AGA 治療外来

AGA治療

メインビジュアル

AGA

ザガーロ
(デュタステリド)

ザガーロジェネリック
(デュタステリドジェネリック)

ミノキシジル

プロペシア
(フィナステリド)

プロペシアジェネリック
(フィナステリドジェネリック)


AGA治療TOPへ

クリニック一覧

AGA治療

頭皮を押すと痛いのはなぜ?主な原因7選!具体的な対処法も解説

最終更新日:

頭皮を押して痛い原因には、頭痛や神経痛、湿疹や炎症、腫瘍やしこりなどが考えられます。頭皮の痛みは、どのような治療を行うことで抑えられるのでしょうか。
本記事では、頭皮を押して痛い場合に考えられる代表的な7つの原因を紹介します。頭皮の痛みについてお悩みの方はぜひ参考にしてください。

目次※知りたい情報をクリック

全国対応

オンライン診療のご案内

お電話一つで診察・処方

診察から処方までお電話やオンラインアプリで完結出来るため、通院の必要が無く、待ち時間が解消されます。
移動時間や移動コストが掛からなくなります。

※当日の診察状況によりお待たせすることがあります。何卒ご了承ください。

頭痛や神経痛が原因の場合

頭皮が痛い際の原因として、頭痛や神経痛が挙げられます。詳しい内容について見ていきましょう。

後頭神経痛

後頭神経痛は、頭痛と神経痛の一種で、主に大後頭神経痛、小後頭神経痛、大耳介神経痛の3種類があります。
大後頭神経痛は、後頭部から首にかけて痛みを感じる場合が多いです。首を左右に回すと痛みが増し、寝違えに近い症状が現れることがあります。
小後頭神経痛は、頭頂部や頭側面に痛みを感じる場合が多いです。ストレスや筋肉の緊張、風邪などによって発症する可能性があります。
大耳介神経痛は、耳たぶの後ろ側に痛みを感じる場合が多く、この部分が腫れたり、赤くなったりする可能性があります。
後頭神経痛は原因が明らかでない場合が多く、ストレスや睡眠不足、姿勢の悪さなどが引き金となると考えられています。一般的には、1週間ほどで自然に治る場合が多いとされていますが、症状が重い場合や繰り返し発症する場合は、医師の診断と適切な治療が必要です。

(※1)

眼精疲労

眼精疲労の症状は、目の疲れや痛み、充血、かすみ、まぶしさなど目の症状が多いですが、頭痛や肩こり、吐き気などの全身的な症状も現れます。

眼精疲労の症状は、休息や睡眠をとっても十分に回復しないことが特徴です。眼精疲労の原因は、度の合わない眼鏡の使用や、老眼の初期段階での無理な近業作業、緑内障や白内障、ドライアイなどが考えられますがパソコンやスマートフォンの長時間操作も原因の一つです。
眼精疲労の治療は、原因を特定して排除する必要がありますが、ビタミン剤の配合された点眼薬や内服薬が有効な場合もあります。パソコンやスマートフォンを使用する際は、適度な休息を取りましょう。

(※2)

湿疹や炎症が痛みの原因である場合

頭皮を押すと痛い原因の2つ目として、湿疹や炎症による症状が考えられます。適切な治療が必要になる場合もあるのでぜひ参考にしてください。

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎は、頭皮の炎症の一つで皮脂の分泌が活発な部位に現れることが多いのが特徴です。一般的に、成人の3%〜5%が脂漏性皮膚炎に罹患しているとされ、男性よりも女性に多く見られます。
脂漏性皮膚炎の主な症状は頭皮のフケで、痒みの有無は個人差があります。場合によっては、鼻や頬に赤い発疹が現れる可能性もあります。
脂漏性皮膚炎の原因は、完全には解明されていませんが、遺伝的要因、ストレス、季節変化、生活習慣、感染症、またはアレルギー反応などが関係している可能性があります。また、ホルモンバランスの変化も症状の発現に影響を与える場合があります。
脂漏性皮膚炎の治療法には、フケを取り除くシャンプー、抗真菌薬、コルチコステロイド軟膏、または光線療法などがあります。

(※3)

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、慢性的に繰り返すかゆみを伴う症状で、とくに乳幼児や子供に多く見られます。アトピー性皮膚炎の発症には遺伝的な要因が大きく関与しており、家族歴がある場合には発症しやすい傾向があります。
アトピー性皮膚炎の特徴は、皮膚の乾燥や痒み、発赤、水疱、膿疱などの症状です。皮膚がカサカサして乾燥した状態から、硬くゴワゴワになったり、腫れてジクジク汁が出たりする状態まで段階的に進行します。
それぞれの湿疹の重症度によって症状は異なり、皮疹の広がりも考慮されます。場合によって、痒みをともなうことがありますが、かいてしまうと皮膚が傷ついて細菌感染を起こしやすくなるため注意が必要です。

(※4)

毛包炎

毛包炎は、毛穴の奥の毛根を包んでいる部分に起こる炎症です。毛穴周囲の皮膚が赤く腫れ、丘疹(小さな盛り上がり)や膿疱(膿の入った水ぶくれ)ができます。
毛包炎は、毛包部が黄色ブドウ球菌や緑膿菌などの菌に感染して起こります。深刻な症例では、蜂窩織炎などの合併症を引き起こす可能性があるため注意が必要です。
毛包炎の原因としては、皮膚の切り傷や擦り傷、虫刺され、頭皮の汚れや脂が溜まることなどが挙げられます。また、毛穴が詰まりやすい肥厚性角化症や、免疫力が低下した場合にも毛包炎が発生しやすくなります。毛包炎の治療は、患部を清潔に保つ必要があり、治療薬としては抗菌薬が使用されます。
軽度の場合には市販の消毒薬も使えますが、適切な治療を行わないと毛包炎が慢性化する恐れがあるため注意が必要です。

(※5)

腫瘍やしこりが痛みの原因である場合

腫瘍やしこりの症状として、アテローム(粉瘤)、脂肪腫、皮膚がん(腫瘍)が挙げられます。これらの症状は、治療薬や治療法が異なるため正しい診断を受ける必要があります。

アテローム(粉瘤)

アテロームは、皮膚内に袋状の腫瘍ができる症状で、顔や首、背中、耳の後ろなど、体のどの部位でもできる可能性があります。
皮脂腺が異常に増殖して皮脂が過剰に分泌され、皮脂の詰まった嚢腫が形成されるとアテロームは形成されます。アテロームは、一般的に良性の腫瘍であり、大きさは数mm~数cmの半球状のしこりです。アテロームの中には黒点状の開口部があり、その部分を圧迫すると臭くてドロドロしたネリ状の物質が出てきます。
アテロームは、治療が必要な状態ではありませんが、外科的な処置により除去できます。

(※6)

脂肪腫

脂肪腫は、皮下組織にできる軟部組織の腫瘍のなかで最も多くみられる良性腫瘍の一種で、在性脂肪腫と深在性脂肪腫があります。
脂肪腫の大きさは、一般的に数ミリ程度ですが、稀に1~2センチになる巨大な血管脂肪腫も報告されています。発生時期は幼少期と考えられていて、20歳以下での発症は稀で、通常は40~50歳代で頻発し、女性や肥満者に多いです。
脂肪種の診断は、臨床症状と画像検査で行ないますが、場合によっては病理検査で悪性腫瘍かどうか判断する必要があります。脂肪腫は、必ずしも切除する必要はありませんが、大きくなった場合や、周囲の組織を圧迫して症状を引き起こす場合は手術による切除が考えられます。

頭皮を押すと痛い場合の対処法

頭皮を押すと痛い場合、まずは医療機関を受診しましょう。また、ヘアケアの見直しや適度なマッサージ、ターンオーバーの正常化も大切な対処法です。ここでは、頭皮を押すと痛い場合の対処法について詳しく解説します。

医療機関を受診する

頭皮の痛みや腫れが長く続く場合、自己判断で放置せず早期に医師に相談しましょう。頭皮の痛みや腫れに加えて、発熱、頭痛、意識障害などがある場合は脳神経外科の医師に相談する必要があります。
抜け毛や薄毛が合併している場合は、皮膚科やAGAクリニックで専門的な治療を受けられます。医師は、身体検査や画像検査を行って症状の原因が何であるかを特定したうえで、適切な治療法を選択します。そのため、医師に相談することで、早期発見・早期治療が可能です。症状が悪化する前に、一度医師に相談してみると良いでしょう。

ヘアケアを見直す

ヘアケアを誤ってしまうと、頭皮環境の悪化を招く場合があります。
例えば、過剰なシャンプーや不適切なシャンプーの使用は、頭皮のバリア機能を損なう恐れがあるため、注意が必要です。また、シャンプーの残留は頭皮の炎症を引き起こす原因にもなります。ヘアケアは、適切な洗髪方法や、ドライヤーの温度・風量調整が大切です。
その他にも、紫外線から頭皮を保護することも大切です。日焼け止めや、帽子を使用して頭皮を紫外線によるダメージから守りましょう。とくに薄毛や敏感肌の方は、紫外線の影響を受けやすいため注意が必要です。
適切なヘアケアを行うことで、頭皮環境を正常に保ち、頭皮の痛みや不快感を緩和できます。

ターンオーバーを正常に保つ

頭皮の痛みを予防するには、ターンオーバーを正常に保ちましょう。ターンオーバーとは、肌や頭皮の細胞が生まれ変わる過程を指します。
正常なターンオーバーの周期は約1ヵ月程度で、頭皮の角質層細胞がはがれ落ち、新しい細胞が生まれることで健康的な頭皮環境を保っています。しかし、ストレスや運動不足、睡眠不足、不適切な食生活、加齢などの影響でターンオーバーが乱れる可能性があります。
ターンオーバーが乱れると頭皮の古い角質が蓄積し、毛穴の詰まりやフケ、炎症などのトラブルを引き起こす可能性が高くなります。頭皮のターンオーバーを保つためには、適度な運動や十分な睡眠など生活習慣を改善し、頭皮の血行を促進しましょう。

適度にマッサージする

頭皮マッサージは頭皮環境を健やかに保ち、頭皮の血行を促進するために有効です。地肌マッサージによる頭皮への圧迫法が血行不良の改善に効果的であることは、臨床研究によって示されています。
頭皮マッサージをする際は、指先を使って頭皮を揉んだり、軽く叩いたりすることで頭皮に刺激を与えましょう。頭皮マッサージは、頭皮の皮脂を均等に分布させられるため、頭皮の乾燥や脂性の改善にも役立ちます。
ただし、頭皮マッサージを行う際は、力を入れ過ぎないように注意しましょう。強い力でマッサージを行うと、逆に頭皮の状態を悪化させる恐れがあります。また、頭皮に痛みや違和感がある場合は、無理にマッサージを行わない方が良いでしょう。

(※8)

頭皮を痛みが長く続く場合は医療機関を受診しましょう

頭皮を押すと痛いという現象は、それほど珍しいものではありません。健康な方でも一時的に頭皮が炎症を起こし、痛みや痒みを生じることがあります。しかし、頭皮の痛みが長く続く場合は、皮膚疾患など何らかの疾患による症状の可能性があります。

頭皮の痛みが長期間続くのであれば、自己判断で放置せずに医師による診察を受けましょう。イースト駅前クリニックでは、AGA治療の実績を持つ医師が在籍しており、患者様一人ひとりに合わせた治療法をご用意します。治療費がお薬代のみで、診察代は無料のためAGA治療が初めての方でも、お気軽にお越しいただけます。オンラインでの診療も対応しておりますので、ぜひお気軽にイースト駅前クリニックにご相談ください。

参考サイト

※1)社会福祉法人恩賜財団済生会 「後頭神経痛」
https://www.saiseikai.or.jp/medical/disease/occipital_neuralgia/
※2) 公益財団法人日本眼科学会 「眼精疲労」
https://www.nichigan.or.jp/public/disease/name.html?pdid=26
※3) 一般社団法人山口県医師会 「脂漏性皮膚炎」
http://www.yamaguchi.med.or.jp/g-med/ube/consultation/024.html
※4)公益社団法人日本皮膚科学会 「アトピー性皮膚炎」
https://www.dermatol.or.jp/qa/qa1/q04.html
※5)第一三共ヘルスケア 「毛包炎(毛嚢炎」
https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_hifuken/symptom/mounouen/
※6)公益社団法人日本皮膚科学会 「アテローム」
https://www.dermatol.or.jp/qa/qa17/q01.html
※7)一般社団法人 日本形成外科学会 「脂肪腫」
https://jsprs.or.jp/general/disease/shuyo/hifu_hika/shiboshu.html
※8)J-STAGE、地肌マッサージの頭皮への作用 「地肌マッサージの頭皮への作用」
https://www.jstage.jst.go.jp/article/sccj/48/2/48_97/_pdf

1. AGAの症例

Ⅱ-v 28歳 治療期間:7ヵ月

Ⅱ-v 28歳 治療期間:7ヵ月

[治療内容] 発毛治療

[治療価格] 15,300円(税込)/月

[この治療により起こる可能性がある副作用]

●頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など

Ⅳ-v+a 52歳 治療期間:7ヵ月

Ⅳ-v+a 52歳 治療期間:7ヵ月

[治療内容] 発毛治療

[治療価格] 15,300円(税込)/月

[この治療により起こる可能性がある副作用]

●頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など

Ⅳ-v 33歳 治療期間:7ヵ月

Ⅳ-v 33歳 治療期間:7ヵ月

[治療内容] 発毛治療

[治療価格] 20,800円(税込)/月

[この治療により起こる可能性がある副作用]

●頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など

AGA

ザガーロ
(デュタステリド)

ザガーロジェネリック
(デュタステリドジェネリック)

ミノキシジル

プロペシア
(フィナステリド)

プロペシアジェネリック
(フィナステリドジェネリック)


AGA治療TOPへ

クリニック一覧

イースト駅前クリニック所属医師

イースト駅前クリニックの医師一覧

当サイトの運営者情報はこちら

運営者情報

プロペシア
(フィナステリド)

1mg 7,400円(税抜)/28錠

プロペシアは世界初のAGA内服治療薬です。プロペシアはAGA治療で強く推奨されています。

プロペシア1mg

7,400円(税抜)/28錠

プロペシアジェネリック
(フィナステリドジェネリック)

1mg 3,400円(税抜)/28錠

プロペシアジェネリック(フィナステリド錠)は、2015年に国内で製造販売が開始されたプロペシアジェネリックです。

プロペシアジェネリック1mg

3,400円(税抜)/28錠

ザガーロ
(デュタステリド)

0.5mg 9,500円(税抜)/30錠

ザガーロは、発毛効果が証明され現在ではAGA治療でも処方されています。

ザガーロ0.5mg

9,500円(税抜)/30錠

ザガーロジェネリック
(デュタステリドジェネリック)

0.5mg 6,300円(税抜)/30錠

ザガーロジェネリック(デュタステリド錠)は、2020年に国内で製造開始されました。

ザガーロジェネリック0.5mg

6,300円(税抜)/30錠

ミノキシジル

5% 60mg 5,000円(税抜)

頭皮の血行促進効果により、確かな発毛を実感することができるAGA治療薬です。

ミノキシジル5% 60mg

5,500円〜5,780円

アロビックス

※クリニックにより、処方価格が変わります。

アロビックス液とは、塗布タイプの脱毛治療薬です。患部に直接塗布することで、毛根の血行をよくして抜け毛を抑制し、発毛を促す効果があるためプロペシアとの併用が効果的といわれています。

アロビックス

ABOUT

AGAについてのよくあるお問合せ

プロペシアの主な副作用はなんですか?

国内で実施された臨床試験(1年)において、4.0%(276例中11例)に副作用(臨床検査値異常を含む)が認められております。主な症状はリビドー減退1.1%(3例)、勃起機能不全0.7%(2例)等でした。まれに食欲不振、全身倦怠感(肝機能障害)の症状があらわれる可能性があります。このような場合には、ご使用をおやめください。

プロペシアについて

プロペシアの作用機序について教えてください。

テストステロンからDHT(ジヒドロテストステロン:抜け毛の原因物質)へ変換する酵素(5α-還元酵素II型)を阻害し、AGAの進行抑制・改善効果を発揮します。

服用中に献血をしても問題ないですか?

服用中の方は献血をすることができません。献血をしたい場合は、プロペシアは1ヵ月以上、ザガーロは6ヵ月以上服用を中止することが必要です。

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:伊部 博行 医師仙台院院長:長浦 主税 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:松沼 寛 医師池袋院院長:西澤 康平 医師渋谷院院長:足立 和典 医師上野院院長:千葉 岳 医師秋葉原院院長:宮路 貴晶 医師新橋院院長:加藤 淳 医師立川院院長:村田 博昭 医師町田院院長:門田 靜明 医師横浜院院長:松本 貴博 医師川崎院院長:岡田 和樹 医師大宮院院長:半田 譲 医師川越院院長:中野 智樹 医師柏院院長:管野 隆治 医師船橋院院長:春日井 震 医師土浦院院長:石川 哲生 医師大田屋クリニック院長:佐藤 孝典 医師静岡院院長:高柳 健二 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師新潟院院長:星野 賢一 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都院院長:稲垣 昌泰 医師梅田院院長:藤田 良治 医師大阪院院長:大嶋 恭輔 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師天王寺院院長:東城 博雅 医師神戸三宮院院長:篁 隆雄 医師岡山院院長:橋詰 顕正 医師広島院院長:久保田 守 医師高松院院長:西原 修造 医師松山院院長:堤 圭右 医師博多院院長:田中 修二 医師小倉院院長:倉員 忠弘 医師熊本院院長:師岡 公彦 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2023 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.