AGA 治療外来

AGA治療

メインビジュアル

AGA

ザガーロ
(デュタステリド)

ザガーロジェネリック
(デュタステリドジェネリック)

ミノキシジル

プロペシア
(フィナステリド)

プロペシアジェネリック
(フィナステリドジェネリック)


AGA治療TOPへ

クリニック一覧

AGA治療

AGA治療のデメリット4選!安全に治療したいならクリニックを受診しよう

最終更新日:

AGA治療のデメリットとして、「副作用」や「治療期間の長さ」などが挙げられますが、事前に理解しておけば、デメリットを最小限に抑えられることができます。本記事では、AGA治療のデメリットやクリニックで治療を受ける重要性について解説します。

目次※知りたい情報をクリック

全国対応

オンライン診療のご案内

お電話一つで診察・処方

診察から処方までお電話やオンラインアプリで完結出来るため、通院の必要が無く、待ち時間が解消されます。
移動時間や移動コストが掛からなくなります。

※当日の診察状況によりお待たせすることがあります。何卒ご了承ください。

AGA治療の代表的な4つのデメリットとは

AGA治療の代表的なデメリットを4つご紹介します。治療後に後悔しないためにも、デメリットについてしっかりと理解しておきましょう。

副作用が起きる可能性がある

AGA治療に用いられる薬剤には、さまざまな副作用が報告されています。外用薬と内服薬があるミノキシジルは、血管を拡張する作用があるため、血流増加によるめまいや、ほてり、動悸などの症状が現れることがあります。

たとえば、ミノキシジル外用薬の場合、頭皮のかぶれや発疹、頭痛などの副作用が考えられます。プロペシア(フィナステリド)や、ザガーロ(デュタステリド)などの内服薬の代表的な副作用として、性欲低下や勃起不全、射精障害などが挙げられます。また、肝機能障害も報告されており、発生した場合には服用を中断しなければなりません。
さらに、プロペシア(フィナステリド)は妊娠している方が服用または触れてしまうと赤ちゃんの性器に悪影響を及ぼす可能性もあります。AGAの治療前は必ず医師の説明を聞き、副作用が酷い場合はすぐに相談しましょう。

初期脱毛に悩まされる

AGA治療の開始後10日~1ヶ月ほど経つと、髪の毛が抜け落ちる場合があります。この症状は「初期脱毛」と呼ばれており、ミノキシジルの作用の一つです。原因としてヘアサイクルが関係しており、AGA治療によって休止期に入った古い髪の毛が、新しい髪の毛によって押し出されることで毛が抜け落ちます。初期脱毛の有無や程度には個人差がありますが、薬の効果が現れ始めている証拠なので、心配しすぎる必要はありません。気になる場合は、帽子をかぶったり、ウィッグを使用したりして対処しましょう。抜け毛が気になるからといって薬の服用をやめてしまうと、かえって薄毛が進行する可能性があります。不安な場合は自己判断せず医師に相談しましょう。

治療に時間と費用がかかる

AGA治療は、すぐに効果が現れる治療ではないので、長期的に続ける必要があります。一般的に効果の実感には、最低でも6ヶ月以上の継続が必要といわれています。ただし個人差があるので、3ヶ月で効果が出る場合もあれば、1年以上かかる場合もあります。
治療が長期間におよぶと費用面が心配になってくるでしょう。基本的にAGA治療は保険適用外なので、費用は全額自己負担です。実際に、多くの方が費用面を気にしているというデータもあります。

AGA治療では、治療薬以外にもカウンセリングや診察料、検査代などが別途かかることもあります。しかし、イースト駅前クリニックは、初診・再診費が0円なので治療費が抑えることが可能です。費用を抑えて使用できるジェネリック医薬品も取り揃えておりますので、気になる方はぜひ一度イースト駅前クリニックにご来院ください。

通院の手間がかかる

AGA治療は、定期的なクリニックへの受診が必要な場合もあります。面倒に感じるかもしれませんが、クリニックを受診することで経過のチェックや、違う治療方法の提案をしてもらえるます。そのため、治療を効果的に進めるには通院が重要です。治療が長期間になると、その分通院回数も増えます。クリニック選びは費用などのほかに、通いやすさも考慮してみると良いでしょう。
イースト駅前クリニックは全国の主要都市に展開しており、駅から徒歩3分圏内に位置しています。通いやすさを重視される方は、ぜひ一度ご来院ください。

AGA治療の副作用について

AGA治療薬には副作用があります。種類によって異なるので、それぞれに確認されている副作用についてご紹介します。

内服薬の主な副作用

プロペシア(フィナステリド) 性機能障害やアレルギー反応、肝機能障害、うつなど
ザガーロ(デュタステリド) 勃起不全や性欲の減退、精液量の減少など

国内でAGA治療薬として承認されているのは、プロペシア(フィナステリド)とザガーロ(デュタステリド)の2種類です。発現率は少ないものの、それぞれに上記のような副作用があります。ただ、国内で承認されている薬剤は、用法・用量を守って服用している場合に限って救済制度が受けられます。副作用が発生しても治療費の補助が受けられる制度があるため、不安な場合は医師に相談すると良いでしょう。

ミノキシジル外用薬の副作用

ミノキシジルの主な副作用は、
頭皮のかゆみ・ふけ・発赤・ほてり・気分不良などです。

AGA治療薬にはミノキシジルと呼ばれる外用薬があり、内服薬と同様に副作用があります。ミノキシジル外用薬はミノキシジルタブレットに比べて、効果の現れが緩やかなため副作用も重篤になる可能性はほとんどありません。しかし、副作用が出た場合は薬の量を調整するなど対処が必要になるため必ず医師に報告しましょう。AGA治療薬は、服用を中断してしまうと薄毛が進行するリスクがあるため、自己判断での中断は控えてください。
また、「早く効果を得たい」などの理由から用量を超えて使用してしまうと、副作用が出やすくなります。内服薬だけでなく外用薬も必ず医師の指示を守って使用しましょう。

ミノキシジルタブレットの副作用

ミノキシジルタブレットの副作用

・多毛
・動悸
・血圧低下
・浮腫(むくみ)
・皮膚の紅潮

など

ミノキシジルタブレットの、具体的な副作用として上記があります。ミノキシジル外用薬に比べて、副作用の種類も多くリスクも高いといわれています。しかし、外用薬よりも高い効果が期待できるため、発毛効果をより実感したい方におすすめです。

AGAを自力で治療するデメリット

クリニックに通わず、自力でAGAを改善しようと考えている方もいるでしょう。しかし、自力でAGA治療をおこなうには、さまざまなデメリットがあります。

そもそも薄毛の原因がAGAか分からない

薄毛の原因がAGAであるかを確定するには、専門的な検査や診断が必要です。薄毛の原因が、AGAによるものでなければ治療を続けても、時間と費用が無駄になってしまいます。たとえば、AGA治療として推奨されているミノキシジルやプロペシア(フィナステリド)、ザガーロ(デュタステリド)は、円形脱毛症には効果がないとされています。薬剤によって作用機序が異なるため、すべての薄毛に対して同じ薬を使用するわけではありません。原因に合わせた効果的な治療薬を選択するには、薄毛の原因を明確にする必要があります。自力での治療は失敗を招く恐れがあるため、専門的なアドバイスが受けられるAGAクリニックを受診しましょう。

(※4)

自分に合った正しい治療法か分からない

AGA治療にはミノキシジル外用薬や内服薬、プロペシア(フィナステリド)、ザガーロ(デュタステリド)といった治療法があります。
それぞれ特徴が異なるため、自分に合った治療方法を見つける必要があります。たとえば、ミノキシジルの内服薬は血管を広げる作用があるので、不整脈や狭心症など心臓に疾患がある方は使用できません。自身の健康状態を把握していないまま、自己判断によって治療薬を選んでしまうと、効果がないだけでなく、重大な副作用を引き起こす可能性もあります。
どの治療法が適切であるかは人によって異なるので、必ず専門知識を持つ医師に相談しましょう。

お金と時間が無駄になる場合もある

原因にあった治療法を選択しないと十分な効果が得られないため、結果的にお金と時間が無駄になる場合があります。AGAは進行する病気であり時間が経てば経つほど薄毛が進むので、AGAの場合は早めの治療が重要です。誤った治療法を続けていると、薄毛が進行するだけでなくお金も無駄になる可能性があります。症状の進行を抑えるだけでなくお金と時間を節約するためにも、薄毛が不安な場合は早期に病院を受診しましょう。

AGAクリニックで治療するメリット

AGA治療を受けるにはクリニックへの受診をおすすめします。AGAクリニックで治療を受けるべき理由について解説します。

治療薬を安全に購入できる

AGA治療薬を個人輸入や通販で手に入れるのは危険です。なぜなら偽物が多く紛れ込んでいるからです。「本物」や「ジェネリック医薬品」と紹介されているものも偽造薬の可能性があるため、安易に信用はできません。なかには健康に害を及ぼす有毒なものもあります。即座に健康被害が出なくても、長期的に服用すると身体になんらかの悪影響が出てくる場合もあるでしょう。「安いから」「手軽だから」などの理由で個人輸入を検討している方もいるかもしれませんが、安全性が保証されていないため避けましょう。

医師から治療方針やアドバイスを受けられる

個人差はありますが、AGA治療薬は効果が出るまでに6ヶ月以上かかるといわれています。場合によっては、年単位で治療を継続しなければいけない可能性もあるでしょう。治療経過によっては薬の量の調整や、治療法の変更をする場合もあります。万が一、入院治療が必要な重大な副作用が発生した場合も、クリニックで治療していれば救済措置が受けられます。AGA治療は長期間に渡るため、専門知識を持つ医師のアドバイスを受けながら継続していくことが望ましいです。

クリニックならAGA治療のデメリットを最小限に抑えられる

AGA治療には副作用や長期間の治療が必要といったデメリットがあります。デメリットを最小限に抑える方法は、AGAクリニックで治療することです。自力でのAGA治療は、重大な副作用や健康被害や、偽造薬によって効果が出ず費用や時間を無駄するリスクがあります。AGAクリニックで治療すると、正規品の薬剤を使用するため安全であり、副作用への救済制度も適用されます。AGA治療を検討している方は、クリニックで治療をおすすめします。

イースト駅前クリニックは、AGA治療の実績を持つ医師が多数在籍しており、患者様一人ひとりに合わせた治療を提案いたします。また、全国の主要都市に展開されており、駅から徒歩3分圏内に位置しているため仕事帰りにも通えるのが特徴です。AGA治療を検討している方は、イースト駅前クリニックにご相談ください。

参考URL

※1)プロペシア添付文書
(http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/249900XF1021_2_08/)
※2)ザガーロ 添付文書
(https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/249900AM1023_1_05/)
※3)ミノキシジルローション5%「JG」説明書
(https://www.info.pmda.go.jp/downfiles/otc/PDF/J1801000183_01_A.pdf)
※4)日本皮膚科学会円形脱毛症診療ガイドライン 2017 年版
(https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AA_GL2017.pdf)

1. AGAの症例

Ⅱ-v 28歳 治療期間:7ヵ月

Ⅱ-v 28歳 治療期間:7ヵ月

[治療内容] 発毛治療

[治療価格] 15,300円(税込)/月

[この治療により起こる可能性がある副作用]

●頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など

Ⅳ-v+a 52歳 治療期間:7ヵ月

Ⅳ-v+a 52歳 治療期間:7ヵ月

[治療内容] 発毛治療

[治療価格] 15,300円(税込)/月

[この治療により起こる可能性がある副作用]

●頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など

Ⅳ-v 33歳 治療期間:7ヵ月

Ⅳ-v 33歳 治療期間:7ヵ月

[治療内容] 発毛治療

[治療価格] 20,800円(税込)/月

[この治療により起こる可能性がある副作用]

●頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など

AGA

ザガーロ
(デュタステリド)

ザガーロジェネリック
(デュタステリドジェネリック)

ミノキシジル

プロペシア
(フィナステリド)

プロペシアジェネリック
(フィナステリドジェネリック)


AGA治療TOPへ

クリニック一覧

イースト駅前クリニック所属医師

イースト駅前クリニックの医師一覧

当サイトの運営者情報はこちら

運営者情報

プロペシア
(フィナステリド)

1mg 8,200円/28錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

プロペシアは世界初のAGA内服治療薬です。プロペシアはAGA治療で強く推奨されています。

プロペシア1mg

8,200円/28錠

プロペシアジェネリック
(フィナステリドジェネリック)

1mg 3,800円〜4,700円/28錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

プロペシアジェネリック(フィナステリド錠)は、2015年に国内で製造販売が開始されたプロペシアジェネリックです。

プロペシアジェネリック1mg

3,800円~4,700円/28錠

ザガーロ
(デュタステリド)

0.5mg 10,500円〜11,500円/30錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

ザガーロは、発毛効果が証明され現在ではAGA治療でも処方されています。

ザガーロ0.5mg

10,500円~11,500円/30錠

ザガーロジェネリック
(デュタステリドジェネリック)

0.5mg 7,000円〜7,800/30錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

ザガーロジェネリック(デュタステリド錠)は、2020年に国内で製造開始されました。

ザガーロジェネリック0.5mg

7,000円~7,800円/30錠

ミノキシジル

5% 60mg 5,500円〜5,780円

※クリニックにより、処方価格が変わります。

頭皮の血行促進効果により、確かな発毛を実感することができるAGA治療薬です。

ミノキシジル5% 60mg

5,500円〜5,780円

アロビックス

※クリニックにより、処方価格が変わります。

アロビックス液とは、塗布タイプの脱毛治療薬です。患部に直接塗布することで、毛根の血行をよくして抜け毛を抑制し、発毛を促す効果があるためプロペシアとの併用が効果的といわれています。

アロビックス

ABOUT

AGAについてのよくあるお問合せ

プロペシアの主な副作用はなんですか?

国内で実施された臨床試験(1年)において、4.0%(276例中11例)に副作用(臨床検査値異常を含む)が認められております。主な症状はリビドー減退1.1%(3例)、勃起機能不全0.7%(2例)等でした。まれに食欲不振、全身倦怠感(肝機能障害)の症状があらわれる可能性があります。このような場合には、ご使用をおやめください。

プロペシアについて

プロペシアの作用機序について教えてください。

テストステロンからDHT(ジヒドロテストステロン:抜け毛の原因物質)へ変換する酵素(5α-還元酵素II型)を阻害し、AGAの進行抑制・改善効果を発揮します。

服用中に献血をしても問題ないですか?

服用中の方は献血をすることができません。献血をしたい場合は、プロペシアは1ヵ月以上、ザガーロは6ヵ月以上服用を中止することが必要です。

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:伊部 博行 医師仙台院院長:長浦 主税 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:松沼 寛 医師池袋院院長:西澤 康平 医師渋谷院院長:足立 和典 医師上野院院長:千葉 岳 医師秋葉原院院長:宮路 貴晶 医師新橋院院長:加藤 淳 医師立川院院長:村田 博昭 医師町田院院長:門田 靜明 医師横浜院院長:松本 貴博 医師川崎院院長:岡田 和樹 医師大宮院院長:半田 譲 医師川越院院長:中野 智樹 医師柏院院長:管野 隆治 医師船橋院院長:春日井 震 医師土浦院院長:石川 哲生 医師大田屋クリニック院長:佐藤 孝典 医師静岡院院長:高柳 健二 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師新潟院院長:星野 賢一 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都院院長:稲垣 昌泰 医師梅田院院長:藤田 良治 医師大阪院院長:大嶋 恭輔 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師天王寺院院長:東城 博雅 医師神戸三宮院院長:篁 隆雄 医師岡山院院長:橋詰 顕正 医師広島院院長:久保田 守 医師高松院院長:西原 修造 医師松山院院長:堤 圭佑 医師博多院院長:田中 修二 医師小倉院院長:倉員 忠弘 医師熊本院院長:師岡 公彦 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2023 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.