AGAコラム

【医師監修】AGAの症状とは?判断基準やサインを知ってセルフチェック!

最終更新日:

もしかしてAGA?と心当たりのある人は、医療機関や専門クリニックでの受診も可能ですが、まず自分でチェックすることもできます。自分は薄毛なのか、まずはセルフチェックをしてみましょう。今回は、AGAの症状やその判断基準、サインについてご紹介します。

【関連リンク】

【医師監修】検査は必要なし!?AGAの診断はこうやって行われる!
【AGAとは】AGAって何?治る?治らない?意味や特徴、原因、予防法を解説!
【医師監修】AGAは進行性の脱毛症! 早期発見・早期治療が大切!

目次※知りたい情報をクリック

AGAの症状とは?

AGA(Androgenetic Alopecia/男性型脱毛症)とは、思春期以降の男性の、前頭部(額)の生え際もしくは頭頂部のどちらか、または両方の部分で、髪の毛が薄くなり、頭皮(地肌)が見えやすくなる、というのが典型的な症状です。生活習慣や食習慣、また遺伝や男性ホルモンの感受性の高さなど、薄毛になる要因は様々です。AGモンの感受性の高さや遺伝などにより、薄毛になる要因は様々ですると考えられています。AGGAの症状を発症している男性は全国に1260万人以上で、その内、症状に悩みを抱えている方は800万人にのぼると考えられています。(※1)

AGAの初期症状

AGAは、初期の段階では抜け毛や髪の質の変化を感じるケースが多いです。例えば、入浴時や起床時、浴室や枕元に抜け落ちる毛の量が増えたと感じる時、最近髪の毛のコシやハリがなくなってきたと感じる時など、自覚症状がある場合、AGAを疑った方が良いでしょう。

AGAは「放っておいたらもとに戻る」ということはなく進行します。そのため、初期症状の段階で気付くこと、その後の対策を講じることが大切です。

AGAの症状の特徴

・前頭部(額)の生え際もしくは頭頂部のどちらか、または両方の髪が薄くなる
・思春期以降、年齢とともに発症者の割合や症状の程度が大きくなる

上記2つがAGAの代表的な症状です。AGAの進行の仕方は、パターンが決まっています。男性の場合、髪の毛が薄くなってくるのは額の生え際、もしくは頭頂部のどちらか一方か両方です。つまり、側頭部や後頭部は薄毛が進行しにくい傾向にあると考えられています。

AGAの発症は、早くて思春期以降から見られます。これは、男性ホルモンの影響を受けて発症するためで、男性ホルモンが思春期以降に盛んに分泌されることが関係しています。

日本人の場合、AGAを発症する割合は20代で10%と言われています。若いうちから薄毛になることは、決して珍しい症状ではないことがわかります。発症頻度は年齢とともに高くなり、その程度も大きくなるため、歳を重ねるほどAGAになりやすくなるのです。(※1)

AGAの仕組み

男性の場合、髪の毛の一般的な寿命は3~5前後と言われています。長い時間をかけて成長しますが、健康な頭皮でも1日に50~100本程度の髪の毛が抜けています。しかし、そのぶん新たに髪の毛が生えてきているため、日によって見た目に変化を感じることはありません。

AGAになると、この髪の毛の寿命が数ヵ月~1年となり、とても短くなります。髪の毛が十分に太く成長する前に寿命を迎えるため、毛髪全体が薄くなり、コシのない状態となります。

AGAには、男性ホルモンのテストステロンが関与していることが医学的に証明されています。このテストステロンがII型5αリダクターゼという酵素によってジヒドロステロンに変わり、高濃度になるとヘアサイクルの短縮化につながります。(※2)

女性もAGAの症状を発症する?

AGAは男性型脱毛症とも呼ばれますが、女性も発症するケースがあります。しかし、男性のAGAの特徴とは大きく異なります。女性のAGAの特徴は、頭頂部の広い範囲の髪の毛が薄くなることにあります。

女性のAGA発症の原因は、完全には明らかになっていません。AGAの治療として用いられる内服薬の一部は女性への適応がないため、これからの発展が期待されています。とはいえ、全く治療法がないわけではありません。外用薬の中には女性のAGA治療に推奨されているものもあります。(※3)

AGAの判断基準

AGAかどうかは、皮膚科やAGA専門クリニックなどの医師が判断します。AGA診療ガイドラインには、明確な診断基準がないため、髪の毛の太さがどのくらい、量がどのくらいなど、明確な診断基準はありません。(※3)

AGAの診察内容

医師が問診や視診などをもとに、AGAかどうかの判断を行います。問診では、家族に薄毛の人がいるかどうかや、薄毛になった経過、日々の生活習慣などを聞かれる場合があります。視診では、髪の毛の太さや量、頭皮の状態などを見た目で確認したり、拡大鏡を用いて頭皮の診察をしたりします。その他には、血液検査や毛髪ミネラル検査などの検査をすすめられる場合もあります。

AGAセルフチェック

「もしかしたらAGAかもしれない」と思った時には、知識がなくても簡単にチェックできる方法があります。もし、以下の状態に当てはまるようなら、AGAのサインかもしれません。

・最近、額の面積が広くなった
・髪の毛のボリュームが減った
・髪の毛のコシ・ハリがなくなった
・抜け毛が増えた気がする
・頭頂部が薄くなった

いかがでしょうか。これらに当てはまるようなら、AGAかもしれません。治療を希望する方は、AGA治療を行う皮膚科や、脱毛症専門外来、AGA専門クリニック等の医療機関を受診し、医師の診察を受けることをおすすめします。

AGAは、遺伝がある程度関与します。遺伝子検査を受けると、自分がAGAになりやすい体質かどうか知ることができます。この検査は、医療機関を受診しなくても検査できるキットがあり、気になる人には便利です。

しかし、遺伝によってAGAになりやすい人でも、発症するとは限りません。また、AGAの治療を行う際は医師の診断や処方が必要となるため、あくまでAGAになりやすいかどうかを知る1つの方法として、このような検査ができると知っておくと良いでしょう。

AGAの症状が出たら、まず病院へ

もし、AGAのセルフチェック等で、「AGAかもしれない」と疑い、治療を希望する場合は病院を受診して診察を受けましょう。AGAの治療は、AGA治療を行う皮膚科や、脱毛症専門外来、AGA専用クリニックなどです。一般病院の中にある皮膚科では、AGA治療を行っていないこともあるため、事前に確認が必要です。

AGA治療は、内服薬での治療が主流ですが、内服薬にもいくつかの種類があります。また、外用薬やその他の方法で治療することもできます。医師の専門的な診察を受けることは、適した治療法を見つける一番の近道です。専門的な治療を受けることでAGAが改善する可能性があります。

治療薬の個人輸入の注意点

AGA治療薬は、病院で処方してもらうのが一般的です。しかし、インターネットを介して個人輸入という形で入手することも可能です。

しかし、個人輸入の場合、正規品ではないものが含まれていたり、購入に関するトラブルは自己責任となったりなど、リスクが伴います。万が一、副作用が出た時の対応も考慮すると、病院で診察を受けて正規品を処方してもらった方が安心です。

AGAは珍しい症状ではない!治療をするなら早めに受診を

今回は、AGAの症状やその仕組み、判断基準やセルフチェックの方法についてご紹介しました。20代男性にも見られるAGAの症状は、決して珍しいものではありません。

もし、AGAかもしれないと悩んでいるのなら、今回ご紹介したセルフチェックを活用してみてはいかがでしょうか。AGAは進行性です。時間が経てば症状が進行することがわかっています。

治療を希望する場合は、早めにAGA治療を行う医療機関を受診して相談してみることをおすすめします。

参考URL

※1)MSD株式会社「AGA(エージーエー)って何?」
(http://www.aga-news.jp/secure/about_aga/index.xhtml)
※2)MSD株式会社「髪の毛って何?」
(http://www.aga-news.jp/secure/about_hair/index.xhtml)
※3)日本皮膚科学会「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」
(https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf)

この記事の監修者

三田 浩一の写真
三田 浩一の写真

三田 浩一

  • 鳥取大学医学部卒業

  • 大阪市立大学医学部附属病院 第二内科(代謝内分泌病態内科学)入局

  • 医療法人厚生会

  • イースト駅前クリニック名古屋院

  • イースト駅前クリニック神戸三宮院 院長就任