AGA 治療外来

AGA治療

メインビジュアル

AGA

ザガーロ
(デュタステリド)

ザガーロジェネリック
(デュタステリドジェネリック)

ミノキシジル

プロペシア
(フィナステリド)

プロペシアジェネリック
(フィナステリドジェネリック)


AGA治療TOPへ

クリニック一覧

AGA治療

禿げる前兆とは?6つの症状や対策方法、薄毛が改善される前兆も解説

最終更新日:

「抜け毛が増えた」「生え際が後退してきた」などの変化は、禿げる前兆かもしれません。20〜30代の若年層でも、対策を怠っていれば禿げてくる可能性があります。また、薄毛の症状はさまざまで、原因や対処法も異なります。この記事では、禿げる前兆や禿げる原因、薄毛の種類、対処法などを解説します。

目次※知りたい情報をクリック

全国対応

オンライン診療のご案内

お電話一つで診察・処方

診診察から処方までお電話やオンラインアプリで完結出来るため、通院の必要が無く、待ち時間が解消されます。
移動時間や移動コストが掛からなくなります。

※当日の診察状況によりお待たせすることがあります。何卒ご了承ください。

禿げる前兆かもしれない6つの症状

禿げる前兆かもしれない6つの症状

禿げる前兆の症状として、下記が一例として挙げられます。当てはまる項目が、複数ある場合は注意しましょう。

頭部が薄くなるまたは生え際が後退している

薄毛が進行している状態は、「額の左右が“剃り込み状”に後退している」「全体的にかなり後退している」といった特徴があります。しかし、生え際が後退しているか自分では判断しづらい方も多いでしょう。
生え際の場合、中指・薬指・小指の三本を揃えて眉の上にあてて、指より間隔が広いと後退している可能性が高いです。また、生え際の髪の毛の状態も確認する必要があります。「細く短い髪が多い」「コシがなく弱々しい」「密度が薄く地肌が透けている」などの特徴が当てはまる場合、ヘアサイクルの乱れによって薄毛が進行している可能性が高いです。

抜け毛が増加している

薄毛の前兆として、抜け毛の本数が増加していることも挙げられます。毛髪は、日々生え変わり続けているため、どんな人でも1日50〜100本ほどの抜け毛が生じます。1日に、何本抜けたかを正確に数えるのは難しいですが、目安の本数として覚えておくことをおすすめします。抜け毛が増えたか知りたい方は、シャンプー中やスタイリング中、寝起きの枕などを確認してみましょう。

(※1)

ヘアセットがしづらい

髪が細く痩せてしまうと、普段使い慣れたスタイリング剤が合わなくなります。ワックスの重みで、髪が立たなくなりスタイリングが長時間維持できなくなるため、ヘアセットがしづらいと感じるのです。薄毛が気になる方は、ヘアセットをする際に髪質が変化していないか、注意深く観察してみると良いでしょう。

頭皮にかゆみや炎症が起きている

頭皮に、かゆみや赤みが生じる場合は、何らかの理由で頭皮環境が悪化していると考えられます。かゆみや赤みの原因としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 洗髪
  • 紫外線
  • 乾燥
  • ストレス
  • アレルギー

かゆみや赤みを放置すると、頭皮環境がさらに悪化し抜け毛が増える可能性があるため、洗髪方法や生活習慣を見直しましょう。

(※2, 3)

フケがよく出る

フケがよく出るようになった方も、抜け毛や薄毛に注意しましょう。フケの原因は、頭皮の皮脂バランスが不安定になっていることです。たとえば、頭皮が極度に乾燥している、あるいは皮脂が過剰に分泌されると、フケが毛穴につまり抜け毛を誘発することがあります。使用しているシャンプーや洗髪のやり方が適切であるか確認する必要があるでしょう。

頭皮が硬くなった

頭皮が硬くなるのは、頭皮の血行不良が原因であることが多いです。毛髪は、血液が運搬する栄養素や成長ホルモン、酸素によって成長するため、血液循環が正常であれば頭皮に十分な栄養が届きます。一方で頭皮の血行が悪いと、髪の成長に必要な栄養が届きにくくなります。頭皮の硬さをチェックするには、まず両手を広げてボールを持つように頭部を包み込んでみてください。そのまま指を前後左右に動かし、頭皮がスムーズに動かなければ、頭皮が硬く血行不良の可能性が高いといえます。

禿げる前兆が出たときの対処法

禿げる前兆が確認できた方は、どのように対処すべきか気になるのではないでしょうか。禿げる前兆が出た時の対処法としては、以下のようなものが挙げられます。

生活習慣を見直す

禿げる前兆が出てきたら、まず生活習慣を見直しましょう。見直すべき生活習慣として、「睡眠時間」「喫煙習慣」「飲酒習慣」「ストレスの程度」などが挙げられます。

まず、日中受けたヘアダメージを回復させ、髪を太く長く成長させるには、質の良い睡眠が欠かせません。髪の成長や頭皮の新陳代謝・修復には、成長ホルモンが関わっており、睡眠不足になると、成長ホルモンが十分に分泌されずに健康な髪が育ちにくくなります。そのため、睡眠不足だと感じる方は、意識的に睡眠をとるようにしましょう。
喫煙習慣のある方は、そうでない方よりも薄毛になりやすい傾向にあるといわれます。タバコに含まれるニコチンやタールが血管を収縮させ、髪の毛に必要な栄養素が届きにくくなるからです。喫煙は、体にも悪い影響を与えるためなるべく控えましょう。

過度の飲酒をしないことも重要です。アルコールには、薄毛の原因である「5αリダクターゼ」の働きを阻害する亜鉛の排出量が増加してしまう効果があります。適度な量なら問題ありませんが、飲みすぎだと感じる方は飲酒の量を控えるとよいでしょう。
また、過度なストレスは、交感神経を刺激して頭皮の血管を収縮させ、血行不良を引き起こす可能性があります。血行不良だと、髪の成長に必要な栄養や酸素が行き渡らなくなり、ヘアサイクルが乱れて抜け毛が増える原因となります。ストレスを感じている場合は、軽い運動などを行いリフレッシュするようにしましょう。

(※4)

洗髪の仕方を見直す

頭皮は、汗や皮脂の分泌が盛んなため、毎日洗う必要があります。そのため、正しい洗髪を習慣化させることで、頭皮トラブルの防止が可能です。特に、シャンプーの洗い残しは雑菌を繫殖させる原因になるため注意しましょう
洗髪方法だけでなく、シャンプーの選び方も重要です。頭皮の肌質には、「乾燥肌」、「脂性肌」、「敏感肌」などが挙げられます。自分に合ったシャンプーを選ぶことで、頭皮の環境を良い状態に保つことができるでしょう。

食生活を見直す

髪の毛を作っているのは、日々の食事から摂取した栄養素です。育毛効果の高い栄養素として、下記があります。

栄養素 髪の毛に与える効果 食材の例
タンパク質 髪の毛の主成分であるため成長を促す効果がある 肉・魚・卵・大豆・乳製品など
ビタミン 血流を促進し、頭皮環境を整える 野菜・豚肉・レバー・大豆 など
亜鉛 アミノ酸をケラチンに変える(髪の毛を生成する)、5αリダクターゼを抑制する(抜け毛を防ぐ) レバー・カキ・魚介類・煮干し・パルメザンチーズ など
イソフラボン 女性ホルモンと似た働きをして薄毛の予防や改善に役立つ 大豆、納豆、醤油、味噌、おからなど

これらの栄養素は、健やかな頭皮や髪を作るのに有効です。毎日の食事で、摂取することが理想ですが、仕事や付き合いなどで難しい場合はサプリメントを活用するのもおすすめです。逆に、頭皮環境を悪化させる可能性がある糖分や塩分、脂肪分の過剰摂取にはくれぐれも注意してください。

(※5, 6)

AGA治療を試す

AGAとは、頭頂部や前頭部から薄くなっていく進行性の脱毛症です。主な要因は、遺伝や男性ホルモンの一種である「DHT(ジヒドロテストステロン)」の影響によるヘアサイクルの乱れといわれていますが、その他にも加齢やストレスなど生活習慣の乱れも関係します。日本人男性の、3人に1人は発症するとされているため、薄毛が気になる場合AGAである可能性が高いです。AGAは、進行性の脱毛症のため対策は早ければ早いほど薄毛が改善される可能性が高いです。イースト駅前クリニックでは、AGAリスクを検査できる毛髪ホルモン量測定キットを取り扱っているため、興味のある方はぜひお試しください。

(※7)

禿げが改善されるときに見られる前兆

禿げが改善されるときに見られる前兆

薄毛が気になる方は、禿げないための対策をしていても、いつ改善されるのか不安に思うでしょう。禿げが改善されるときに見られる前兆として、下記のようなものがあります。

退行期の髪が抜ける

禿げが改善される前兆として、退行期の古くなった髪の毛が抜けていく「初期脱毛」が挙げられます。髪の毛が抜けるため、慌てるかもしれませんが薄毛が改善される良い傾向です。髪の毛を含め、体中に生えている毛にはヘアサイクルという下記のような生え変わりのサイクルがあります。

  • 成長期:新しい髪の毛が生えてから成長する期間
  • 退行期:髪の毛が成長を止める期間
  • 休止期:完全に髪の毛の成長が終わり、抜けるのを待っている期間

薄毛に悩む方の多くは、成長期が短い傾向にあります。丈夫な髪の毛になる前に、髪の毛が抜けてしまうため、弱い髪の毛が増えていきます。そのため、退行期の古い髪の毛が抜けていくのは、成長期の新たな髪の毛が生えてくる前兆であるため、改善が期待できます。

抜け毛の量が減る

退行期の古くなった髪の毛が抜けた後は、抜け毛の量が減ってきます。そして、成長期の新たな髪の毛が生えてきます。初期脱毛を経て生えてきた産毛は、細く柔らかい状態です。これは、初期脱毛が終了してヘアサイクルがリセットされた兆候です。産毛が多いと感じた場合、禿げが改善されている前兆の可能性があるため慌てないようにしましょう。

禿げ改善の前兆が出たときのポイント

禿げが改善される前兆が出たとしても、まだ油断してはいけません。ここまでの対処法を継続して行うことが大切です。禿げ改善の前兆が出た後の、具体的なポイントは上記の通りです。

すぐに治療をやめない

薄毛治療を開始して、薄毛が治る前兆が見え始めても、すぐに治療をやめてはいけません。薄毛治療を途中でやめてしまうと、治療薬の効果がなくなりヘアサイクルが乱れはじめ薄毛が再度進行してしまう可能性があります。目安ですが、薄毛治療の効果がで始めるには早い方で3ヶ月、遅い方で1年近くかかることがあるため、根気強く続けることが大切です。薄毛治療を続けても、改善される見込みがない場合は、担当の先生に相談して薬の変更や、セカンドオピニオンを検討してみましょう。

紫外線を避ける

薄毛治療をしている期間は、日光など紫外線を避けるようにしましょう。紫外線は、髪の毛や頭皮を傷めます。また、紫外線によって日焼けをすると、頭皮が乾燥しやすい状態になります。頭皮が乾燥することで、かゆみが生じ、フケや抜け毛を発生させる可能性があります。健康的な髪を作り出すためには、頭皮環境を良い状態で保つことが重要です。
帽子の着用や、日傘を使用して頭皮に紫外線が当たらないように気を使いましょう。

(※8, 9)

髪にダメージを与えない

髪の毛に、ダメージが蓄積され続けると、抜け毛や薄毛の原因になります。髪の毛が傷み、ダメージを受けている場合、毛根や頭皮にも同じようなダメージを受けている可能性があります。毛根や頭皮にダメージが及ぶと、抜け毛につながるため髪の毛が傷んでいると感じたときは注意しましょう
また、髪の毛にダメージが蓄積されると、ツヤをなくして切れ毛になる可能性が高まります。切れ毛が増えると、薄毛につながることもあるため洗髪の仕方やダメージケアに注力するようにしましょう。

食生活と生活習慣を整える

薄毛改善の前兆が出ても、引き続き食生活や生活習慣を整えるようにしましょう。食生活や生活習慣は、髪の毛に栄養を届けて頭皮環境を整えるなど、髪の毛が生えるための土台を作ります。薄毛が改善されたからといって、食生活や生活習慣が乱れると薄毛が再度進行する可能性が高いです。特に、食事内容や生活習慣が原因で薄毛になった方は、薄毛が改善された後も引き続き整った食生活と生活習慣を続けましょう。

(※5, 6)

薄毛は早めの対策が鍵

薄毛は、放っておくと症状が深刻になり、複数の薬や治療法を行わないと解決できなくなる可能性もあります。薄毛の前兆が出てきたら、自己判断せずにクリニックで医師に相談するのがおすすめです。また、対策を行ってもなかなか改善しない場合は、AGAの可能性があります。AGAは進行性の脱毛症のため、クリニックで早めに治療しましょう。

イースト駅前クリニックでは、専門の医師による問診、ご自身にあったAGA治療薬の処方が可能です。AGA治療に興味がある方は、お近くのイースト駅前クリニックにお越しください

参考URL

※1)公益社団法人日本皮膚科学会 脱毛症
https://www.dermatol.or.jp/qa/qa11/q01.html

※2)政府広報オンライン ヘアカラーによる「かぶれ」に要注意!アレルギーが突然発症することも。
https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201905/2.html

※3)特定非営利活動法人日本メディカルハーブ協会 毛髪の源は頭皮にあり
https://www.medicalherb.or.jp/archives/4204

※4)公益財団法人長寿科学振興財団 亜鉛の働きと1日の摂取量
https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/eiyouso/mineral-zn-cu.html

※5)国立研究開発法人国立循環器病センター 栄養に関する基礎知識
https://www.ncvc.go.jp/hospital/pub/knowledge/diet/diet01/

※6)信州大学藤井研究室 毛髪の成分、構造、役割
http://fiber.shinshu-u.ac.jp/fujii-lab/hair.html

※7)国立大学法人岩手大学 男性ホルモンシグナルの遺伝子ネットワークを次世代シークエンスで解明
https://www.iwate-u.ac.jp/upload/images/5922b9a4c0c9076f2c025c25f8866119_3.pdf

※8)近畿大学メディカルサポートセンター 紫外線から体を守りましょう
https://www.kindai.ac.jp/health/about/ultraviolet-rays/

※9)J-STAGE 毛髪の紫外線ダメージ ─評価指標とダメージケア─
https://www.jstage.jst.go.jp/article/sccj/48/4/48_271/_pdf

1. AGAの症例

Ⅱ-v 28歳 治療期間:7ヵ月

Ⅱ-v 28歳 治療期間:7ヵ月

[治療内容] 発毛治療

[治療価格] 15,300円(税込)/月

[副作用] この治療により起こる可能性がある副作用

●頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など

Ⅳ-v+a 52歳 治療期間:7ヵ月

Ⅳ-v+a 52歳 治療期間:7ヵ月

[治療内容] 発毛治療

[治療価格] 15,300円(税込)/月

[副作用] この治療により起こる可能性がある副作用

●頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など

Ⅳ-v 33歳 治療期間:7ヵ月

Ⅳ-v 33歳 治療期間:7ヵ月

[治療内容] 発毛治療

[治療価格] 20,800円(税込)/月

[副作用] この治療により起こる可能性がある副作用

●頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など

AGA

ザガーロ
(デュタステリド)

ザガーロジェネリック
(デュタステリドジェネリック)

ミノキシジル

プロペシア
(フィナステリド)

プロペシアジェネリック
(フィナステリドジェネリック)


AGA治療TOPへ

クリニック一覧

イースト駅前クリニック所属医師

イースト駅前クリニックの医師一覧

当サイトの運営者情報はこちら

運営者情報

プロペシア
(フィナステリド)

1mg 8,200円/28錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

プロペシアは世界初のAGA内服治療薬です。プロペシアはAGA治療で強く推奨されています。

プロペシア1mg

8,200円/28錠

プロペシアジェネリック
(フィナステリドジェネリック)

1mg 3,800円〜4,700円/28錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

プロペシアジェネリック(フィナステリド錠)は、2015年に国内で製造販売が開始されたプロペシアジェネリックです。

プロペシアジェネリック1mg

3,800円~4,700円/28錠

ザガーロ
(デュタステリド)

0.5mg 10,500円〜11,500円/30錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

ザガーロは、発毛効果が証明され現在ではAGA治療でも処方されています。

ザガーロ0.5mg

10,500円~11,500円/30錠

ザガーロジェネリック
(デュタステリドジェネリック)

0.5mg 7,000円〜7,800/30錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

ザガーロジェネリック(デュタステリド錠)は、2020年に国内で製造開始されました。

ザガーロジェネリック0.5mg

7,000円~7,800円/30錠

ミノキシジル

5% 60mg 5,500円〜5,780円

※クリニックにより、処方価格が変わります。

頭皮の血行促進効果により、確かな発毛を実感することができるAGA治療薬です。

ミノキシジル5% 60mg

5,500円〜5,780円

アロビックス

※クリニックにより、処方価格が変わります。

アロビックス液とは、塗布タイプの脱毛治療薬です。患部に直接塗布することで、毛根の血行をよくして抜け毛を抑制し、発毛を促す効果があるためプロペシアとの併用が効果的といわれています。

アロビックス

ABOUT

AGAについてのよくあるお問合せ

プロペシアの主な副作用はなんですか?

国内で実施された臨床試験(1年)において、4.0%(276例中11例)に副作用(臨床検査値異常を含む)が認められております。主な症状はリビドー減退1.1%(3例)、勃起機能不全0.7%(2例)等でした。まれに食欲不振、全身倦怠感(肝機能障害)の症状があらわれる可能性があります。このような場合には、ご使用をおやめください。

プロペシアについて

プロペシアの作用機序について教えてください。

テストステロンからDHT(ジヒドロテストステロン:抜け毛の原因物質)へ変換する酵素(5α-還元酵素II型)を阻害し、AGAの進行抑制・改善効果を発揮します。

服用中に献血をしても問題ないですか?

服用中の方は献血をすることができません。献血をしたい場合は、プロペシアは1ヵ月以上、ザガーロは6ヵ月以上服用を中止することが必要です。

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:伊部 博行 医師仙台院院長:長浦 主税 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:松沼 寛 医師池袋院院長:西澤 康平 医師渋谷院院長:足立 和典 医師上野院院長:千葉 岳 医師秋葉原院院長:宮路 貴晶 医師新橋院院長:加藤 淳 医師立川院院長:村田 博昭 医師町田院院長:門田 靜明 医師横浜院院長:松本 貴博 医師川崎院院長:岡田 和樹 医師大宮院院長:半田 譲 医師柏院院長:管野 隆治 医師土浦院院長:石川 哲生 医師山梨院院長:佐藤 孝典 医師静岡院院長:高柳 健二 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都院院長:春日井 震 医師梅田院院長:藤田 良治 医師大阪院院長:大嶋 恭輔 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師天王寺院院長:東城 博雅 医師神戸三宮院院長:篁 隆雄 医師岡山院院長:橋詰 顕正 医師広島院院長:久保田 守 医師博多院院長:田中 修二 医師小倉院院長:倉員 忠弘 医師熊本院院長:師岡 公彦 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2023 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.