AGA 治療外来

AGA治療

メインビジュアル

AGA

ザガーロ
(デュタステリド)

ザガーロジェネリック
(デュタステリドジェネリック)

ミノキシジル

プロペシア
(フィナステリド)

プロペシアジェネリック
(フィナステリドジェネリック)


AGA治療TOPへ

クリニック一覧

AGA治療

筋トレではげるは噓?真相やテストステロンとの関係について解説

最終更新日:

筋トレで、はげるという噂を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。筋トレが原因で、はげるという医学的根拠はありません。筋トレと薄毛は、共通して男性ホルモンの一種である「テストステロン」が関係しています。この記事では、筋トレではげるといわれる理由や、テストステロンと薄毛の関係について解説します。

目次※知りたい情報をクリック

全国対応

オンライン診療のご案内

お電話一つで診察・処方

診診察から処方までお電話やオンラインアプリで完結出来るため、通院の必要が無く、待ち時間が解消されます。
移動時間や移動コストが掛からなくなります。

※当日の診察状況によりお待たせすることがあります。何卒ご了承ください。

筋トレではげるは噓

筋トレではげるは噓

実際は、筋トレをしたからといって、はげることはありません。筋トレが薄毛に相関性がないことは医学的に証明されています。

筋トレではげるというエビデンスはない

筋トレで、薄毛や脱毛症になるという医学的根拠は存在しません。薄毛の主な原因には、男性ホルモンやストレス、不衛生な頭皮環境が挙げられます。もし、筋トレではげるのであれば、ボディービルダーやアスリートは全員はげているはずです。しかし、全てのボディービルダーやアスリートがはげているわけではありません。

男性の薄毛は生活習慣や遺伝によって起こる

男性が発症することの多いAGAは、遺伝的な要因が強く関係しているといわれます。AGAは、生活習慣や遺伝などによって「DHT(ジヒドロテストステロン)」が増えることで引き起こされます。DHT(ジヒドロテストステロン)は、毛根の細胞に働きかけて髪の毛の正常な発育を妨げる作用を持つ男性ホルモンです。DHT(ジヒドロテストステロン)が増えると、ヘアサイクルが乱れ、結果として髪のボリュームが減り、全体的な薄毛を引き起こします

なぜ筋トレではげるといわれるのか

筋トレをすると、はげるという医学的根拠はないのに、なぜ噂されるのでしょうか。筋トレをすると、男性ホルモンの一種であるテストステロンが活発に分泌されます。テストステロンは、「筋肉量のアップや維持」「生活習慣病の予防」「アンチエイジング」などに関係しているホルモンです。テストステロンは、「5αリダクターゼ」という酵素と結合すると、DHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。筋トレによって分泌されるのはテストステロンであり、DHT(ジヒドロテストステロン)が分泌されるわけではありません。
筋トレではげるといわれているのは、テストステロンとDHT(ジヒドロテストステロン)を混同しているからでしょう。筋トレは、薄毛の直接的な原因にはなりません。薄毛を予防するためには、筋トレを避けるのではなくDHT(ジヒドロテストステロン)の発生を防ぐことが重要です

筋トレがむしろ薄毛対策に効果的な理由

筋トレは薄毛を増長させるどころか、上記のように薄毛対策に効果的であることが分かっています。筋トレが、薄毛対策に効果的である理由を詳しく見ていきましょう。

血流が促進される

筋トレをすることで、全身の血液循環は活発になります。髪の毛は、毛根にある毛母細胞が活性化することで成長していくため、血液循環が活発になるのは育毛に効果的であるといえます。血流が良くなることで、全身の酸素や栄養の循環が高まり、頭皮や毛根にある毛母細胞に栄養が届きやすくなります。つまり、筋トレには血液循環を活発にして、毛母細胞に栄養を届けやすくする作用があるのです。筋トレは、毛根に栄養を届けやすくすることで発毛を促進するだけでなく、髪の毛の成長を妨げる老廃物がたまるのを防ぐ働きもあります

(※1)

成長ホルモンが分泌される

筋トレは、成長ホルモンの分泌を活発にする効果があります。成長ホルモンは、育毛にとって効果的です。成長ホルモンには、タンパク質の合成を盛んにする作用があります。髪の毛の主成分は、「ケラチン」とよばれるタンパク質でできていますが、このケラチンの合成は成長ホルモンによって促進されているのです。そのため、筋トレを行い、成長ホルモンの分泌を活発にすることは、育毛を促進させることと近しい効果があると考えられます。筋トレは、間接的ですが育毛に対してプラスの効果をもたらすことがあります。

(※2)

ストレス発散になる

ストレスがたまると、自律神経のバランスが崩れ、全身の血流が滞るようになってきます。当然、頭皮の血流も悪くなるため髪の毛の成長に悪影響を与える可能性が高いです。特に、過度なストレスは、円形脱毛症を引き起こす可能性があります。筋トレには、自律神経の働きを整え、ストレスを軽減させる効果が期待できるため、筋トレによってストレス発散すれば薄毛を予防できるでしょう。

(※3)

筋トレ後にプロテインを摂取すればより健康的な髪の毛の成長に効果的

髪の毛の主成分は、ケラチンと呼ばれるタンパク質の一種です。タンパク質が不足すると、髪の毛が細くて弱いものになるため、薄毛の原因となります。プロテインを飲むことで、発毛効果を得られるわけではありません。しかし、タンパク質を多量に含んでいるため、筋トレ後に飲むことで、髪の毛に必要な栄養であるタンパク質を補給することができます
特に、成長ホルモンが盛んに分泌される、運動直後30分以内にプロテインを摂取するのがおすすめです。効果的にタンパク質を吸収できるため、太く強い健康的な髪の毛の成長をサポートする効果が期待できます。

薄毛につながるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑える方法

帽子をかぶる以外の薄毛になる理由

薄毛はDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが原因です。DHT(ジヒドロテストステロン)は、普段の生活を改善することで抑えられることが分かっています。

食生活を改善する

栄養素 摂取できる食べ物
亜鉛 牡蠣・豚レバー・アーモンド・チーズ
イソフラボン 納豆・豆乳・豆腐・きな粉
アロイン アロエ
d-リモネン 柑橘類の皮

薄毛を進行させる原因である、男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)は、5αリダクターゼの働きによって合成されています。5αリダクターゼは、「亜鉛」や「イソフラボン」などの食べ物によってその活動を抑えることが可能です。このように、薄毛は食生活を改善することで、進行を遅らせることができます。薄毛に、効果的な食生活を心がけることで、頭皮の健康的な毛髪環境が整えられるため、抜けにくい健康な髪の毛の生成を促すことができるでしょう。

飲酒を控える

アルコールを摂取すると、多量の亜鉛が消費されます。慢性的にアルコールを摂取すると、体内は亜鉛が不足した状態になるため注意が必要です。亜鉛には、薄毛を進行させる5αリダクターゼの働きを阻害する働きがあるため、薄毛が気になる人は過度な飲酒は控えましょう。1日のアルコールの摂取量は、厚生労働省の定める「1日平均純アルコールで20g程度」におさえることが望ましいです。具体的には、「ビール(5%)500ml=1本」「日本酒=1合」「チューハイ(7%)350mL=1本」「焼酎ロック(25%=100ml)」に相当します。

(※4)

医師に相談してAGA治療薬を服用する

AGAは、内服薬によって治療することが可能です。具体的には、「プロペシア(フィナステリド)」「ザガーロ(デュタステリド)」「ミノキシジル」といった薬が販売されています。これらは、脱毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の発生を抑制することで、発毛を促進する効能をもっています。注意点としては、AGA治療薬は用法・用量を守って服用することが重要です。勃起不全やうつ病といった副作用も報告されており、脱毛を促進させる可能性もあります。AGA治療薬を内服する際は、必ず医師に相談したうえで服用しましょう

薄毛が気になったら生活習慣の改善から意識しましょう

筋トレで薄毛になることはありません。むしろ、運動をすることで薄毛対策につながる可能性もあります。しかし、筋トレの習慣のほか、食生活や飲酒習慣を改善しても、薄毛が改善されない場合はAGAの可能性があります。

イースト駅前クリニックでは、豊富な実績を持つ専門の医師が患者様一人ひとりに合った治療法を提案させていただきます。また、クリニックに足を運ぶのが難しい方に向けて、検査キットのご提供もあります。検査結果はメールで通知されるため、結果を聞きに来院する必要はありません。薄毛で悩んでいる方は、イースト駅前クリニックにお気軽にご相談くださ

参考URL

※1) 医療法人社団 平成医会
https://heisei-ikai.or.jp/column/muscle-training/

※2) 信州大学藤井研究室 毛髪の成分、構造、役割
http://fiber.shinshu-u.ac.jp/fujii-lab/hair.html

※3) 公益財団法人長寿科学振興財団 ストレスによる抜け毛のメカニズム
https://www.tyojyu.or.jp/net/topics/news/2021/sutoresu-nukege-mekanizumu.html

※4) 厚生労働省 アルコール
https://www.mhlw.go.jp/www1/topics/kenko21_11/b5.html

1. AGAの症例

Ⅱ-v 28歳 治療期間:7ヵ月

Ⅱ-v 28歳 治療期間:7ヵ月

[治療内容] 発毛治療

[治療価格] 15,300円(税込)/月

[副作用] この治療により起こる可能性がある副作用

●頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など

Ⅳ-v+a 52歳 治療期間:7ヵ月

Ⅳ-v+a 52歳 治療期間:7ヵ月

[治療内容] 発毛治療

[治療価格] 15,300円(税込)/月

[副作用] この治療により起こる可能性がある副作用

●頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など

Ⅳ-v 33歳 治療期間:7ヵ月

Ⅳ-v 33歳 治療期間:7ヵ月

[治療内容] 発毛治療

[治療価格] 20,800円(税込)/月

[副作用] この治療により起こる可能性がある副作用

●頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など

AGA

ザガーロ
(デュタステリド)

ザガーロジェネリック
(デュタステリドジェネリック)

ミノキシジル

プロペシア
(フィナステリド)

プロペシアジェネリック
(フィナステリドジェネリック)


AGA治療TOPへ

クリニック一覧

イースト駅前クリニック所属医師

イースト駅前クリニックの医師一覧

当サイトの運営者情報はこちら

運営者情報

プロペシア
(フィナステリド)

1mg 8,200円/28錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

プロペシアは世界初のAGA内服治療薬です。プロペシアはAGA治療で強く推奨されています。

プロペシア1mg

8,200円/28錠

プロペシアジェネリック
(フィナステリドジェネリック)

1mg 3,800円〜4,700円/28錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

プロペシアジェネリック(フィナステリド錠)は、2015年に国内で製造販売が開始されたプロペシアジェネリックです。

プロペシアジェネリック1mg

3,800円~4,700円/28錠

ザガーロ
(デュタステリド)

0.5mg 10,500円〜11,500円/30錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

ザガーロは、発毛効果が証明され現在ではAGA治療でも処方されています。

ザガーロ0.5mg

10,500円~11,500円/30錠

ザガーロジェネリック
(デュタステリドジェネリック)

0.5mg 7,000円〜7,800/30錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

ザガーロジェネリック(デュタステリド錠)は、2020年に国内で製造開始されました。

ザガーロジェネリック0.5mg

7,000円~7,800円/30錠

ミノキシジル

5% 60mg 5,500円〜5,780円

※クリニックにより、処方価格が変わります。

頭皮の血行促進効果により、確かな発毛を実感することができるAGA治療薬です。

ミノキシジル5% 60mg

5,500円〜5,780円

アロビックス

※クリニックにより、処方価格が変わります。

アロビックス液とは、塗布タイプの脱毛治療薬です。患部に直接塗布することで、毛根の血行をよくして抜け毛を抑制し、発毛を促す効果があるためプロペシアとの併用が効果的といわれています。

アロビックス

ABOUT

AGAについてのよくあるお問合せ

プロペシアの主な副作用はなんですか?

国内で実施された臨床試験(1年)において、4.0%(276例中11例)に副作用(臨床検査値異常を含む)が認められております。主な症状はリビドー減退1.1%(3例)、勃起機能不全0.7%(2例)等でした。まれに食欲不振、全身倦怠感(肝機能障害)の症状があらわれる可能性があります。このような場合には、ご使用をおやめください。

プロペシアについて

プロペシアの作用機序について教えてください。

テストステロンからDHT(ジヒドロテストステロン:抜け毛の原因物質)へ変換する酵素(5α-還元酵素II型)を阻害し、AGAの進行抑制・改善効果を発揮します。

服用中に献血をしても問題ないですか?

服用中の方は献血をすることができません。献血をしたい場合は、プロペシアは1ヵ月以上、ザガーロは6ヵ月以上服用を中止することが必要です。

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:伊部 博行 医師仙台院院長:長浦 主税 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:松沼 寛 医師池袋院院長:西澤 康平 医師渋谷院院長:足立 和典 医師上野院院長:千葉 岳 医師秋葉原院院長:宮路 貴晶 医師新橋院院長:加藤 淳 医師立川院院長:村田 博昭 医師町田院院長:門田 靜明 医師横浜院院長:松本 貴博 医師川崎院院長:岡田 和樹 医師大宮院院長:半田 譲 医師柏院院長:管野 隆治 医師土浦院院長:石川 哲生 医師山梨院院長:佐藤 孝典 医師静岡院院長:高柳 健二 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都院院長:春日井 震 医師梅田院院長:藤田 良治 医師大阪院院長:大嶋 恭輔 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師天王寺院院長:東城 博雅 医師神戸三宮院院長:篁 隆雄 医師岡山院院長:橋詰 顕正 医師広島院院長:久保田 守 医師博多院院長:田中 修二 医師小倉院院長:倉員 忠弘 医師熊本院院長:師岡 公彦 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2023 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.