AGAコラム

AGAの原因にストレスは関係している?

最終更新日:

現代の日本は、ストレス社会といわれています。多くの人がストレスを感じる要因は、大人であれば職場での人間関係や老後のこと、子どもであれば学校での人間関係や受験、進路のことなどや将来への不安などさまざまです。このような精神的なストレスは、体へさまざまな悪い影響を与える場合があります。そのひとつが、ストレスによる「抜け毛」です。
抜け毛の症状は、単にストレスが引き金となるだけでなくAGAの症状としても起こります。このことから、AGAにもストレスが影響するのではと疑問を持つ人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、ストレスによる抜け毛や、AGAとストレスの関係性についてご紹介します。

ストレスによって抜け毛が起きる

精神的なストレスによって悪い影響を受けた体では、自律神経が乱れます。自律神経には、交感神経と副交感神経があり、呼吸・代謝・内臓機能・体温調節・ホルモンバランスなどの人間が生きるために必要な活動を管理しています。交感神経は体を動かしているときや緊張・ストレスを感じているときに働き、副交感神経は体を休めている最中のリラックスした状態で働きます。このふたつの神経のバランスがよい状態であれば、体は健康な状態を保ちやすくなります。

しかし、ストレスを感じている状態が長引くと交感神経の働きが優先され、体をリラックスさせることができずに自律神経のバランスが崩れ、体にさまざまな悪影響を及ぼします。そのひとつが、「抜け毛」における「円形脱毛症」の症状です。(※1) 円形脱毛症の引き金は様々ですが、その一つがストレスであり、それが要因となり毛包細胞に対する自己免疫疾患として円形脱毛症を発症します。(※2)

ストレスはAGAの原因となるか

先ほどストレスが引き金の一つなって円形脱毛症を発症する場合があると紹介しましたが、AGAはどうでしょうか。
実はストレスがAGAにどう影響しているかはまだ科学的にわかっていません。そのため、必ずしもストレスが原因でAGAになりやすくなるとは言えないのです。(※3)

まとめ

抜け毛は、その種類によってストレスが引き金となる場合があり、AGAの発生との関係はまだ科学的にわかっていません。少しでもAGA以外の脱毛症リスクを抑えるためにも、ストレスを上手くコントロールすることが大切です。日頃からストレスを蓄積しないように適度な運動や趣味の時間を設けて、効率的に発散できるようにしましょう。

 

関連記事はこちらからご覧いただけます

■なんだか髪が薄くなってきた……薄毛の原因とは?
■どうして髪が抜けた?抜け毛の原因は毛根を見よう!
■後頭部の薄毛はAGAではない?後頭部の薄毛の原因と改善方法をご紹介
■原因をしっかり解消!薄毛の改善に効果的な漢方!

参考記事

※1)厚生労働省、こころの耳、2 ストレスからくる病
http://kokoro.mhlw.go.jp/nowhow/nh002/

※2)日本皮膚科学会、日本皮膚科学会円形脱毛症診療ガイドライン 2017 年版
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AA_GL2017.pdf

※3)MSD、AGA-News、AGAとは
http://www.aga-news.jp/secure/q_a/

この記事の監修者

三田 浩一の写真
三田 浩一の写真

三田 浩一

  • 鳥取大学医学部卒業

  • 大阪市立大学医学部附属病院 第二内科(代謝内分泌病態内科学)入局

  • 医療法人厚生会

  • イースト駅前クリニック名古屋院

  • イースト駅前クリニック神戸三宮院 院長就任

プロペシア

プロペシアは、AGAの予防・改善に使用される治療薬であり、皮膚科やAGA治療を専門として扱う病院で処方されています。

アロビックス

アロビックス液とは、塗布タイプの脱毛治療薬です。患部に直接塗布することで、毛根の血行をよくして抜け毛を抑制し、発毛を促す効果があるためプロペシアとの併用が効果的といわれています。

アロビックスについて詳しくはこちら

ザガーロ

ザガーロはAGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の産生を強力に抑制することで、薄毛や脱毛の治療効果を発揮します。AGA専門クリニックや男性外来を中心とする、国内の医療機関で処方されています。