AGA 治療外来

ミノキシジル

メインビジュアル

ミノキシジル

ザガーロ
(デュタステリド)

ザガーロジェネリック
(デュタステリドジェネリック)

プロペシア
(フィナステリド)

プロペシアジェネリック
(フィナステリドジェネリック)

AGA


AGA治療TOPへ

クリニック一覧

ミノキシジル

ミノキシジルタブレットをやめるとどうなる?併用できる薬ややめどきを解説

最終更新日:

副作用や、費用がかかるなどの理由から、ミノキシジルタブレットの服用をやめたいと感じる場合もあるでしょう。しかし、服用をやめた後にどのような変化が起こるか不安な方も多いのではないでしょうか。本記事では、ミノキシジルタブレットの中断による髪の毛の変化や併用できる薬、服用のやめるべきタイミングなどを解説します。

この記事の監修者

栗林 正人

プロフィール

泌尿器科医として18年のキャリアを積む。通常のEDだけでなく、前立腺がんに伴うEDや骨盤手術によって引き起こされるEDなど幅広い治療実績を持つ。現在はイースト駅前クリニック金沢院で院長としてED治療に専心。金沢院はED問題への深い理解と治療への情熱が好評を博している。

資格

日本泌尿器科学会認定専門医

所属学会

日本泌尿器科学会

目次※知りたい情報をクリック

全国対応

オンライン診療のご案内

お電話一つで診察・処方

診察から処方までお電話やオンラインアプリで完結出来るため、通院の必要が無く、待ち時間が解消されます。
移動時間や移動コストが掛からなくなります。

※当日の診察状況によりお待たせすることがあります。何卒ご了承ください。

ミノキシジルタブレットをやめるとどうなる?

ミノキシジルタブレットを服用しても、薄毛の症状が治らず途中で服用をやめると、再び薄毛が進行してしまう可能性があります。薄毛治療に使用する薬が、ミノキシジルタブレットのみの場合と、他の治療薬を併用している場合で、服用の中断による頭髪の変化があるのか見ていきましょう。

ミノキシジルタブレットだけを服用している場合

AGA治療の際に、ミノキシジルタブレットだけ服用している場合、服用を中断すると元の薄毛に戻る恐れがあります。AGAは、男性ホルモンの影響で起こる進行性の脱毛症であり、完治が困難であるのが特徴です。ミノキシジルタブレットの作用は血流の改善と毛母細胞の活性化により発毛を促し大きな効果を発揮しますが、AGAによる脱毛の進行を根本から治療するものではありません。

プロペシア(フィナステリド)と併用している場合

AGA治療に、ミノキシジルタブレットとプロペシアを併用している場合、発毛に満足しミノキシジルタブレットのみをやめた場合、脱毛の進行を抑制することは可能です。プロペシアには、AGA発症の原因のひとつである酸化酵素「5αリダクターゼ」の働きを阻害する作用があるため、引き続きAGAの進行を抑制することができ治療費の調整などで服用を調整していくことができます。

AGAとは、脱毛因子の前駆体となる男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」の影響で起こります。5αリダクターゼは、男性ホルモンの一種である「テストステロン」と結びつき、DHT(ジヒドロテストステロン)を生み出すためAGAの原因といえます。

そのため、プロペシアを服用していればAGAによる脱毛を防げます。しかし、プロペシア(フィナステリド)はあくまで症状の進行を食い止める薬なので、積極的な発毛作用はありません。今の状態より、髪の量を増やしたい場合はミノキシジルタブレットやミノキシジル外用薬の併用が望ましいでしょう。

そもそもミノキシジルタブレットとは

ミノキシジルタブレットには、強い発毛効果がある反面、非常に可能性は低いですが副作用のリスクや服用時の注意点があります。ミノキシジルタブレットの、発毛作用のメカニズムや副作用の危険性、使用上の注意点などを具体的に見ていきましょう。

ミノキシジルタブレットの効果

  • 血管が拡張されて、血流が改善
  • 毛乳頭の細胞分裂が活発化

ミノキシジルタブレットの効果として、上記の通り2つが挙げられます。
ミノキシジルは、国内で唯一発毛効果が認められている成分です。ミノキシジルには、血管を拡張させ、血流の改善により発毛を促す作用があります。

髪の毛は、毛根にある毛乳頭の細胞が血流によって運ばれる栄養や酸素をもとに、分裂と増殖を繰り返し、頭皮の外へと押し出されて生え始めます。ミノキシジルによる頭皮の血流の増加は、細胞分裂を活発にして髪の合成を促します。ミノキシジルタブレットは、ミノキシジルを体内に直接吸収して毛細血管よりも太い細動脈からアプローチできるため、外用薬よりも発毛効果が優れているといえます。

(※1)

ミノキシジルタブレットの注意点

  • 服用できない人もいる
  • 併用できない薬がある
  • 服用前にアルコールを摂取するのは控える
  • 過剰摂取に気をつける

ミノキシジルタブレットは、血圧に作用する薬のため心臓や肺、血圧に異常のある方は服用できない場合があります。また、同様の理由で降圧剤やアルコール、持病の治療薬の摂取にも注意が必要です。

その他、ミノキシジルタブレットの過剰摂取にも気をつけましょう。ミノキシジルタブレットは全身の血管に作用するため、非常に可能性は低いですが副作用を発症する場合があります。用法用量を守らずに過剰摂取すると、命の危険につながるかもしれません。必ず医師の指示に基づいた用法用量を守りましょう。

(※2)

ミノキシジルタブレットの副作用

  • 多毛
  • 動悸
  • 血圧低下
  • 浮腫(むくみ)
  • 皮膚の紅潮 など

ミノキシジルタブレットは、高い発毛効果が期待できる一方、可能性は低いですが血管拡張作用による多毛や、心血管系障害が起こるリスクがあります。副作用の中でも、特に発症率が高い多毛の特徴は、全身のあらゆる部位で起こる発毛と剛毛化です。

また、多毛以外の副作用は発症率が極めて低いものの、放置すると命にかかわる重大な障害につながりかねません。副作用のリスクを減らすためには、用法用量を必ず守り個人輸入ではなく医師の判断のもと処方してもらいましょう。

(※2、3)

ミノキシジルタブレットと併用できる薬

ミノキシジルタブレットは、血圧に作用する薬なので、同様の働きがある薬やミノキシジルの外用薬との併用はやめた方が良いです。しかし、AGA治療に用いられる薬は酸化酵素の抑制に作用する薬なので、ミノキシジルタブレットとの併用で相乗的な薄毛改善を目指せます。

プロペシア(フィナステリド)

プロペシアは、DHT(ジヒドロテストステロン)の合成を抑制するAGA治療薬です。プロペシアには、DHT(ジヒドロテストステロン)のもととなる酵素である5αリダクターゼの働きを阻害する作用があります。

5αリダクターゼには、Ⅰ型とⅡ型の2種類があります。Ⅰ型は、全身の皮膚や皮脂腺に、Ⅱ型は前頭部や顎、前立腺などに存在します。プロペシアが作用するのはⅡ型の方です。プロペシア(フィナステリド)には、併用禁忌薬が特にないため、ミノキシジルタブレットと併用しても問題ありません。

(※4)

ザガーロ(デュタステリド)

ザガーロは、プロペシアと同様、5αリダクターゼの活性を阻害してDHT(ジヒドロテストステロン)の合成を抑制するAGA治療薬です。しかし、ザガーロはプロペシアと違い、5αリダクターゼのⅠ型・Ⅱ型双方に作用します。

ザガーロは、プロペシアよりも広範囲で脱毛を防止できるため、プロペシアを服用しても効果を感じられない場合などに有用です。また、ザガーロもプロペシア(フィナステリド)と同様、併用禁忌薬がないのでミノキシジルタブレットとの併用ができます。

(※4)

ミノキシジルタブレットをやめるタイミング

ミノキシジルタブレットの服用を、やめた方が良い場合として上記の3つが挙げられます。ミノキシジルタブレットの服用を、やめるべきタイミングについて詳しく解説します。

副作用が見られたとき

ミノキシジルタブレットは、心臓の冠動脈を含む全身の血管を拡張させる薬です。仮に、ミノキシジルタブレットの服用で心血管系の副作用が生じた場合、健康に悪影響を及ぼすリスクがあるため、すみやかに服用を止めましょう。特に、血圧や循環器、肺に持病を抱えている方は、服用を続けると命に関わる危険につながりかねません。

副作用を発症したら、必ず医師に相談しましょう。体調や、状況に応じて取るべき対処法を教えてもらえます。

(※2)

薄毛が気にならなくなったとき

薄毛が、特に気にならないほど改善した場合は、ミノキシジルタブレットの服用をやめても良いでしょう。AGAは、進行し続ける脱毛症のため、治療に明確な終わりはありません。AGAに併せて、加齢によりヘアサイクルの寿命を迎える毛髪が増えると、ミノキシジルタブレットを飲んでも目に見えた効果が実感しにくくなるでしょう。

また、ミノキシジルには心臓に負担をかける作用があるので、65歳以上の高齢者は慎重に服用する必要があります。ある程度の年齢に達して、薄毛の進行に焦りや不安を感じなくなったら、服用をやめても良いでしょう。

6ヶ月以上服用しても効果が出ないとき

ミノキシジルタブレットを、一定期間服用しても効果が実感できない場合は、服用をやめても良いでしょう。ミノキシジルタブレットは、動脈拡張作用があるため心臓や肺へ負担がかかる場合があります。

そのため、ミノキシジルタブレットの服用で発毛効果が感じられない場合、心臓や肺へ負担がかかるリスクのみが残ります。ミノキシジルタブレットの効果が実感できるまで6ヶ月程度であるため、医師に相談したうえで服用を中断するか判断しましょう。

ミノキシジルタブレットの処方はイースト駅前クリニックがおすすめ

ミノキシジルタブレットの服用を中止した場合、AGAが再度進行する可能性があります。効果の発現には個人差があり、少なくとも3カ月以上の服用が必要となります。効果が出ないと感じた場合でも、独断で服用をやめずにまずは医師に相談してみましょう。また、個人輸入で入手した安価なミノキシジルには、有効成分が含まれていない偽造品が紛れている可能性があります。健康を害する恐れがあるので、必ず医師に処方してもらいましょう。

1年以上服用を続けても効果が見られない場合、イースト駅前クリニックにご相談ください。イースト駅前クリニックでは、医師の診察のうえでミノキシジルタブレットを服用できますできる正規のミノキシジルタブレットを取り扱っております。長年にわたってAGA治療を行ってきた実績があり、AGAの専門知識を持つ医師が多数在籍しています。AGAに悩んだらぜひ一度イースト駅前クリニックにご相談ください。

1. AGAの症例

Ⅱ-v 28歳 治療期間:7ヵ月

Ⅱ-v 28歳 治療期間:7ヵ月

[治療内容] 発毛治療

[治療価格] 15,300円(税込)/月

[この治療により起こる可能性がある副作用]

●頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など

Ⅳ-v+a 52歳 治療期間:7ヵ月

Ⅳ-v+a 52歳 治療期間:7ヵ月

[治療内容] 発毛治療

[治療価格] 15,300円(税込)/月

[この治療により起こる可能性がある副作用]

●頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など

Ⅳ-v 33歳 治療期間:7ヵ月

Ⅳ-v 33歳 治療期間:7ヵ月

[治療内容] 発毛治療

[治療価格] 20,800円(税込)/月

[この治療により起こる可能性がある副作用]

●頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など

ミノキシジル

ザガーロ
(デュタステリド)

ザガーロジェネリック
(デュタステリドジェネリック)

プロペシア
(フィナステリド)

プロペシアジェネリック
(フィナステリドジェネリック)

AGA


AGA治療TOPへ

クリニック一覧

この記事の監修者

栗林 正人

プロフィール

泌尿器科医として18年のキャリアを積む。通常のEDだけでなく、前立腺がんに伴うEDや骨盤手術によって引き起こされるEDなど幅広い治療実績を持つ。現在はイースト駅前クリニック金沢院で院長としてED治療に専心。金沢院はED問題への深い理解と治療への情熱が好評を博している。

資格

日本泌尿器科学会認定専門医

所属学会

日本泌尿器科学会

イースト駅前クリニック所属医師

イースト駅前クリニックの医師一覧

当サイトの運営者情報はこちら

運営者情報

プロペシア
(フィナステリド)

1mg 7,400円(税抜)/28錠

プロペシアは世界初のAGA内服治療薬です。プロペシアはAGA治療で強く推奨されています。

プロペシア1mg

7,400円(税抜)/28錠

プロペシアジェネリック
(フィナステリドジェネリック)

1mg 3,400円(税抜)/28錠

プロペシアジェネリック(フィナステリド錠)は、2015年に国内で製造販売が開始されたプロペシアジェネリックです。

プロペシアジェネリック1mg

3,400円(税抜)/28錠

ザガーロ
(デュタステリド)

0.5mg 9,500円(税抜)/30錠

ザガーロは、発毛効果が証明され現在ではAGA治療でも処方されています。

ザガーロ0.5mg

9,500円(税抜)/30錠

ザガーロジェネリック
(デュタステリドジェネリック)

0.5mg 6,300円(税抜)/30錠

ザガーロジェネリック(デュタステリド錠)は、2020年に国内で製造開始されました。

ザガーロジェネリック0.5mg

6,300円(税抜)/30錠

ミノキシジル

5% 60mg 5,000円(税抜)

頭皮の血行促進効果により、確かな発毛を実感することができるAGA治療薬です。

ミノキシジル5% 60mg

5,500円〜5,780円

アロビックス

※クリニックにより、処方価格が変わります。

アロビックス液とは、塗布タイプの脱毛治療薬です。患部に直接塗布することで、毛根の血行をよくして抜け毛を抑制し、発毛を促す効果があるためプロペシアとの併用が効果的といわれています。

アロビックス

ABOUT

AGAについてのよくあるお問合せ

プロペシアの主な副作用はなんですか?

国内で実施された臨床試験(1年)において、4.0%(276例中11例)に副作用(臨床検査値異常を含む)が認められております。主な症状はリビドー減退1.1%(3例)、勃起機能不全0.7%(2例)等でした。まれに食欲不振、全身倦怠感(肝機能障害)の症状があらわれる可能性があります。このような場合には、ご使用をおやめください。

プロペシアについて

プロペシアの作用機序について教えてください。

テストステロンからDHT(ジヒドロテストステロン:抜け毛の原因物質)へ変換する酵素(5α-還元酵素II型)を阻害し、AGAの進行抑制・改善効果を発揮します。

服用中に献血をしても問題ないですか?

服用中の方は献血をすることができません。献血をしたい場合は、プロペシアは1ヵ月以上、ザガーロは6ヵ月以上服用を中止することが必要です。

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:伊部 博行 医師仙台院院長:長浦 主税 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:松沼 寛 医師池袋院院長:秋田 和宏 医師渋谷院院長:足立 和典 医師上野院院長:千葉 岳 医師秋葉原院院長:宮路 貴晶 医師新橋院院長:加藤 淳 医師立川院院長:村田 博昭 医師町田院院長:横山 利光 医師横浜院院長:松本 貴博 医師川崎院院長:岡田 和樹 医師高崎院院長:廣瀧慎太郎 医師大宮院院長:半田 譲 医師川越院院長:中野 智樹 医師柏院院長:管野 隆治 医師船橋院院長:植田 琢也 医師土浦院院長:石川 哲生 医師大田屋クリニック院長:佐藤 孝典 医師大田屋いまい泌尿器クリニック院長:今井 佑樹 医師静岡院院長:高柳 健二 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都院院長:石田 裕彦 医師梅田院院長:藤田 良治 医師大阪院院長:植田 大樹 医師なんば院院長:東城 博雅 医師天王寺院院長:須見 善充 医師神戸三宮院院長:篁 隆雄 医師岡山院院長:橋詰 顕正 医師広島院院長:久保田 守 医師高松院院長:西原 修造 医師松山院院長:堤 圭右 医師あけぼのクリニック院長:門田 靜明 医師博多院院長:田中 修二 医師小倉院院長:倉員 忠弘 医師熊本院院長:師岡 公彦 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2024 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.