AGA治療

市販の育毛剤の効果とは?AGA治療薬との違いや効果、分類について解説

最終更新日:

「最近、抜け毛が気になるけど市販の育毛剤って効果があるのかな?」という疑問はありませんか。市販の育毛剤はどんな効果があり、またAGA治療薬と何が違うのでしょうか。本記事では市販の育毛剤の分類やAGA治療薬と比べどちらがいいかについて解説します。

目次※知りたい情報をクリック

市販の育毛剤に効果はある?

市販の育毛剤は頭皮環境を整えたり、抜け毛を予防する目的で使用されます。その中でも「医薬品」、「医薬部外品」、「化粧品」といった分類がありますが、市販の育毛剤はそのほとんどが医薬部外品か化粧品です。「壮年脱毛症」や「円形脱毛症」など疾患に効果を発揮するもののみ医薬品として認められています。

そのため、もしAGAである場合には市販の育毛剤を使用しても、AGAの原因であるホルモンには作用しないためAGAに対して効果を発揮することはありません。医師の処方によるAGA治療薬を使用することで、効果を実感できる可能性は高く、治療は長期間に及ぶ可能性が高い為、最終的には経済的でもあります。
ほとんどの方がまずは育毛剤を使用されますが、ますは自身の症状がAGAなのかどうかを医師に確認し、使用している育毛剤の費用等を含めて検討してみることも大切です。

「医薬品」と「医薬部外品」、「化粧品」の分類

医薬品 医薬部外品 化粧品
疾患の治療や予防に使用することを目的としたもの。
人体に対する作用は強いものが含まれる。
治療に積極的に使われることを目的としておらず、人体への影響が少ないもの。
脱毛の防止など、美容目的に使用されるものが含まれる。
清潔にしたり、美化したりすることで魅力を増す目的で使用されるもの。

育毛剤は「医薬品」、「医薬部外品」、「化粧品」に分類されます。それぞれの違いは主に人体に与える作用です。医薬品が最も作用が強く、逆に化粧品は作用が少なく最も安全性が高いのが特徴です。

医薬部外品の定義

医薬部外品の定義
「医薬部外品」とは、次に掲げる物であって人体に対する作用が緩和なものをいう。
一 次のイからハまでに掲げる目的のために使用される物(これらの使用目的のほかに、併せて前項第二号又は第三号に規定する目的のために使用される物を除く。)であって機械器具等でないもの
イ 吐きけその他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止
ロ あせも、ただれ等の防止
ハ 脱毛の防止、育毛又は除毛
二 人又は動物の保健のためにするねずみ、はえ、蚊、のみその他これらに類する生物の防除の目的のために使用される物(この使用目的のほかに、併せて前項第二号又は第三号に規定する目的のために使用される物を除く。)であって機械器具等でないもの
三 前項第二号又は第三号に規定する目的のために使用される物(前二号に掲げる物を除く。)のうち、厚生労働大臣が指定するもの

参考:電子政府の総合窓口e-GOV「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」

医薬部外品は化粧品に比べれば強い作用を持ちますが、医薬品に比べると人体に対する影響は少なくなっています。そのため、AGA治療薬のような医師の処方が必要になる医薬品に比べると、その効果は限定的と言えるでしょう。

(※1、2)

市販の育毛剤とAGA治療薬の違い

市販の育毛剤 AGA治療薬
治療目的 育毛/薄毛/かゆみ/脱毛の予防/毛生促進/発毛促進/ふけ/病後・産後の脱毛/養毛 など AGA症状の改善
購入方法 市販されておりドラッグストアでの購入も可能 基本的に入手には医師の処方箋が必要
※ミノキシジルは市販でも入手可能
分類 ほとんどが医薬部外品、化粧品 医薬品

市販の育毛剤とAGA治療薬の効果は大きく異なります。市販の育毛剤は頭皮の環境を整え、抜け毛を予防することを目的としていますが、AGAを改善させることは難しいでしょう。一方でAGA治療薬の使用は、臨床試験に裏打ちされた実績を持ち、かなりの確度で改善を実感できる治療法です。

もしAGAの症状悪化を食い止めたいのであれば、AGA治療薬を使用しましょう。

AGAの症状はある?AGAになりやすい人の特徴を確認

  • 産毛のような細く短い髪が多くなった。
  • 以前に比べて抜け毛が増えた。
  • 家族または親族に薄毛の人がいる。
  • 額の生え際が後退してきたと感じる。
  • 頭頂部の地肌が透けて見えるようになってきた。
  • 同世代より髪が薄いと感じる。
  • 頭皮が脂っぽくベタベタしている。
  • 脂肪分の多い食事が多い。
  • タバコを吸う。

頭皮環境や薄毛治療は非常にデリケートな問題です。目的に合った適切な治療薬を選択しなければ、効果が実感しにくくなります。上記のような症状がある場合は市販の育毛剤ではなくAGA治療薬を使用するのがおすすめです。

今現在頭皮の状態や抜け毛、薄毛が気になりAGA治療が必要か悩んでいる方はイースト駅前クリニックのAGAセルフチェックを一度試してみて下さい。

(※3)

AGAの症状がある場合はAGA治療薬での治療が必要

ミノキシジル プロペシア ザガーロ
薬の種類 外用薬 内服薬 内服薬
有効成分 ミノキシジル フィナステリド デュタステリド
効果・目的 発毛を促す DHTの生成を抑制 DHTの生成を抑制
ジェネリックの有無 市販薬もあり

市販の育毛剤には、基本的に厚生労働省が認可した医薬成分は含まれていません。しかしAGAの治療には、認可された医薬成分が含まれるAGA治療薬での治療が欠かせません。現在AGA治療に効果があると認可されているのは「プロペシア」「ザガーロ」「ミノキシジル」の3種類です。それぞれを詳しく見ていきましょう。

プロペシアとは

プロペシアは2005年に認可された、国内初のAGA治療薬です。プロペシアの主成分であるフィナステリドはDHTの生成を抑制する医薬成分で、AGAの改善を実現します。「日本人」を対象にした比較試験が多く行われており、効果については高いエビデンスがそろっています。市販はされておらず、医師による処方が必要です。

ザガーロとは

ザガーロの主成分であるデュタステリドは、プロペシアと同じくDHTの生成を抑制する医薬成分です。プロペシアよりDHTの生成を抑制する作用が強いことで知られています。

AGAの原因の一つでもある5-a還元酵素の働きを阻害する点はプロペシアと同様ですが、ザガーロの場合はⅠ型とⅡ型両方に作用。結果としてDHTの強い抑制効果が期待できます。

ザガーロもプロペシアと同じく、日本皮膚科学会の診療ガイドラインでは推奨度Aという評価を受けており、医師による処方が必要です。

ミノキシジルとは

ミノキシジルは、厚生労働省より発毛効果があると認可された成分を含む外用のAGA治療薬です。毛母細胞の活性化による、発毛効果と毛の成長促進効果があります。ミノキシジルを外用する治療法は日本皮膚科学会の診療ガイドラインで男女ともに推奨度Aという高い評価を受けています。医療機関だけでなく、第一類医薬品としてドラッグストアや薬局で購入することが可能です。

しかし一方で、内服薬については「危険性が十分に検証されていない」として推奨度はD。ミノキシジルの内服を希望する際はまずは医師に相談をすることが大切です。

(※4、5、6)

イースト駅前クリニックではオンライン診療での受診も可能

イースト駅前クリニックでは、オンライン診療も可能でお電話だけで診察し、処方をご指定の場所にお届けすることも可能です。新型コロナウィルスの影響もあり、当院でも既に5,000人以上の方にオンライン診療を実施しております。

またイースト駅前クリニックでは診察料は無料、薬代だけでAGA治療を行えます。効果があるかわからない市販の育毛剤を使い続けるよりも、AGA治療薬を使用したほうが経済的にもお得なことが多々あります。

これを機会に、ぜひクリニックでのAGA治療をご検討ください

AGAにはAGA治療薬が最も効果的!気になる方はイースト駅前クリニックへお気軽にご相談ください

抜け毛が増えた、髪のボリュームが減った、コシやハリが欲しいなど頭皮トラブルは人によって様々。「手軽に薄毛治療がしたい」「薄毛について医師に相談するのが億くう」と考えている方にとって市販の育毛剤は非常に魅力的かもしれません。しかしAGAだった場合には、AGA治療薬を使用するのが最も効果があり、また経済的です。

もしAGAによる薄毛で悩んでいる場合は、早めにAGAクリニックを受診し、自分に合った治療を始めてみましょう。

参考URL

※1)、電子政府の総合窓口e-GOV、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律
https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=335AC0000000145#A
※2)日本皮膚科学会、男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf
※3)厚生労働省、主な医薬品とその作用
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11120000-Iyakushokuhinkyoku/sikentebiki_4.pdf
※4)MSD株式会社、プロペシア®錠 インタビューフォーム
https://www.msdconnect.jp/static/mcijapan/images/if_propecia_tab.pdf
※5)グラクソ・スミスクライン株式会社、ザガーロカプセル インタビューフォーム
https://gskpro.com/content/dam/global/hcpportal/ja_JP/products-info/zagallo/zagallo-if.pdf
※6)大正製薬、ミノキシジルとは
https://brand.taisho.co.jp/contents/riup/detail_201.html

プロペシア

プロペシアは、AGAの予防・改善に使用される治療薬であり、皮膚科やAGA治療を専門として扱う病院で処方されています。

アロビックス

アロビックス液とは、塗布タイプの脱毛治療薬です。患部に直接塗布することで、毛根の血行をよくして抜け毛を抑制し、発毛を促す効果があるためプロペシアとの併用が効果的といわれています。

アロビックスについて詳しくはこちら

ザガーロ

ザガーロはAGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の産生を強力に抑制することで、薄毛や脱毛の治療効果を発揮します。AGA専門クリニックや男性外来を中心とする、国内の医療機関で処方されています。

ミノキシジル

ミノキシジルとは、薄毛治療に用いる「発毛剤」として使用される薬剤です。様々な研究や調査を重ね、ミノキシジルが血管を拡げることで髪の毛のもととなる毛母細胞への血流をアップされることが分かりました。

診察・相談について

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:小林 浩 医師仙台院院長:大久保 直樹 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:伊藤 知英 医師池袋院院長:西澤 康平 医師新橋院院長:加藤 淳 医師横浜院院長:松本 貴博 医師静岡院院長:長坂 良 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都四条烏丸院院長:篁 隆雄 医師大阪院院長:新田 匡章 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師天王寺院院長:東城 博雅 医師神戸三宮院院長:三田 浩一 医師岡山院院長:松沼 寛 医師広島院院長:西川 徹 医師博多院院長:田中 修二 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2020 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.