プロペシアジェネリック

未承認薬「フィンペシア(Finpecia)」の服用は危険!飲む前に知っておくべきことやプロペシアとの違いを解説

最終更新日:

フィンペシア(Finpecia)は、AGA(男性型脱毛症)に効果的なプロペシアと同じ成分フィナステリドを含有した薬です。この記事ではフィンペシア(Finpecia)とプロペシアの違いや、服用の際の注意事項、偽造薬のリスクなどについて解説します。安心して治療を受けるアドバイスも紹介。

目次※知りたい情報をクリック

フィンペシア(Finpecia)とは

フィンペシア(Finpecia)の概要
製薬会社 シプラ社(Cipla Limited)
有効成分 フィナステリド
生産国 インド
国内承認の有無 国内未承認

フィンペシア(Finpecia)は、プロペシアと同じフィナステリドを有効成分に持つAGA治療薬。インドのムンバイに本社がある大手製薬会社シプラ社(Cipla Limited)が製造販売しています。厚生労働省からの承認がないため、日本では処方することができません。

フィンペシア(Finpecia)を製造販売するシプラ社(Cipla Limited)

シプラ社(Cipla Limited)は1935年に設立されたインド国内第3位の大手製薬会社。インドだけでなくアメリカやアフリカ、ヨーロッパなどグローバルに事業展開しています。

インド国内ではジェネリック医薬品(後発医薬品)、国外では発展途上国向けHIV治療薬の製造会社として知られ、1,500以上の医薬品を生産。世界中でシプラ社の医薬品が服用されています。

(※1)

フィンペシア(Finpecia)の有効成分フィナステリドの効果

フィナステリドの効果
AGAの原因物質であるDHTの合成を抑制

DHTは、男性ホルモンであるテストステロンから合成されるAGAの原因物質。合成の際に必要な「Ⅱ型5-αリダクターゼ」の働きを阻害する効果を持つのが「フィナステリド」。

Ⅱ型5αリダクターゼを抑えると、男性ホルモンのテストステロンからAGAの原因物質になるジヒドロテストステロン(DHT)が生成されにくくなります。その効果により、AGAの進行を遅らせることが可能になります。

(※2)

有効成分フィナステリドはミノキシジルとの併用がオススメ

フィナステリドの効果 ミノキシジルの効果
DHTの合成を抑制
AGAの進行を遅らせる
頭皮の血流を改善
発毛を促す

フィナステリドとミノキシジルは作用の仕方、服用方法が違うため併用することが可能。また、併用することでAGAの治療効果を高めることが期待できます。添付文書でも注意喚起をされておらず、成分や作用する仕組みを考えても併用は問題ありません。

(※3)

フィンペシア(Finpecia)の有効成分フィナステリドの副作用

フィンペシア(Finpecia)の有効成分は、プロペシアと同じフィナステリドです。そのため副作用はプロペシアと同程度であると考えられています。

フィンペシア(Finpecia)・プロペシアの副作用
副作用 主な症状 症状発生の確率 対策
性機能障害 性欲激減
勃起不全
0.2% 専門医への相談
アレルギー反応 かゆみ、湿疹などの皮膚異常 頻度不明 医師への相談、使用停止
肝機能障害 だるさ
皮膚への黄疸出現
0.2% 初診の血液検査、医師相談
その他 抑うつ
乳房圧痛
乳房肥大
頻度不明 医師への相談、使用停止

フィンペシア(Finpecia)偽造薬の危険性について

フィンペシア(Finpecia)は国内未承認薬。そのため入手する場合はネット通販や個人輸入を活用することになります。処方箋も必要なく、手軽に入手することが可能ですが、偽造薬の危険性がありますので自己判断での服用はおすすめできません。

インターネット通販での個人輸入では偽造薬の危険性が高い

インターネット通販での個人輸入は以下のようなリスクがあります。

  • 成分量が規格より多かったり少なかったりする
  • 成分が全く入っていない
  • 他の成分が入っている
  • 不純物が含まれている

自己判断で購入できるAGA治療薬を使用することで、期待した効果が得られない、健康を害するなどのリスクがあることを考慮しましょう。

フィンペシア(Finpecia)を偽物と見分けることはできる?

WHOの報告による偽造薬の見分け方
  • パッケージの状態
  • パッケージ記載内容のスペルミス、文法の誤り
  • 製造日と有効期限の記載が外側・内側のパッケージでも同様か
  • 薬の変色、劣化、異臭がないか
  • 明らかに安すぎる価格設定の薬

WHO(世界保健機関)は偽造薬によって多発する健康被害に警鐘を鳴らしています。偽造薬かどうかの判別は、自分の健康を守ることにつながります。もしネット通販でAGA治療薬を購入したのであれば、服用する前に「必ず」確認してください。

また購入したネット通販サイトに、販売会社の住所や固定電話番号が記載されているか確認してみましょう。会社情報が怪しいということも、偽造薬の見分け方につながるヒントになります。

(※4)

フィンペシア(Finpecia)を服用する際の注意点

個人輸入したフィンペシア(Finpecia)を服用は全て自己責任となります。国内未承認の薬ですので国の救済制度は使えません。万が一副作用で治療が必要となった場合は、治療費や治療にかかる経費は全額自己負担となります。

医薬品副作用被害救済制度は利用できない

日本で承認されていない薬で副作用が出た場合は「医薬品副作用被害救済制度」の利用はできません。

「医薬品副作用被害救済制度」とは副作用の治療費や治療を受けるためにかかった費用などの補償を受けられる制度。国内承認されたAGA治療薬で万が一副作用が発生した場合は、この制度を利用することができます。

しかし、個人輸入した海外製の薬は、厚生労働省から未承認薬なので「医薬品副作用救済制度」の利用は不可。インド国内大手の製薬会社が製造するAGA治療薬であっても、副作用が出た場合に「医薬品副作用被害救済制度」を利用することはできません。
フィナステリドは健康状況によっては服用できない薬でもあります。
医師を通さず本来は服用できない状況で服用してしまうと、重篤な副作用を引き起こす危険性が非常に高い為、まずは医師に相談し服用可能かを確かめることが大切です。

(※5)

フィンペシア(Finpecia)とプロペシアの違い

フィンペシア
(Finpecia)
プロペシア フィナステリド錠
(プロペシアジェネリック)
薬の種類 内服薬
有効成分 フィナステリド
国内承認
作用 Ⅱ型5α-還元酵素の働きを阻止する
効果 DHTの生成を抑制することでAGA(男性型脱毛症)の進行遅延
女性の服用・使用 不可

国内承認済みのプロペシアジェネリック「フィナステリド錠」について

国内では2015年にプロペシアジェネリックである「フィナステリド錠」が発売。国内で初めてプロペシアのジェネリック医薬品(後発医薬品)の製造販売承認を取得し、現在では他のメーカーからも製造販売されています。

フィナステリド錠は、主成分が同じであることはもちろん、治験によってプロペシアと同等の効果があると証明されているので安全に服用していただけます。

(※2)

承認済みAGA治療薬 プロペシアの価格とは?

プロペシア フィナステリド錠
(ジェネリック)
8000円~10000円/28錠 3500円~4500円/28錠

保険適用外であるAGA治療薬は、一般的な薬と比較すると高額の薬。ジェネリック医薬品(後発医薬品)発売前は、価格の安さからフィンペシアなどの海外製未承認薬を購入する方も多くいらっしゃいました。

しかし現在では国内承認されたジェネリック医薬品(後発医薬品)と個人輸入した薬との価格差はなくなりつつあります。リスクを負ってまで個人輸入品を購入するメリットはありません。専門のクリニックを受診してジェネリック医薬品(後発医薬品)を服用することをおすすめします。

当院でのAGA治療薬処方の流れ

  1. 予約無しでの来院
  2. 診察
  3. 治療薬の処方

事前の予約は必要ありません。初診の場合は受付にその旨を伝えます。現在服用中の薬がなければ特に必要とするものはなく、自由診療のため保険証も不要です。診察は担当医の問診から始まり、希望と現状を踏まえ最適なAGA治療薬が処方されます。診察時間は多少変動があるものの約10~15分程度で終わります。

自宅で診察、処方をお送りするオンライン受診も可能

時間が合わない・忙しくて通院できない・遠くて通えない等の理由で当院への来院ができない方には、オンライン診療もおすすめです。お電話で診察、お薬の処方を行える診察方法でお薬をご指定の場所にお届け致します。

フィンペシア(Finpecia)は国内未承認薬!安易に服用すると思いがけない健康被害を受けるかもしれません

効能効果や用法用量、副作用はプロペシアと同じであるフィンペシア(Finpecia)。しかし、国内では未承認薬であり、副作用などの危険性、安全性や有効性について詳しく調査がされていません。安価だからといって、インターネット通販サイトで個人輸入をしないようにしましょう。

2015年より、プロペシアジェネリック「フィナステリド錠」の販売が開始。リスクを負わずに安心安全なものをより安く入手できるようになりました。イースト駅前クリニックではプロペシアジェネリック(後発医薬品)を含め様々なAGA治療薬のジェネリック医薬品(後発医薬品)を処方しております。興味のある方はぜひ一度ご相談ください。

参考URL

※1)Cipla Limited about us
https://www.cipla.com/about-us
※2)プロペシア添付文書
https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/249900XF1021_2_10/
※3)男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf
※4) Substandard and falsified medical products
https://www.who.int/en/news-room/fact-sheets/detail/substandard-and-falsified-medical-products
※5)医薬品医療機器総合機構、医薬品副作用被害救済制度
https://www.pmda.go.jp/kenkouhigai_camp/index.html

イースト駅前クリニック所属医師

当サイトの運営者情報はこちら

プロペシア

プロペシアは、AGAの予防・改善に使用される治療薬であり、皮膚科やAGA治療を専門として扱う病院で処方されています。

アロビックス

アロビックス液とは、塗布タイプの脱毛治療薬です。患部に直接塗布することで、毛根の血行をよくして抜け毛を抑制し、発毛を促す効果があるためプロペシアとの併用が効果的といわれています。

アロビックスについて詳しくはこちら

ザガーロ

ザガーロはAGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の産生を強力に抑制することで、薄毛や脱毛の治療効果を発揮します。AGA専門クリニックや男性外来を中心とする、国内の医療機関で処方されています。

ミノキシジル

ミノキシジルとは、薄毛治療に用いる「発毛剤」として使用される薬剤です。様々な研究や調査を重ね、ミノキシジルが血管を拡げることで髪の毛のもととなる毛母細胞への血流をアップされることが分かりました。

診察・相談について

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:小林 浩 医師仙台院院長:大久保 直樹 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:伊藤 知英 医師池袋院院長:西澤 康平 医師新橋院院長:加藤 淳 医師横浜院院長:松本 貴博 医師静岡院院長:長坂 良 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都四条烏丸院院長:篁 隆雄 医師大阪院院長:新田 匡章 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師天王寺院院長:東城 博雅 医師神戸三宮院院長:三田 浩一 医師岡山院院長:松沼 寛 医師広島院院長:西川 徹 医師博多院院長:田中 修二 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2021 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.