師川越院院長:中野 智樹 医師柏院院長:管野 隆治 医師船橋院院長:植田 琢也 医師土浦院院長:石川 哲生 医師大田屋クリニック院長:佐藤 孝典 医師大田屋いまい泌尿器クリニック院長:今井 佑樹 医師静岡院院長:高柳 健二 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都院院長:石田 裕彦 医師梅田院院長:藤田 良治 医師大阪院院長:植田 大樹 医師なんば院院長:東城 博雅 医師天王寺院院長:須見 善充 医師神戸三宮院院長:篁 隆雄 医師岡山院院長:橋詰 顕正 医師広島院院長:久保田 守 医師高松院院長:西原 修造 医師松山院院長:堤 圭右 医師あけぼのクリニック院長:門田 靜明 医師博多院院長:田中 修二 医師小倉院院長:倉員 忠弘 医師熊本院院長:師岡 公彦 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2024 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.