AGAコラム

【医師監修】AGAは遺伝する?その確率や関係性、遺伝型の薄毛に対する治療法を解説

最終更新日:

「AGAは遺伝する」という説は、昔から言い伝えられています。特に父親や祖父が薄毛である場合、若い頃から「自分も将来薄毛になるのでは」と心配になってしまう人も多いでしょう。ここでは、AGAと遺伝との関係性や発症の可能性確率、治療方法などについてご紹介します。

【関連リンク】

【医師監修】AGAの症状とは?判断基準やサインを知ってセルフチェック!
【AGAとは】AGAって何?治る?治らない?意味や特徴、原因、予防法を解説!

目次※知りたい情報をクリック

AGAは遺伝するのか?

AGAの発症には遺伝が関係すると言われています。AGAを発症する人の遺伝子には共通した特徴も見られていることから、「薄毛は遺伝する」という話はあながちデタラメではありません。

AGAの発症に深く関与する、II型5αリダクターゼという酵素がどこに存在し、どの程度の働きを持つのか、これは両親からの遺伝で決定されます。また、AGAの進行レベルを左右するポイントのひとつである、男性ホルモンの感受性の高さも遺伝によって決まります。つまり、AGAの発症においては、大小なりとも、遺伝子の影響があるということです。

しかし、たとえAGAになりやすい遺伝子を受け継いだとしても、全ての人に同程度の症状が見られるというわけではありません。医学界における各分野の専門家により結成される、NPO法人F.M.L.(Future Medical Laboratory)が運営する毛髪医学通信に掲載されているには、「(遺伝子が等しい)一卵性双生児の患者であっても、兄弟間で毛量に差がある」ということが示されています。AGAの発症には、必ずしも遺伝的要因のみならず、生活や食事の習慣、環境など、様々な要因があるということも忘れてはいけません。(※1)

なぜ「AGAは遺伝する」と言われるのか?

100%の確率ではないものの、AGAが遺伝と深く関係していることは医学的にも証明されています。AGAは、男性ホルモンの一種であるテストステロン(TS)が、II型5αリダクターゼという酵素の働きによって、ジヒドロテストステロン(DTS)に変換されることで起こります。DTSが高濃度になると、髪の毛が、太くしっかりした毛に成長する前に抜け落ちてしまいます。こうして、ハリのない薄毛につながります。

II型5αリダクターゼが多ければ多いほど、TSはDTSに変換されやすくなり、結果として、髪の毛の寿命も短くなり、薄毛が目立ってしまいます。こうした理由から、AGAと遺伝は深く関係すると言われています。II型5αリダクターゼは、額の生え際や頭頂部に多いことがわかっています。AGAの症状の特徴が、額の生え際や頭頂部の薄毛から進行するのは、このためです。(※2)

AGAになりやすいかはの遺伝子検査でわかる?

AGAになりやすい遺伝子を持っているかどうかは、遺伝子検査によって明らかになります。遺伝子検査はAGAの治療を行っている皮膚科や、AGA専門クリニック等の医療機関で受けることができます。

また、医療機関で受診せずとも、自分で検査キットを取り寄せる方法もあります。口腔粘膜の細胞を接種する、という比較的簡単な方法です。手軽にできる検査キットによって、おおよそAGAになりやすいかどうかを把握しておくと、将来の備えとして心構えができたり、治療の後押しになったりすることもあるでしょう。

ただし、インターネット等で入手できる検査キットによっては、AGAに関連する遺伝子を十分に検査できない可能性もあるため、入念に調べたい場合は、やはり医療機関や専門クリニックでの受診がおすすめです。

遺伝によるAGAに対する治療法

日本でのAGA治療の主流は投薬治療です。その他には外用薬、植毛が一般的です。遺伝によるAGAであっても、おおよそこれらの治療法が用いられます。

内服薬

AGAの投薬治療に用いられる薬に配合されているのは、一般的に「フィナステリド」あるいは「デュタステリド」という成分です。どちらも、髪の毛の寿命を短くする原因となる、II型5αリダクターゼの働きを抑える効果があります。

効果の有無を検証するには、6か月の間、毎日飲み続けることが推奨されていて、即効性が期待できるものではありません。また、一定期間飲み続けることでゴールとなるわけではなく、内服を中止すると、症状が再度見られるようになったり、進行したりすると言われています。(※2)

外用薬

AGA治療の外用薬には、一般的に「ミノキシジル」という成分が含まれています。この外用薬により、髪の毛周囲の血流を良くしたり、成長を促したり、髪の毛をつくる細胞の減少を防ぐ効果が期待できます。外用薬の中には、医療機関を受診しなくてもドラッグストア等で購入できるものもあります。

植毛

植毛には自毛植毛と人工毛植毛があります。自毛植毛は、後頭部のAGAの症状が出ていない部分の髪の毛を毛包ごと移植します。半日程度で手術は終わるため、入院する必要がありません。内服薬や外用薬での効果が認められなかった場合、植毛をすすめられるケースもあります。

しかし、人工毛植毛は、副作用の報告例もいくつかあるため、医師とよく相談し、リスクについてもしっかり把握した上で検討することをおすすめします。

AGA治療の相談はまず専門医へ

AGAの治療は、一般病院の皮膚科やAGA専門クリニック、脱毛症専門外来などで受けることができます。一般病院の皮膚科の場合は、AGA治療を行っているところ、行っていないところ、どちらもあるため、事前にリサーチが必要です。

AGA治療を医療機関で受けるメリット

遺伝子検査のキットや、AGA治療のための薬は一部市販でも入手可能です。しかし、病院や専門クリニックの受診には、血液検査をはじめ、信頼できる医師の診断、適切な治療法、アドバイスなどを受けられるという大きなメリットがあります。治療薬で万が一副作用が出た場合にスムーズに対処してもらえたり、他の治療法に切り替えてもらえたりするなどの安心感は、AGA治療において重要です。

また、AGA治療のための内服薬は、ドラッグストアなどの店頭では販売されていません。インターネットを介して個人輸入という形での入手が主ですが、正規品以外のものが出回っているなどの問題やリスクを伴うため、おすすめはできません。

AGA は遺伝と関係あり!発症しても治療可能です

今回は、AGAと遺伝の関係性についてご紹介しました。遺伝が100%の要因で発症するわけではありませんが、遺伝によってAGAになりやすい体質になることは大いに考えられます。

遺伝性のAGAは治療が可能です。治療を希望する際には、専門医で診断を受けて、適切な方法で治療を開始することをおすすめします。 ただ、AGAは自由診療です。健康保険が適用されないため、治療にかかる費用が心配な場合は、事前に医療機関の公式サイトで確認しておくと安心です。

参考URL

※1)NPO法人F.M.L.(Future Medical Laboratory)/毛髪医学通信「双子の男性型脱毛症報告」
(http://www.fml.jp/society/record/fml-128.html)
※2)日本皮膚学会「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版」
(https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf)

この記事の監修者

犬塚 善博の写真
犬塚 善博の写真

犬塚 善博

1996年03月高知医科大学医学部卒業, 1996年04月静岡済生会総合病院, 1999年04月名古屋大学医学部付属病院 泌尿器, 2000年04月岡崎市民病院 泌尿器科, 2003年04月日本泌尿器科学会 専門医取得, 2006年04月刈谷豊田総合病院 泌尿器科, 2008年04月日本泌尿器科学会 指導医取得, 2012年05月日本泌尿器内視鏡学会 腹腔鏡技術認定医, 2019年04月イースト駅前クリニック名古屋栄院 院長就任