ザガーロ

フィナステリドとデュタステリドはどう違う?本当に効くのはどっち?

最終更新日:

AGA(男性型脱毛症)治療に用いられる服用薬には、フィナステリドとデュタステリドの2つがあります。「プロペシア」の主成分がフィナステリド、「ザガーロ」の主成分がデュタステリドです。今回は、フィナステリドとデュタステリドの違いについて解説していきます。

この記事の監修者

畔上 卓昭
畔上 卓昭

新宿西口院

畔上 卓昭

  • 新潟大学医学部 卒業

  • 新潟大学医学部付属病院 第一内科入局

  • 二王子温泉病院 内科部長

  • 用賀アーバンクリニック 訪問医療部

  • イースト駅前クリニック新宿西口院 院長就任

フィナステリドとデュタステリドの違い

AGAを引き起こす原因物質は、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンです。これは男性ホルモンのテストステロンと、酵素の一種である5αリダクターゼが結びつくことで生成されます。ジヒドロテストステロン影響によって髪の成長や発毛が阻害され、脱毛を引き起こすのです。フィナステリドとデュタステリドは、ともに5αリダクターゼの働きを阻害する内服薬です。それによって、ジヒドロテストステロンの生成を防ぐ効果が認められています。

この2つの明確な違いは作用機序にあります。実は、AGAの根本的な原因物質である5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型の2種類があるのです。Ⅱ型は前頭部や頭頂部に分布していることがわかっています。フィナステリドはその内、Ⅱ型のみ抑制する効果があります。もともとAGAはⅡ型の5αリダクターゼが原因とされていましたので、それだけでも十分だったのです。しかし、実際にはⅠ型の5αリダクターゼも薄毛に関係していることがわかりました。

デュタステリドの場合、5αリダクターゼⅠ型・Ⅱ型両方の働きを阻害します。詳しくは後述しますが、フィナステリドよりも広い範囲の薄毛に対する改善効果が期待できます。

効果が高いのはどちら?副作用に違いはある?

2018年6月現在、Ⅰ型・Ⅱ型両方の5αリダクターゼの働きを阻害することから、デュタステリドの方がAGA治療薬として優れているといわれています。だからといって「率先的にデュタステリドを選ぶべき」とはいえません。

仮に前頭部・頭頂部に著しい脱毛が認められた場合、原因はⅡ型の5αリダクターゼである可能性が高まります。その際はデュタステリドではなく、あえてフィナステリドを治療に用いるクリニック・皮膚科も少なくありません。

フィナステリドとデュタステリドはAGAに対するアプローチが近いため、副作用にも共通点があります。代表的なのが性機能不全です。デュタステリドに関していうと、重度の肝機能障害を引き起こす可能性があるといわれています。特に、もともと肝機能に障害がある方の服用は注意が必要です。

1ヶ月あたりの費用に違いはある?

治療費を選択にあたって、ランニングコストも考える必要があります。フィナステリドは先発品28錠で6,000円程度、ジェネリックは28錠で4,000円程度となっています。一方のデュタステリドは、0.5mg30錠で9,000円程度です。フィナステリドに比べると、1ヶ月あたりの費用がやや割高となっています。そこに診察料等が別途かかることも忘れてはなりません。

治療薬は症状や副作用リスク、ランニングコスト等も踏まえた上で選択することが大切です。どちらも専門クリニックや皮膚科で処方を受けることができますので、薄毛が気になる人は足を運んでみましょう。

まとめ

AGA治療用内服薬のフィナステリドとデュタステリドは、ともに5αリダクターゼの働きを抑制する作用があります。しかし、Ⅰ型、Ⅱ型両方に作用するのはデュタステリドのみです。より改善効果の高い治療薬はデュタステリドですが、副作用やコストにも違いがあるため、双方のメリット・デメリットを比較してまずは専門医に相談することからはじめましょう。

 

関連記事はこちらからご覧いただけます

■【5分で分かる】ミノキシジルの総まとめ、違い/効き目/副作用
■クリニックで処方してもらうミノキシジルは、一般用医薬品とどう違う?

ザガーロについてのよくある質問

  • フィナステリドとデュタステリドはどう違いますか?

    どちらもAGAの根本的な原因物質5αリダクターゼという成分のはたらきを阻害する共通点はあるのですが、この5αリダクターゼはⅠ型とⅡ型という2つの種類があります。

    フィナステリドはこの内、Ⅱ型のみに作用しますが、デュタステリドはⅠ型とⅡ型、どちらにも作用します。そのため、効果や価格に違いがあります。

  • フィナステリドとデュタステリドはどちらの方が効果が高いですか?

    AGA治療薬として優れているとされるのは、AGAの根本的な原因物質5αリダクターゼという成分のⅠ型とⅡ型どちらにも作用するデュタステリドです。しかし、脱毛箇所によっては、フィナステリドの服用を進められるケースもあります。そのため、必ずしもデュタステリドを服用するべきとは言い切れません。

    また、それぞれの成分が含まれる薬については以下をご覧ください。
    フィナステリドを含むプロペシアの特徴はこちら
    デュタステリドを含むザガーロの特徴はこちら

  • フィナステリドとデュタステリドの副作用に違いはありますか?

    どちらもAGAに対する作用が近いため、副作用においても共通点が見られます。それぞれの成分が含まれる薬の副作用については以下をご覧ください。
    フィナステリドを含むプロペシアの副作用はこちら
    デュタステリドを含むザガーロの副作用はこちら

  • フィナステリドとデュタステリドの費用はどちらが安いですか?

    一般的にフィナステリドの方が安いとされています。ただ、デュタステリドにはフィナステリドにはない作用がある薬でもあるため、金額だけではなく治療内容に合わせて選択する必要があります。

    また、それぞれの購入については以下をご覧ください。
    フィナステリドを含むプロペシアの購入に関する詳細はこちら
    デュタステリドを含むザガーロの購入に関する詳細はこちら

この記事の監修者

畔上 卓昭
畔上 卓昭

新宿西口院

畔上 卓昭

  • 新潟大学医学部 卒業

  • 新潟大学医学部付属病院 第一内科入局

  • 二王子温泉病院 内科部長

  • 用賀アーバンクリニック 訪問医療部

  • イースト駅前クリニック新宿西口院 院長就任

プロペシア

プロペシアは、AGAの予防・改善に使用される治療薬であり、皮膚科やAGA治療を専門として扱う病院で処方されています。

アロビックス

アロビックス液とは、塗布タイプの脱毛治療薬です。患部に直接塗布することで、毛根の血行をよくして抜け毛を抑制し、発毛を促す効果があるためプロペシアとの併用が効果的といわれています。

アロビックスについて詳しくはこちら

ザガーロ

ザガーロはAGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の産生を強力に抑制することで、薄毛や脱毛の治療効果を発揮します。AGA専門クリニックや男性外来を中心とする、国内の医療機関で処方されています。

ミノキシジル

ミノキシジルとは、薄毛治療に用いる「発毛剤」として使用される薬剤です。様々な研究や調査を重ね、ミノキシジルが血管を拡げることで髪の毛のもととなる毛母細胞への血流をアップされることが分かりました。

診察・相談について

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:小林 浩 医師仙台院院長:大久保 直樹 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:伊藤 知英 医師池袋院院長:西澤 康平 医師新橋院院長:加藤 淳 医師横浜院院長:松本 貴博 医師静岡院院長:長坂 良 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都四条烏丸院院長:篁 隆雄 医師大阪院院長:新田 匡章 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師神戸三宮院院長:三田 浩一 医師岡山院院長:松沼 寛 医師広島院院長:西川 徹 医師博多院院長:田中 修二 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2020 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.